モーハワイ☆コム

カテゴリー:-鎌倉爺ぃ散歩

満月の夜は狼になる


R60★亀(亀次朗)であります。
久し振りに夜歩きを楽しんできました。
この記事は2020年01月27日のものです。
タイル居酒屋

異常な程の暖冬です。普段なら寒い時期の夜の外食などしない老夫婦ですが旨いワインを飲ませてくれるバーがあるというので出かけてみました。
21P1230099

隣町の商店街から一歩曲がっただけでネオン眩い居酒屋小路になります。狭い路地の両側に居酒屋雑居ビルが林立して赤ら顔の中年おやぢがうろうろと徘徊しています。最近では若い女性の姿も頻繁に見かけるようになりました。古都鎌倉というよりは首都圏の何処にでもあるベッドタウンの駅前居酒屋街といったイメージです。幸いな事に全国チェーンの居酒屋さんは限られています。個人事業の居酒屋さんが居並ぶ中、お気に入りのお店を見つけるのは意外と難しい物かも知れません。
22P1230101

そのワインバーはとある居酒屋雑居ビルの二階にひっそりと存在していました。薄暗く狭く急な階段を上って行きます。二階に上がると両側に看板すら出していない怪しいお店が並んでいます。僅かに漏れる灯火に営業されているのが察しられますが怖くってドアが開けられません。目指すお店はその一番奥に分厚くぶっきらぼうな扉でありました。
うっ!やたらに入りづらいです。
23P1230103


思い切って分厚いドアを開けてみました。意外や明るい店内。奥に向かって一本通りのカウンターには女性のお客さんがお一人だけ。なんでも女性だけのグループとか女性お一人でゆっくりとワインを楽しみに来店されるのだそうです。グラスワインは600円から800円程度。フルボディの赤ワインを一本注文しても3000円からと随分とリーズナブル。ハシゴ酒の〆のイッパイを楽しむのに理想的な環境でありました。
24P1230104

【おまけ】せっかく月夜の夜に狼になれたのにてっぺんがお月様では悲しすぎます。
25P1230105

マスク作ってみた-3


R60★亀(亀次朗)であります。
マスクを自作する話なんって三話も書くとは思いもしませんでした。
この記事は2020年02月19日のものです。
タイル プラン75

久し振りの大仏病院。去年夏に人工膝関節置換手術で一ヶ月近く入院していた高名な整形外科医の居る病院であります。文字通り高徳院(長谷の大仏さま)の真ん前にあるんです。
01P2190164

ですから病院の前の通りは観光バスやマイカーがひっきりなしにやって来て大勢の観光客がぞろぞろと歩いています。この神奈川県道路公社直営の観光バス専用駐車場はいっつも満車状態が続いているんです。
02P2190165

ところが今回のチャイナ・コロナ(これ以上縮めるとイケナイ言葉になりそう)で大陸の迷惑民族は激減。更には日本の小中高校生の鎌倉修学旅行グループ行動なんかも自粛気味のようで、ごらんの通り大型バス駐車場は清々しい位ガラガラでしす。
03P2190163

観光バスを降りた人々はこの横断歩道を渡って高徳院に向かいます。いっつもダラダラのそのそ大勢で歩くもんだから信号が赤になっても渡り終えずいっつも大渋滞。それが今日はこんなにスカスカでした。
04P2190166

高徳院の入り口です。こんなに空いたのは初めてみました。
05P2190168

皆さんご存じの通りどちらの病院でも院内感染防止のためにマスク着用をお願いしています。やむを得ずマスクなしで来院した患者さんやお見舞いにおいでになった方々の為に病院の玄関近くにマスクの自販機が設置されています。一箱に使い捨て紙マスクが二枚入っていて100円で購入出来ます。
06P2060161

先日材木座の内科病院(かつて長期滞在していた)に行ってみたら見事に欠品していました。内科病院だし高齢者の通院患者が多く、また入院している患者さんも高齢者が大多数だから必要数がまかないきれなくなってしまっています。診察が終わって処方箋を持って薬屋さんに寄ったら「先日大陸人がマスクを買いにやってきた」って言うんです。観光地鎌倉とはいえ場末も場末な材木座の小さな薬屋さんにまでマスクを買い占めにやってくるだなんって恐ろしい世の中になったもんです。
あれ?もしかして材木座病院のマスク自販機が品切れになっていたのって仁義なき常識なしの大陸人の仕業なんでしょうか!?

