モーハワイ☆コム

カテゴリー:つる姫さま大往生

つる姫場発掘調査隊/ヒロハッティの遠い思い出


R60★亀(亀次朗)であります。
その昔、つる姫さまをヒロハッティにお連れした事があったんです。
この記事は2020年10月15日のものです。
タイル プラン75

亀次朗がつる姫さまをニミッツHWのヒロハッティにお連れしたのは、まだ三男パエリアが生まれる前の事ですから30年以上前の事だったと記憶してます。もしかしたらその後狂ったように世界中を遊び回っていたんで別の機会にも行ったのかも知れません。ともかくハゲマス城主と二人で金使いまくって旅行三昧の充実した老後生活だったようです。わしらには殆ど残っていませんでした。あの当時ヒロハッティとワイキキの間に送迎のシャトルバスが走っていてお気軽にミニ観光のように出かける事が出来ました。悪知恵を働かせて帰り道ではアラモアナホテルで下車してちゃっかりアラモアナセンターまでついでのお買い物を楽しんだ遠い思い出です。
01ヒロハッティ

六年ほど前から、つる姫さまの介助の為に同居を始めましたが家財道具を勝手に開ける訳には参りません。つる姫さまがお亡くなりになって凡そ一年半。そろそろ遺品の整理(というか不要品廃棄処分)を始めた処であります。古い簞笥が何竿もあってそのそれぞれの引き出しには溢れんばかりに衣類が仕舞い込まれています。今のところ市の古い衣類の回収は無料ですがそのうちに有料化されそうな気配です。今のうちにせっせと捨てなければ。
02P4250016

そんな古い衣類の中からとてもお洒落な夏物のブラウスが発掘されました。ハイビスカスとパイナッポー柄の明るいブルー。今でも充分に使えそうなお洒落なブラウスです。全くの未使用。どこで買ったのでしょう?何故に一度も袖を通さずに仕舞い込まれたのでしょう?
03P5020007

襟に輝くHilo Hattie’sのタグ。そうか、きっとあの時みんなで出かけたワイキキステイの時に買ったんだなあ。楽しかったワイキキの思い出と共に簞笥の奥底に仕舞い込まれて30年余り。ようやく明るい処に出てきたブラウスはとても嬉しそうです。んんでも、何で一度も着て貰えなかったんでしょう。サイズ的に亀次朗には小さすぎるのでこのブラウスは鶴弥の戦利品になりそうです。来年のハワイには凱旋的に来ていくのでしょうか?
04P5020008

謎が解けました。このブラウスは裾がリボンになっていておへその上辺りで結んできゅん!っとくびれウェストを誇らしげにアピールするタイプです。30数年前のつる姫さまは既に60歳近いお歳でした。当時既に初老の日本女性がヘソ出しで街を闊歩するだなんって考えられません。きっとヒロハッティで衝動買いして意気揚々と日本に帰ってきていざ着ようとして初めて臍リボンに気がついたのでしょう。そのまま仕舞い込まれていつしか30数年の月日が経ってしまいました。無論、現在の鶴弥にだって初期高齢者になってしまっていてヘソ出しシャツなど絶対似合いません。
止めてください。
近所迷惑です。
捕まってもしらんぞ。
05P5020009

つる姫場発掘調査隊/クーラーボックスをもう一丁


つる姫城発掘調査隊であります。
♪誰も知らない素顔の八代亜紀。。。
うううううっ。。。
嘉門達夫さんは偉大じゃ。。。
この記事は2020年09月28日のものです。
00タイル断捨離b



ホテルはリバーサイド、アラワイリバーサイド、をぅをぅをぅリバーサイド~♪この辺りに宿を取ったのは二回だけ。グレッグホーンstの安アパートメントとサンドビラだけ。もっともバニヤンもアラワイ運河にも近くって滞在中アラワイ運河沿いを散歩したりしていたから結構な頻度で眺めていた景色です。
11P1000030



