モーハワイ☆コム

カテゴリー:-奥横浜物語

奥横浜千代崎土産は「TOAST」のおかずパン


R60★亀(亀次朗)であります。
奥横浜千代崎町をうろうろしてきました。予定外に「いなせ寿司」で満足ランチを喰った老夫婦、そろそろ帰宅の時間です。
この記事は2017年(平成29年)6月29日のものです。

タイルレストラン

千代崎町のバス停で横浜駅行きのバスを待っていたら、鶴弥がまたしても妙な発見をしてしまったんです。
01P6290383

バス停の反対側にお洒落なお店があるって言うんです。お腹いっぱいだし、上田屋のシュウマイやいなせ寿司の押寿司も買ったからもう荷物は一杯です。この上どうしようと言うのでしょう?
02P6290382

鶴弥が道路反対側に見つけたのは「TOAST」というパン屋さんでした。一旦スウィッチが入ると老婆の行動は止められません。せっかく渡った信号を逆戻りしてパン屋さんに突入してしまいました。
03P6290362

間口二間ほどの小さなパン屋さん。何処の街にでもありそうなありふれたパン屋さんだと思うのですが老婆の触覚に触れるものがあったようです。
04P6290363

なんだか分からないけど本格的な手作りパンのお店のようです。自宅に帰ってから調べてみたら、なかなか興味深い内容でした。
HPより<<古きよきイギリス・ウェールズの面影のレンガ造りのベイカリーショップ”Toast”では、イギリスの代表的なパン”食パン”をはじめ、まだまだ日本には紹介されていないパンやお菓子が店内のオーブンから次々と焼きあげられます。>>

05P6290366

見た目にもお洒落な手作りパン。これならお土産に出来そう。
HPより<< 食材にもこだわり、国内産の小麦粉、米粉、とても貴重なジャージ乳やイタリア産のオリーブオイル、自然生育の赤卵など、身体に安心な食材で丁寧に1つ1つ作り上げます。>>

06P6290365

狭い店内はまんま製造販売の現場です。色んなおかずパンが所狭しと並んで目移りしてしまいます。
HPより<<ヨーロッパで修行したパン職人が作り上げる”遊びあるパン”をぜひおたのしみください。  >>

07P6290372

値段もそんなにビックリするほど高くありません。むしろ普段のお昼に食べられる価格帯。私らの在店中にも近所の主婦が買いに来ていました。
08P6290367

買って帰ったのはこの二品。ごつごつしたやや硬めのパンには生ハムが挟まれています。もう一品は焦がしカレーパン。小さいけどみっちりとした造りで結構お腹いっぱいになりました。よくよく調べてみたら横浜元町汐汲坂に曲がってすぐにある評判のベーカリーカフェ「元町KAIRIS」の姉妹店なんだそうです。旨い訳だ。
09P6300408

奥横浜「いなせ寿司」日替わりランチは三種ちらし580円


R60★亀(亀次朗)であります。
00亀次朗
奥横浜千代崎町をうろうろしてきました。
この記事は2017年(平成29年)6月29日のものです。

00居酒屋

この日は上田屋さんで特製シュウマイ買ったら横浜そごうに行く用事があったんで千代崎町のバス停で大人しくバスを待っていたんです。
01P6290383

バスの間隔が開いていたので暫くぼーっと辺りを眺めていたら、道路の反対側のお店で暖簾が掛かるやいなや、数名のおっさんやお婆さんがぞろぞろとお店に入って行くではありませんか。まだ朝の11時になったばかり。普通お昼ごはんには早すぎる時間帯です。蕎麦屋さんかな?
02P6290385

せっかく千代崎町までやってきたんだから取材してみましょう。近寄ってみたら、あらら寿司屋さんのようです。周囲には大きな商業施設もオフィスビルも全くない静かな住宅地なんですが朝11時の開店時間からお客さんがぞろぞろと入店するようなお店なんでしょうか???
03P6290360

さっき店頭に暖簾を掲げに出て来たお婆さんがボードを抱えてきてお店の前に置きました。「本日の日替わりランチ」三種ちらし580円。ううむ。。。安すぎます。ちゃんと味噌汁も付いて来るっていうんです。ほんまですか?
04P6290344

OPEN11時から16時までって夕方までで営業終わりなんでしょうか?それとも夜は夜で違うメニューがありますって事なんかなあ?それにしてもランチメニューはいずれも安いです。この日は横浜そごうでお昼ごはんの心算だったけど予定変更、このお店に突入してみましょう。
05P6290345

