モーハワイ☆コム

カテゴリー:-たまに出てくるハワイ話

昔キングスアレイにあったローズ&クラウンを覚えていますか?


R60★亀(亀次朗)であります。
急に昔のワイキキを思い出してしまいました。
この記事は2018年(平成30年)3月17日のものです。
タイルレストラン

事の発端は3月20日銀座スウィングで行われる細川綾子さんのライブがあるので久し振りに花のお江戸に出掛けてみようかと思いたったからなんです。今年の綾子さんはツアー始まったばかりだというのにパワー全開で飛ばしまくっています。先日の阿佐ヶ谷スタッカートでも迫力あるヴォーカルを楽しませていただきました。
01銀座スウィング20180320

折角東京さいぐのに銀座スウィング一軒だけでは勿体ない。ライブが始まる前にイッパイ引っ掛けて行きましょう。有楽町界隈昼すぎから営業している居酒屋さんを調べていたら「ローズ&クラウン」という大手外食チェーンのパブがヒットしました。午後三時過ぎならハッピーアワーがあって通常価格より30%引きで呑めるというのです。
02有楽町ローズ&クラウン2

場所はJR有楽町駅を降りて皇居側にある電気ビルの一階です。ここならスウィングまで5分も歩けば到着するからたっぷり呑めそう。
https://www.dynac-japan.com/shop/roseandcrown/yurakucho/

03有楽町ローズ&クラウン

ローズ&クラウンの事を調べていたら妙に何か引っかかるものを感じました。そういえば昔ワイキキのキングスアレイにそんな名前のバーがあったような古い古い記憶です。気になり始めたら収まりません。古い旅の手帖をひっくり返してみましたら、おお!ありました。ありました。今は一児の父となっている次男チャーハンの初ハワイ。満二歳前なら大人料金の10%で行けるというので一族郎党引き連れてグレッグホーン裏の安アパートメントに泊まった時の旅の手帖です。あの当時はネットどころかパソコンすら普及していなかった時代(30年以上前)です。海外旅行に出かけるのに旅行雑誌やガイドブック、果てはパンフレットまでかき集めて切り貼りして作った旅の手帖の一ページであります。
04ワキキキマップ1

気になってキングスアレイの場所を拡大してみました。「ローズアンドクラウン」の文字がありました!古い記憶に間違いなければキングスアレイの半地下のような場所に立ち飲みメインのバーがあってメインランドからやってきたあまりリッチじゃない観光客のたまり場だったと覚えています。にしても拡大してみたらワイキキのど真ん中にパンナムの営業所があるなんて時代の流れを感じてしまいます。
05ワキキキマップ2

さて、もう一軒のゼロ次会候補は有楽町イトシアの地下一階にある和食処「うまやの楽屋」です。イトシアの地下だと以前記事にしたワインセラー(兼角打ち)のヴィノス山崎⇒
http://www.mo-hawaii.com/kogemeshi/22626.html と同じ場所のようです。

06有楽町うまやの楽屋2

こっちも昼から通しで営業しているし、何よりも「完全禁煙」というのも嬉しいではありませんか。参考までにHP⇒
http://www.jrfs.co.jp/umaya/restaurant2s/yurakucho
07有楽町うまやの楽屋

ご馳走様です。村松小農園の極上コナ珈琲


R60★亀(亀次朗)であります。
タイルリゾート
めったに手に入らない極上のコナ珈琲を頂きました。
この記事は2017年(平成29年)11月28日のものです。

大切に梱包された村松小農園のコナ珈琲豆。風味が逃げ出さないようにと丁寧にラミネートされています。豆に対する愛おしさを感じてしまいました。とても勿体なくって開けるのを躊躇していたんですけど、どんなに注意深く保存していても時間が経ってから開封するのも良くないと考え直して思い切って開封してみました。
01PB270050