義母つる姫さまの遺品整理をそろりそろりと始めてみたら正しくお宝の山です。モチロン、お宝といっても中古品売買のウェブサイトに出せるようなシロモノではありませんのです。「へ~、よくもまあこんな物を残しておいたなあ」と呆れるような品物の連続発掘であります。つる姫さまは三味線にのめり込んでいたんで八代亜紀とは無縁です。それなのに押し入れの奥底から発掘した新品未使用のクーラーボックスに誇らしげに書かれたAkiYashiroの持ち主は一体誰なんだろう?
12IMG_2321



おそらくはハゲマス城主(つる姫さまの旦那)ではなかろうか?但し彼がお亡くなりになったのは今を遡ること10数年も前の事です。そう言えばカラオケに凝っていたけなあ。お亡くなりになる数年前からは脳みそお花畑の状態だったからこのクーラーボックスを手に入れたのはもっともっと前の事だったんでしょう。んでも、だからといって、まさかまさか、八代亜紀のファンクラブに入っていたナンって知らなかった。よく分かりませんがファンクラブ特製のクーラーボックスのようです。これって売れるかなあ????
13IMG_2322

今日は母の一周忌です。


R60☆鶴(鶴弥)です。
時の経つのは早いものです。今日は母の命日です。
この記事は2020年4月7日のものです。
タイル鎌倉



梅、しだれ梅、花桃と繋いできたおうちの庭に海棠の花が咲き始めました。とても小ぶりな枝なのにふっくらとしたピンクの花びらがたくさん。春になったのを実感します。

01P4060050


おうちの庭の一番日当たりの良い場所のツツジが咲き始めていました。まだ四月になったばかりなのに今年は随分と季節が早く回ってきているのでしょうか?
02P4060048



藤の花もこんなかんじ。一ヶ月もフライング!?
03P4060049



四月七日は母の命日です。親戚の皆さんや家族で母の思い出を語り合おうと呼びかけた一周忌の法要ですが、新型ウィルスの影響で一ヶ月前にキャンセルしました。残念ですけれども仕方有りません。今朝は家族だけでひっそりとこの日を迎えました。
04P4060001



今お花の需要が少なくなっているそうですね。一周忌という事もあったので、お花の大好きだった母の為にたくさんのお花をお花屋さんで選んでいただきました。とても華やかなお花を母も喜んで居てくれると思います。
05P4060002

鎌倉駅前怪しい寿司居酒屋「えにし」de家族新年会


R60★亀(亀次朗)であります。
大勢の観光客で賑わう鎌倉駅前にあってもっぱら地元民だけを相手に商売を続ける小さな鮨屋があります。今すぐにも朽ち果ててしまいそうな丸七商店街の奥底でひたすら旨い寿司を握っている怪しい寿司職人が生息しているのであります。
この記事は2020年01月03日のものです。
00タイル


つる姫さまの大往生から九ヶ月経ちました。喪中だから子供らには「せっかくの長い休みなんだから何処か遠いところに遊びに行っておいで」と秋口から話しておいたんです。しめしめゆっくりと怪しい寿司居酒屋えにしで寿司が食えるぞとほくそ笑んでいたのに予約した日には家族全員きれいに揃っての乾杯となりました。みんなが揃うのはとっても嬉しい事です。爺いの財布は軽くなる一方です。
11IMG_1713


お正月のえにしでは毎年恒例で樽酒が振る舞われます。
12IMG_1705


正一合の白木の升でゆっくりと銘酒「奥の松」を頂きましょう。
13IMG_1718


鎌倉戎から巫女さんがやってきました。鎌倉本覚寺夷堂の新年行事に毎年提灯を寄進しているお店へお守り札を届けに来てくださいました。
14IMG_1707


まずは蟹肉のグラタンから。グラタンといっても80%以上が蟹肉です。右側の小皿の蟹味噌をつけて頂きましょう。きっちりと日本酒に合う酒の肴です。
15IMG_1719


あまりに旨そうな鮭切り身があったので焼いてもらいました。
亀次朗的には鮭の皮の炙りだけでも充分なんですけ「それじゃお金が貰えないでしょう」と極上の切り身も炙って貰いました。もちろん刺身で食える上級品です。
ん?何か白いもんが添えられています。
なんじゃ?
16IMG_1720


