モーハワイ☆コム

カテゴリー:敬老会旅行部温泉班

鶴亀敬老会の温泉旅行記であります。

20161219サンセットラナイ③コテージに入るとそこは広大なリビングルーム


R60★亀(亀次朗)であります。
お気に入りのラナイのあるコテージでゆっくりと過ごしてきました。
この記事は2016年(平成28年)12月19日のものです。

やや小ぶりの玄関を入ります。そのまま中に入れるのかと思いきや、ここでは靴を脱ぐ決まりになっています。人数分のスリッパと外出用のサンダルが用意されています。
01KKR熱海コテーシ

扉を開けるとそこには広大な空間が広がっていました。六人用のダイニングテーブル、その先には大型なテレビがあるリビングになっています。
02PC190808

滞在中殆ど使わなかったダイニングテーブル。気候が良かった事もあってかなりの時間ラナイで過ごしました。もっぱら荷物を置くスペースになっていました。
03PC190777

リビングには大きなソファーが二つ。大人数になったらきっとベッドになるタイプなんでしょう。テレビを見ながらゴロゴロするには最適な空間です。
04PC190774

勿論リビングからも太平洋が見下ろせます。ビーチからはかなり高いので潮騒は聞こえません。
05PC200836

一日中ソファーでゴロゴロしながら海と空を眺めて暮らすのがベストな過ごし方でしょう。
06PC200842

20161219サンセットラナイ②コテージ一棟1泊2名300ドル


R60★亀(亀次朗)であります。
お気に入りのラナイのあるコテージでゆっくりと過ごしてきました。
この記事は2016年(平成28年)12月19日のものです。

滞在中殆どの時間をラナイで過ごしてしまっていて、気が付いたらコテージの外観の画像を撮っておくのを忘れてしまったんです。だから建物外観の画像はこれ一枚だけ。とても全体像を理解していただくのが困難です。すんまへん。
01PC200847

かわりに探し出したのがこれ。ホテルのHPにあったコテージの見取り図です。大きめのワンベッドルーム。ダブルサイズのベッドが三つも並ぶ寝室と六脚のダイニングテーブル・ふかふかのソファーは二つともベッドになるタイプ。センターには海を眺められるフルキッチン。これから暫くの間老夫婦のコテージライフ記事にお付き合いください。
02KKR熱海コテーシ

【おまけ】キッチンからのオーシャンビュー。これで1泊2名300ドルは安いでしょう。ちゃんと朝ごはんも夕ごはんも付いての値段です。
03PC210928

20161219サンセットラナイ①ビッグアイランドを望む高台のラナイ


R60★亀(亀次朗)であります。
少し古い話ですが、年賀状に使う画像を撮ろうとお気に入りのラナイに陣取りました。
この記事は2016年(平成28年)12月19日のものです。


この時期北半球では太陽はかなり南の海から顔を出します。晴れていればビッグアイランドが水平線に僅かに眺められます。そんなワンショット狙いで明け方まだ薄暗いうちからラナイに陣取ります。
01PC210925

ようやく明るくなってきました。ややガスっているのが気になりますがお正月にふさわしい画像が撮れると期待しましょう。
02PC200840

しっかし残念!洋上の低い雲がなかなか取れません。この時期は乾燥して遠くまでくっきりと見通せると踏んでやってきたのに。滞在中毎朝粘ってみたけどビックアイランドを拝む事は出来ませんでした。しょうもない風呂にでも行ってみますか。
03PC200839

【おまけ】ホテルのホームページより借用。ここのラナイはやや高台にあるのでオーシャンフロントと言うよりはデラックスオーシャンビューと評した方が良さそうです。滞在中出歩く事もなく、ここのラナイで本を読んで暮らしました。
04KKR熱海ラナイ

結局、2017年の年賀状の画像は三島錦昌館の赤湯になりました。(涙)
PA180344

20160412勝沼ワインと桃の花散歩-12 駅前足湯で一休み


R60★亀(亀次朗)であります。
勝沼のワイナリーを巡り、春日居の桃の花を愛でようという老夫婦の欲張り旅であります。
この記事は2016年(平成28年)4月13日のものです。

