モーハワイ☆コム

カテゴリー:-草刈マスオの休日

キズ者再生工事−6/大仏前病院の住み心地〜


亀治朗であります。

鎌倉に住んでいるとまず行かないエリアが二つあるんです。小町通り商店街と長谷観音から大仏様までの道のりです。

この記事は2019年08月のものです。



そんな亀治朗が何でまた高徳院の真ん前で手術を受けて入院しているんだって思うでしょう。例えば交通事故かなんかで事故現場から一番近い病院に担ぎ込まれたと言うなら理解できるんでしょうけど亀治朗の場合かなり以前(5年以上前)から膝の状況が悪化していたのを母親の介護を言い訳にして後伸ばしを繰り返して来たんです。

亀治朗が前十字靭帯を破断して再建手術をしてくれたドクターマリオに今回も施術をお願いしたんです。

前十字靭帯再建手術してから15年以上経ちますがしっかりとくっついています。でも経年劣化で半月板が殆ど潰れているのが最新のMRI画像診断で判明しました。ならドクターマリオにお願いするしかありません。

処が病院行ってみるとドクターマリオはいません。なんでも他の病院に移ってしまったようです。散々探しまくった結果とうとう発見してみれば鎌倉長谷と言う鎌倉市民が避けて通らないようにしている堂々ベスト2(ベスト1は小町通り)のエリアにいたんです。亀治朗の自宅からですと以前の病院なら徒歩15〜20分で到着しますが長谷行こうとするとJR北鎌倉駅まで歩いて出て鎌倉まで一駅電車に乗りバスに乗り換えるんですが接続が悪いと片道一時間くらい掛かってしまいます。

他の病院にしようかとも思いましたがドクターマリオを信じて居るので決めました。

入院してみて分かったんですが以前ドクターマリオが務めていた病院から若手ドクターやベテラン看護婦技術スタッフなど7〜8名もの人材が移って来ているんだそうです。同じ鎌倉市内でしかもこんな狭い業界でこんなんええんか?他にも亀治朗の左膝BTB手術をしてくれた顎せんせえも何処かに流出してしまっているから、はっきり言って以前いた病院の整形外科部門は壊滅状態!になったと素人目にも分かります。どんな事情があったんでしょうか。恐ろしくってお尋ね出来ません。

「大人の事情」とい言う事で今後も触れないようにいたしましょう

さて実際に入院してみますと長谷という場所が素晴らしく閑静な場所である事に気がつきました。

亀治朗にあてがわれたベッドはパークビューです。南向きの窓から大きな樹が広がってその上から容赦ない夏の日差しが降り注いでいます。

パークといっても緑豊かな公園じゃありません。病院の駐車場です。外来患者やお見舞いに来た方々はもちろん無料です。たまにでっかいサーフボード背負ったヘビーな車見かけるけど、きっと由比ヶ浜の海で捨てコンクリートかなんかで脚削っちゃって転がり込んできたんでしょう。



駐車場の向こうに見えるのは中華食堂。40年以上前からやっている老舗です。

さてある日の朝ごはん

朝からこんなにいただけるなら充分です。鶴亀家では一汁一菜が基本です。ただし、ごはんの量が多すぎる。標準で110グラムなんだそうですけど亀治朗にはこの半分くらいで充分です。



今日のお昼ごはんは「ぶっかけたぬきうどん。



シコシコの太麺に鰹ダシが効いた辛口の汁、トッピングの卵焼きはほんのり甘く辛口の汁にも良く合います。この味覚えがある。長谷の名物八百屋「八百芳」で月曜と木曜だけ限定販売しているお味です。何故に店売りが週二回なんだろうと疑問に思っていたけど、それ以外は全部契約販売なんでしょう。(八百芳については「キズ者ランチ事情」で探してくだされ。

夕ごはんにはサーモンと季節野菜の合わせ煮がお目見えしました。肉厚のサーモンと色どり鮮やかな鎌倉野菜を高齢者の多い入院患者でも食べやすいように優しく煮込んであります。



合わせるならよく冷えた白ワインだな。入院に際し手荷物検査はありません。JALの機内で頂いたプラスチックボトル入りの白ワインなど密かに忍ばせてくるというのはいかがでしょう。リハビリ後のアイシングに氷を頂いて患部のクールダウンと共にプラボトルの白ワインをゆっくりと冷やしましょう。

zこれは単なる妄想です。良い子の皆さんは決して間に受けないで下さいね。

ちなみにこの病院にはベッドサイドの個人用保冷庫はありません。

ようやくお手洗いと洗面所への往復くらいが許可された亀治朗ですからここ大仏前病院近辺の様子などわかりませんが周囲には沢山のお土産屋さんはあるもののコンビニ一軒もありません。入院患者がショッピングを楽しめるのは一階の外来患者待合室にある自販機か入院棟3階にある自販機のみです。勿論ノンアル商品ばかりですが、この二台の自販機微妙に取り扱い商品が違っているんです。きっと入院患者の無聊を慰めようと「今日は一階♪明日は3階♪」とショッピングを楽しんでもらえるようにと言う優しい心使いなのであります。



