モーハワイ☆コム

カテゴリー:-リハビリな毎日

キズ者再生工事-9/無事に退院しました。


亀治朗であります。

退院の時、髭せんせえが何かを手渡してくれました。

 「コゲメシさん、これ君の前十字靭帯再建の時使った手術用のピン」
01IMG_1020


 一片が2センチ半もあるステップル(コの字形の釘)。これを足の骨に打ち込んでハムストリングから作った代用靭帯を固定してたんだ。人工関節になって、もう必要なくなっちゃったんだなあ。長かったようであっという間に過ぎたランニング生活だったけど、その後半を支えてくれた再建靭帯。このピンのおかげで充実した日々が送れました。

死んだら一緒に焼いてもらおう。
02IMG_1021


この記事は2019年08月29日のものです。

前十字靭帯断裂したのが2003年末ころ。再建手術は2004年の2月ころ。丁度その頃しゅんさんの「べし-1」が出版されました。同じ頃KAIがアラモアナ北にデビュー。2004年のホノルルマラソンの画像を何枚か引きずり出してみました。

03P1010035

これまでいくつかの怪我や病気を経験してきました。左肩剥離骨折から始まって右膝前十字靭帯断裂、自己免疫性肝炎、左膝前十字靭帯損傷、冠攣縮性心筋症。。。随分と経験しました。更に、肥満、加齢、練習不足、不摂生が追い討ちをかけます。正常な部分の脳みそはもうとっくに「走るのはもう無理かな」と悟っていながらも奥底には「せめてキロ8分でもいいから、たった1kmでもいいから走りたい」という欲望が消えた事はありませんでした。

前十字靭帯再建手術した時には、退院後きっと走れるようになれるという漠然とした期待が持てていました。事実前十字靭帯再建後に(低レベルな市民ランナーだけど)自分なりに自己ベスト更新出来た時の達成感は忘れられない思い出です。

04P1010042

しかし今回の人工関節置換手術ではその先に待っている世界は全く違うものなんです。ゴルフ、テニス、ハイキングなどは体力が伴ってくれば無理のない程度に運動が可能なんだそうです。んが、ランニングのように継続して同じ場所に圧力をかけ続ける行為は新しく装着した人工関節のクッション材をピンポイントに破壊する恐れがあるんです。現状のクッション材の耐用度は1日6000歩の歩行で15年から20年なんだそうです。ランニングではその数倍の圧力がかかってくるので現状のクッション材では保証出来ないというのです。
この事はもう何年も前から知っていました。この手術したら走れなくなる。義母の介護を言い訳にしてずっと手術を逃げ回ってきたのは亀治朗のランニングに対する未練以外の何物でもありません。

05KICX0117

手術が終わり病院のベッドでじっとしていると自分が踏ん張って走っていた時代を思い出してしまいます。低レベルで決して自慢など出来ようもないランナーもどきでしたが楽しかった。大勢の仲間が出来て世界が広がりました。

 もう走れなくなったんだ。

違う何かを始めるにはまだしばらくは時間がかかると思います。ゆっくりと考えてみようかな。

長々と続けてきた今回の「キズ者」シリーズはこれでおしまいにしようと思います。くだらん話にお付き合いくださってありがとうございました。

06KICX0111

最後にお願いがあります。

今年のホノルルマラソンに参加の皆さん。

亀治朗がひょっこりと応援に顔だしたら笑って受け入れていただけませんか。もう決して同じスタートには立てないけど、あの気持ちに触れる事が出来たら嬉しいです。

キズ者再生工事-8/退院パーティー?まだ抜糸したばかりなんですけど?


亀治朗であります。

昨日(8/21)無事抜糸が終わりました。それでもまだ安心できないんだそうで今日(8/22)再確認してようやくシャワーの許可がおりました。今日もまたヒマな話題です。

この記事は2019年08月22日のものです。



入院生活も残り一週間くらいです。涼しい快適空間から地獄のような真夏に戻らねばなりません。

うだうだと昼寝を楽しんでいたら次男チャーハンから着信です。

「あのさ、28日退院したらすぐ呑めるの?」

まだ、28日退院って決まった訳じゃないのにもうお誘いですか?

久し振りのシャワー浴びて寛いでいたら夏休み中の長男かつ☆ドン!が顔を出します。

「夕べ『えにし』に行ったら大将が『28日退院なら何処かに食べに行こうよ。店休みだから』って言ってた」って言うんです。



ちくしょ〜えにし行きてえ〜

抜糸が終わったばっかしでまだ入院中だというのに、既に鶴亀家では退院祝い宴会の準備が始まっているようです。

嬉しいんだけど、気が早すぎませんか?

