モーハワイ☆コム

カテゴリー:202008疎開計画

亀治朗の2020年問題-05/湯治部屋に潜入してみた


ただ今自宅で静養中の亀治朗であります。

東京から二時間ちょっとで到着できる湯治湯に行ってきました。
この記事は2019年08月のものです。
タイル温泉

 

この歳になるまでにあちこちの湯治湯を楽しんできました。その多くは新幹線と在来線特急さらには単両ジーゼルで支線を乗り継ぎ一日一本のバスで終点まで行くものばかりでした。しっかし今回の湯治宿は中央高速須玉ICからおおよそ一時間という首都圏直近の湯宿であります。
01須玉IC~瑞籬地図

02増富温泉地図

長い歴史を誇る温泉宿の別館が湯治棟ですが到着するまでがまるで山登りなんです。まずは旅館部の二階まで登り横トラバース。厨房脇から一旦外に出るとキャットウォーク状の渡り廊下。素通しの風が心地よいのは夏の一時期だけです。涼しいを通り越して凍えるようなテラス廊下を渡りきったら更にもう一階分の外階段が待っています。この外階段を登りきった処に念願の自炊棟です。今更ですがエレベーターエスカレーターの設備など期待しないでください。
03IMG_0876

ようやく到着した湯治部屋はこんなかんじ。シンプルが信条の昔和室です。
01IMG_0879

アメニティは地デジにアダプター対応の旧型テレビが一台に殺虫剤とハエたたき。どうですか?シンプルでしょう。テレビ台下のガムテープは何の為に標準装備されているのか最後までわかりませんでした。どんな用途があるんでしょうか。悪い想像しか浮かんでこなかったので書くのはやめときます。

あ、布団枕類と洗いたてシーツはちゃんとありましたよ。
00IMG_0895

さて

肝心の自炊設備。次回ひょっとして長逗留するかもしれないので備忘録的に画像を並べておきます。鍋釜炊飯器冷蔵庫ガス台お箸お茶碗までなんでも揃っています。
00IMG_0890 01IMG_0883 03IMG_0886 04IMG_0893 05IMG_0887 06IMG_0889 07IMG_0890 08IMG_0891


食材と調味料さえ持って来れば一カ月くらいの籠城も不可能じゃありません。ただし駐車場から自炊棟までの長い道のりを重い米味噌缶ビールやツマミ類、宴会用食料品を運び上げる強靭なシェルパを仲間に引き入れる事をオススメします。

亀治朗の2020年問題-04/立ち寄り湯


ただ今自宅で静養中の亀治朗であります。

来年夏の疎開生活はかなりの長期間になりそうです。高原地帯ですからそんなに汗もかかないでしょうけどキャンプ生活に温泉は欠かせません。

この記事は2019年08月のものです。
タイル温泉



キャンプサイトからおおよそ30分程下った処に大昔から名湯と伝えられているラジウム鉱泉があるんです。多くの疾患に効能があると日本全国から湯治にいらっしゃるそうです。今回は町営の立ち寄り湯ではなく江戸時代から続く湯治湯宿を訪れてみました。
01須玉IC~瑞籬地図



東京から200kmも離れていない近距離に秋田田沢湖奥の名湯に匹敵するラジウム含有量を誇る湯治湯があるとは驚きです。首都圏からなら充分に日帰りも可能な距離ですが皆さん長期間の逗留を楽しんでおられます。
01P7260890


02P7260894



ぬるめの源泉にゆったりと浸かっていると不思議なことにじわじわと温まってきます。
03P7260897

04P7260898



こっちの色の濃い湯船は宿裏山にある岩風呂から引いてきているもう一つの源泉です。
05P7260899



ここは老舗の温泉旅館ですが湯治部屋もあるようです。この金額ならここで2020年夏の疎開生活をするのも悪くない選択です。
03IMG_0882



次回は湯治部屋を覗いてみましょう。

4亀治朗の2020年問題-03/ぺちゃくちゃ


ただ今長谷でリゾート休暇中の亀治朗であります。

お願いですから、何処か一局だけでも普段通りの放送をして頂けませんか。

この記事は2019年08月のものです。

令和になれば令和の事ばかり、タレントが捕まれば根掘り葉掘り家族親戚まで個人情報丸裸、ハワイ島の東端で溶岩噴出すれば全山大噴火の大騒ぎ。もちっと正確にに冷静に伝えて欲しいものです。

この分では来年の夏は大騒ぎ間違いなし。何処にチャンネル回しても(チャンネル回すって死語だ)一日中同じような映像が延々と流れているでしょう。

爺いには耐え切れません。



そんな初老の爺いどもが疎開先に選んだのは瑞牆山の麓にある小さなキャンプ場であります。須玉ICで中央高速を降りて途中で野菜市場とスーパーマーケットに立ち寄って山路を走る事一時間半くらいで、このロケーションに到着します。ええでしょ