ブログ休止のお知らせ


亀治朗であります。

意外と好評な「キズ者再生工事」の途中ですが、しばらくの間サイトへのアップをお休みさせていただきたく思います。

この記事は2019年08月12日のものであります。

理由は単純です。

入院以来フル回転で記事を書いたり冬のハワイ旅行の調査や東北の湯治宿を探したりしてたんです。

あっ

時々は膝関節手術の事なんかも調べていたんですよ。

そしたらたった半月も経たないのに契約しているギガ使い果たしてしまったみたいです。スマフォで記事を起こしたりアップしはじめたのは8/8からだからすげえ早い消耗です。

しばらくは治療に専念してリゾート生活を満喫してまいります。

あ〜

退院予定までまだ二週間もあるなあ。

退屈だろうなあ。

コメント頂いている皆さん、ごめんなさい

とりあえず元気です!

キズ者再生工事−3/痛みのスケールとは


亀治朗であります。

手術(8/7)から四日目の朝を迎えました。

この記事は2019年08月11日のものです。



手術するか回避するか迷っていた頃、ドクターに手術直後のあらましを伺った事があります。

「最近は技術も進歩して来て手術翌日から動いてもらっています。お手洗いも数日は車椅子だけど自分で行なってもらっている」って言うんです。

ベッドで横になりながら看護師さんに容器を差し込まれておしっこやうんちするのって嫌だなあって思っていた亀治朗が手術しようかと気持ちが傾いた瞬間でありました。

しっかし現実はそんなに甘くないものです。加齢に伴って頻尿気味の爺いは尿意を覚えてから我慢が出来なくなるまでがめっちゃ短い時間なんです。そこに第2のハードルが立ちはだかります。自立歩行が出来ない患者の用便には看護師さんの送り迎えがパッケージングされていて勝手気ままに車椅子をドライブしてお手洗い生活を楽しむ事が出来ません。三つ目は(これが根本的な理由なんだろうけど)手術直後の右足は当然だけど要取扱注意だし思いもしなかったんだけど手術していない左足も全く力が入らないんです。左足で立ち上がった瞬間に倒れかかって看護師さん二人掛かりで支えてもらってからは大人しく言いつけを守るようになりました。それでも真っ夜中に何回もナースコールするのは非常に心苦しいものです。「これは私達の仕事だから」と優しく微笑んでくださっては従わない訳には参りません。「転んで再手術なんて嫌でしょう」副婦長の安室波平さんがやんわりと諭して下さいました。

手術翌日から始まったリハビリテーション。部分的とは言え身体を動かせるのは嬉しいものです。車椅子の乗り降りから始まって平行バーに掴まりながらの歩行訓練。膝曲げ伸ばし可動域を広げるトレーニング。学ぶ事はまだまだたくさんありそうです。昨日PT(医療療法師)さんからサークル使用許可がおりました。これでようやく一人お手洗いが楽しめるようになりました。



入院患者には毎朝検査があるんです。体温、血圧、血流、前日の排尿排便回数なんかをチェックしていくんですけど時々(昼間でも)「今の痛さはどのぐらい?」って聞かれるんです。「痛さの数値」ってどうやって測るんでしょう⁇

全然痛くないのが《0》というのはわかるんだけど、一番痛い《10》には「非常に痛い」としか書かれていないんです。患者と医療従事者との意思疎通を図る上では「痛さの数値化」が必要だというのはわかるけど、愛情の深さとか憎悪の怨念と同じく個人の心の中奥深い所にあって数字で表すのには馴染まないと思うのであります。さっき登場していただいた安室波平さんによりますと《痛さ10》というのは「あり得ない痛さ」だと言うんです。んじゃ尚更わかんないじゃん!



