モーハワイ☆コム

カテゴリー:-こげめし家の人々

外出自粛でお庭BBQ


R60★亀(亀次朗)であります。
おむすび☆ちゃん満一歳のお誕生日。ほんまやったら盛大にお祝いしたいんですけどチャイナコロナの影響でこじんまりと身内だけでお祝いです。
この記事は2020年04月05日のものです。
タイル プラン75

今のご時世では三人以上が狭い室内で宴会などやろうもんなら「濃厚接触!」と隣組から通報されてしまいそうな世の中です。お互いに2mの距離をとって風通しの良い宴会をやろうとしたら戸外でBBQ位しか思いつかない発想貧困な亀次朗です。座席位置も間隔を開けてお互いのために用心しましょう。
01IMG_1881

実は鶴亀老夫婦は2月下旬から完全引きこもり生活を続けています。初期に買い込んだ備蓄品がそろそろ賞味期限が迫ってきたので買い換えして古い在庫を処分するローリングBBQであります。
02IMG 1884

久し振りの火遊びです。日曜大工で出てきた木片をかなりため込んでいたんですけどあっという間に炎になってしまいました。そろそろ炭を投入して燠火にしていきましょう。
03IMG 1882

ぽってりウィンナーと牛タン。お供は濃厚缶チューハイです。
04P4050005

一升餅よいしょっ!


R60★亀(亀次朗)であります。
ほんまやったら盛大にお祝いしたいんですけどチャイナコロナの影響でこじんまりと身内だけでお祝いです。
この記事は2020年04月05日のものです。
タイル プラン75

おり姫さま(チャーハンの嫁)の実家から大きな箱が届けられました。なんじゃ?開けてみたら紅白の丸餅と子供用のリュックが入っています。
01P4070002

ラベルを見てみると「一升餅」とあります。ううむ。。。。亀次朗の世界観では「一升餅」というのは平べったい大きな伸し餅であって、机の上に置くだけでででん!と存在感のあるもののハズです。紅白の丸餅が個別包装されているなんって時代の流れの速さを感じてしまいます。
02P4070001

それでも「一生食べ物に困らないように」という親の願いは永遠のテーマです。丸餅をたっぷりとリュックに詰め込んで無理矢理赤ちゃんに背負わせる古式正しい日本の伝統行事であります。このグレーのリュックが丸餅と一緒の箱に入っていました。歩けるようになったらこのリュックはお出かけ用になりそうです。
03P4050021

え~~ん(涙)重いよ~と泣き出す乳児。その姿をスマフォで写メする両親。古き良き習わしを知らない方々から「乳幼児虐待!」などと勘違いされそうです。つる姫さまの一周忌という悲しい節目を思いっきり嬉しい場に換えてくれました。
04P4050027

戦い住んで日が暮れて。。。。おむすび☆ちゃんはすっかりと眠りこけてしまいました。

05P4050047

おむすび☆ちゃん満一歳おめでとう!


R60★亀(亀次朗)であります。
ほんまやったら盛大にお祝いしたいんですけどチャイナコロナの影響でこじんまりと身内だけでお祝いです。
この記事は2020年04月05日のものです。
タイル プラン75



いきなりですが女豹のポーズを決め込んでいるのは亀次朗の孫、チャーハンの娘、おむすび☆ちゃんであります。可愛い孫娘に「おむすび☆ちゃん」とは何て言う名前を付けるんだ!とお叱り請けそうですが、これは誠に本名であります。
01P4050004



お母さんが満一歳のお誕生日に作ってくれたランチプレート。おむすび☆ちゃんの大好物ばかりです。
02P4050006



ジジババからはお祝いのケーキ。乳児にも食べられる材料で作られたケーキです。
03P4050036



今年幼稚園に入園するお兄ちゃん(藤充行)のお祝いも相乗りです。
04P4050042

今日は母の一周忌です。


R60☆鶴(鶴弥)です。
時の経つのは早いものです。今日は母の命日です。
この記事は2020年4月7日のものです。
タイル鎌倉



梅、しだれ梅、花桃と繋いできたおうちの庭に海棠の花が咲き始めました。とても小ぶりな枝なのにふっくらとしたピンクの花びらがたくさん。春になったのを実感します。

01P4060050


おうちの庭の一番日当たりの良い場所のツツジが咲き始めていました。まだ四月になったばかりなのに今年は随分と季節が早く回ってきているのでしょうか?
02P4060048



