モーハワイ☆コム

カテゴリー:-こげめし家の人々

鎌倉駅前怪しい寿司居酒屋「えにし」で家族新年会


R60★亀(亀次朗)であります。
鎌倉駅から徒歩三分の場所にありながら観光客には全く無縁の丸七商店街。つい最近東京発祥のサンドイッチ屋さんが丸七のテナントに入ってきたんです。んでも地元のおっちゃん達は「東京の衆は鎌倉に出店したいんだよ。大概何年か居たら撤退するけどね」と平然と構えています。さて、どうなるでしょう。健闘を祈ります。  
この記事は2019年(平成31年)1月3日のものです。
タイル居酒屋


00丸七入り口

この日は鶴亀家恒例の怪しい寿司居酒屋えにし貸し切り新年会であります。元々横浜駅地下街や戸塚で雇われ寿司職人だった頃は鶴亀家の台所を使って新年会をしていたんですけれども、一念発起して自前店舗を構えてからはお店での新年会に変わりました。たった六席のお店なんで鶴亀家で貸し切りです。だから了解を得て二歳半の充行くんも一緒させて貰いました。ビール飲めないから牛乳の持ち込み。
01P1030049


まずは樽酒を頂きましょうか。義母(つる姫さま)が参加できなかったあのは残念ですが、無事年を超えて食欲も回復して一安心。皆で乾杯しましょう。
02P1030060


何はなくとも青魚盛り合わせ。〆鯖の仕上がりを味わえば大将の技量に納得するハズです。コハダも鯖も新鮮そのものです。
03PB130362


贅沢にも分厚く切られた寒ブリ刺身。しっかりと脂が乗っています。
04P1030051


シラウオはカラッと揚げて海苔塩をパラリと軽く振っていただきます。
05P1030055


ねっとりこってりと鮟肝。正月明けの血液検査の事は一旦忘れましょう。
06P1030058


タラコはミディアムレアで頂きます。この微妙な火加減は素人には無理ですね。
06P1030059


香ばしく焼きあがった塩サバを大根おろしの猫が狙っています。
07P1030066


んじゃ、そろそろ握って貰いましょう。いつもの通り赤身と烏賊からスタートです。
08P1030071


極上鰯。口の中でとろける美味しさです。
09PB130365


穴子と蛤を頂いてシアワセなお正月を〆ました。皆さま、今年も「鎌倉駅前怪しい寿司居酒屋えにし」をよろしくお願い申し上げます。

10P1030074

20180423ロンドン・パリ・鰍沢


最近「引き籠り」だとか「独居老人」とかの噂が立ち始めたR60★亀(亀次朗)であります。
たまの一日、田舎の空気を吸いに出かけてみたもんです。
この記事は極めて個人的なものですのでスルーして頂いて構いません。
亀次朗亡きあとに亀家墓参りの参考になればと息子達に残す備忘録のようなものです。
この記事は2018年(平成30年)04月23日のものです。
タイル亀次朗


鉄道が開通する以前の時代、この国への物流はもっぱら富士川を遡上する水運に大きく依存していました。河口から鰍沢までは深い川底と豊富な水量を利しての水運、そこから先は主に馬車や大八車で消費地である甲府まで運ばれていたんです。その後、鰍沢と甲府を結ぶ軽便鉄道が開通して大盛況となります。流行の先端は川船に依って、そして軽便鉄道に乗ってやってきます。鰍沢町の古老が「ロンドン・パリ・鰍沢」と自慢げに語るのはそうした文化の担い手だった華やかなりし頃の思い出が根強く残っているからなのでしょう。ゆえに軽便鉄道は鰍沢から甲府に向かのがう「下り」、甲府から鰍沢に向かうのが「上り」でありました。
10鰍沢地図1


鉄道が開通し、追い打ちを掛けるように国道20号線笹子トンネル(旧道)がぶち抜かれて甲府と東京市とが直結してしまいました。鰍沢が栄華を誇った時代はあっという間に過ぎ去ってしまいました。伝聞によりますと一挙に不景気になった鰍沢から夜逃げして甲府に移り住んだのは亀次朗の祖父家族だけではなかったそうです。今では通過する車両すら殆ど見かけない閑散とした街並みであります。
20P4230418