間口二間ほどの狭い入り口だったけど奥行きはめっちゃ深いです。一列に並んだカウンター席は10席以上、その奥にテーブル席が数卓、二階には座敷もあるようです。
06P6290346

注文を済ませて一息つきました。落ち着いて壁に掛かる値札を眺めてビックリです。殆ど回転寿司値段ではありませんか。あっ、夜は午後9時過ぎまでやっているようです。
07P6290347

へい、お待ち!とやってきたのは鶴弥が注文した「ランチの三種ちらし」。結構盛りだくさんです。味噌汁には海老さんが顔を出しています。
08P6290348

看板にあった「ランチ三種ちらし」580円。たっぷりの鮪にきらきら光る鯵、生シラスも新鮮です。卵焼きも二切れ入っていてお得感満載です。
09P6290349

少し遅れて到着した「特製にぎり」。亀次朗の我が儘チョイスであります。全12貫というデラックスなお昼ごはんになりました。(お味噌汁付きで1100円)
10P6290350

勿論、お味噌汁も付きます。海老のお頭から結構濃厚な出汁がでています。白身魚のアラは刺身でも頂ける新鮮さ。ここ当たりです。
11P6290354

せっかくだからお持ち帰りの押しずし(各620円)も買って大満足のお昼ごはんになりました。
12P6290389

お会計はこんな感じ。お酒の値段も良心的です。昼から通しで営業しているから、ここで昼呑みも居心地良さそうです。
13P6290356


まだまだ面白そうなお店が点在している奥横浜千代崎町。また行ってみましょう。
14横浜大和町地図

本牧ゆあそび館


R60★亀(亀次朗)であります。
00亀次朗
奥横浜千代崎町をうろうろしてきました。
この記事は2017年(平成29年)6月29日のものです。


今年は梅雨らしからぬ酷暑続きでありました。JR山手駅から歩いて上田屋さんでシュウマイ買ってキリン園公園まで坂道登ってきました。帰りは千代崎町バス停から横浜へ出る予定です。

01P6290383

予め調べて置いたんですが、キリン園公園から千代崎町のバス停に行く途中に「本牧ゆあそび館」というのがあるようです。何じゃこれ?怪しいおやぢの湯遊び場なんでしょうか????
02横浜大和町地図

まさかね。住宅地のど真ん中に「おやぢお風呂あそび場」だなんって横浜市公衆衛生局が許可する訳ないじゃありませんか。んじゃどんな場所なんでしょう。好奇心の衰えがない爺いは行ってみることにしました。ううむ。。。。何だか派手です。怪しげな赤い灯りなんかは無いけど随分無邪気な派手派手な入り口ではありませんか。付近のPTAのおばさまからクレームは無いのでしょうか。
03P6290341

あっちゃんと小学生料金180円、こども料金80円と明記されています。子連れで来てもOKな健全ゆあそび処のようです。失礼しました。にしても大人470円だなんって随分安いです。これって銭湯料金?
04P6290342

深夜一時まで営業している健全銭湯。追加料金を払えばサウナや屋上にある露天風呂や休憩室も楽しめるようです。それでも870円なんだからとっても良心的です。今度は夜来てみましょう。
05P6290340

横浜山手スプリングバレーブルワリー


R60★亀(亀次朗)であります。
奥横浜千代崎町をうろうろしてきました。
この記事は2017年(平成29年)6月29日のものです。
00居酒屋


もう何回も登場している上田屋さん。出来立てホカホカの本牧シュウマイを求めて千代崎町までやってきました。当然ですが、出来立て販売日である木曜日であります。
01P5251255

上田屋さんからサンモールインターナショナルスクールに裏口から入った話
(⇒http://www.mo-hawaii.com/kogemeshi/24398.html
で通りかかった信号「キリン園公園入口」前回はサンモールに急ぐあまりあまり気にもしていなかったのですが、よく考えてみれば「キリン公園」じゃなくって「キリン園公園」になっているんです。鎌倉市では大規模宅地開発の条件に「敷地内に小公園を設置して開放する」とかの条件があるのでしょうか、あちこちに小さな公園があって「うし公園」だの「ぶた公園」なんてのがあるから「キリン公園」があっても不思議じゃありません。でも「キリン園公園」などと園園繋げって不思議ではありませんか。出来立てホカホカのシュウマイを抱えて行ってみる事にしました。