07P2190169

自作マスク三作目であります。

一作目はこんなかんじ。
http://www.mo-hawaii.com/kogemeshi/29262.html

二作目はこんなかんじ。
http://www.mo-hawaii.com/kogemeshi/29286.html

今までの二作では大きく不細工だったもんだからサイズを変えてみました。男物のハンカチをおおよそ(縦も横も)1/3に折りたたんで上下を白い紐で留めてみました。ようやく鶴弥から「うちの在庫も少なくなってきてるから(仕方ないけど)外で使っても宜しい」と渋々ながら了承して頂きました。
08P2190171

鎌倉じゃない鎌倉ディナー


R60★亀(亀次朗)であります。
先日ランチ襲撃してきた
http://www.mo-hawaii.com/kogemeshi/29206.html
隣町の和食屋さんで夕飯食ってきました。

この記事は2020年01月27日のものです。
タイルレストラン



かつて隣町には大きな撮影所がありました。役者さんや監督さんなんかがごはんを食べにやって来た「ミカサ」というハイカラな洋食屋さんが撮影所の目の前にあって役者さん目当てのファンも大勢来店して大繁盛していたそうです。映画産業が斜陽化して撮影所はショッピングセンターや学校の敷地になってしまいました。綺麗に改築された洋食屋でしたがリニューアルオープンする事無く居抜きで六本木にあった和食屋さんがテナントに入店してきました。
01大船三笠



ハイカラモダンに凝った内装のまま和食レストランに生まれ変わりました。鎌倉と言っても観光エリアではないので地元の皆さん中心の落ち着いたお店です。
02P1230086



オープンキッチンだった場所には寿司カウンターが出来ていました。ここだけは鮮魚用の保冷ケースなどのために改装しました。このカウンターでゆっくりと寿司を摘まめる落ち着いた老人になりたいもんです。
03P1230087



今宵は大切なお客さんをお招きしてのお礼の席です。一番安いコースでは申し訳ないし、かといっていきなり高額のコースでは却ってお客さんに気を遣わせてしまあいます。三崎コース(10,000円)を予約してあります。
04P1140048



お酒はお好みで選んで頂きましょう。この金額なら安心です。
05P1140049



前菜がやってきました。このお皿が全員に一皿づつ用意されました。日頃の亀次朗ならこれだけで大満足。焼酎ロックで5~6杯いけそうです。ん?このマークは?
06P1230088



伊万里焼の蔵元に発注したこのお店オリジナルのお皿です。随分とチカラ入ってますなあ。
07P1230089



今宵の焼メニューは和風牡蛎グラタン。こってりとした旨みたっぷりの一品です。
08P1230090



和牛のゴボウ巻き。前後のお料理が薄味にしているので敢えて甘みを強くしてアクセントとしています。お客さんにお断りしてぬる燗辛口の日本酒を頂きました。
09P1230091



鎌倉野菜中心の天ぷらがやってきました。酒が進みます。
10P1230092



さあお寿司の出番です。薄めの煮きりはランチタイムと同じですが、お米の固さもボリュームも押えてあります。
11P1230093



お寿司二皿目。亀次朗的にはこの三貫が一番旨いと感じました。しめ鯖は充分甘くあっさり〆てあります。海胆はあっという間に口溶けして口蓋いっぱいに汐の甘みが広がります。軽く炙った白身魚は日本人に生まれて良かったとしみじみ感じる銘品に仕上がっています。
12P1230094



お寿司三皿目はイクラ軍艦にやや中トロ寄りの赤身。亀次朗が大好きな赤身鮪が充実したディナーを締めくくります。
13P1230095



普段なら口にしないデザートですが小さめのグラスに可愛らしく仕上げられています。ついつい完食。なかなか行けないお店ですのでしっかりと最後まで頂きました。ごっそさんでした。
14P1230098

鎌倉遊ケ崎の極上寿司ランチを喰ってみた


R60★亀(亀次朗)であります。
隣町にあった洋食店三笠が和食のお店に変わったというので行ってきました。
この記事は2020年01月14日のものです。
タイルレストラン


六本木の和食の名店「遊ケ崎」。なぜか鎌倉の隣町に移転してきました。これから先長いお付き合いが出来るといいなあ。
21大船三笠


鶴弥さまが先に限定10食のランチに手を上げてしまったので亀次朗の選択肢は「天津丼」か「寿司ランチ」のどちらかです。ソンナラやっぱ「寿司ランチ」でしょう。昼から宴会のようです。
22P1140045