さて能書きはともかく現時点で一番実現可能な方法で鰍沢を目指しましょう。国鉄身延線に鰍沢口という駅がありますからそこからバスかタクシーという考えもあるでしょう。しっかしタクシー乗り場があってもタクシーが待機しているとは限りません。町営バスもあるようですが、もっぱら遠距離通学の子供たちのためのものであって朝夕中心の運航ダイヤであります。
30P4230421


ここはやはり中央線甲府駅から山梨交通バスに1時間揺られて鰍沢まで行ってみましょう。バス停は駅前ロータリー一番乗り場。長い時間乗るからお手洗いに行っておきましょう。
40P4230372


今回目指すのは恵命山蓮華寺という、この寂れた町にあってとても立派な日蓮宗のお寺さんです。どのバス停で降りたら良いのか分からなかったので「昔の鰍沢病院の跡地」ってバスの運転手さんにお尋ねしたんだけど全く通じません。仕方なくバスの一番前の席に陣取って昔の記憶を辿ってそれらしき場所で降ろしてもらう作戦です。
50P4230381


バスを降りたのは「鰍沢中学校入口」というバス停です。この先の路地を右に曲がれば蓮華寺に到着です。それでも分からなかったら「大法師公園」の入り口と道行く人にお尋ねください。もっとも人が歩いているのを見つけるのも困難かもしれませんが。
60P4230378

61鰍沢蓮華寺地図


緩やかな階段を昇り山門をくぐれば広い敷地に大きな本堂がその堂々たる威容を現します。このお寺は日蓮宗の古刹です。また明治期に鰍沢で最初の小学校が設立された、云わば鰍沢文化の発祥地でもあります。
70P4230414

71P4230409


亀次朗母が亡くなったのが6月、父が亡くなったのが7月。なもんだから亀家の法事は大概初夏の暑苦しい日ばかりでした。このお寺が隠れた紅葉の名所だなんって今回初めて知りました。紅葉の時期に再訪する事が出来るでしょうか。亀次朗にはあまり時間が残されていません。
80P4230410


水桶をお借りしてお墓に向かいましょう。次いでですが線香やライターを忘れても大丈夫。無人の線香売り場にチャッカマンが備わっています。ついでですがお手洗いは本堂から庫裏に向かう渡り廊下にありました。
90P4230402 91P4230403 92P4230404


こっから先はほんまにどうでもいい話です。亀家のお墓は本堂を右手摺に回り込んで、本堂の外れで左折します。緩やかな坂道を辿っていくと途中に小さな沢を渡ります。ここがこの寺の境界です。つまり亀家のお墓は蓮華寺境内には無いのですが便宜上蓮華寺から歩いています。正確に書けば書く程分かりにくくなってしまうんです。すみません。
100P4230401 101P4230400 102P4230397


沢を渡って道なりに進んだ左手に亀家の黒御影石の墓石を探してください。この一角には同じ苗字・同じ家紋の墓石が6~7基集中してます。きっとどこかで血縁が繋がっていたんでしょうけど亡き父存命中の頃ですら一言も伝承を受けていないんです。宮大工だったという祖父の時代に夜逃げした亀家の末裔としては過去の闇の中のお話しであります。
111P4230395 112P4230394


枯葉を払いのけ、草むしりを終えて墓石を清めます。お供えは甲府駅前で買い求めたウィスキーの小瓶と塩おにぎり。雲丹の瓶には自宅から除草剤を入れて持ってきました。次回いつ墓参に来れるか分からない親不孝者の気まぐれな旅でありました。
121P4230385


【おまけ】
ここまで読んでくださった有難い皆さんに感謝を込めて。いつだか記事にした青柳町の造り酒屋「萬屋酒造店」にはこのバスルートを使えば行くことができます。「追分」というバス停の真ん前です。たっぷりと試飲してみてくだされ。酔っぱらってもバスに乗れば甲府駅まで連れて行ってくれます。バスは凡そ一時間に一本だから程良く酔っぱらってバス停で甲府行きのバスを待ちます。
過去の記事⇒
http://www.mo-hawaii.com/kogemeshi/24891.html
131P4230426 132追分バス停

