モーハワイ☆コム

カテゴリー:-鎌倉爺ぃ散歩

20170102 亀次朗の年初め 3/ お正月は鎌倉に行くもんじゃねぇずら


R60★亀(亀次朗)であります。
相も変わらず老人の戯言ばかりを綴ってまいりましょう。普段なら絶対小町通りなどに近寄らない老夫婦でありますが、お正月期間中はバス停が八幡宮裏に移ってしまうので止むを得ず突入してみました。
この記事は2017年(平成29年)1月2日のものです。

亀次朗
2017年1月2日午前11時ちょい前のJR鎌倉駅プラットホーム上の混雑であります。最寄り駅である北鎌倉の下りホームではどの辺から電車に乗れば鎌倉駅の出口階段に近いか分かっているんですけど老婆の付き添いなもんでやむを得ず離れた場所から乗車。従いまして鎌倉駅ではホーム上で立ち往生してしまったのであります。最近では若いもんだけではなくおばはん、大おばはんまでがスマフォとやらにに指を擦り付けて画面と睨めっこ。せめて駅の階段を降りるまではその板切れをいじらなんで欲しいもんです。
21P1020648

階段ダッシュに失敗した時点で改札混雑は決定的です。のろのろと駅構内から改札機まで続く観光客の群れ。混雑に拍車をかけているのが「鎌倉駅の改札出た処で待ち合わせしましょう」などという無計画なおばはん軍団。最近では若い衆もだらだらと狭い駅前で待ち合わせをしています。うっかりすると電車を降りてから鎌倉駅改札を抜けるまで10分近く浪費してしまいます。
22P1020649

用事を済ませて鎌倉駅に戻ったのは午後4時頃。駅前には鶴ケ岡八幡宮と小町通りを楽しんだ善男善女がうっそうと屯しています。あ、あかんあかん、こんな時間に横須賀線に乗ってもぐちゃぐちゃもみもみになるだけです。たった一駅だけでも混んだ電車に乗るのは嫌なもんです。やむなく老婆の手を引いてバス乗り場に向かいます。正月三が日は鎌倉駅中心に大規模な道路規制が行われています。老夫婦の利用するバスも駅前バス停が使用不能になって八幡宮裏の駐車場が近隣地区行きのバスの起点になっているんです。
23P1020722

鎌倉駅から八幡宮裏の臨時バス乗り場に行くには小町通りを北に進むのが一番距離が短いんですけんども折り悪く鎌倉駅に戻る観光客の流れに逆行する形になってしまいました。やむなく若宮大路に転進。こちらもかなりの人出が残っています。やっぱお正月は鎌倉に行くもんじゃないよなあ。来年の正月は北鎌倉で蟄居して暮らしましょう。
24P1020652

20161120鎌倉ハム日曜朝市戦利品でお庭BBQ


R60★亀(亀次朗)であります。
鎌倉ハムの日曜朝市で爆買いしてしまった亀次朗。せっかくだから焼いて喰ってしまいましょう。早速子供らに緊急招集した処、旨い物には目敏い三兄弟、つる姫城中庭を借りてBBQを開始しました。
この記事は2016年(平成28年)11月20日のものです。

00PB200568
年甲斐もなくロースハムやベーコンを4kgも買い込んでしまった老人でございます。一袋づつ持たせようかと子供らに声かけたら早速やってきました。「せっかくだから今日焼いて喰おう」と即決!ならお庭BBQでしょう!
01PB200576

良く晴れた秋の日曜日。半袖でも充分過ごせる心地良い日和であります。つる姫城の中庭を借りてBBQの準備に取り掛かります。
PB200579

02P5041126

かんぺー(^^♪
03P5041131

本日の戦利品のベーコンを一袋(1kg)に冷蔵庫の椎茸やピーマン、ウィンナーなどを補充して宴の開始です。
PB200580

04PB200578

ほら、こんなでっかいベーコンがごろごろと入っていたんです。遠い炭火でじっくりと焼き上げましょう。
05PB200587

PB200586

〆は次男特製のチャーハン。久し振りに家族大勢で食べるBBQは格別な味わいでありました。
06PB200585

20161120鎌倉ハム日曜朝市の戦利品!