入院の支度からおよそ一ヶ月掛かっています。退院したらやらなければならない事が山ほどあります。それを処理したら10月には待望の温泉旅行が待っています。

頑張らねば!

【おまけ】

かつ☆ドン!から差し入れ

古いバックナンバーだから読み捨てでいいよって



身動き出来ないハワイ病患者には酷ではないかい?



んでも楽しく読ませていただきました。

キズ者再生工事-7/入院生活をもっと楽しく


亀治朗であります。

朝から雨が降っております。台風が近付いているそうです。今日はヒマな話題です。

この記事は2019年08月13日のものです。



言ってみれば「入院準備備忘録」です。事前に何を用意したか、何を忘れたか書き残しておこうと思います。

事前に済ませておいた事

  1. 庭の草刈り その昔「草刈マス夫」を名乗っていた頃からずっと女房実家の庭と駐車場、裏のアパート周辺までの草刈りはずっと亀治朗の担当でした。ま、数年前からは居候の身ですから何でもやらせてください。しっかし今年の長梅雨の後の高熱地獄には参った。梅雨前に綺麗に刈り取った庭がすでにジャングルです。つる姫さまがあちこちに綺麗なお花の種や球根を植えていたので庭の中は全て手作業で農薬も使えません。入院前の三日間汗びっしょりになって草刈り完了しました。

  2. いつか来るとは覚悟していたけど、呆気なく逝ってしまったつる姫さま。まさか御存命中から大掃除なんって出来ません。葬儀四十九日が終わって「さあ少しは片付けねば」と思い始めた老夫婦にどっと脱力感が襲い掛かります。六月になってようやくぼちぼちと片付けを始めたんですがまだまだ1/3も進んでいません。亀治朗の入院中には新盆を迎えます。お坊さんにお経を上げていただきたいし、お客さんも大勢いらっしゃるでしょう。せめて玄関周りと仏間くらいは綺麗にしておきました。お客さんが来て泊まっていくかもしれないんで布団干しと食器類を洗うのも欠かせません。

  3. ようやく自分の事です。 完全看護だしこの病院では衣類はアンダーウェアまで含めてレンタル品を使うことがお決まりのようなので荷物は大分少なくて済みそうです。まずは爪切り、そして散髪。夏場だし手術後しばらくの間シャワーも浴びられないので思い切って超ショートスポーツ刈りにしてみました。馴染みの床屋のマスターは「亀治朗さんの場合元々の顔の作りが三角オムスビなんだから髪短くすると漫画になっちゃう」って言うんです。ほっといてくれ!

  4. 亀治朗の不毛で決して短くない務め人生活はおおよそ40年程だったでしょうか。その間ほとんど髭剃りに電気シェーバーは使っていませんでした。現場作業で徹夜明けて通常業務に入る時ぐらいに使ったくらいでもっぱらシックスーパーⅡを愛用していました。ハワイ滞在していた時、ホリデーマートやウールワースで安い使い捨てカミソリ買って使ってみて剃れなくって大後悔しました。それでも(学習能力の無い馬鹿だから)懲りずにウォールマートが出来た時も新装開店の目玉商品に引っかかって同じ過ちをしてしまい血だらけになってしまいました。以後は必ず日本から持ち込んでいます。さて今回は膝の大手術です。洗面所で優雅に髭剃りを愉しむなんて余裕はありません。ベッドで剃れるように数十年振りに電気シェーバーを買ってみました。んでも今流行りの電気シェーバーってでっかくて重いアイスクリームコーンみたいな形状の物ばっかり。困っていたらIZUMIの文字が目に入ってきました。懐かしい「泉精器」の昔のロゴのままです。配電や通信工事材料の行商をやっていた頃現場周りで仲良くなった工事用の工具メーカーなんですが一般品まで手を広げたのでしょうか。ショートホープサイズの旅行用シェーバーをお買い上げ。単三電池二連装ですからパワーも充分でしょう。次回のハワイではこいつが活躍しそうです。



  • MP3プレーヤーを新調してみた。今年初めにエアコンを買い替えたんです。ポイントが10パーセントも付いていたのを放置していたんだけど電気シェーバーを買うのに使ってまだポイントが余ったのでついでに安いMP3プレーヤーを買ってみました。