開封した瞬間にコナ珈琲の香りが周囲を包み込みます。普段飲んでいる大袋入りの特売品など比べようもありません。
02PB270052

一粒一粒が大きく、また大きさも均一です。つやつやと黒光りして生産者のご苦労が偲ばれます。かなり深めのロースト。挽く前から期待が膨らんできました。
HPを読ませていただきました。⇒
https://kona-coffee.jimdo.com/
村松小農園のコナコーヒー/収穫までのご苦労、収穫後の沢山の作業、製品から商品に育て上げるまでの長い長い過程がこの豆一粒一粒に込められていると思うと飲む方も姿勢を正してしっかりと飲ませて頂きましょう。
03PB270053

急遽開封したのでサイフォンやネル袋などの用意も出来ず、普段淹れているコーヒーメーカーで淹れてみました。当たり前ですがいつものコーヒーとは全然違います。まるで自分がコーヒー淹れるのが旨くなったんじゃないかと勘違いする位でした。口に含んだ時から喉に流しいれて鼻腔を通り過ぎる吐息まで深い香りが楽しめました。ごちそうさまでした。来年はハワイ島に行きたいなあ。
04PB270055

20171213今夜のNHKファミリーヒストリー


R60☆鶴(鶴弥)です。
今夜(12/13)のNHKファミリーヒストリーちょっと気になっています。 
この記事は2017年(平成29年)12月13日のものです。

NHK総合で夜10時25分からのファミリーヒストリー。今夜は歌手のAIさんのご家族のお話しです。
01PC130140

第二次世界大戦のヨーロッパ戦線で多くの功績と死傷者を出した日系人部隊に歌手AIさんのお爺さまが所属していたそうです。
02PC130142

詳しい事は今夜の放送を観てみようと思います。わたし達にとってはおねむの時間なので予約しておきましょう。
03PC130143

腰越・街角イタリアンからオアフ島の極楽ビーチに妄想一っ跳び


R60★亀(亀次朗)であります。
腰越イタリアンで旨いメシ喰って大満足。壁に掛かっていた一枚の写真に思わず引き込まれてしまいました。
この記事は2016年(平成28年)12月23日のものです。
タイルレストラン

前回ご紹介した江の島腰越隠れイタリアン「レガーレ」であります。この界隈のイタリアンなら誰でも知っているあの「余る◎ー」で修行したシェフが普段着イタリアンを目指して立ち上げた地元密着型食堂で在ります。だから子供たちを連れてのママ会なんかでもOK。お爺さんお婆さんがお孫さんを連れて夕ごはんを食べているのも見かけます。きっとパパとママは何処かで久し振りの新婚気分を味わっているのでしょう。
11PC230666

亀次朗の大好物、「鱈のパスタ」絶品です。
12PC230643

神奈川県産山百合ポークのハーブ焼きにはチーズをたっぷり降って喰らいつきます。
13PC230652

夢心地のような食事を頂いて辺りを見回します。食い意地ばかりが先行してしまってお店の雰囲気を感じるのが後回しになってしまいました(反省)。ん~?なんだか綺麗な写真だなあ。
14PC230647

快晴ピーカンな空の下にご機嫌なビーチが広がっています。なんだかとっても良さげな場所ですね。
15PC230648




んんんん?右端の島影に見覚えがあります。あれってマカプウ岬から見える兎島に似ていませんか?あの近くってサンデービーチとか結構波が強い場所だと思っていたけどリーフに囲まれたビーチパークがあるんでしょうか?良く見れば左端に遠く見えるのはラニカイ沖の双子島のような気がします。違うかなあ。


16PC230648b


201707「ハワイで何もしない」とは?