タイル温泉
そういえば昔の国鉄時代「べつでん」という駅があったと覚えています。ひょっとして「春日居町駅」に変わっちゃったんでしょうか?
01P4050179

ゆるゆる桃の花見を楽しんでいたら予定していた電車に乗り遅れてしまいました。でも後悔はありません。菜の花の黄色と桃の花が見事に咲き競っているんですから。
02P4050172

駅前ロータリーも桃の花で一杯です。
03P4050166

んでも次の電車まで40分以上あるんです。暇だな~
04P4050164

駅のお隣に足湯がありました。誰も入っていません。第一番台が無いんです。門も壁も無い随分オープンな足湯ではありませんか。
05P4050163

ううむ。。。無料ですか!電車の待ち時間にひとっ風呂頂きましょう。
06P4050177

やや温めですがほぼ貸し切りの足湯を楽しみました。岩下温泉旅館からブラブラと30分も歩いて来ました。疲れたとは思っていませんでしたが湯に浸かると思いのほか足首が心地良く感じます。
07P4050175

おお下り電車がやってきました。時刻表によりますと後10分程で上りの普通電車がやって来る時間です。そろそろ勝沼・春日居の旅日記を閉じましょう。
08P4050176

20160412勝沼ワインと桃の花散歩-11 春日居桃の花散歩


R60★亀(亀次朗)であります。
勝沼のワイナリーを巡り、春日居の桃の花を愛でようという老夫婦の欲張り旅であります。
この記事は2016年(平成28年)4月13日のものです。

タイル温泉
岩下温泉旅館から春日居駅までは徒歩20分程かかるのだそうです。満開の桃の花を愛でながらゆっくりと歩いてみましょう。
01P4050179

歩き出すと直ぐに桃畑の中に迷い込んでしまいました。辺り一面濃いピンクの花が咲いています。
02P4050188

もうそろそろ摘花の時期なのだそうです。せっかく咲いている花たちを摘んでしまうのは可哀そうだけど美味しい桃の実を作り出すには仕方がないのですね。畑のあちこちで作業が始まっていました。
03P4050194

鳳凰社という神社がありました。
04P4050190

神社の周りは全て桃畑。見応えある風景でした。
05P4050193

もはや赤に近いピンクの桃の花が春を歌っています。
06P4050191

ゆるゆると春日居駅に向かう野の小路を楽しみましょう。
07P4050185

4月上旬から中旬が見頃のようです。機会があったら是非訪れてみてください。
08P4050184

ようやく春日井駅に到着しました。宿の方からは「駅まで歩いて15分位」と聴いていましたが老夫婦は30分以上かけて桃の花を堪能しました。
09P4050180

20160412勝沼ワインと桃の花散歩-10 湯走神社はランナーの聖地!?


R60★亀(亀次朗)であります。
勝沼のワイナリーを巡り、春日居の桃の花を愛でようという老夫婦の欲張り旅であります。
この記事は2016年(平成28年)4月13日のものです。

タイル温泉
おはようございまおはようございま~す。岩下温泉旅館は周囲に何もない一軒家。静かな朝を迎えてまずは朝風呂をいただきましょう。夕べあれだけ食べたのに超空腹であります。朝ごはんは夕べと同じ食堂で頂きます。清く正しい日本旅館の朝ごはんを腹一杯詰め込みます。
01P4060316

食後のコーヒーはロビーで頂きます。かなり濃い目の珈琲が嬉しく感じます。
02P4060320

夕べ鶴弥が飲んだワインの他に10種類以上のワインが用意されていました。全てこの国で産出された地元ワインばかり。ついついキャリフォルニア産やチリ産のワインばかりに手が伸びていましたが、今回の旅で地元産のワインが好きになりました。
03P4050276

岩下温泉旅館のお隣にある走湯神社。この国のランナーさん達がマラニック(マラソン・ピクニック)のコースにしているランナーの為の神社です(?)。例えば甲府市内から一時間半程駈けて走湯神社にお参りして岩崎温泉旅館の冷たい源泉でクールダウンだなんって気持ちよさそうです。
04P4060307