R60★亀(亀次朗)であります。
鎌倉ハムが日曜朝市を始めたというので行ってきました。予想以上のお買い得感に思わず大興奮。年甲斐もなく爆買いしてしまった亀次朗であります。
この記事は2016年(平成28年)11月20日のものです。

亀次朗200
僅かな年金を爪に火を点すようにして暮らしている老人であります。高級なハムやベーコンなど久しく口にしていません。でも、天下の老舗鎌倉ハムが本丸である本社工場で朝市を開くなら行ってみたいと思うのであります。
01P6010610

亀次朗が朝市会場に辿り着いたのは朝9時。丁度朝市が始まる時間に到着したのに既にお買い物を済ませた人達が大きなビニール袋や段ボール箱を抱えて帰り始めていたんです。やべっ出遅れたかっと焦っていたら次から次へと新たな商品が冷凍ショーケースに補充されて行きます。やれやれ一安心です。それでも前後左右からにょきにょきと手が伸びてきます。皆さんバクバクと買い物籠に抱え込みます。終いにゃ「すみませ~ん。買物籠が足りません。少々お待ちくださ~~い」と店員さんが悲鳴を上げる有様です。
02PB200559

だって通常価格400gで1300円のベーコンが一割引きなんですもん。
03PB200567

更には、その400g1300円×一割引き=1170円のベーコンが切り落としなら1kgも詰まったパックが1000円で買えるんです。嘘じゃないよ。
04PB200592

ほら、朝市限定価格「ベーコン切り落とし1kg」が1000円ぽっきり。年金暮らしの老人でも久し振りに旨いベーコンが喰えそうです。
05PB200561

鎌倉ハムの代名詞、ロースハムも1kgで同じく1000円。ハムの端っこの丸い処が沢山入っています。ハムって薄いペラペラな処よりも端っこの丸い椎茸の傘みたいな処の方が大好きです。
06PB200593

逆上した亀次朗老人はこんなに買ってしまいました(反省)。ま、子供ら呼んで一袋づつ持たせてもいいでしょう。最近うちの子供らは旨いもんで釣らないと家に寄りつかないんです。
07PB200576

という訳で5000円も使ってしまいました。1kgのハムやベーコンが四袋に焼き豚300gが二袋。帰り道に玉ねぎと人参も買っちゃったからめっちゃくちゃ重い買物になったのであります。
08PB200572

次回の朝市は12月18日(日曜日)の朝9時からです。鎌倉に来るついでがあったら行きしなに寄ってみてくだされ。
09PB200573

20161120鎌倉ハム本社工場で日曜朝市が始まったよ!


R60★亀(亀次朗)であります。
今年(2016年)秋になって本社工場直営販売所を開設した鎌倉ハムが日曜朝市を始めたというので行ってきました。
この記事は2016年(平成28年)11月20日のものです。

亀次朗200

よく晴れた(2016年)11月20日の日曜日の朝であります。もう何回も記事にしている鎌倉女子大脇の遊歩道は紅葉が始まっていました。朝8時40分頃の静かな散歩道。これはこれで贅沢なひと時であります。

01PB200557

日曜日朝9時丁度の鎌倉ハム本社工場の入り口です。秋とは云えかなり暖かい日です。半袖でも過ごせる気分の良い朝でありました。
02P6010611

今回が第一回となる鎌倉ハム本社工場の日曜朝市。おおかたお歳暮商戦の呼び水になる程度のPR朝市なんでしょうと思って冷やかしに出掛けてみたんです。
03PB200574

処が売店には大勢の皆さんが既に並んでいます。えっうそっだって九時からって書いてあったじゃないの。まだ9時になったばかりだというのに買い物かご一杯に戦利品を抱え込んで会計待ちの行列が出来ているんです。
04PB200565

