モーハワイ☆コム

カテゴリー:-むかし話

国際免許考-04/1993年のハワイ島ヒロ


ただ今自宅で休養中の亀治朗であります。
そろそろ仕舞い支度を考えるべきお年頃になってきました。
あと5回しかハワイでレンタカー使えないとしたら、あなたは何処に行きますか?
この記事は2019年09月のものです。
30ハワイ島ヒロホテル


なぜか日本の富士急行がハワイ島ヒロにあるホテルの窓口になっていたのは今から30年ほど前のほんのひと時でした。かねてからハワイ島ヒロ市内地での宿を探していた亀治朗は早速富士急行本社に電話したものの話が通じません。あっちこっち聞きまくってようやくプールサイドのコテージに4泊という予約を完了したのであります。
31ハワイ島ヒロホテル


場所はヒロ市街地の真ん中やや北寄り。KTA本店まで徒歩五分という好立地です。夕方涼しくなってからの街中そぞろ歩きも楽しめた宿はいつの間にかクローズしてしまっています。いい宿だったのになあ。あすこの立地を経験するとバニヤンドライブの観光ホテルには食指が伸びません。
32ハワイ島ヒロホテル2


ヒロについてはまず宿を探す事から始めましょうか。

国際免許考-03/Kauai on my memories


                           
ただ今自宅で休養中の亀治朗であります。
そろそろ仕舞い支度を考えるべきお年頃になってきました。
あと5回しかハワイでレンタカー使えないとしたら、あなたは何処に行きますか?
この記事は2019年09月のものです。
(ハイチュウさん、ごめんテーマぱくりました)


鶴亀一家がカウアイ島を訪れたのはまだ三男(現在28歳)が2歳か3歳の頃だったと思います。3人の子連れ旅ですからそれなりにお金がかかります。(当時の)ウェスティンカウアイなど夢の夢。ポイプのコンドミニアムも調べてみたけど当時の日本では高級な物件ばかりしか情報が入って来ません。(当然まだインターネットなんてなかった)

散々調べて見つけたのが東海岸カパアの小さなショッピングモール横のあるアウトリガー系のレンタルコンドミニアムでした。ステューディオの狭いベッド二つに家族五人が詰めあって眠ります。当然の結果として亀治朗は床寝となりました。
21プランテーションハレ絵はがき

22プランテーションハレ住所


しっかし楽しい旅行だった。当時まだ日本人観光客、しかも3人の子連れ旅というのは珍しかったのでしょう。あちこちのお店で可愛がってもらいました。
ハナレイの海岸沿いにチャロズというレストランがあったんです。そこのおばちゃんウェイトレスさんに随分と良くしていただいて子供達は毎日毎日チャロズに行こうと言います。もっと他の所にも行こうという親の言うことを聞きません。結果滞在中ほぼ毎日チャロズでごはんを食べてその先ケエビーチで一日中遊ぶだけの旅になったんです。結果、島の反対側にあるワイメアキャニオンには行けませんでした。

チャロズとケエビーチ以外に行ったのは到着日に食料調達にスーパーに行ったついでに立ち寄ったキロハナと(当時はまだウィスキーを買って帰る必要があったので)ウェスティンカウアイのデューティーフリーに寄っただけ。今じゃ考えられないけどデューティーフリーの店員のおばちゃんがバナナくれたり、サンゴで指先切ったのを見てバンドエイド貼ってくれたり、思えばあの頃から「おばさん世代にはモテる三兄弟」だたのでしょう。しっかしキロハナの大邸宅はすごかった。あすこでのんびり優雅にディナーなど楽しみたいものです。


そんな貧乏旅行だったのでプリンスヴィルなんて夢の夢。立ち寄ったゴルフショップで買ったニットのセーターは今でも使っています。泊まってみたいなあ。

それと
ハイチュウさんが記事で紹介していたワイメアプランテーションコテージには是非とも泊まってみたいものです。あすこならきっと快適な長逗留が出来そうな気がしています。

国際免許考-02/いつかみたマウイ


ただ今自宅で休養中の亀治朗であります。
そろそろ仕舞い支度を考えるべきお年頃になってきました。
あと5回しかハワイでレンタカー使えないとしたら、あなたは何処に行きますか?
この記事は2019年09月のものです。
タイル プラン75