大根おろしで作られた今年の干支ネズミさんです。板さんの遊び心を楽しみましょう。
17IMG_1721


昨年末の血液検査でUA値が予想以上に低かったお祝いに海胆いっちゃいましょう。
18IMG_1716


お刺身だってほらこんなかんじ。日本酒ががんがん進みます。
19IMG_1723


〆は鮟肝巻き。色々あった2019年から新しい年を迎えました。さてどんな年になるんでしょう。ハワイに行けるんかなあ。
20IMG_1724

鶴亀家の激動の一年


R60★亀(亀次朗)であります。
大晦日です。
今年一年は私ら老夫婦にとって忘れられない年でありました。
この記事は2019年12月30日のものです。
タイル プラン75


コゲメシの孫、チャーハンの娘おむすび☆ちゃんが生まれたのはようやく暖かくなってきた4月初めの事でした。今年一番の明るい話題で家族全員大喜びしたのであります。
01おむすび20190408


コゲメシ徘徊録の無くてはならないメインキャラクターつる姫さまがその長寿を全うしたのは4月7日の事でした。僅か数日前にこの世に生を受けた孫娘に無事バトンを渡し終えたつる姫さまは静かに息を引き取られました。この年末年始はつる姫さまの思い出を家族で語らい合って過ごしましょう。年始のご挨拶は控えさせて頂きます。
02P4130371


亀次朗が長年苦しんできた膝の手術に踏み切ったのは8月の初めでありました。痛くって走れないけど人工関節にしちゃったら現在の人工関節の材質では走れなくなってしまいます。何年も悩み続けたけどとうとう年貢の納め時がやってきました。入院期間おおよそ一ヶ月、その後のリハビリが四ヶ月。まだまだ動きが鈍いけどようやく一つの結論を見いだした状況であります。
03IMG_1025


数年前から猫の額のような鶴亀家の狭い庭の木々の生育が活発であるような気がしています。以前だったら冬場には枯れてしまう鉢植えが未だに緑の葉っぱを蓄えています。雑草の刈り取りは今まで年二回ほどだったのに今年は四回も刈り取りました。明らかに温暖化は進行しています。秋に上陸した台風15号19号はどストライクに鶴亀家を直撃しました。屋根瓦はぶっ飛ぶし物置は倒壊。怪我しなかっただけでもラッキーだと思いましょう。
04IMG_1076


今年一年まったく私的な話題ばかりのコゲメシ徘徊録にお付き合いくださってありがとうございました。残りの人生はもうそんなに長くないような気がしています。どこまで馬鹿馬鹿しい話を続けられるのか書いている本人ですら全然見通しがないのですが、金も体力も無いけど好奇心だけは失わないでフラフラと徘徊を続ける所存であります。

亀次朗が死んだらこの曲で葬ってくれ


R60★亀(亀次朗)であります。
ふと思い立って自分の葬儀で使ってもらいたい歌を選んでみました。
この記事は2019年04月27日のものです。
00霊柩車


きっかけは、義母つる姫さまのご葬儀。こてこてな美空ひばりファンだったつる姫さまの為に孫たちが数曲選んだんです。実際には著作権の関係で葬儀会場で流すことは出来なかったのですが、自宅でゆっくりと聴かせてあげることが出来ました。んなら亀次朗の時にも遠くから流してもらえるかもしれない。んでも死んだ後に子供らが選んでくれる曲ってどんなんだろう?
せっかく一回しか死ねないんだから自分の思った通りの曲を用意しておこう。
あまり長い時間じゃないからせいぜい数曲。亀次朗も既に脳軟化が始まりかけています。今のうちに用意しておかないとせっかくのアイディアが無駄になってしまいます。


01P4100338

【一曲目】
とは言え最初の一曲目からR&Bガンガンじゃボリューム下げられちゃうでしょう。一曲目にはごくごく大人しく静かに始めましょう。BarbraStreisandの名曲TheWayWeWere。日本では「追憶」という邦題が付けられていますね。1973年のアメリカ映画。主演バーブラ・ストライサンドとロバート・レッドフォード。主題曲「The Way We Were 」はアカデミー主題歌賞を受賞しています。


02P4280334

 



【二曲目】
ジルベールベコーの曲に英語の歌詞を付けたLetItBeMe。エヴァリーブラザースによって世界的な大ヒット曲になりました。ジョンレノンがこの曲にかぶせてLetItBeを作ったのかどうかは知りませんがジョージハリソンもLetItBeMeをカバーしています。