悩んだ亀治朗が一晩ぐっすり眠って出した答えは「よく言われる『世の中で一番痛い経験』と認定されている出産時のお母さんの感じる痛さ」のことではないんでしょうか?成る程これなら男の亀治朗には分かりっこない強烈な痛さでしょう。ここには「あんた達男には本当の痛さなんって分からないでしょうね」と言う絶対強者の意向が伺えます。男が逆立ちしても経験出来ない遥か天界からの啓示かもしれません。

しかしながらごく限られた男にも出産には及ばなくとも生まれ出る苦しみを経験した者もおります。そう腎臓結石が腎臓を旅立つ時の恐ろしいまでの痛みは筆舌に尽くしがたいものがあります。狭いながらも悠々と腎臓内ですくすくと育って来た結石がある時急に「大きな海が見たい」と一念発起し狭い苦しみの尿管を旅発つのであります。このことを楽曲に仕上げたアーティストがいます。ジョージハリスンです。50年程前の曲ですが「ア ロング アンド ワインディング ロード」と言う名曲です。アルバム「レットイットビー」にも収録されていますから調べれば出てくるでしょう。興味があったら是非

以前旅行先で夜中に結石が動き出した経験があります。家人や兄弟達に心配かけまいと布団部屋に潜り込んで朝まで忍んでいたんですが痛み声を出すまいと腕を噛んで頑張って過ごしました。明け方おしっこに迷い出た姪っ子が変なうめき声に気がついてお母さんを呼んで来て発覚。

布団部屋から自分で噛んだ腕を血だらけにした亀治朗は救急車で麓の病院に運ばれたのであります。

閑話休題

と言う事で亀治朗的にはレベル10とは「腎臓結石が動き出した時の痛さ」と認定したのであります。

そうなると今の痛さは半分くらいかな?

なんだか気が楽になりました。

キズ者再生工事ー1/亀治朗手術に突入す


亀治朗であります。

いつかはやらなければと思いつつ先延ばしして来た膝関節置換工事に突入しました。

この記事は2019年8月のものです。

長いことつる姫さまのお世話を口実に手術から逃げ回っていたんですが、とうとう年貢の納めどきが来てしまいました。

「どうせなら真夏の一ヶ月を冷房完備の病院で過ごしたらいいでしょう」という盟友腹乃豊関のお気軽な会話で8月の手術となったんです。



病室の窓の外には強烈な真夏の日差しが勝ち誇っています。

いかに覚悟を決めたこととはいえこんな大工事は前十字靭帯再建以来です。幸いなことに15年前に亀治朗の靭帯を作ってくれたドクターの執刀であります。

事前の説明では所要時間二時間半ということでしたが、亀治朗が麻酔薬に耐性が強過ぎたようで始まるまでに一時間近く余分にかかってしまいました。日常的にアルコール性酔薬を多飲されておられる方は御用心下さい。加えて亀治朗の膝周りに肉(贅肉)が付きすぎていたらしく動脈流を探し出すのにえらい手間がかかったそうです。



ここしばらくは真夏の鎌倉長谷でエアコンの効いたリゾート生活を堪能しようと思います。



言っときますがこのリゾート生活には激痛が伴っています。良い子はなるべくこんな手術を受けなくて済むよう御自愛下さい。

恐るべし日藤パワー


亀次朗であります。

筋力トレーニング兼ねて横浜隼人の応援に出かけてみました。

この記事は2019年07月17日のものです。



駅前からスタジアム行きのバスに乗り込んだ途端、ビールや柿の種の臭いが充満しています。

ん?なんじゃ?



まだ始発バス停から動き出す前から宴会が始まっています。

ううむ。。。。



この鮮やかなどピンクのコスプレ衣装は間違いなくあの強豪チームのシンボルカラーです

んにしても球場に行くバスから気合い入ってます

スタジアムに着いてみれば二回戦にして満員盛況、外野スタンド開放です。

皆さんもこの試合の重みをよくご存知です。



うわぁ

相手側スタンドはどピンクに染まっています。

延長10回

横浜隼人サヨナラ負け

残念

あのどピンクのおばちゃんに負けました

20190222上野の森「千の技術博」は今週末まで


R60★亀(亀次朗)であります。
前々から観に行きたかった「千の技術博」。気がつけば残り一週間しかありません。
急がなくっちゃ!!
この記事は2019年02月22日のものです。
タイル亀次朗


江戸時代末期に堰を切ったように日本になだれ込んできた西洋文明。明治・大正・昭和・平成と時代の流れとともに先人たちが受け入れ消化し創意工夫で改良していった歴史を学ぶ貴重な展示であります。
01展示会ちらし


リタイヤして五年。山奥に引き籠った初老の爺いですが冥土の旅に出る前に是非とも見ておきたい展示会であります。場所は上野の森の国立科学博物館。自宅から痛む膝を抱えながらも駅まで這って行けば約一時間で到着します。久し振りにお江戸の空気を味わってきましょう。
02マップ