大きな冷蔵ショーケースには人だかりが出来ています。近所の主婦や暇そうな老人がせっせせっせと品定めしておりました。
05PB200558

冷蔵ショーケースにはハムやベーコンが山盛りになっています。ここは日本のハムの歴史を創ってきた老舗鎌倉ハムの本社工場。ここで買う分にはまがい物などありっこないです。
06PB200560

えっ!?「朝市限定価格」ベーコン切り落とし1kg1000円ですか!ううむ。凄すぎます。続く。。。。
07PB200561

20161123ホノルルマラソンまで2週間!源氏山公園定点観測


R60★亀(亀次朗)であります。
ホノルルマラソンまで2週間を切りました。皆さん、ご準備はいかがでしょうか?
この記事は2016年(平成28年)11月23日のものです。

タイル爺々酒浸し
以前走っていた頃は夏前から始めたホノマラ・トレーニングも大詰めです。数回の40km走もこなして出発まで二週間を切った頃、源氏山公園までの短いトレイルランが毎年の恒例行事でした。自宅から源氏山までは約4kmの上り坂が連続するタフなコースです。高校のグラウンドを越えると完全な山道。バードウォッチングの皆さんのお邪魔をしないよう静かに走っていました。
01台峰緑地

この時期、源氏山公園の紅葉が始まります。今年(2016年)11月23日は今まで以上の人出でした。
02源氏山公園

頼朝公の周囲の紅葉も見頃を迎えています。こうなると鎌倉市内の紅葉も始まります。JR鎌倉駅から小町通りはいつも以上に大混雑になっている事でしょう(私らは週末や祝日には小町通りには行かないようにしています)
03頼朝像20161123

いつもなら静かに過ごせる源氏山公園の片隅の東屋にも大きなカメラを抱えたハイカーの姿が見受けられます。
04東屋

亀次朗が「定点」としている源氏山公園の銀杏の樹です。あらら。。。今年は色付くのが早いんじゃありませんか?てか落葉が始まっています。今年の鎌倉の紅葉は出足が早いようです。
05定点20161123

こちら去年(2015年)11月28日に撮った同じ銀杏の木。一週間も先なのに銀杏の葉っぱが沢山残っています。参考までに、今まで定点観測した過去の記事を復活(画面左のアーカイブの古い記事)させてみました。源氏山公園散策の手がかりになれば幸いです。
06定点20151128

【おまけ】2015年11月28日の富士山。源氏山公園から歩いて5分程の亀次朗お気に入りのスポットです。紅葉が始まると週末の源氏山公園は結構混雑するんですが、幸いこのポイントはまだまだ知られていません。ここを下ってお気に入りの阿園の庭で珈琲タイムにしましょうか。
07富士山20151128

20160331LaFruttaで美味しいランチを召し上がれ


20160331LaFruttaで美味しいランチを召し上がれ
タイルレストラン
R60★亀(亀次朗)であります。
通りかかる度に「ここで商売になるんかいな」と心配になっていたイタリアンレストラン。遂に入店する機会が出来ました。
この記事は2016年(平成28年)3月31日のものです。


このお店が出来たのは(多分)一年ほど前。藤沢や江の島に向かう幹線道路の跨線橋が開通した後の事です。車の通行量の多いT字路の角の小さな一軒家レストラン。それだけ聞くと良い立地のようですが、実は駐車場がありません。歩行者の通行量もそれほど無い、通称「こぶくろだに新道」幾多の料理自慢のレストランが出店しては撤退していった飲食店不毛地帯です。いままで40年近くこの通りのお店を見てきましたが、この通りに出店して名前が残っているのは山崎に引っ越した「ボナペティ」だけでしょう。それほど商売が難しい通りであります。
01P3310977