日本人でこのLetItBeMeをカバーしているミュージシャンはあまりいません。亀次朗の恩人細川綾子さんと弟ツンさんデュエットを楽しんでもらいましょう。
03P4280338


03PB031374

【三曲目】
BarbraStreisandのMyHeartBelongsToMe 1977年というと亀次朗がまだ社会人になって数年しか立っている経っていません。そんな頃全米ヒットチャート四位まで上り詰めた名曲であります。あれから40年以上の年月ですっかり爺ぃになってしまって今は棺の中でこの名曲を聴いている事でしょう。思えば自分勝手な人生だった。好き放題色んな事をやって楽しませていただきました。
04BarbraStreisand MyHeartBelongsToMe




 

 

【四曲目】
WhitneyHoustonのSavingAllMyLoveForYou 1985年全米No,1にまで上り詰めた名曲であります。この年から翌年にかけて七曲連続ヒットチャート一位に輝いた一番のっている時のホイットニー。悲しくって切ないちょっとつやっぽい歌詞をホイットニーが切々と歌い上げます。亀次朗の大好きな歌手の一人です。
05P4280337


 



【五曲目】
DonnaSummerのTheDanceCollectionからBarbraStreisandとのデュエットでNoMoreTears
安室奈美恵のじゃないぜ。ここまでの四曲をじっくりと聴いていただいているので亀次朗の葬式に来てくれた皆さんも多分油断していると思う。ドナサマーとバーバラストライザントという同世代に生まれた奇跡の歌姫が火花散らして歌いまくります。それも「NoMoreTears」だなんって泣かせる題名だけどよくよく聞いてみると
「あんたみたいな奴に流す無駄な涙なんって無い」
「もううんざりだ。さっさと出て行ってくれ」
言われなくっても墓場に行ってやる。
この世に未練なんっかありゃしない。
化けて出るだなんって無駄な事はしない。
おっとガンガンな曲だからってボリューム下げないでおくれ。今までの四曲よかっただろう。五曲目は大音量でしっかりと火葬場に運んでもらいたい。13分というロングバージョンを用意しておいたぜ。たっぷり楽しんでおくれ。
06P4280335





寝ながら笑う女の処方箋


R60★亀(亀次朗)であります。
明け方「うふ、うふ、うふふふ」と楽しそうに笑う鶴弥の様子に不気味なものを感じて目が覚めました。
この記事は2019年04月23日のものです。
00風呂

時々鶴弥は寝ていて「うふふふ」と笑うんですが、こんな時はロクでもない夢を見ているんです。
そんな時は起こしてはイケナイと思って朝ごはんの後で探りを入れてみたんです。
01P4240338

そしたら、お葬式の夢を見たんだそうです。
例えばお亡くなりになったつる姫さまが夢見枕に出て来たとか親戚のスリーディグリーズが初七日で大盛り上がりしたとかの微笑ましい夢見なら良かったんですけんども、
「火葬場でマイクロバスの運転手さんにチップ渡したいのに半紙が手元になくって走り回った」
とか
「お花を買いに行ったら死亡診断書を見せろって言われた」
とかよく考えてみればあり得ないシュチュエーションが次か次へと頭の中をグルグル回っていたんだそうです。
02P4250397

チョット脳みその中を覗き込んでみたいと思う亀治朗でしたが、そういった好奇心丸出しなツッコミをしたら火炎放射器で焼き殺されてしまいそうです。

これはいかん。
03P4250385

葬儀から二週間。ようやく一通り手続きを済ませてホッとした処です。
もちろん四十九日の法要とか遺品片付けとかまだまだ問題は山積しているんですが、ここらで一回ガス抜きしといた方が良さそうです。
ちょっくら2代目つる姫さまをお連れして白濁の濁り湯に行って参ります。
04P4250389

つる姫さまメモリアルinハワイ


R60★亀(亀次朗)であります。
葬儀後の諸手続きとはこんなに面倒なことだとは思いませんでした。未だに四苦八苦しています。新しい記事が書けない日々が続いています。「繋ぎ」と言っては変かも知れませんが前回ご覧いただいた遺影写真選考の顛末を記事にしてみました。
この記事は2019年04月07日のものです。
00P4130370c