鶴弥さまがオーダーしたランチと同じく美味しいごま豆腐と茶碗蒸しがやってきました。つるつると喉越し滑らかな茶碗蒸し、こってりと舌の上で厚みを感じるごま豆腐。どちらも手の込んだ仕上がりです。これならお客さんをお連れしても喜んで頂けそうです。やがて一皿目のお寿司がやって来ました。光り物三点に帆立の炙り。光り物には軽く煮切りが施されていてそのままで頂きます。
23P1140056


例えば「鎌倉駅前怪しい寿司居酒屋えにし」の光り物は当日朝取れの新鮮さ命で勝負していますが、ここ遊ケ崎の光り物はあえて熟成させて甘みと旨みを引き出しているように思います。それがあの甘くもっちりとしたご飯に相まって全く違うお寿司の世界に誘いかけてきました。ここは白ワインでも熱燗でもなく赤ワインでしょう。
24P1140057


炙りサーモンに鮪赤身のヅケ、大好物の鯖も亀次朗好みに仕上がっています。ここで赤ワインのお代わりに突入しました。もう完全に昼宴会のノリです。
25P1140059


寿司コースの途中に揚げたての天ぷらも供されます。揚げたてサクサクの野菜天ぷら。
26P1140061


〆にキュウリ巻きにカンピョウ巻き。意地汚くも日本酒が欲しくなってしまいます。
27P1140062


お代はこんなかんじ。「おまかせコース」の上の2000円は鶴弥さまが召し上がった「限定ランチ」、下の2800円が亀次朗が喰った「寿司ランチ」であります。生ビールだけで済ますつもりだったんだけど美味しくってついついハウスワインを注文してしまいました。ランチタイムとはいえワイン一杯500円は嬉しい価格です。次回はディナーに行ってみたくなりました。
28P1140068

松竹撮影所前の三笠跡地で六本木ランチ


R60★亀(亀次朗)であります。
承知来撮影所前にあった老舗洋食店三笠が六本木にあった和食のお店に変わったというので行ってきました。
この記事は2020年01月14日のものです。
タイルレストラン



そもそも東京六本木で繁盛していた和食屋さんが何でまたこの町にやってきたんでしょう?例えば同じ鎌倉でも大勢の観光客がやってくる旧市街に出店するとか富裕層が住むらしい鎌倉山とか西鎌倉にお店を構えるなら理解のしようがあるんだけど、松竹撮影所の跡地の近所では周りにはスーパーマーケットやブックオフくらいしかありません。とりあえず住所は間違いなく「鎌倉市」にはなりますが夜の部の一番安いお料理は「おまかせコース」の8000円です。こういうお店にやってくるお客さんはこの町にいるのでしょうか?
11大船三笠



ともあれ突撃してみましょう。と言っても最初っからディナーに行くほど無謀な事は出来ません。まずは予約しないで済みそうなランチで様子見です。
12P1140042



それでもランチは2000円。リタイヤ老人にはやはり手が出し辛い金額です。んでも、だからといって天津丼900円では偵察の意味がありません。ここは思い切って特製ランチとやらを食べて頂きましょう。食べたのは鶴弥さまです。
13P1140045



「おすすめ限定ランチ」はこんなかんじ。ちょっとした女子会にも良さそうです。
14P1140041b



意外とお客さんが多くって店内の画像を撮りそこねました。老舗洋食屋三笠が贅を尽くして建てたがっしりとした建築です。店内もレトロお洒落な雰囲気です。どうやら新しいテナントさんはこのインテリアが気に入って洋食店のまま使っています。(オーナーさんは不動産屋さんです)オーダーが終わってお茶をすすりながら料理を待ちましょう。
15P1140050



やがてやってきたランチはこんなかんじ。済みません、逆から撮ったから天地が逆です。ごま豆腐に茄子の煮浸し、茶碗蒸し、お刺身盛り合わせと天ぷらも付いてとても豪華です。もっちりとしたご飯は冷めても最後まで美味しく鶴亀家の好みに一致しています。
16P1140055