それでも好奇心だけは人一倍ある老夫婦。ようやく機会を得てLaFrutta初上陸です。
02P3310967

乏しい年金暮らしの老夫婦にとってランチ1000円とは最上級の予算です。さて、一体どんなお昼ごはんが頂けるのでしょう。
03P3310968

四人掛けのテーブルが二つと二人掛けのテーブルが二つだけの小さなお店。勿論室内は完全禁煙。外のテラス席は喫煙OKとの事です。
04P3310973

まずはシャキシャキの野菜サラダに熱々トマトスープ、フランスパンが添えられています。銘々に一皿づつ
05P3310974

鶴弥が選んだ「葉花とモッツァレラチーズのトマトソース」さらりとしたトマトソースに茹でたてパスタ。この味付けならトマトが苦手な亀次朗も納得です。
06P3310975

亀次朗のチョイス「あさりとインゲンのペペロンチーノ」こちらも茹でたて熱々パスタにインゲンとアサリ、鷹の爪でアクセントをつけてあります。亀次郎的にはもう少しボリュームが欲しい処であります。
07P3310976

20160219鎌倉常盤口「かかん」の香高い麻婆豆腐


20160219鎌倉常盤口「かかん」の香高い麻婆豆腐
タイルレストラン
R60★亀(亀次朗)であります。
Callejeroのマスターが新しいお店をオープンさせたっていうんでのこのこ出かけてきました。
この記事は2016年(平成28年)2月19日のものです。


Callejeroってのは裏駅(鎌倉駅西口の事)のある小洒落た喫茶店であります。平日昼間ならお気軽なランチプレートが楽しめるし、鎌倉としては結構遅くまで営業していてお酒も置いてあるから重宝なお店なんです(kamejirouではおまへん)
時折不定期なお休みがあるのが鎌倉風
(?)ま、へっちゃらで「土日休み」とか「夏の間はずっと休みます」とかがまかり通る街ですから。。。

01P2190542

しかしながら限られたメンバーで二軒のお店を運営していくのは結構大変でしょう。良い素材を惜しげもなく使っているからお客さんも集まってくれるでしょう。頑張ってください。
02P2190540

場所は鎌倉から藤沢に向かって大仏トンネルを超えた先。いつだかアップした「カマアイナ」「比呂鮨」のある辺りです。この辺は大手の開発した住宅地。観光客は全くと言っていいほど期待できませんが、代わりに舌の肥えた原住民が生息しているエリアです。あの「写楽」も闇夜に紛れて密かに商いを続けているようです。
03P2190538

テーブルの上に調味料は花山椒だけ。香りの良い赤がオススメです。青はほんまに舌が痺れます。危険です。
04P2190539

さあ、お昼の麻婆豆腐定食がやってきました。ご飯にスープ、香の物、小さな壺に入っているのはデザートの杏仁豆腐です。
05P2190534

浅いお皿は客に出す寸前まで直火にかけられていたのでしょう。グツグツと煮え立っています。花山椒を使うまでもなくどっしりとした辛さが存在を主張しています。
06P2190535

お昼の定食はもう一種類、水餃子が用意されていました。こちらも具だくさんで見た目以上にボリュームがありました。旨かった!
07P2190533
目印は「梶原口交番前グルメシティ」であります。鎌倉山や源氏山で春の桜、秋の紅葉を楽しいだら思い出してください。

20160128鎌倉小町の隠れ家OMOTEで誕生日ランチ


20160128鎌倉小町の隠れ家OMOTEで誕生日ランチ
タイルレストラン
R60★亀(亀次朗)であります。
この歳になるとあんまり目出度くはないんだけど鶴弥の誕生日祝いにランチしてきました。
この記事は2016年(平成28年)1月28日のものです。


鎌倉若宮大路からちょっとだけ奥に入った閑静な住宅地。この絵だけで場所が特定できますでしょうか?目指すお店はこの奥にあります。
01P1280458

何時もなら行き当たりばったりの亀次朗ですが、今日ばかりはちゃんと予約して時間通りにやってきました。普段ならジャージ姿で彷徨している老夫婦も今日ばかりはこざっぱりとした恰好で向かいましょう。
02P1280484

落ち着いた洋館。
00P1280483
中に入ると一変して華やかなリビングであります。落ち着いた大人の空間。還暦過ぎても落ち着きのない老夫婦にはちょっと勿体ない。鶴弥お気に入りの隠れ家レストランです。