境内からは満開の桃の花が観られます。この時期(4月上旬)甲府盆地では桃の花が一斉に咲き始めます。中央高速の一宮付近やJR中央本線山梨市付近では何処までも続くピンクの絨毯を眺められます。
05P4060310


さあ、そろそろチェックアウトの時間です。宿に戻りましょう。
06P4060313

たった一泊でしたが。ゆったりとした気分になれました。お酒解禁になったら地元産のワインを楽しみにやってきたいと思います。さあ、春日居の駅まで歩いて行きましょう。
07P4060315

20160412勝沼ワインと桃の花散歩-09 岩崎温泉旅館の夕ごはん


R60★亀(亀次朗)であります。
勝沼のワイナリーを巡り、春日居の桃の花を愛でようという老夫婦の欲張り旅であります。
この記事は2016年(平成28年)4月12日のものです。

タイルレストラン
個人経営の小さな宿です。お部屋で食事だなんって期待はしません。一階の広いフローリングの部屋がお食事場になっています。風呂上りの一杯、当然ノンアルコール・ビールです(涙)
01P4050287

食堂に降りてみれば既に用意が出来ていました。宿泊料金に比べて結構な品数でした。
02P4050282

お品書きはこんな感じ。これだけ頂けるのなら充分です。
03P4050288

まずは先付けから。海老の利休まぶしを中心に蕗の天婦羅・煮貝大豆煮・イワナの卵など山海の珍味が並びます。
04P4050283

こちらは春野菜のアボガドクリーム合え。随分ハイカラな物が出てきました。
05P4050284

お造りです。甲斐サーモンとは鱒の事でしょうか?(違うの?)烏賊・鮪・ずわい蟹なども顔を揃えています。
ついでですが、この国では(山の中ではありますが)ご馳走に鮪は必須です。鮪が無いと格落ち感さえ覚える国民性なのであります。

06P4050285

分かり辛いでしょうけど、鰻の茶碗蒸し
07P4050289

いよいよ主役のお出ましです。甲州ワインビーフすね肉の自家製甲州味噌焼き。ほのかに甘さを感じるしっとりとした食感のすね肉が香ばしくみそ焼きにされています。赤ワイン欲しいなあ。(只今禁酒中)
08P4050291

何と鶴弥は赤ワインを注文してしまいました。この旅館は場所柄近所のワイナリーから美味しいワインを選りすぐっているんだそうです。鶴弥が選んだのはフジクレールのメルロ、牧丘町の隼山で栽培しているメルロ100%の秀品です。ワイナリーは「フジッコワイナリー株式会社」ん?あのフジッコのお豆ちゃんですか!?
09P4050295

〆はやっぱり「ほうとう」です。あまり華美にならず野菜中心の懐かしい味でした。しっかし老夫婦には量が多過ぎです。もったいないけど半分残しました。
10P4050292

デザートに珈琲のジュレにアイスクリーム・地元産の苺も頂いて満足な夕ごはんになりました。
11P4050298

20160412勝沼ワインと桃の花散歩-08 岩崎温泉旧館湯治湯


R60★亀(亀次朗)であります。
勝沼のワイナリーを巡り、春日居の桃の花を愛でようという老夫婦の欲張り旅であります。
この記事は2016年(平成28年)4月12日のものです。

タイル温泉
現在の岩下温泉旅館は最近新築した鉄筋コンクリート造りの旅館ですが、以前湯治湯として営業していた建物が現在立ち寄り湯として営業を続けています。一旦宿を出てお隣の旧館にも行ってみました。
01P4050209

趣のある建物。こっちに泊まりたいもんです。
02P4050222

昼間の時間だけ立ち寄り湯の営業をしているそうです。ちょっとした銭湯感覚で立ち寄るのも良さそうです。
03P4050224

鶴亀老夫婦は岩下温泉旅館本館の宿泊客なんですから立ち寄り湯の料金はかかりません。部屋に用意されている湯籠をぶら下げて行けばOK。この湯籠がパスポート代わりなのね。
04P4050212

地元のランナーさんがメッカと仰ぐ「走湯神社」は岩下温泉旅館のお隣です。笛吹川沿いにLSD(ロング・スロー・ディスタンス)走して「走湯神社」にお参りして岩下温泉旅館でクールダウンするのも楽しいランニングになりそうです。
05P4050240