藤の花もこんなかんじ。一ヶ月もフライング!?
03P4060049



四月七日は母の命日です。親戚の皆さんや家族で母の思い出を語り合おうと呼びかけた一周忌の法要ですが、新型ウィルスの影響で一ヶ月前にキャンセルしました。残念ですけれども仕方有りません。今朝は家族だけでひっそりとこの日を迎えました。
04P4060001



今お花の需要が少なくなっているそうですね。一周忌という事もあったので、お花の大好きだった母の為にたくさんのお花をお花屋さんで選んでいただきました。とても華やかなお花を母も喜んで居てくれると思います。
05P4060002

空いてる時に小田原攻略-3 鎧塚一夜城ファームに行ってみた


R60★亀(亀次朗)であります。
チャイナコロナ渦で息の詰まりそうな閉塞状況です。憂さ晴らしに近場ドライブを楽しんできました。
この記事は2020年02月22日のものです。
タイル プラン75

朝一番でやってきたのは亀次朗が大好きな街小田原です。まずは小田原漁港直近の朝酒食堂、お次は孫達が思いっきり体を動かして遊べるわんぱくランド。そろそろお昼です。お姫さまに喜んで頂けるスポットに向かいます。わんぱくランドから一旦坂を下って箱根板橋付近から急な坂道を登っていきます。
01一夜城ファーム地図

どピーカンの土曜日。海も空も真っ青です。この見晴らしだけでも来てみる価値があります。
02P2240597

わんぱくランドから僅か10分ほどで鎧塚一夜城ファームに到着しました。
03P2240594

尾根道を上りきった処なんでこんな景色が楽しめます。健全おデートに行ってみてかいかがでしょう。
04P2220388

ここのレストランは予約必須。土日にはランチが二交代制でほぼ満席です。鶴亀ファミリーはわんぱくランドでどのぐらい時間が掛かるか分からなかったので初めからランチは断念。お買い物だけの作戦です。
05P2220386

さっき到着した時にはガラガラだったのにあっという間に行列が出来てしまいました。あら困った。人混みには近寄らない作戦だったのにお店の中は大混雑なんでしょうか!?
この件は次回の記事でお買い物担当の鶴弥さまに報告して貰いましょう。

06P2240582

お買い物に縁の無い爺いは既に飽きてしまっている孫のお相手で広い敷地の中で遊んで過ごしました。
07P2240593

鎌倉駅前怪しい寿司居酒屋「えにし」de家族新年会


R60★亀(亀次朗)であります。
大勢の観光客で賑わう鎌倉駅前にあってもっぱら地元民だけを相手に商売を続ける小さな鮨屋があります。今すぐにも朽ち果ててしまいそうな丸七商店街の奥底でひたすら旨い寿司を握っている怪しい寿司職人が生息しているのであります。
この記事は2020年01月03日のものです。
00タイル


つる姫さまの大往生から九ヶ月経ちました。喪中だから子供らには「せっかくの長い休みなんだから何処か遠いところに遊びに行っておいで」と秋口から話しておいたんです。しめしめゆっくりと怪しい寿司居酒屋えにしで寿司が食えるぞとほくそ笑んでいたのに予約した日には家族全員きれいに揃っての乾杯となりました。みんなが揃うのはとっても嬉しい事です。爺いの財布は軽くなる一方です。
11IMG_1713


お正月のえにしでは毎年恒例で樽酒が振る舞われます。
12IMG_1705


正一合の白木の升でゆっくりと銘酒「奥の松」を頂きましょう。
13IMG_1718


鎌倉戎から巫女さんがやってきました。鎌倉本覚寺夷堂の新年行事に毎年提灯を寄進しているお店へお守り札を届けに来てくださいました。
14IMG_1707


まずは蟹肉のグラタンから。グラタンといっても80%以上が蟹肉です。右側の小皿の蟹味噌をつけて頂きましょう。きっちりと日本酒に合う酒の肴です。
15IMG_1719