40年以上も前の話ですが鶴亀夫婦の新婚旅行は北海道の安い公共の宿を泊まり歩く貧乏旅行でした。
無論その当時でも
新婚旅行=ハワイ
というのはかなり一般的だったんですが披露宴に見栄を張ってお金を使い果たしてしまったんです。その結果の道東貧乏旅。六月だというのに安宿の隙間風に凍えて炬燵の中で震えていた懐かしい思い出です。
12マウイ島1980
今は無きパンナム 今は無きジェットツアー


鶴亀夫婦が初めてハワイの地を踏んだのはそれから数年後の1980年の事でした。不幸な結果になってしまった1度目の妊娠の後しばらくの間鶴弥は放心状態が続きました。夫婦間の会話も途切れがちになって重苦しい数年が過ぎ、ようやく気持ちが前に 向き始めたものの一向に妊娠の兆しがありませんでした。
ある方から転地療法を勧められました。今まで行ったことの無い場所に行ってみよう。結婚当時周囲から散々煽られたハワイという場所がいいかもしれない。んでも、それじゃあまりにも平凡です。へそ曲がりな夫婦は初めてのハワイ旅にしてワイキキ蹴っ飛ばしてマウイ島を目指したのであります。
11マウイ島1980



鶴亀夫婦の最初のハワイ旅はホノルル空港到着すぐにカフルイ空港に飛び立ちました。しかも当時既に日本でも知られ初めてきたリゾート地カアナパリではなくマウイ島の南の外れ(当時はまだ行き止まりだった)ワイレアという場所でありました。この旅は鶴弥にとってもとても好印象だったようで今でもその時のアルバムを大切にしています。大昔のアルバムだからフィルムを剥がすともとの通りに貼り付かなくなっちゃいそうですが、いつか完全にハワイネタ切れちゃったら鶴弥の目を盗んでスキャンしようかと企んでいます。
13マウイ島1980
もうこのホテルもありません。


テーマはもう決めてあります。
「いつかみたマウイ」
(双子の母さん、ごめんテーマぱくりました)
14マウイ島1980

残り五回のハワイの一回はマウイ島で決まりかな。

幕間のお楽しみ(3/3)便乱女と板前サーファーのハワイ島結婚式日記


   「こげめし★回顧録」をご覧いただきありがとうございました。
引き続き「コゲメシ■路地裏劇場」の用意をしているんですけど設定が上手くいきません。
時間稼ぎと言ってはナンですが、過去の記事の中から長編になった三部作を発掘してみましょう。


セントピータース教会2
   波乱万丈の家族ハワイ旅行から約10年の時を経てコゲメシ家は鬼門の島ハワイ島に再上陸しました。
この時のメインテーマは便乱女(うちのおかみさんの実妹)と板前サーファーの結婚式でありりました。出発前からのドタバタをなんとか乗り越えてハワイ島に到着。待ち構えていたのは10年前の家族ハワイ旅行の古傷でありました(号泣)ではゆるゆるとお読みくださいまし。。。。


 コゲメシ的ハワイ島昔話後編

幕間のお楽しみ(2/3)コゲメシ一家のドタバタなハワイ島旅行


   「こげめし★回顧録」をご覧いただきありがとうございました。
引き続き「コゲメシ■路地裏劇場」の用意をしているんですけど設定が上手くいきません。
時間稼ぎと言ってはナンですが、過去の記事の中から長編になった三部作を発掘してみましょう。


1993ヒロホテル2

   コゲメシ家がハワイ島に初上陸したのは三男パエリアが三歳の事ですからかれこれ20年以上も前のお話です。
ホノルル空港からその日の内に乗り継いでコナ(ケアホレ)空港に到着、そのままレンタカーでヒロの街まで突っ走るという、のっけから強行軍のスケジュール。
それが伏線にあってかハプニングとトラブルの連続でした。
今となっては懐かしい思い出ですが当時は降りかかってくる災難に翻弄されてリゾート気分など全く感じませんでした。
ま、ともあれクリックしてみてくださいまし。。。

 コゲメシ的ハワイ島昔話前編(PDF)

幕間のお楽しみ(1/3) セキララハワイ日記に載った「じじばばハワイツアー」一挙に再公開


「こげめし★回顧録」をご覧いただきありがとうございました。
引き続き「コゲメシ■小劇場」の用意をしているんですけど設定が上手くいきません。
時間稼ぎと言ってはナンですが、過去の記事を発掘してみましょう。

まだモーハワイにブログが無かった頃、HP上の記事への書き込みが専門でした。
サイトの中に「セキララ・ハワイ日記」というコーナーがあったのを覚えていらっしゃるでしょうか。
ハワイに旅行に行った臨場感あふれる幾多のお話を拝見させていただきました。