  • FMラジオも聴けるので入院生活の無聊を慰めてくれることと期待出来そう。自宅の近くで歩き回りながら使ってみたら感度も良かったのに病室では一番近い横浜キー局ですら全く感知しません。んでも最新のMP3プレーヤーの音質はとても素晴らしくスマフォが使えない間ずっと音楽三昧の日々でありました。ちなみに持っていったのは

  • 細川綾子さん

  • ドナサマー

  • ダイアナロス

  • ディープパープル

  • クリーム

  • ビーチボーイズ

  • 秋満義孝

  • フジ子・ヘミング

  • フレデリックショパン

  • レッドツェッペリン

  • 長部正太

  • ううむ。。。

  • 我ながらごっちゃごっちゃです。
  • 実際に聴いてみて感じた。

    朝から聴く人達じゃなかった!
  • 6.

  • ここからは持って行くのを忘れた物、持って行ったけど補充した物です。

  • ハワイ本はこれ一冊

  • へなしゅんのハワイ島へ行こう!


  • もう何回も読んでいるけど飽きません。

  • 鶴亀老夫婦には

  • 『今年の冬のホノルル』

  • 『来年初めのハワイ島』

  • という遠い目標があって今回はベッドの上でスマフォを使って妄想的に計画を立てる目算があったんです。処が突然のギガ枯渇でスマフォが使えなくなってしまいました。

  • 慌てて鶴弥にお願いして家の中に散乱しているハワイ本の中から数冊持ってきて頂いたんですが「新しい本なんか無かった」って言うんです。そういえば最近数年はパソコンでぐるぐるマップを切り貼りしてプリントして持って行くのでガイドブックなど買った記憶がありません。それでもこの暑い中昔のガイドブックを四冊も運んでくださった鶴弥さまに頭が上がりません。

  • 鶴弥さまには他にも各種充電器と電源延長コード(3連タップ付き)も運んでいただきました。


  • 7.これだけは絶対忘れてはいけない‼️

  • 『お茶漬けワカメ』


  • 無理矢理こじ付けたようなハワイネタであります。

  • ハワイに行けばドンキとかタイムスなんかの日系スーパーで安売り日に必ず買って帰る鶴亀家のマストアイテムです。

  • ハワイのスーパーマーケットならほぼ何処でも売っていますね。

  • 「うにテッドの機内食のように美味しい」と評判の高い大仏病院のお食事ですが、ごくたまに『お茶漬わかめ』のお力添えをお願いしなければならない事態が発生するんです。これを少量ごはんにかけるだけで充分なご馳走の出来上がりです。亀治朗はお茶漬にせずフリカケとして楽しんでいます。

  • 皆さんも入院の際はお忘れなく。


  • キズ者再生工事−6/大仏前病院の住み心地〜


    亀治朗であります。

    鎌倉に住んでいるとまず行かないエリアが二つあるんです。小町通り商店街と長谷観音から大仏様までの道のりです。

    この記事は2019年08月のものです。



    そんな亀治朗が何でまた高徳院の真ん前で手術を受けて入院しているんだって思うでしょう。例えば交通事故かなんかで事故現場から一番近い病院に担ぎ込まれたと言うなら理解できるんでしょうけど亀治朗の場合かなり以前(5年以上前)から膝の状況が悪化していたのを母親の介護を言い訳にして後伸ばしを繰り返して来たんです。

    亀治朗が前十字靭帯を破断して再建手術をしてくれたドクターマリオに今回も施術をお願いしたんです。

    前十字靭帯再建手術してから15年以上経ちますがしっかりとくっついています。でも経年劣化で半月板が殆ど潰れているのが最新のMRI画像診断で判明しました。ならドクターマリオにお願いするしかありません。

    処が病院行ってみるとドクターマリオはいません。なんでも他の病院に移ってしまったようです。散々探しまくった結果とうとう発見してみれば鎌倉長谷と言う鎌倉市民が避けて通らないようにしている堂々ベスト2(ベスト1は小町通り)のエリアにいたんです。亀治朗の自宅からですと以前の病院なら徒歩15〜20分で到着しますが長谷行こうとするとJR北鎌倉駅まで歩いて出て鎌倉まで一駅電車に乗りバスに乗り換えるんですが接続が悪いと片道一時間くらい掛かってしまいます。