昨日は湘南マラソン(ホノルルマラソン出走宣言)


R60★亀(亀次朗)であります。
昨日行われた湘南マラソンに三男坊が出走するというので応援に行ってきました。
この記事は2017年(平成29年)12月3日のものです。
タイル亀次朗160

良く晴れた12月03日(日曜日)の茅ヶ崎サザンビーチ付近であります。湘南マラソン往路10km、復路26km付近です。大磯をスタートしてようやく大集団がばらけてきました。右手に湘南の海と江の島を見ながら快適な往路をランナーが駆け抜けていきます。
01PC030065

久し振りのレース観戦です。ただ見ているだけじゃツマラナイから今回も私設エイドをやってみました。朝早く起きてお米を炊きます。炊飯器二回炊いて合計一升のお米を全部小さなオニギリに作り上げたらもう八時廻ってました。大慌てでJRで茅ヶ崎へ、サザン通りを駆け抜けてようやくトップ通過に間に合いました。
02PC030054

おにぎりが全部(といっても80個程)捌けたらチョコレートや飴の出番です。関門通過ギリギリの皆さんのお役に立てられたでしょうか。
03PC030060

復路26km付近、まだまだ元気なランナーさん。きっと四時間台の記録になったでしょう。施設エイドが活躍するのはこれからです。
04PC030078

JR茅ヶ崎駅から応援地点まではサザン通りを歩きます。片道約20分の散歩道。印象としては「ややリッチな材木座商店街」って感じです。
05PC030047

平日夕方だったら賑やかそうだなあ。サザン通りともう一本東隣りの通りにはこんな感じの居酒屋さんが何軒も並んでいました。夕方来るべきだったかな。
06PC030046

駅前の有名定食屋は日曜日も元気に営業中です。でか盛り格安ランチで地元の人気店なんだそうです。
07PC030083

海に近い住宅街にこんな渋い居酒屋さんがありました。昼間も営業していました。いい感じの昼酒が楽しめそうです。
08PC030080

おおっ!この金額なら毎日でも通えそうです。応援帰りの疲れた足に良く冷えたビールが滲み込みます。
09PC030079

【おまけ】サザン通りを歩いていたら大昔の自販機が元気に活躍していました。
10PC030052

「明るい波乗り計画」
ううむ。。。。さすが茅ヶ崎サザン通りです。サーフィン用のワックスが24時間いつでも買えるんですね。この自販機がかつて本来の目的で世の中の役に立ってきた過去があるコトを亀次朗は知っています。もっとも亀次朗がまだ小学生だった頃のお話しですから必要などなかったけど街のところどころで見かけた遠い記憶であります。

11PC030050

【緊急報告】すっかり諦めていた今年のホノルルマラソン。九州での立ち上げ計画が一段落してご褒美に(無理矢理取った)休暇を使って鶴亀家長男が急遽ホノルルマラソンに参戦する事になりました。見かけたら声かけてやってくだされ。儂ら老夫婦は自宅で年末大掃除でもやって暮らしましょう。
12ホノルルマラソン25回

老健ショートステイ争奪戦敗北しました


Post-2076残念ですが
今年の12月老健(老人健康センター)のショートステイ(老人お泊り保育)の抽選に外れました

ここんとこ血圧も安定してきたし(と言っても上160下90):emojiface_sad:
毎日4kmのウォーキングと週末の20kmウォークでようやく体も慣れてきたから
走れなくっても応援だけでも行きたかったんですけど
つる姫さまを置いていく以上
ショートステイはどうしても獲得したかったんです
特に今年の初め頃っからお花畑状態が進行しているんです
絶対一人では置いていけません

本人は「大丈夫!」って言ってくれるけど
つる姫さまの「ダイジョブ」ほど大丈夫で無いものは他にありません
絶対に信用できません:emojiface_thinks:
(まだ書いていないけど昔ひでい目にあったんだ)
と言う訳で今年のホノマラ
遥か鎌倉アルプスの山から大きな声で応援する事となりました:emojispeaker:

嗚呼
残念:emojiface_tear:

