モーハワイ☆コム

カテゴリー:2019さよなら静雲荘

<令和閉店-3>箱根静雲荘が閉館するだなんって。。。


R60★亀(亀次朗)であります。
ふとした偶然から鶴亀老夫婦の箱根定宿になって久しい箱根強羅の静曇荘。
今年の夏で閉館するというお知らせがやってきました。
この記事は2019年06月10日のものです。
10風呂


大涌谷から供給される白濁のにごり湯と美味しい料理、落ち着いた雰囲気とスタッフの皆さんの優しい気遣い。鶴亀老夫婦が最初に逗留してからもう何年になるのでしょう。突然の閉館通知はあまりにも急すぎます。
11静雲荘20190901クローズ


お役所の保養所と一言で片付けられないとてもアットホームな宿であります。登山電車の終点強羅駅から歩いて五分という距離が信じられない閑静な一角です。まるで山の中の一軒宿のようです。つる姫さまの介護に追われていたここ数年間、ほぼ毎日更新される空室情報と義母つる姫さまの介護スケジュールを睨めっこして僅かな時間を利用して短い滞在を楽しませていただきました。
12P4240372


閉館の理由は男女別の露天風呂の一つが基礎をがけ崩れで使えなくなってしまったからなんだそうです。もとより建物の建築年数もかなりなものらしく改築費用がかなりの金額になったというお話をお聞きしました。
13P4240378


広いデッキの露天風呂からは外輪山越しに朝日が昇って来るのが見られます。秋の紅葉、冬の雪見風呂も忘れられない思い出です。
14P4240377


片方の露天風呂が使えないので、現在は時間を区切って男女が交代に露天風呂を楽しんでいます。この露天風呂が楽しめるのも今年の夏まで。もう一回は行ってみたいものです。
15IMG_0253

寝ながら笑う女の処方箋


R60★亀(亀次朗)であります。
明け方「うふ、うふ、うふふふ」と楽しそうに笑う鶴弥の様子に不気味なものを感じて目が覚めました。
この記事は2019年04月23日のものです。
00風呂

時々鶴弥は寝ていて「うふふふ」と笑うんですが、こんな時はロクでもない夢を見ているんです。
そんな時は起こしてはイケナイと思って朝ごはんの後で探りを入れてみたんです。
01P4240338

そしたら、お葬式の夢を見たんだそうです。
例えばお亡くなりになったつる姫さまが夢見枕に出て来たとか親戚のスリーディグリーズが初七日で大盛り上がりしたとかの微笑ましい夢見なら良かったんですけんども、
「火葬場でマイクロバスの運転手さんにチップ渡したいのに半紙が手元になくって走り回った」
とか
「お花を買いに行ったら死亡診断書を見せろって言われた」
とかよく考えてみればあり得ないシュチュエーションが次か次へと頭の中をグルグル回っていたんだそうです。
02P4250397

チョット脳みその中を覗き込んでみたいと思う亀治朗でしたが、そういった好奇心丸出しなツッコミをしたら火炎放射器で焼き殺されてしまいそうです。

これはいかん。
03P4250385

葬儀から二週間。ようやく一通り手続きを済ませてホッとした処です。
もちろん四十九日の法要とか遺品片付けとかまだまだ問題は山積しているんですが、ここらで一回ガス抜きしといた方が良さそうです。
ちょっくら2代目つる姫さまをお連れして白濁の濁り湯に行って参ります。
04P4250389