    他の病院にしようかとも思いましたがドクターマリオを信じて居るので決めました。

    入院してみて分かったんですが以前ドクターマリオが務めていた病院から若手ドクターやベテラン看護婦技術スタッフなど7〜8名もの人材が移って来ているんだそうです。同じ鎌倉市内でしかもこんな狭い業界でこんなんええんか?他にも亀治朗の左膝BTB手術をしてくれた顎せんせえも何処かに流出してしまっているから、はっきり言って以前いた病院の整形外科部門は壊滅状態!になったと素人目にも分かります。どんな事情があったんでしょうか。恐ろしくってお尋ね出来ません。

    「大人の事情」とい言う事で今後も触れないようにいたしましょう

    さて実際に入院してみますと長谷という場所が素晴らしく閑静な場所である事に気がつきました。

    亀治朗にあてがわれたベッドはパークビューです。南向きの窓から大きな樹が広がってその上から容赦ない夏の日差しが降り注いでいます。

    パークといっても緑豊かな公園じゃありません。病院の駐車場です。外来患者やお見舞いに来た方々はもちろん無料です。たまにでっかいサーフボード背負ったヘビーな車見かけるけど、きっと由比ヶ浜の海で捨てコンクリートかなんかで脚削っちゃって転がり込んできたんでしょう。



    駐車場の向こうに見えるのは中華食堂。40年以上前からやっている老舗です。

    さてある日の朝ごはん

    朝からこんなにいただけるなら充分です。鶴亀家では一汁一菜が基本です。ただし、ごはんの量が多すぎる。標準で110グラムなんだそうですけど亀治朗にはこの半分くらいで充分です。



    今日のお昼ごはんは「ぶっかけたぬきうどん。



    シコシコの太麺に鰹ダシが効いた辛口の汁、トッピングの卵焼きはほんのり甘く辛口の汁にも良く合います。この味覚えがある。長谷の名物八百屋「八百芳」で月曜と木曜だけ限定販売しているお味です。何故に店売りが週二回なんだろうと疑問に思っていたけど、それ以外は全部契約販売なんでしょう。(八百芳については「キズ者ランチ事情」で探してくだされ。

    夕ごはんにはサーモンと季節野菜の合わせ煮がお目見えしました。肉厚のサーモンと色どり鮮やかな鎌倉野菜を高齢者の多い入院患者でも食べやすいように優しく煮込んであります。



    合わせるならよく冷えた白ワインだな。入院に際し手荷物検査はありません。JALの機内で頂いたプラスチックボトル入りの白ワインなど密かに忍ばせてくるというのはいかがでしょう。リハビリ後のアイシングに氷を頂いて患部のクールダウンと共にプラボトルの白ワインをゆっくりと冷やしましょう。

    zこれは単なる妄想です。良い子の皆さんは決して間に受けないで下さいね。

    ちなみにこの病院にはベッドサイドの個人用保冷庫はありません。

    ようやくお手洗いと洗面所への往復くらいが許可された亀治朗ですからここ大仏前病院近辺の様子などわかりませんが周囲には沢山のお土産屋さんはあるもののコンビニ一軒もありません。入院患者がショッピングを楽しめるのは一階の外来患者待合室にある自販機か入院棟3階にある自販機のみです。勿論ノンアル商品ばかりですが、この二台の自販機微妙に取り扱い商品が違っているんです。きっと入院患者の無聊を慰めようと「今日は一階♪明日は3階♪」とショッピングを楽しんでもらえるようにと言う優しい心使いなのであります。



    キズ者再生工事-5/格安シムって手があるじゃないか


    亀治朗であります。

    ようやくサークル使って一人歩きが許されるようになりました。

    この記事は2019年08月12日のものです。

    【前回までのあらすじ】

    たった一週間の入院生活、しかもその前半部分は入院手続きに検査、手術、術後の養生時期だったから意識を回復してからの三日間で貴重な3ギガをあっという間に使い果たしてしまったんです。んまあ、これも貴重な体験と受け止めて残り約二週間をスマフォ無しの療養生活をしようと悟りの境地に至ったのであります。

    ところがその頃、亀治朗の意向とは違う動きが始動していたんです。

    うちのおかみさんが『あの亭主をヒマにしとくとロクな事にならない』とでも思ったんでしょうかお盆休みで引っ越し作業中のかつ☆ドン!(長男)に命じて打開策の検討を始めてしまったんです。