でも
今のコンディションでは行っても走れないし
ぐぐっと我慢
還暦ランまでじっくり仕上げていきましょう:emojigoo:




先週はつる姫さまをBBQにお連れしちゃって間があいちゃったけど
12月4日の源氏山公園定点観測


:emojialeaf:大銀杏紅葉そろそろ落葉が始まりました
ここの銀杏が落葉する頃
里(鎌倉市内)の紅葉が始まります
見頃は来週末頃でしょうか



【おまけ】
空気が冷え込んできたこの時期から:emojimountain:富士山がとっても綺麗にみえてきます


朝早く源氏山公園を目指してください
マク夫さんがお出でになった時見れなかった富士山
こんな風にみえています
<葛原ヶ岡ポイント>




ちょっと歩くと
こんな富士山が見えます
<旧給水塔ポイント>



更に150mで
こんな富士山
<貯水場上ポイント>



あと500m山道頑張れば
こんな富士山
<女子高グランド上ポイント>



ここが一番のお気に入り
いつでもご案内しましょうね
でも
ここでは:emojicamera:でっかい一眼レフなんか振り回さないでね:emojing:
グランドでは女子高校生が練習中です
:emojiface_thinks:あらぬ疑いを掛けられなようにね


鎌倉にお出掛けの節は
是非:emojirunner:ジョギングシューズでお出でください:emojibye:

潮風館の:emojionsen:貸切家族風呂


Post-1597これ
何だか解りますか:emojiface_heart:
埼玉県の県民保養施設『潮風館』の貸切家族風呂の天井に設置されていました

介護の経験のある方ならスグおわかりでしょう
:emojiwheelchair:体の不自由な方に:emojionsen:お風呂を楽しんで頂く為のリフトなんです
介助が必要なお客さんには宿の係りの人が運転してくれてお風呂に入れてくださるんだそうです

もちろん
介助不要なお客さんでも利用:emojichoki:OK

50分単位の予約制(料金;無料)
10分のお掃除タイムがあって一時間毎に入れ替えです

ただし宿に到着してからの:emojipencil:受付
この日は散々の雨降りで早く宿に到着したので待ち時間無しで使わせていただきました

全面手摺り付き
つる姫さまもたっぷりと伊豆の温泉:emojionsen:を楽しませていただきました:emojiface_settledown:


血圧計や

洗濯機も完備されていて

至れり尽くせりです:emojiface_glad:

【追記】
何故にコゲメシが埼玉県民の為のお宿を使えたのか:emojiface_thinks:
ってお問い合わせを頂きました

埼玉県民の皆さんは6ヶ月前からの予約
それ以外は3ヶ月前からの予約開始です

たまたまキャンセルがあったようで
一階のベット付きのお部屋を借りる事ができました:emojichoki:

詳しくは潮風館のHP
https://a-chofukan.sakura.ne.jp/
ご覧ください

お宿は:emojiwheelchair:バリアフリー


Post-1596他所者がアップするのもナンですが
埼玉県の県民保養施設『潮風館』
https://a-chofukan.sakura.ne.jp/ 全館:emojiwheelchair:バリアフリーのお宿です

つる姫さまをお連れするにあたって安心してステイ出来る:emojihotel:お宿を探しました
お部屋はフルフラット
廊下側のドアは吊り下げ式横開き(病院の病室の扉と同じ)でまったく段差ないんです
体の動きが悪くなると蝶番の扉さえ開くのに不自由を感じてしまうんです


お部屋のお手洗いにもナースコール付き:emojiface_coldsweat2:


:emojirice:夕ご飯はこんな


お年寄り向きに薄味柔らか素材ですが
味も量も十分満足です:emojiface_glad2:


【おまけ】
自力で:emojionsen:お風呂に入れる方は大浴場へどうぞ
洗い場はもちろん




湯船のあちこちにも手摺りが取り付けてあります
雨降りで見えませんが大浴場の窓からは相模湾が眼下に広がっているんでそうです

明日は予約制の:emojionsen:貸切家族風呂をアップしますね

【おまけ】
ニューヨークファンクラブの皆さんへ
:emojionsen:ゆったりと漬かってください
ややぬるめのサラサラしたお湯でした