R60★亀(亀次朗)であります。
やはり究極のハワイ旅とは「何もしない」ことだと思っている亀次朗であります。この記事は2017年(平成29年)7月12日のものです。

00P6091716
憧れのリタイヤ生活!と夢にまで見ていた数年前だったんですが、いざ実際にその立場になってみると憧れと現実のギャップの大きさに戸惑っております。リタイヤして四年余り、その間三回も訳の分からない病気にかかってしまいました。幸い現在体調は安定しているんですが、65歳近くになっていて三つも変てこな病気を抱えている爺いなどハローワークに行っても相手にされません。「お身体大切にするのが一番ですよ」などと体よく追い出されてしまいます。僅かな支給額の年金が頼りの老夫婦にとっては年一回行けるか行けないか分からないけど、ハワイで暮らす一週間が心の支えになっています。
01P6132151

ではハワイに行けたとして、老夫婦は何しにハワイに行くのでしょう。二人してハワイに行くお金があったら伊豆や箱根の温泉旅行が何回も楽しめるではありませんか。亀次朗の答えは簡潔明瞭です。「何もしないハワイを満喫する」のであります。自炊の出来る宿なら朝ご飯を炊いてオニギリ作ってビーチで海を眺めながら過ごしましょう。定宿パゴダならドンキかパラマで海苔巻き買ってビーチに行くかな。

お気に入りのベンチに座って夕暮れ時までうたた寝するのが夢であります。
02P6081547

処が、鶴弥にとって「何もしないハワイ」の捉え方はいささか違っているようです。日常のシガラミから解放されるハワイ滞在の一週間、「予定がないから好きな事する」というのです。だから何もしないハズだったのに朝からドンキやパラマ、ロスにウォールマート、果てはベレタニアのタイムスやセーフウェイまで歩いて行って買物ばっかりしているんです。そういえば、ハワイに行く前に計画を立てようと言っても「何もしないんでしょ」といってましたっけ。あれは「思う存分に買物三昧していたい」とそういう事だったんですね。はい、では仰せのままにお買い物の荷物持ちになりましょう。
03P6111925

東京Mx-TVのハワイ番組(?)復活!


R60★亀(亀次朗)であります。
歳をとって朝目覚めの早い老夫婦であります。朝早く起きたからって特別にやらなければならない事など何もない老人は雨戸を開けて家庭菜園の水やりが終わればテレビでも眺めるしか楽しみなどありゃしません。
この記事は2017年(平成29年)07月01日のものです。

タイルリゾート

東京MXというテレビ局をご存知でしょうか。スカイツリーから約50kmの範囲が受診可能エリアという地域限定のテレビ局です。もちっと離れた地域でもCATVで観られることもあるらしいです。平成になってから運用開始した比較的新しい局ですから色々と意欲的な(≒時々スベる事もある)番組もあったりします。製作スタッフも若い方々が多いのでしょう。老夫婦が興味を抱く番組はあまりないのですが、サブチャンネルの朝早い時間帯に老夫婦が毎朝観ている番組があるんです。
01東京MX


数年前から主治医の勧めで付け始めた血圧手帳も早や20冊近くになりました。心静かに血圧を計測するのには穏やかな気持ちを整えるのが大事な事です。そんな老体が毎朝の楽しみとしているのが東京MXテレビのサブチャンネル(TOKYO MX2)の「ヒーリングタイム&ヘッドラインニュース」という番組なんです。
01P7010319

この番組は日替わりに、「ヨーロッパの街並み」とか「都電荒川線沿線」「東京下町点描」新しい処では「インドネシア」などのシリーズがあるんです。一時間の間、音声アナウンスなど一切無く映像と音楽だけで構成されているから目覚めの時間、ぼーっと眺めているのもいいし、コーヒーを飲んだり新聞を読んだりと寛いで過ごせる一時間になります。7月になって久しく登場してこなかった「ハワイ」編が復活しました。
02P7010321
 毎年夏になるとハワイの画像が流れる日が出てきます。
特別に目新しいお店なんかは出てきません。若いタレントさんが「きゃ~」とか言いながらスウィーツやお買い物に興じるシーンとか「ボクはいつもこんな店に通っているのさ」なんって物知り顔でスタッフが用意したセリフをしゃべる中年男なんかは全く登場しません。


この番組ではハワイアン風にアレンジされた古い歌が静かに流れているだけです。見慣れたホノルルの街並みや懐かしい海岸線を眺めて過ごすのもリタイヤ老人の朝の楽しみであります。一応最低限のニュースが画面下に流れます。どっかの国の我が儘首相がアップになって出てくるニュースを見せられるよりはずっと心が落ち着くというものです。