つる姫さまのオット・ハゲマス城主がお亡くなりになって既に10年の年月が経っています。オット・ハゲマス城主没後、鶴弥はつる姫さまの無聊を慰めるといってはあっちこっちにつる姫さまをお連れしました。いえいえ決して鶴弥自身が遊びに行きたかったからじゃありませんのよ。あくまでも「つる姫さまの仰為に」温泉だの九州だのハワイだのって遊びまわっていたのであります。亀次朗はその随行員として予約手配からレンタカー運転・荷物持ちとなって下働きに徹していたのであります。当然ですが写真係も兼ねておりましたので隙あらばつる姫さまのスナップショットを狙い撃ちしておりました。いえいえ決して遺影画像収録なとどいう浅ましい狙いなどの下心を持っていたんじゃあ~~りませんでした。気がつけば「つる姫さま画像集」は100枚を超えるビッグデータとなっていました。

01画像集A



更に絞り込んで25枚までピックアップしてみたら。。。。あらら。。。殆どがハワイで撮った画像ではありませんか!思い出の地はやはりハワイだったんですね。遺影に使う画像を決める家族会議(なんって大袈裟なもんじゃなくって家に戻って来たつる姫さまのご遺体を囲んでの身内の吞み会)では決めかねてしまって葬儀屋のロッポンギさんに救いを求めて漸く決まったんだけど、ロッポンギさんから「こんなにいい写真がいっぱいあるんだから葬儀会場に飾ったらどうでしょう?」との提案があったんです。

02画像集B


という訳で葬儀会場では「つる姫さまハワイ写真集」が大々的に張り出されたのでありました。酔っぱらって悪乗りした遺族によってプリクラ感覚で落書きされた「つる姫さま写真集」は参列者の笑いを誘う事には成功したようです。しっかしどの画像も家族にとっては掛けがいのない思い出と生活の軌跡であります。幾つかをピックアップしてみましょう。亀次朗的にはもっと面白い画像があったんだけど「品がない」と却下されてしまったお蔵入り画像もあるんですが、ま、いつの日か「真夜中写真館」でこっそりと記事にしようかと企んでおります。

03P4100358



左:昔モーハワイにあったセキララハワイ日記
http://www.mo-hawaii.com/kogemeshi/20601.html に投稿した「ジジババ・ハワイツアー」から。
うにテッド航空の成田空港地上職員からプレゼントして貰ったラウンジ入場券で記念撮影。しかしてバックに写っているのはノースワースト機でありました。。

右:ハナウマベイで借りたビーチ用の車椅子でご満悦のつる姫さま。確かこの時はヒルトンに泊まって「居酒屋おこげ」を開いたんだと記憶しています。
04P4100350



左:多分ロイヤルクヒオの31階2BRに泊まった時のマジックアイランド。

右:いつの時だか忘れちゃったけど、ハレイワでフリフリチキンを身振り手振りで注文出来た喜びの笑顔。
05P4100348



左:マツモトシェイブアイスでハゲマス城主とつる姫さまの2ショット。この時の笑顔も遺影画像最終選考に残りました。

右:ハレイワアレイBPでフリフリチキンを頬張るハゲつる一家。元気だったなあ。にしてもかなり古い画像です。
06P4100349



左:皆さんよくご存知のマカプウ岬展望台から海を眺めるつる姫さま。ご満悦です。

右:ワイキキから海沿いにニューオータニカイマナビーチホテルまで軽いお散歩。お友達に予約をお願いしてハウトゥリーラナイでディナーを楽しみました。
07P4100346



左:この画像はKAIWAですな。撮ってくれたのはYUKAちゃん。お元気でしょうか。鉄板カウンターの三人衆が応援参加してくださいました。

右:マカプウトレイルからの帰り道。めっちゃ急坂。登りも辛かったけど下りはジェットコースターのように勢いが着いちゃってほんまに怖かったです。自分の体をブレーキに使ってゆっくりゆっくりと降りてきましたっけ。
08P4100347

 