    かつ☆ドン!の復旧計画

    ①ギガを買い足す案

    かつ☆ドン!の調査によりますと猥モバエルの場合

    1ギガ≒1000円なんだそうです。

    今回手術明けからたった四日で3ギガ使い果たしています。このペースだと退院予定の8月28日(手術から三週間)までには後15ギガも必要になります。15ギガ≒15000円⁉️

    スマフォの使い方をちゃんと習わないといけません。

    ②息子の使っていないスマフォに格安シムを突っ込んでアバターを作る案

    新しい物が大好きな息子はしょっちゅうスマフォを買い替えていてその内の何台かは下取りに出さずに手元に置いているんだそうです。縁の切れた元カノみたいなのを手元に置く未練がましい感覚はよく解りませんが、その内の一台に格安シムとやらを突っ込んでサファリからワードプレス(書き上げた記事がたまってる)ぐるぐるクラウド(縮小して軽くなった画像をバッファにまとめてある)を立ち上げれば多分大丈夫だって言うんです。

    しっかしこの血族の者達が「大丈夫!」というのは余り当てにならないと思うのですが、今は入院中の身。老いては子に従いましょう。

    後はぐるぐるマップと検索機能さえあれば妄想ハワイ計画も始められそうです。

    電話番号に紐付けされているラインやメッセンジャーは多分きっと今までの端末を使うんだろなあ。

    さて

    一体どうなるでしょうか?

    キズ者再生工事-4/格安スマフォなんですけど


    亀治朗であります。

    ようやく擬似復旧しました。そんなんで画像が追いついてきていません。とりあえずブログ戦線復帰報告です。

    【これまでの顛末】

    ガラケーから格安スマフォに乗り換えてまだ四カ月です。

    いくらスマフォにしたかったからっていきなり格安スマフォで最安値の料金プランだなんって大丈夫かと家人から責めれています。機種だって既に生産終了品の捨て値品(五百円)。アフターサービス、フォロー一切無しで今のところ毎月の支払いは2400円くらいです。

    もっとも自宅引きこもり気味のリタイヤ老人ですから家にいる時はテレビや電話と抱き合わせ契約されているネット契約に通販で買った無線LANと無線ハードディスクサーバーを組み合わせてディスクトップPCで用事が足りているからスマフォを使う事態は殆どありませんでした。

    しっかしこの度の入院では朝から晩までフル活躍です。

    モーハの記事作成から投稿とチェック

    FBの投稿とチェック

    来年夏のオリンピック疎開計画

    12月のオアフ計画立案(妄想)

    2月のハワイ島計画立案(妄想)

    スマフォを使って調べたい事はいっぱいあります。

    ふと気がついたんですが亀治朗の格安スマフォはたった3ギガだけの契約です。

    このままヘビーに使っていると3ギガなんってあっという間に使い果たしてしまいそうな気がしてきました。

    途中から気がついて動画や音楽は使わないようにしているけど入院途中で使い果たして

    しまったらどうしよう。

    と書いていたら8月12日の朝から急激に動きが悪くなっちゃったんです。

    さて困った。

    とりあえずしばらくの中断を皆さんに報告、最低限メールと電話、ラインだけ使うことにしたんです。

    しばらくの間はスマフォを遠ざけて窓から眺められる景色を愛で過ごすのも一興でしょう。

    ところが周囲はそんな解脱僧のような亀治朗を放って置いてくれなかったんです。

    続く。。。。

    ブログ休止のお知らせ


    亀治朗であります。

    意外と好評な「キズ者再生工事」の途中ですが、しばらくの間サイトへのアップをお休みさせていただきたく思います。

    この記事は2019年08月12日のものであります。

    理由は単純です。

    入院以来フル回転で記事を書いたり冬のハワイ旅行の調査や東北の湯治宿を探したりしてたんです。

    あっ

    時々は膝関節手術の事なんかも調べていたんですよ。

    そしたらたった半月も経たないのに契約しているギガ使い果たしてしまったみたいです。スマフォで記事を起こしたりアップしはじめたのは8/8からだからすげえ早い消耗です。

    しばらくは治療に専念してリゾート生活を満喫してまいります。

    あ〜

    退院予定までまだ二週間もあるなあ。

    退屈だろうなあ。

    コメント頂いている皆さん、ごめんなさい

    とりあえず元気です!