例によって老夫婦はJR山手駅のろのろと10分以上かけてやってきました。横浜や桜木町からなら横浜市営バスの方が便利なようです。
02キリン公園地図

ううむ。。。確かに「麒麟園」とあります。随分とがっしりとした門柱であります。
04P6290332

公園の中に入ってみました。40m四方位の真四角な公園には遊具などなく拍子抜けした程殺風景な公園だったんです。んでも何だかとてつもなくでっかい石碑が突っ立っています。高さは4m位、横幅2mもあるんです。何なんでしょう?
05P6290334

石碑の隣にあった解説によりますと「麒麟麦酒開源記念碑」とあります。1870年といったら明治時代に入ったばかりの時期です。そんな時代にこの地でビール製造が始まっていたんだそうです。スプリングバレーブルワリー。今でも通用しそうなお洒落なネーミング。よっぽどの酒好きなあめりかじんだったんでしょうね。異国にやってきてビールが呑めないなら作ってしまおうとでも思ったのでしょうか。その後このビール製造所が麒麟ビールに引き継がれたんだそうです。んじゃビール呑みに行こうか
06P6290336

20170429横浜山手でチビちゃんサイズのアロハシャツ


20170429横浜山手でチビちゃんサイズのアロハシャツ

R60☆鶴(鶴弥)です。
横浜山手のサンモールインターナショナルスクールのフードフェアーに行ってきました。
この記事は2017年(平成29年)4月29日のものです。


まるで初夏のような強い日差しの山手通り。それでも日影を通り抜ける風はとても爽やかです。
01P4291252

外人墓地の先から石畳の坂道を下ります。画像では緩やかな坂道に見えますが「見尻坂」という名前の坂道です。この坂道を登って来る時には前を歩く人のお尻ばかりを見て歩くようなのでそんな名前が付いたのでしょうか?
02P4291254

見尻坂を下りきって横浜元町にやってきました。UCHIKIパンの手前のビルの二階にハワイアンなお店があります。
03P4291255

お店の入り口ではわんこが大人しくお買い物が終わるのを待っていました。
04P4291256

現役サーファーのご主人が立ち上げたサーフィンとハワイアングッズの専門店。
05mauloa


お店の中はハワイに居る感じ。
06P4291258

亀次朗は新しいアロハシャツが欲しくって堪らない様子でした。
07P4291259

本日のお買い上げはチビちゃんサイズの赤いアロハシャツ。とっても可愛いでしょ(^^♪
08P5021194

20170429横浜山手サンモールインターナショナルスクールのフードフェアー


20170429横浜山手サンモールインターナショナルスクールのフードフェアー
タイルリゾート
R60☆鶴(鶴弥)です。 今年も横浜山手のサンモールインターナショナルスクールのフードフェアーにやってきました。
この記事は2017年(平成29年)4月29日のものです。


亀次朗が
「いつも同じ道通って行くのもツマラナイから裏から行こう」
だなんって言いだしてJR山手駅から歩いてやってきました。JR山手駅からずっと緩い下り坂が続いていたのですがサンモールインターナショナルの近くになって急な登り階段が連続してとっても辛かったです。来年からは今まで通り表からやってきましょう。

01P4291251

毎年見慣れた風景ですが、ここのお祭り気分はとっても気分が高揚します。
02P4290543

このフードフェアーでは世界各国のお料理が楽しめます。それも生徒さんや生徒さんのご父兄が中心になってお国自慢の料理を出しているのでそれぞれ本場の料理が楽しめます。アメリカのテントからはお肉を焼くいい匂いが漂っています。
03P4291230

体育館の中ではイタリアやフランスの手作りお惣菜が並べられています。グラス一杯ワインと共に召し上がれ。
04P4291231

ハワイのテントではカルアポークが売られていました。勿論真っ先にお買い上げです。
05P4291234

そのお隣ではドラム缶を半切りにしたバーベキューコンロで大量のサテーが焼かれています。甘辛いタレの匂いが食欲を刺激します。
06P4291245

こんな可愛らしいポップコーン売りがやって来たら買っちゃいますよね。
07P4291236

四月最後の日曜日。とっても良く晴れて気温もぐんぐん上昇します。ビールの売れ行きも急上昇(^^♪ここは学校なのですが今日に限ってアルコール類の販売もあります。
08P4291238

ステージではバンドの演奏が始まっていました。お国自慢の踊りや歌も披露されて、とっても楽しい一日でした。
09P4291241

初夏のような強いひざしの元、赤ワインと生サラミを頂きました。時折爽やかな風が吹いてとてもゆったりとした一日になりました。
10P4291243

お昼近くになってお客さんがどんどんやってきました。そろそろ帰りましょう。
11P4291248

【おまけ】サンモールインターナショナルスクールのバザーの戦利品。ベビーサイズのヤンキーズ・ジーター選手のユニフォーム。略して「ベビージータ」。MLB公認品にてなんとたったの200円で獲得しました。
12P5021193

13P5021196

20170429横浜山手・サンモールインターナショナルスクール裏口入学!?