良く晴れた平日のお昼前。かなり大勢の皆さんが上野公園を歩いています。皆さん全部国立科学博物館に行くのかなあ?と思っていたらその先でバラバラと行き先が分かれます。上野動物園や国立博物館、その先の東京芸大でもこの日は何やらイベント開催なんだそうです。人ごみの苦手な亀次朗には酸素不足を感じてしまいました。
03P2220067


おおっ、どうやら此処のようです。確か科学博物館は高齢者は無料で入館できるハズです。タダで観られるならこれ程うれしい話はありません。しっかし「千の技術展」は特別展示なんだそうで一人当たり1600円かかるっていうんです。乏しい年金で暮らす高齢者にあまりに無慈悲な仕打ちではありませんか。
04P2220086



本館の各展示(高齢者は無料)も結構見応えがあるんで充分に楽しんだ後、別館地下にある「千の技術」特別展示に向かいます。結構大勢の皆さんが入っていきます。どさくさに紛れてすり抜けようかと試みました試みましたが係のおねいさんにしっかりと捕捉されてしまいました。
05P2220090


展示は江戸時代から始まって時代ごとに発展していった技術革新をなぞっていきます。電信からラジオ、テレビ、家電製品、自動車など見応えのある展示物ばかりです。
06P2220092



亀次朗の勤め人時代お世話になった電話の世界も展示されています。思い起こせば電話工事の現場事務所が立ち上がると聞けばどんな山奥にでも出かけて行ったもんです。お陰で関東一円の地理にはかなり詳しくなりました。UHV鉄塔の現場立会いなんかでは泥だらけになって明け方帰宅したのも今では懐かしい思い出であります。
07P2220096

知らない街に行ったら銭湯に入ってみる


R60★亀(亀次朗)であります。
街歩きのお楽しみと言ったら銭湯に立ち飲み屋さんですよね。
 この記事は2019年01月22日のものです。
タイル立ち寄り湯



今回の街歩きのゴールはこちらの銭湯です。
ってか最初っからブ~ブルマップで銭湯のありかを確認してから街歩きのルートを設定したというの本当の処であります。
01PA010229


午後三時の開店時間に合わせて街歩きを楽しみました。
一番乗りを果たしたぞっ!と思いきや妙齢のご婦人に先を越されてしまいました。ま、男湯には亀次朗が一番乗りですが。。。
02PA010230


JR快速停車駅から徒歩圏にある銭湯。
年中無休で午後三時から営業しているというのはお散歩爺ぃにとってとても有り難い存在です。ウィークエンドならほぼ一日中営業しているから等々力で汗かいた後に立ち寄るのもいいでしょう。
03PA010232


平日午後の一番乗り。
ゆっくりと体を洗って湯船に浸かりましょう。大きな湯船は熱めのジェットバス。両隣にはシルキーバスと温めの炭酸泉。つまり三つの湯舟全部泡風呂です。これで銭湯値段470円ですから年金暮らしの爺ぃにはとても有り難い存在であります。湯上りにはお隣の公園でプシュッとやりましょうか。
04PA010234

武蔵小杉から歩いて五分のこんな処


R60★亀(亀次朗)であります。
今じゃ「住みたい街ランキング」に必ず登場する武蔵小杉という駅に降りてみました。
この記事は2019年01月22日のものです。
タイル亀次朗160


朝の通勤時間帯には改札通過に行列ができるという混雑駅。無節操な建築ラッシュと受け身な国鉄のアンバランスでいつまでたっても渋滞は解消しそうにありません。
01PA010221


駅改札を抜ければ天に唾する摩天楼が聳え立っています。殆ど全部がローンの塊。そろそろアメリカ発二回目のサブプライム破綻がきっかけで阿部黒田バブルも崩壊しそうな気配ですが一体どうなってしまうのでしょう。
02PA010223


そんな駅前からほんのわずか歩いただけで全く庶民的な庶民的な街並みが続いているのをご存知でしょうか。かつて荒れ地だった土地が開墾され小杉村はその後工場地帯となり今は不動産バブル絶頂期のタワマン地帯なんですが、こんな風景を見かけるとちょっとほっとします。
03PA010227