    キズ者再生工事−3/痛みのスケールとは


    亀治朗であります。

    手術(8/7)から四日目の朝を迎えました。

    この記事は2019年08月11日のものです。



    手術するか回避するか迷っていた頃、ドクターに手術直後のあらましを伺った事があります。

    「最近は技術も進歩して来て手術翌日から動いてもらっています。お手洗いも数日は車椅子だけど自分で行なってもらっている」って言うんです。

    ベッドで横になりながら看護師さんに容器を差し込まれておしっこやうんちするのって嫌だなあって思っていた亀治朗が手術しようかと気持ちが傾いた瞬間でありました。

    しっかし現実はそんなに甘くないものです。加齢に伴って頻尿気味の爺いは尿意を覚えてから我慢が出来なくなるまでがめっちゃ短い時間なんです。そこに第2のハードルが立ちはだかります。自立歩行が出来ない患者の用便には看護師さんの送り迎えがパッケージングされていて勝手気ままに車椅子をドライブしてお手洗い生活を楽しむ事が出来ません。三つ目は(これが根本的な理由なんだろうけど)手術直後の右足は当然だけど要取扱注意だし思いもしなかったんだけど手術していない左足も全く力が入らないんです。左足で立ち上がった瞬間に倒れかかって看護師さん二人掛かりで支えてもらってからは大人しく言いつけを守るようになりました。それでも真っ夜中に何回もナースコールするのは非常に心苦しいものです。「これは私達の仕事だから」と優しく微笑んでくださっては従わない訳には参りません。「転んで再手術なんて嫌でしょう」副婦長の安室波平さんがやんわりと諭して下さいました。

    手術翌日から始まったリハビリテーション。部分的とは言え身体を動かせるのは嬉しいものです。車椅子の乗り降りから始まって平行バーに掴まりながらの歩行訓練。膝曲げ伸ばし可動域を広げるトレーニング。学ぶ事はまだまだたくさんありそうです。昨日PT(医療療法師)さんからサークル使用許可がおりました。これでようやく一人お手洗いが楽しめるようになりました。



    入院患者には毎朝検査があるんです。体温、血圧、血流、前日の排尿排便回数なんかをチェックしていくんですけど時々(昼間でも)「今の痛さはどのぐらい?」って聞かれるんです。「痛さの数値」ってどうやって測るんでしょう⁇

    全然痛くないのが《0》というのはわかるんだけど、一番痛い《10》には「非常に痛い」としか書かれていないんです。患者と医療従事者との意思疎通を図る上では「痛さの数値化」が必要だというのはわかるけど、愛情の深さとか憎悪の怨念と同じく個人の心の中奥深い所にあって数字で表すのには馴染まないと思うのであります。さっき登場していただいた安室波平さんによりますと《痛さ10》というのは「あり得ない痛さ」だと言うんです。んじゃ尚更わかんないじゃん!



    悩んだ亀治朗が一晩ぐっすり眠って出した答えは「よく言われる『世の中で一番痛い経験』と認定されている出産時のお母さんの感じる痛さ」のことではないんでしょうか?成る程これなら男の亀治朗には分かりっこない強烈な痛さでしょう。ここには「あんた達男には本当の痛さなんって分からないでしょうね」と言う絶対強者の意向が伺えます。男が逆立ちしても経験出来ない遥か天界からの啓示かもしれません。

    しかしながらごく限られた男にも出産には及ばなくとも生まれ出る苦しみを経験した者もおります。そう腎臓結石が腎臓を旅立つ時の恐ろしいまでの痛みは筆舌に尽くしがたいものがあります。狭いながらも悠々と腎臓内ですくすくと育って来た結石がある時急に「大きな海が見たい」と一念発起し狭い苦しみの尿管を旅発つのであります。このことを楽曲に仕上げたアーティストがいます。ジョージハリスンです。50年程前の曲ですが「ア ロング アンド ワインディング ロード」と言う名曲です。アルバム「レットイットビー」にも収録されていますから調べれば出てくるでしょう。興味があったら是非

    以前旅行先で夜中に結石が動き出した経験があります。家人や兄弟達に心配かけまいと布団部屋に潜り込んで朝まで忍んでいたんですが痛み声を出すまいと腕を噛んで頑張って過ごしました。明け方おしっこに迷い出た姪っ子が変なうめき声に気がついてお母さんを呼んで来て発覚。

    布団部屋から自分で噛んだ腕を血だらけにした亀治朗は救急車で麓の病院に運ばれたのであります。

    閑話休題

    と言う事で亀治朗的にはレベル10とは「腎臓結石が動き出した時の痛さ」と認定したのであります。

    そうなると今の痛さは半分くらいかな?

    なんだか気が楽になりました。