番組表によりますと土日の朝に「ハワイ」が組まれている事が多いようです。気が向いたら朝のひと時をハワイの風景を眺めて過ごしてはいかがでしょう。今週末の土日の早朝も「ハワイ」放送予定になっていますよ。
03P7010322

20161119遠き島より


R60★亀(亀次朗)であります。
足掛け三年半の間お酒を控えていました。最近めっぽうアルコールに弱くなってしまって情けない限りであります(涙)代わりに甘い物が好きになって時々主治医から別のイエローカードを突き付けられるようになってまいりました。
この記事は2016年(平成28年)11月19日のものです。

20PB200577
訳あって当分ハワイに行けそうもなく禁断症状気味の老夫婦に心温まるカンフル剤を頂きました。チョコチップクッキー、半分だけダークチョコレートをディップしたサクサクなクッキー、真ん中は島で作られているチョコレート。亀次朗が大好きなミックスナッツも頂きました。深めのロースト、たた甘めのテイストはコーヒーにも紅茶にもとてもよくマッチします。お正月まで我慢しようかな~。でも食べちゃいたいしなあ。。。。
21PB200577

今パイオニアサルーン、昔の名前はmicasa


京都にいるときゃ「おでぶ」と呼ばれたの~♪
神戸じゃ「なぎら」と名乗ったの~♪
R60★亀(亀次朗)であります。


Smile841さんからお題「パイオニアサルーンの店内って暑くない?」
http://www.mo-hawaii.com/smile841/15670.html#comment-7502
を頂いたので古い記事を掘り出してみました。最近評判のモンサラットのパイオニアサルーンですが昔は一風変わったメキシカンなお店だったんですよ。

この記事は2016年(平成28年)8月18日のものです。
01PC140417


2007年の記事だから相当古い話なんですけどmicasaという名前の店だったんです。ブログを始めたのが2006年だから文面を辿ると今から10年以上前の画像でしょうか。鶴弥はまだまだ「おばはん世代」真っ最中ですな。はははは。当時そろそろ話題に上ってきていたKCCの朝市の帰り道に立ち寄ったのが最初だったんです。
http://www.mo-hawaii.com/kogemeshi/582.html
02micasa


今でこそパイオニアサルーンのKCC寄りには色々お店が並んでいるけど、あの頃はまだまだお店の数が少なくって休憩ポイントが少なかったんです。そりゃ最初は正直躊躇したんですよ。んでも、思い切ってmicasaの店内に入ってダイヤモンドヘッドを望む窓際の席に座っているととてつもなくゆったりとした時間が味わえたんです。以来、KCCの帰り道にmicasaに寄るのが私らの定番となったんです。決してお手洗い拝借の為に寄っていたんじゃありませんよ!
http://www.mo-hawaii.com/kogemeshi/579.html
03窓からDH

ハレイワで :emojiface_coldsweat2:


Post-1982ここはハレイワ
日曜大工のお店(だったと思う)


何故だかとっても充実しているネズミ対策の品々



日本のスーパーや日曜大工のお店でこんなに色々見たことありません



南国ハワイこんな需要も多いんでしょうか :emojiface_coldsweat2:
赤く四角いのんは蠅たたきか?

今度行ったら買ってみようかな :emojiface_teeth:

旅支度


Post-528








「男には外に出れば七人の敵がいる」と言う

むろん敵ばかりではない
苦しい時を分かちあってここまで共に歩んできた大切な妻もいる
無理と知りつつ短納期の仕事を引き受けてくれた仕事仲間もいる

しかし
時として
男は旅に出なければならない時がある

おのれがおのれで在るために 

おのれ自身を取り戻すために 

男は静かに旅に出る

男の旅支度は身軽である
帽子を深々とかぶり
目元を隠し
旅に出る

そして

そして男は 怪しいおっさんになる