03P1280463

こんがりと焼き目がついたガーリックトーストがやってきました。
04P1280470

前菜の盛り合わせ。フルーツトマトとモッツアレラチーズはバルサミコ酢で。オリーブの実の右側には完熟柿の背中に生ハム、間にはクリームチーズが隠されています。
05P1280468

メインは鶏肉の白ワイン煮。じっくりと時間を掛けて煮込んであります。たっぷりのパスタと共に召し上がれ。鶴弥はグラスワインを注文しました。とっても香りの良い白ワイン。亀次朗の席まで良い香りが漂ってきます。
06P1280478

たっぷりのランチを締めくくるコーヒー。コーヒーは三種類から、紅茶も二種類から選べます。甘さ控えめなロールケーキも美味しかったです。
07P1280479

20160126大町「民家倶楽部楓」で餃子ランチ


20160126大町「民家倶楽部楓」で餃子ランチ
タイルレストラン
R60★亀(亀次朗)であります。
病院の帰り道に「民家倶楽部楓」に寄ってきました。
この記事は2016年(平成28年)1月26日のものです。


ここは鎌倉大町の隠れ家。平日の昼下がり、まったりとした時間が過ごせます。
01P1200452

石畳のエントランスを通って突き当りが玄関。初めて行った時とっても入り辛かったです。(慣れれば何でもないんだけど)
02P1200451

日当たりの良い窓きわの席には先客がいらっしゃました。奥の広いテーブル席に陣取ります。
03P1260445

まず、美味しい緑茶が出迎えてくださいます。庫山窯という美濃焼の湯のみ茶碗。お茶を頂きながら静かな時間を楽しみましょう。
04P1260448

ランチメニューの中から「餃子ランチ」をお願いしました。どっしりと具だくさんな手作り餃子、大ぶりなお椀に入った豚汁。デザートに苺やリンゴも付いていて結構なボリュームです。
05P1260452

ランチを食べ終わってからコーヒーを淹れ始めます。暫し、食後の読書に没頭します。気が付けばコーヒーと自家製ベーグル。「コーヒーのお供にどうぞ」と嬉しいプライスレスでした。
06P1260454

鎌倉大町の安養院から大寶寺に向かう道すがら。鎌倉駅から見れば祇園山の山向こうになります。静かなひと時を楽しんでください。
07大町楓地図

ヒロで美味しいお寿司を食べるなら 3/3 メニュー一覧。傾向と対策練ってお出かけください。


ヒロで美味しいお寿司を食べるなら 3/3 メニュー一覧。傾向と対策練ってお出かけください。
タイルレストラン
R60★亀(亀次朗)であります。
余り知られていないお店なんですけどヒロで美味しい寿司ランチを食べてきました。
この記事は2016年(平成28年)1月13日のものです。


どこの街にでもあるような鄙びた鮨屋さんであります。んが、ネタの新鮮さや主の研究熱心さは注目に値する銘店であります。
31P1130116

ランチメニューはこんな感じ。ここでのオススメはやはり「炭焼にぎりと生にぎり」のセットでしょう。この内容で1500円は充分過ぎます。
32P1130117

いつか夜の部に突入してみたいものです。出来れば酒が呑めるようになってから行きたいですなあ。。。。
33P1130121

「目に言う」を良く読んでみましょう。インドまぐろカマトロにぎり450円。喰いてえ~
34P1130123

キャッチオブザディ!?マーケットプライス!?お値段を確かめずに注文するのは勇気が要りますけど、思い切って挑戦したくなるお店でありました。先に予算を言ってから、お好みで握ってもらうのも方法ですね。
35P1130124

ま、余程の物好きでない限り観光客はいらっしゃらない奥鎌倉。分かり易く説明するなら、大仏さまから藤沢に抜けるバス通りと源氏山から梶原口に下る道の交差点であります。お隣りは以前アップした「鎌あいな」という食堂さんです。
36比呂鮨地図