多分、葬儀に列席した皆さんには「なんのこっちゃ?」という画像。
亀次朗も暫くは理解できませんでした。ラナイの外の高層ビルの灯りはワイキキサンセットの照明だと推測されました。という事はここはワイキキバニヤン南棟の海端にある大き目のステューディオ。
(余談ですが、南棟海端の大き目ステューディオの何部屋かはあの「えっちな愛の生活社」によって独占的に年間契約されているそうです)
つる姫さまは多分相当酔っぱらっていたんだと思います。輪をかけて酔っぱらっていた家人によって麦わら帽子とサングラス掛けさせられて撮った一枚。
葬儀前夜祭で酔っ払ってハイ状態の鶴亀家では堂々の人気トップの画像でありました。
09P4100353

 

という訳で新旧つる姫さまの競演であります。
どっちも怖いし。。。
10P4110360

はじめまして!おむすび☆ちゃんです。


R60★亀(亀次朗)であります。
つる姫さまの悲しい出来事に沈みがちになっている鶴亀家に、とても明るい話題がやってきました。
この記事は2019年04月03日のものです。

 

初めまして。コゲメシの孫、おむすび☆ちゃんです
平成31年4月という鶴亀家にとってとても大きな節目に生まれてきました。

01IMG_0140

長く続いていたつる姫さまの介護で、ともすればくじけそうになっていた鶴弥が気力を振り絞り続けているのは、きっとおむすび☆ちゃんのお蔭だと思います。生まれてきてくれてありがとう。
02おむすび20190408

実は老夫婦はまだ実際にはおむすび☆ちゃんの顔を見に行っていないんです。
今流行りの「里帰り出産」とやらで一か月以上前に実家に帰省しています。鶴亀老夫婦はつる姫さまが息を引き取る前の数週間から死去、葬儀後雑多な用事に追われてしまっています。口には出していませんが鶴弥はきっと早く逢いたいと思っているでしょう。
えっ?次男ですか?
 次男はお嫁ちゃんの里帰り出産出発からずっとお嫁ちゃん家に居候を続けています。途中つる姫さまの葬儀に戻って来たものの、その後もずっとお嫁ちゃんちから出勤しています。
今回の一連の画像は次男から送られてきたものです。
おむすび☆ちゃん、お母さん似でよかったね!

03おむすび20190408

 

なによりも出産という大事業を果たしてくれたお嫁ちゃんに感謝です。
 お嫁ちゃんは出産間際というとても大切な時期に家族三人でつる姫さまのお見舞いに行ってくれました。
ありがとう。

この笑顔がつる姫さまの最後の笑顔になりました。
04P2230072

つる姫さま大往生


R60★亀(亀次朗)であります。
R60☆鶴(鶴弥)です。

鶴弥の母 つる姫さまが4月7日早朝死去いたしましたのでここにご報告申し上げます。
享年92歳。
天命を全うし静かに眠るように旅立ちました。
生前お世話になった皆様、有難うございました。
賑やかな事が大好きだった故人の為に明るく華やかな葬儀を心掛けました。
無事に通夜・告別式を済ませる事が出来ました。

この記事は2019年04月07日のものです。
暫くの間、葬儀後の諸手続きで記事を書けない日々が続くと思いますがお許しください。
00P4130370c



つる姫さまが天寿を全うし息を引き取ったのは4月7日早朝でした。
お寺さんや火葬場のスケジュール調整の結果、4月10日通夜・4月11日告別式となりました。
わたしらに与えられた三日間は自宅で出棺間際までつる姫さまを囲んで家族で思い出を語りあう心に残る日々になりました。
出棺に際し、つる姫さまの新しい旅立ちを祝して家族全員で乾杯してお見送り致しました。
P4100338



お花が大好きだったつる姫さまの為に、お花たっぷりの祭壇を用意していただきました。
P4100354



無事に葬儀を済ませておうちに帰ってきたつる姫さま。
大好きなお花と日本酒に囲まれてにっこりと微笑んでいます。
P4130371



遺影写真は家族会議の結果この画像を使う事にしました。
首を傾げる仕草はつる姫さまご自身のお気に入りのポーズでしたので正転せずこのまま使って頂くようお願いしました。
P4130370b



という訳で、新・つる姫さまであります。
P4110367b