R60★亀(亀次朗)であります。
山手の下町散策で大和町までやってきました。さあこれから山登りの開始です。
この記事は2017年(平成29年)4月29日のものです。

タイル亀次朗160

JR山手駅からほのぼのとした下町歩きを楽しんでキリン公園までやってきました。その昔麒麟麦酒が生まれた聖地なのであります。といってもこじんまりとした小さな公園の片隅に碑が建っているだけなんですけど、ともあれここが日本のビール発祥の地なんです。
01キリン公園地図

ほら信号にも「キリン公園入口」ってあるでしょう。今日はここから山登りなんです。
02P4291219

見上げるような山の頂に目指すサンモールインターナショナルスクールの校章が燦然と輝いています。あすこまで急坂を登りつめるのが本日の過酷なミッションなんです。
03P4291220

どれ登り始めましょうか。Gパンの裾をめくって足元を楽にしてあげましょう。
04P4291222

はあはあぜいぜい。こんな階段がずっと続きます。地図を見て覚悟はしていたけど足腰弱った老夫婦にはきつい仕打ちです。
05P4291223

ふう。。。ようやく辿り着けました。4月29日の午前9時50分。まだまだ閑散としていますが、ここはサンモールインターナショナルスクールの裏口であります。毎年同じ4月29日に行われるフードフェアーにやってきました。んだどもこの坂道は辛かったなあ
06P4291227

ちなみに表側はこんな感じ。元町側からなら地下鉄のエスカレーターでかなりの高さまでらくちんにやって来れます。やっぱこっちのルートが正解だったかなあ。
07P4291251

旨いシュウマイの為なら往復30分のウォーキングも苦にならない


R60★亀(亀次朗)であります。
この日横浜山手にやってきたのには大きなミッションがあったんです。
この記事は2017年(平成29年)5月25日のものです。

タイル爺々酒浸し

一番近いJRの駅からでも歩いて15分はかかってしまうリアル奥横浜。元町と本牧の中間地点と言ったら分かりやすいでしょうか?いやいや却って分かり辛くなってしまったかな。わしら老夫婦はJR根岸線山手駅から一本道商店街を突き抜けてやってきました。目的地に到着したけど、ここは味も素っ気もない住宅地。ほんまに此処の辺りなんでしょうか。
01P5251252


あっ!あった!あった!「本牧シュウマイ上田屋」さんです。つい最近まであちこちのデパ地下で引っ張りだこだったそうですが、高齢の先代がリタイヤしたのを機に卸売り中心になってしまったんです。
02P5251253

それでも熱烈なファンの期待に応えて冷凍品の地方発送を受けつけています。一番人気の出来立て熱々のシュウマイが欲しかったらここに来ないと買えないんだそうです。小売りもやっています。
03P5251255

毎週木曜日だけですが出来立ての熱々シュウマイを買う事が出来るんです。このシュウマイが喰いたくって老夫婦ははるばると歩いてやってきました。(冷凍品なら木曜日以外でも売っています)
04P5251254

ほれ、これが横浜名物本牧シュウマイ540円。出来立て熱々を喰ってみたいでしょ。
05P5251274

かの有名な崎陽軒の焼売の三倍位の大きさ。ただ大きいんじゃなくってむっちりとした肉肉しいむっちりシュウマイであります。肉の旨さ、脂の甘さがたっぷりなんで醤油も辛子も無しでも充分旨いんです。でもこれ1パック喰ったら腹一杯になるなあ。
06P5251275

一緒に買ったスペアリブ(右)800円と焼タンゲ(左)520円。どちらもむっちりとした旨さです。亀次朗的には塩味の焼タンゲ(豚舌の根っこ部分)が気に入りました。この三点セット買って横浜スタジアムの大洋戦観に行くっていいかも。
07P5251276