テント場までマイカーで進行OK。

直火は不可だけど地面から離隔取れればテントサイトでの調理もOKだそうです。



管理棟には薪や炭、簡単な食材まで揃っていて安心です。何よりもアルコール飲料まで置いてある優しさが嬉しいです。







多忙期だと夜間でも管理人が常駐します。そうすると夜間このお手洗いが使えるし蕎麦屋も営業しています。



世間の喧騒を離れて涼しくて静かな2020年の夏を満喫したい爺いどもであります。

3亀治朗の2020年問題-02/ちゃちゃちゃ


ただ今長谷でリゾート休暇中の亀治朗であります。

国賊と罵られようが「ニッポンちゃちゃちゃ」は大っ嫌いです。

この記事は2019年8月のものです。

特に嫌なのは相手のエラーでポイントを獲得した時の馬鹿騒ぎ。贔屓がポイント上げたのが嬉しいんだろうけど、あすこまで盛り上がってしまうと「どーだ!参ったか!ザマーミロ」としか見えません。今時の少年チームだってそんな相手を見下すような声援はしません。

相手の素晴らしいプレーでポイントが上がった時素直に拍手を送っていますか。

無論勝負なんだから勝敗が大事だというのも分かります。出来ましたらメダルの色や数に一喜一憂せず世界からやってきたアスリートの技を楽しんでみてはいかがでしょう。

その頃、釈迦堂バス停で盟友腹乃豊関をピックアップした亀治朗は中央高速をひた走り須玉ICで高速を降りて国道141号を北上していることでしょう。若神子付近に重要な立ち寄りポイントが二つ並んでいます。





先ず一つ目の立ち寄りおポイントは地元で生産された農作物の直売所です。まるでショールームのように洗練された建物の中にはたくさんの新鮮な野菜や果物がどっさり。広くて快適なお手洗いもあるから旅の休憩ポイントとしても使い勝手良さそうです。



もう一ヶ所はこちらのスーパーマーケット。イオン系ですので品揃えは完璧です。この周辺にはもう殆ど個人商店など滅びて無くなってしまって今やこの店舗のみが若神子周辺の広いエリアの食の拠り所になっています。



肉魚調味料酒類まで品種も多いので、さっきの農産品市場と合わせて現地での食料品調達は安心です。

爺いどもが買い物していた僅かな時間にも数台のタクシーが往き来してお年寄りの送迎が盛んに行われていました。

これより山路に分け入ります。

2亀治朗の2020年問題-01/にょきにょき


ただ今長谷でリゾート休暇中の亀治朗であります。

その昔カウアイ島の住民と後からやってきた白人との間で「椰子の木より高い建物は建てない」という約束をしたそうです。人々は安心したそうです。処がある白人がこう考えました。

【島で一番高い場所に生えている椰子の木よりも低ければいいんだ】

こうしてカウアイ島にも大きなホテルがたくさん建築されたと言うんです。世の中には悪賢い輩がいるもんです。

この記事は2019年08月のものです。

一月程前の新聞に「最初の新国立競技場案を受けて神宮地区の高さ制限を撤廃した後キャンセルして平凡な形になっちゃったけど高さ制限を撤廃したままになっていて今うじゃうじゃ高層マンションが建築され始めた」ってあったけど、それって嘘です。

本当は「神宮地区の高さ制限を撤廃させる為にやたらに背の高い案を意図的に採用して後になってキャンセル。でも高さ制限撤廃は元に戻さないまま放置。ほとぼりが覚めた頃合いを見計らって高層マンションの確認申請をかける。最初のキャンセル料は税金で処理」

最初っからこのオリンピックは箱物行政と乱開発の為の仕組みになっているんですね。

この手口は昔広大な一級河川の河川敷の境界線をスルスルっと動かしちゃってうまい汁吸った越後川河川敷事件にそっくりです。

こんな馬鹿馬鹿しいイベントに付き合う必要なんかありません。日本中が馬鹿騒ぎしている間亀治朗は電波の届かない場所に避難しましょう。



ここは中央道釈迦堂バス停です。新宿を出発した高速路線バスはこういったバス停を通りながら甲府や松本方面に向かうんですが何故かSAやPAの中にバス停が設置されているケースって少ないんです。調べ方が浅いのかもしれないけど、新宿と甲府の間ではここと次の中道バス停しか見当たりません。例えば談合坂SAなんかなら便利だと思うんだけどバス停は何故か1km以上離れているんです。



ここで新宿からバスでやってくる盟友腹乃豊関をピックアップして山に向かいましょう。PAだからどっちが先に到着しても涼しく待っていられます。


こうして初老でぶ二人の2020年夏の逃避行が始まりました。

1亀治朗の2020年問題-00/来年の夏はここがいいかな


ただ今長谷でリゾート休暇中の亀治朗であります。

病院の四角くく切り取られた夏空を眺めながら来年夏のことを考えています。

この記事は2019年08月のものです。

右膝人工関節置換手術から一週間が経ちました。心配していた麻酔事故も無く、リハビリも順調に進んでいます。

今すぐというのは無理ですが、どうやら退院後にはウォーキングやクルマの運転も楽しめそうな気がしてきました。

手術直前に「ひょっとして当分の間行けなくなるかも知れない」と思って故郷の墓参りに行ってきたんです。帰りがけに足を延ばして山奥の立ち寄り湯へ。来年に向けて色々調査してきました。



しっかし画像を縮小した処でタイムアップ、入院日になってしまいました。スマフォ初心者の亀治朗には上手く行くかどうかわからなかったけど縮小して順序を並べ替えた画像を試しにPCのモーハ(ワードプレス)編集画面のメディアにぶち込んでみたんです。無事手術が終わってスマフォ開けてみたらちゃんと縮小画像が飛んで来ています。入院生活の後半はこれらの画像に記事を添えていきましょう。