古い古い旧館ですがお風呂は綺麗なタイル貼りです。湯舟が二つあるのは手前が源泉100%(つまりはお湯の温度30度以下の冷たい)のありがたいお湯であります。奥の湯舟は加温されて心地良い温度になっています。この二つを交互に入っていると、あら不思議!体が温まってくるではありませんか。古来からこんな入浴法だったそうです。
06P4050226

幸いな事に貸し切り状態で源泉を楽しめました。
07P4050231

さて、昔の湯治場で使われていた源泉の湯舟があるというので探索してみました。
厄介な事に昔使われていた湯舟は脱衣所から一旦廊下に出て反対側の階段を下らないと行けない造りになっています
きっと昔はそんな造りじゃなかったんでしょうけど増改築しているうちにこんなんになってしまったのでしょう(推測)。

廊下に誰も居ないのを見計らって脱衣所からすっぽんぽんにタオル一丁で階段を下ります。

どきどきどき

08P4050241

階段下にはこんこんと源泉が流れ込む広い湯舟がありました。たおやかな透明な、しかし迫力ある温泉に浸かりましょう。
09P4050237

じっくりと岩下温泉旅館の源泉を楽しませて頂きました。石和温泉のすぐお隣にこんなお宿があるなんて今まで知りませんでした。大菩薩や乾徳山の帰りに立ち寄ってみてはいかがでしょう。
10P4050239

湯上りには番台(?)横の休憩スペースで鶴弥を待ちましょう。ここもどっしりと落ち着いた空間です。お腹が空いてきました。そろそろ夕ごはんの時間です。
11P4050225

20160412勝沼ワインと桃の花散歩-07 岩崎温泉本館のお風呂はこんな感じ


R60★亀(亀次朗)であります。
勝沼のワイナリーを巡り、春日居の桃の花を愛でようという老夫婦の欲張り旅であります。
この記事は2016年(平成28年)4月12日のものです。

タイル温泉
部屋に用意されていた湯籠には、バスタオル・タオル・浴衣・風呂足袋が収められていました。(歯ブラシ・ブラシ・髭剃りは洗面所に用意されています。)
01P4050212

今から1700年以上前からあった冷泉なのだそうです。知りませんでした。28.2度ってかなり冷たいんじゃない?
02P4050258

安心してください。ちゃんと加温してありました。ゆったりと適温の内湯に浸からせて頂きました。
03P4050264

アメニティーもちゃんとありました。
04P4050272

狭いけど露天風呂も。客室数12ではこれで充分な広さでしょう。
05P4050265

桃の花を愛でながらゆったりとさせていただきました。
06P4050269

湯上りにはロビーに甘酒が用意されています。長湯して火照った体に冷たい甘酒が心地よく入ってきます。
07P4050274

20160412勝沼ワインと桃の花散歩-06 岩崎温泉旅館本館


R60★亀(亀次朗)であります。
勝沼のワイナリーを巡り、春日居の桃の花を愛でようという老夫婦の欲張り旅であります。
この記事は2016年(平成28年)4月12日のものです。

タイル温泉
石和温泉から恵林寺や大菩薩に向かって左手にある小さな集落。ここが春日居町です。(愛知県の春日井とは違います)古い建物が沢山残っていてとても静かな場所です。街歩きも楽しそうです。
01P4050208

行き当たりばったりで電話で申し込んだお宿に到着しました。道祖神の先の橋を渡った処にある三階建て。部屋数12程の小さなお宿です。
02P4050210

桃の花が今が盛りと咲き誇っています。さて、どんなお宿でしょうか。
03P4050251

鉄筋三階建ての小さな宿ですが、ちゃんとエレベーターもあって一安心。通されたのは三階の角部屋。八畳・トイレ付き(ウォシュレット完備)バス無しです。
04P4050217

窓からは甲府盆地と御坂山地が遠望できます。
05P4050218

洒落た湯籠が旅情を誘います。さあ、お風呂に行ってみましょう。
06P4050212

古くから湯治湯としての長い歴史を持つ岩下温泉旅館。かの有名な石和温泉のお隣にひっそりと存在していました。
07岩下温泉旅館