小杉村になった頃に鹿嶋田神社から勧請されたという市ノ坪神社。バブリーな街の片隅にあって静かに近所の子供たちの遊び場を提供しています。
04PA010226


そろそろ今回の目的地に到着です。帰りにはここで缶ビールでも飲みたいもんです。
05PA010237

鎌倉駅前怪しい寿司居酒屋「えにし」で家族新年会


R60★亀(亀次朗)であります。
鎌倉駅から徒歩三分の場所にありながら観光客には全く無縁の丸七商店街。つい最近東京発祥のサンドイッチ屋さんが丸七のテナントに入ってきたんです。んでも地元のおっちゃん達は「東京の衆は鎌倉に出店したいんだよ。大概何年か居たら撤退するけどね」と平然と構えています。さて、どうなるでしょう。健闘を祈ります。  
この記事は2019年(平成31年)1月3日のものです。
タイル居酒屋


00丸七入り口

この日は鶴亀家恒例の怪しい寿司居酒屋えにし貸し切り新年会であります。元々横浜駅地下街や戸塚で雇われ寿司職人だった頃は鶴亀家の台所を使って新年会をしていたんですけれども、一念発起して自前店舗を構えてからはお店での新年会に変わりました。たった六席のお店なんで鶴亀家で貸し切りです。だから了解を得て二歳半の充行くんも一緒させて貰いました。ビール飲めないから牛乳の持ち込み。
01P1030049


まずは樽酒を頂きましょうか。義母(つる姫さま)が参加できなかったあのは残念ですが、無事年を超えて食欲も回復して一安心。皆で乾杯しましょう。
02P1030060


何はなくとも青魚盛り合わせ。〆鯖の仕上がりを味わえば大将の技量に納得するハズです。コハダも鯖も新鮮そのものです。
03PB130362


贅沢にも分厚く切られた寒ブリ刺身。しっかりと脂が乗っています。
04P1030051


シラウオはカラッと揚げて海苔塩をパラリと軽く振っていただきます。
05P1030055


ねっとりこってりと鮟肝。正月明けの血液検査の事は一旦忘れましょう。
06P1030058


タラコはミディアムレアで頂きます。この微妙な火加減は素人には無理ですね。
06P1030059


香ばしく焼きあがった塩サバを大根おろしの猫が狙っています。
07P1030066


んじゃ、そろそろ握って貰いましょう。いつもの通り赤身と烏賊からスタートです。
08P1030071


極上鰯。口の中でとろける美味しさです。
09PB130365


穴子と蛤を頂いてシアワセなお正月を〆ました。皆さま、今年も「鎌倉駅前怪しい寿司居酒屋えにし」をよろしくお願い申し上げます。

10P1030074

今年はひろあきの年だ


ひろあきであります。
明けましておめでとうございます。いよいよ吾輩の年が始まります。 
この記事は2019年(平成31年)01月01日のものです。
00PC240102


藤岡弘の「弘」、北斗晶の「晶」で「弘晶」。
漢字で書くとあんまりにも暑っ苦しいので平仮名で「ひろあき」君と命名しました。さがみ農協の貯金推奨キャラクター(つまりは貯金箱)であります。毎年年末になると「一日預金日」(=要するに新規に貯金してください)の封筒と翌年のカレンダーと共に新しい年の干支をモチーフにした貯金箱が頂けます。猪にしては随分と可愛らしいキャラですな。
01PC280023


亀次朗が鎌倉農協と関わり合いを持ったのは初めてマイカーを買った時のローンと任意保険の加入の為に准組合員になった時ですから既に40年以上の年月が経っています。その間に近隣農協との大同合併で「さがみ農協」に変身した時には出資比率と組合員人数の関係でいつの間にか組合員扱いになってしまったらしい。その後は野菜の種の購入とか農機具の展示会の案内、果ては組合員総会の招集状なんかが届くように届くようになってしまっています。それじゃあきっと預貯金金利も組合員待遇だろうと思っていたら、それはそれでちゃんと「あんたは准組合員だから利息は低いまま」なんだそうです。どういう基準なんじゃ!?
02P4170539b


亀次朗の旅行には必ず帯同して温泉旅の画像に紛れ込んできているので既にご存知の方も多いでしょう。射出成型機で作られたポリカーボネイト成型品だから硫黄泉や強酸性泉にも耐えられるスグレモノであります。
03IMGP6951


ANAのCAさんに囲まれて嬉しそうなひろあき君。お前さんにもモテ期があったんだなあ。
04IMGP6686


気がつけばずっと一緒に一緒に旅を続けていたひろあき君もニューフェイス(右側)がやってきました。ううむ。。。なんだか肥大化しています。それに少し色白になったいるような気がします。さて今年は何処に旅に出ましょう?ホワイチー君に会いに北の国に行きたいなあ。コロちゃんずに会いに味噌乃国に行ってみようか。
05PC240104