あまりに旨そうな鮭切り身があったので焼いてもらいました。
亀次朗的には鮭の皮の炙りだけでも充分なんですけ「それじゃお金が貰えないでしょう」と極上の切り身も炙って貰いました。もちろん刺身で食える上級品です。
ん?何か白いもんが添えられています。
なんじゃ?
16IMG_1720


大根おろしで作られた今年の干支ネズミさんです。板さんの遊び心を楽しみましょう。
17IMG_1721


昨年末の血液検査でUA値が予想以上に低かったお祝いに海胆いっちゃいましょう。
18IMG_1716


お刺身だってほらこんなかんじ。日本酒ががんがん進みます。
19IMG_1723


〆は鮟肝巻き。色々あった2019年から新しい年を迎えました。さてどんな年になるんでしょう。ハワイに行けるんかなあ。
20IMG_1724

鶴亀家の激動の一年


R60★亀(亀次朗)であります。
大晦日です。
今年一年は私ら老夫婦にとって忘れられない年でありました。
この記事は2019年12月30日のものです。
タイル プラン75


コゲメシの孫、チャーハンの娘おむすび☆ちゃんが生まれたのはようやく暖かくなってきた4月初めの事でした。今年一番の明るい話題で家族全員大喜びしたのであります。
01おむすび20190408


コゲメシ徘徊録の無くてはならないメインキャラクターつる姫さまがその長寿を全うしたのは4月7日の事でした。僅か数日前にこの世に生を受けた孫娘に無事バトンを渡し終えたつる姫さまは静かに息を引き取られました。この年末年始はつる姫さまの思い出を家族で語らい合って過ごしましょう。年始のご挨拶は控えさせて頂きます。
02P4130371


亀次朗が長年苦しんできた膝の手術に踏み切ったのは8月の初めでありました。痛くって走れないけど人工関節にしちゃったら現在の人工関節の材質では走れなくなってしまいます。何年も悩み続けたけどとうとう年貢の納め時がやってきました。入院期間おおよそ一ヶ月、その後のリハビリが四ヶ月。まだまだ動きが鈍いけどようやく一つの結論を見いだした状況であります。
03IMG_1025


数年前から猫の額のような鶴亀家の狭い庭の木々の生育が活発であるような気がしています。以前だったら冬場には枯れてしまう鉢植えが未だに緑の葉っぱを蓄えています。雑草の刈り取りは今まで年二回ほどだったのに今年は四回も刈り取りました。明らかに温暖化は進行しています。秋に上陸した台風15号19号はどストライクに鶴亀家を直撃しました。屋根瓦はぶっ飛ぶし物置は倒壊。怪我しなかっただけでもラッキーだと思いましょう。
04IMG_1076


今年一年まったく私的な話題ばかりのコゲメシ徘徊録にお付き合いくださってありがとうございました。残りの人生はもうそんなに長くないような気がしています。どこまで馬鹿馬鹿しい話を続けられるのか書いている本人ですら全然見通しがないのですが、金も体力も無いけど好奇心だけは失わないでフラフラと徘徊を続ける所存であります。

鶴弥のスマフォデビューは小判鮫作戦!


R60★亀(亀次朗)であります。
とうとう鶴弥がスマフォデビューを果たしました。
この記事は2019年10月01日のものです。
タイル亀次朗


10月になれば「乗り換え手数料」が安くなるからそしたらスマフォにしようかなって鶴弥は考えていたんだそうです。9月中はマスコミも散々「乗り換え手数料が安くなって消費者の皆さんに朗報ですね」だなんって言っていたけどへそ曲がりの亀次朗は何か違和感を覚えていたんです。そんな消費者サイドにだけ圧倒的に有利な改革を政府が音頭とって進めるハズ無い!案の定10月になると「その代わりに機種代の大幅割引はやめます」ときたもんだ。そんなんで鶴弥は駆け込みで9月末にスマフォデビューを果たしました。
01PA260020