ま、気になったら行ってみてくだされ。付近には何もないけど絶対旨いです。木曜日の出来立てシュウマイは病みつきになります。
08山手地図

20170429横浜山手の下町散歩


R60★亀(亀次朗)であります。
タイル亀次朗160
前回の記事を読んだ方から
「あの店はどの辺りなんだ?元町から遠いのか!石川町の方が近いのか?はっきり書け!」
とお叱りを頂いてしまいました。
ちゃんと「横浜山手」って書いてあるではありませんか。
んじゃ横浜山手の下町散歩を楽しんでみてくだされ。

この記事は2017年(平成29年)4月29日のものです。


港横浜で山手といったら丘の上の高級住宅街だと思ってしまうでしょう。フェリスや雙葉といった有名私立、イタリヤ山庭園、外人墓地に港の見える丘公園と見所盛りだくさんな横浜観光の王道であります。しかしながらその最寄り駅であるJR石川町駅からトンネル一個通っただけでまるでタイムスリップしたような昔レトロな街があるんです。それもちゃあんと「山手」という立派な駅名なんです。この駅から急な山坂をえっちらおっちら20分も登山するとかの有名な旧制横浜三中・横浜日照りが丘高校があります。
01P4291193

つまりは、あの高級住宅地から山一つ隔てただけでやって来れる横浜の下町なんです。ここの商店街はともかくも一直線なんです。まるで遠近法の実習でもしているような定規で測ったような直線道路が存在しています。一説には明治時代に(当然この辺は野っ原)鉄砲の試し打ちの為に使われていた名残なんだとか。。。
07山手地図2

ものの見事にまっすぐな道が続いています。JR京浜東北線でいうと横浜⇒桜木町⇒関内⇒石川町と都会の街並みが続くんですけど、その次がここJR山手駅なんです。どうです。一辺に庶民的な街になっちゃうんです。
02P4291196

まず目についたのが「食堂やまて」。昭和レトロな下町食堂です。カレーライスが520円、チキンカツ定食が720円。横浜に住むならこの街に決めてしまいましょう。
00P4291203

03P4291202

ラーメンなら「鳥虜」(=とりこ)がいいよと勧められました。白湯スープが売りの繁盛店なんだそうです。
04P4291204

脇道に入った処にあるお稲荷さま。小さな社ですがとても綺麗に掃き清められています。
05P4291215

この街では銭湯も現役続行中。とても石川町元町のお隣とは信じられません。紹介しきれなかったけど気軽に入れそうな居酒屋さんや焼肉屋さんもあって暮らすのにとっても居心地良さそうな山手という名の下町でありました。
06P4291212

横浜山手のお手軽イタリアンでランチ


R60★亀(亀次朗)であります。
横浜山手という処は色んな顔を覗かせてくれます。何回行っても新しい発見があるので街歩きがとても楽しい街なんです。
この記事は2017年(平成29年)5月25日のものです。

タイルレストラン
二年前に開店したばかりなのに既にご近所評判店になったイタリアンレストラン。基本的にご夫婦二人だけで切り盛りしているんですがランチやディナーで忙しくなってきたときには応援のスタッフが入ります。こじんまりとした気さくなお店です。
01P4291198

茶系とベージュに統一された明るい店内。気の合ったお友達とランチを楽しむのにうってつけです。
02P5251273

さてと今日のランチは何をいただきましょうか。どれを選んでも外れはありません。
03P5251249

ランチをオーダーすると新鮮なサラダがやってきました。ちょっと変わった味のドレッシング。なんとなく「お通し」的な味わいです。ランチメニューのワイン(430円)ではなくって夜のメニューからお店オススメの赤ワイン(550円)をお願いしました。
04P5251264

まずやってきたのは「軽く炙った仙台黒毛和牛のユッケ仕立て丼」。山葵と醤油をお好みでかけて召し上がれ。
05P5251265

<軽く炙った>どころか殆ど生に近いレア牛。熱々ごはんの上に卵黄崩しでとろとろに仕上がりました。
06P5251267

こちらは鶴弥チョイスの「海老がゴロゴロ入ったマカロニグラタン」運ばれてきてからもグツグツと煮え立っています。
07P5251266

でっかい海老が何匹も入っています。周りのお客さん(女性客90%)の半分以上がオーダーしていた人気の品です。
08P5251268

お店の近所の仕事場からやってきたお客さん達。横浜山手には珍しいお洒落だけど気取らないお店でした。リピありだな。
09P5251272

【おまけ】ここはイタリアンレストランなんですけど日本酒が充実しているのも特徴なんです。オーナーシェフが自分の舌で選んだ掘り出し物の日本酒が楽しめます。時にはワイングラスで日本酒を味わうのもオツなもんです。夜の山手もいいかもです。
10P5251270