コゲメシ夫婦のハワイ旅はそれほどのハプニングもない平凡な旅行ばかりでしたが思い切って投稿してみたのが
「じじばばハワイツアー」
でした。
じじばば1



90歳に近いハゲマス城主(義父)、元気だけど足腰がすっかり衰えてきたつる姫さま(義母)に思い出の地ハワイを満喫して頂こうと計画しました。

じじばば2

計画途中に便乱女(うちのおかみさんの実妹)の参入(乱入ともいう)もあって都合五名での大旅行となりました(三泊五日だけど。。。)
じじばば3


長文です。

寝不足になりませんよう、お気をつけ下さい。

じじばばハワイ旅行(PDF)


 

2004年墨■だんな~ずのホノルルマラソン さよならフルーチェ


2004年のホノルルマラソンにはたくさんの思い出があります。トップの画像はワードにあるゲーセンD&Bの屋上のサンセットバーのハッピーアワーカクテル。今も営業しているのでしょうか。。。
P1010028

2003年の年末に右足前十字靱帯を完全破断。2004年2月に再建手術しました。ハムストリングを引っこ抜いて破断した前十字靱帯に縫い付けるという見た目以上に大がかりな手術でした。約半年に及ぶリハビリの後フルマラソンのトレーニングを始めました。暫く遠ざかっていたフルマラソンに再挑戦させた原動力はやはり前十字靱帯再建手術でした。なんとしてもこの再建手術の年にマラソン復帰をしたいという思いに駆られたのだと思います。
P1010035

この年はモーハワイに巡り合えた年でもありました。「ハワイでお店を出す話」の舞台になったアラモアナ北のKaiさん。もう会う事が叶わなくなったとる美さんとの初対面もこの場所でした。
P1010039

何年もフルマラソンから遠ざかっていた50歳台の初老ランナー。絶対安静だった半年前の衰えきった筋肉は中々言う事を聞いてくれませんでした。よれよれになってのゴールインでした。
P1010042

この年、大勢の墨■だんな~ずがホノルルマラソンに参戦しました。完走後の打ち上げパーティーはもちろんKaiさんでした。
P1010046

あれから10年以上の年月が流れてました。あの頃みんな髪の毛真っ黒だったねえ。
P1010047

少年パエリアは中学生でした。今は埼玉で元気に働いております。フルーチェの優しい笑顔が今でも目に浮かびます。
P1010048

さようならフルーチェ。沢山の楽しい思い出をありがとう
P1010050

微笑みよ 永遠に


まだ、モーハワイ・ブログが始まっていなかった頃のお話です。

ACL(前十字靱帯破断)で入院した2004年の春。
退院後、整形外科病院での生活復帰リハビリテーションを卒業した後、新横浜のスポーツ医科学センターに暫く通いました。
トレーニング帰りに新横浜駅前の書店で手に取った「行くべしオアフ島見るべしオアフ島」から始まったモーハワイとのお付き合いも早くも10年となりました。
PB080059

その頃
ウェブサイトで繰り広げていた「ハワイでお店を出す話」。
舞台はアラモアナセンターの北、ウォールマートが出来る以前のKaiさんのハワイでの起業のお話でした。
私ら家族はそれ以前からアラモアナ北ホテルを定宿としていましたから、
アラモアナ地区に新しいお店が出来る嬉しさもあって、一遍にKaiさん海晴亭さんのファンになりました。
Kai全員集合

その年(2004年)のホノルルマラソン。
春に手術した右ひざもようやく動くようになって久し振りのホノルルマラソン復帰戦。
スタート直前にKaiさんで美味しい「完走祈願うどん」をご馳走になりました。
関西風のお出しにお餅や半熟玉子も入って栄養満点のうどん。
お陰様で子供達も完走する事ができました。
あの時小学校六年生だった三男パエリアも社会人です。
時の経つのは早いものです。
2006Kaiにて

ホノルルマラソンスタート直前取材にKaiさんに来ておられたのが、たーとる美さんでした。
明るい太陽のように眩しい黄色のT-シャツ。
それ以上に明るい笑顔でマラソンに送り出してくださいました。
2004kaiにて

その後、何回か偶然Kaiさんでお会いする事がありました。
いつだか、マク夫さん、まくコ☆さん主催のホノルルマラソン。オフ会でもお会いしましたね。
つる姫さまと一緒に行ったバニヤンBBQにもお出でくださいました。

2007Kaiにて

駆け抜けるように星になってしまった、とるみさん。
貴女の笑顔が忘れられません。
やすらかにお休みください。

2004kaiにて - コピー