何処のキャリアでどんな機種を選んだのか心配したんだけど持ち帰ってきたスマフォを見てビックラした。んだって亀次朗と全く同じ機種同じ設定なんです。いえいえ、決して仲良し夫婦を気取っているんじゃあないんです。ただ単に「同じ機種なら分からないことがあっても教えてもらえるから」というのが一番の理由であります。早速「待ち受け画面を登録しろ」っていうんです。全くの小判鮫作戦です。癪だから昔ワードウェハウスのバドワイザーのノベルティグッズ屋さんで買ったバドマンの塩こしょう入れをはめ込んでやりました。鶴弥よ、気に入らなかったら自分でなんとかしなさい。
02PA260021

二人でハワイ一回分 どっか~~ん


R60★亀(亀次朗)であります。
台風一過とはいえ、いまだにあちこちで停電や断水しているそうです。被災された皆さん、まだまだ辛抱が続きますが頑張りましょう。
この記事は2019年9月9日のものです。
タイル亀次朗



首都圏をどストライクに直撃した台風15号。いまだにあちこちで停電や断水しているそうです。鶴亀家では幸いにも断水も停電も無かったのですがすざましい強風で一晩中眠れませんでした。
01台風15号進路


朝起きて家中を見回して見ました。家の中はなんとか無事でした。ちょっと安心して外回りを調べてみたら。。。。あららバイク置き場が倒れています。もろに強風を受けてしまったようです。よく見ると防災備蓄倉庫も転倒しています。
02IMG_1064


災害時に家族が三日三晩しのげるようにとテントやシュラフ、防寒具から調理用品、非常食、飲料水までばっちり仕込んでかなりの重量になっているのに物の見事に転倒してしまいました。亀次朗が道楽に使っている作業小屋もあおりを受けてゆがんでしまっています。
03IMG_1076


結局、物置全壊が一棟。半壊が一棟。バイク置き場倒壊。フェンス倒壊5m、二階の屋根板損壊4平方メートル。馴染みの工務店さんに見積もり出してもらっていますがおおよそ30万円程掛かりそう。その内二階の屋根板損壊だけは保険がききそうですが物置やフェンスは対象外らしいんです。今年はお葬式や入院もあったし散々です。12月にハワイ行きたかったのになあ。。。
04IMG_E1071

「泣くな赤鬼」良かった。


R60★亀(亀次朗)であります。
今話題の「泣くな赤鬼」観てきました。上手くいかない七転八倒の野球人生。背番号15の葛藤を見事に現した名画であります。
この記事は2019年6月18日のものです。
00泣くな赤鬼


もうすぐ夏の神奈川大会が始まります。高校球児諸君の健闘を祈ります。もうかなり前に記事にした
「ひゃくはち」⇒http://www.mo-hawaii.com/kogemeshi/1015.html
サードのポジションを競う高校生のお話でした。
01ひゃくはち20080810


何故に背番号15に拘ってしまうのかというと、やっぱこの男の存在があるからなんです。幼稚園年少から小学校まで八年間野球漬けの毎日。少年野球のチームでは準エース兼サード兼捕手。ってかどこでも守れるユーティリティープレーヤー。当然中学校でも野球部に入るのかと思っていたら軟式テニスの道を選んだのであります。もう野球はやらないんだなあと父は深く悲しんだのであります。
02P1080200


処が高校に入ってから何故か硬式野球部の門をたたいたのであります。中学校三年間野球など見向きもしなかった男がリトルシニア上がりのプレーヤーに敵うハズありません。それでも死に物狂いの挑戦が始まりました。三年間の苦闘の末ようやく勝ち取った背番号15。父にとっては最高の背番号であります。
03P1080311


心から熱いもんが喰いたくなりました。久し振りのソウルメシです。
04IMG-0528



定番チャプチェとキンキンに冷えた生ビール。
05IMG-0524



仕上げはスンドゥブチゲであります。グツグツと音を立てて赤いっスープが煮え立っています。サービスおかずもしっかりソウルの味。旨かったけどちと物足りない。やっぱソウルに行きたいなあ。
06IMG-0526