〆に自家製プディング。小さいけどこれだけで充分に昼下がりのひとときを楽しめる逸品です。
明日は亀次朗が寿司ランチに挑戦します。
17P1140065

冬の材木座海岸は寒かった


R60★亀(亀次朗)であります。
気まぐれに材木座海岸に行ってみました。
この記事は2020年01月15日のものです。
タイル居酒屋


暖冬とはいえ身を隠す物など何も無い吹きっさらしの海岸は凍えるような寒さです。よくもまあこんな時期に海に入れるもんです。頑張るなあ。。。
01P7041262


いつもならこんな寒い日は土手で鍋焼きうどんで暖まるんですけど気まぐれにルワーズに行ってみました。この界隈は外食できるお店が少ないので貴重な洋食屋さんです。お店に着いたのは11時半過ぎ。丁度お店の前を掃除しようと親父さんが出てきた時だったんでお訊きしてみたら「お店は12時からだけど寒いから中で待っていていいよ」っていうんでお言葉に甘えて入店させて頂きました。
02P1150076


さて何喰おうかな。ここは結構ボリュームあるし旨いんです。
03P1150069


夜になるとこの界隈のおやぢ達が鈴なりになってオダを挙げるご機嫌なカウンター。居心地が良さそうです。
04P1150070


開店前にお店に入れてもらってストーブの前で暖を取らせていただいているんです。営業開始前に赤ワインをお願いしてみました。ランチタイム価格300円にしてはどっしりとしたフルボディです。
05P1150068


今日は「豚の生姜焼き&チキンの唐揚げ」にしてみました。ポター時スープと大盛りライスが付いて1000円は嬉しい地元価格です。結局昼間のお客は亀次朗一人だけ。ランチタイムの営業が終わるまでゆっくりと過ごさせて頂きました。
06P1150073

20191221小町おもてなし袋って何だ?


R60★亀(亀次朗)であります。
鎌倉小町通り商店街で「おもてなし袋」なる物を配布してました。
なんじゃ?
この記事は2019年12月21日のものです。
タイル鎌倉


タウン誌に掲載されていた記事を読んでみてください。京都や奈良、大久保コリアンタウンや心斎橋でも大きな問題になっている食べ歩き被害であります。困り果てた小町通り商店会では「ゴミお持ち帰り袋」なる物を作って観光客に配ってみることにしました。よく読むと商店会の持ち出し資金だけじゃなくって税金まで投入されるようです。そんな事よりも食べ歩き商品を売っているお店に負担させればいいじゃないかと亀次朗は思うのであります。
IMG_20191214_0001


今鎌倉で問題になっているのは、商店街でどんなに取り決めをしても実際に食いもんを売っているのがよそ者なんで「商店街の約束なんって知らん」とすっとぼけられているんです。それでいてゴミの回収には非協力だしお店の商品は汚すしと散々な目に遭っている商店街が怒りの行動に打って出たそうなんです。どれだけの効果が生まれるか未知数なんですけどしばらくは注視していきましょう。決して水を差すんじゃないけど、ホールフーズのエコバックのように持ち帰って仕舞い込まれるのがオチのような気がしてしょうが無いんです。
IMG_20191214_0001b

源氏山の紅葉と生あん肝刺身。


R60★亀(亀次朗)であります。
人工関節置換手術のリハビリもいよいよ最終段階に入りました。
この記事は2019年11月26日のものです。
タイル鎌倉

人工関節置換手術自体は今年の夏8月上旬でしたから既に四ヶ月近く経っています。手術後の入院は約一ヶ月。それからは週一回のペースで通院リハビリを続けてきました。ストレッチ中心だったリハビリが筋力アップトレーニングに重点を置くようになりました。
「亀次朗さん、そろそろ山歩きしてみませんか」
リハビリのせんせえから嬉しい提案です。大腿四頭筋やハムストリングの強化が目的です。幸い自宅から歩いて行ける距離には鎌倉のハイキングコースがあちこちに延びています。頑張って楽しんでみましょう。

01IMG_1510

処が今年の秋の台風15号19号という連続パンチで鎌倉のハイキングコースはあちこちで通行止めです。かろうじて自宅から源氏山までの山道は市のハイキングコースから外れている事もあって立ち入り禁止にはなっていません。あちこちに太い木が倒れていて歩きづらいけどその分脚力アップトレーニングになります。
02IMG_1509

コースは自宅から梶原ポンプ場上の山道を通って裏側から源氏山公園に侵入します。本来ならそこから大仏に至るハイキングコースを通って大仏病院に向かうんだけど生憎そっちは通行止め。やむなく銭洗い弁財天方面から大仏病院に向かうコースです。おおよそ一時間半の坂道ウォーク。この時期の楽しみは源氏山公園の紅葉です。ようやく紅葉が始まりましたが去年に比べたら一週間以上遅い紅葉です。しかも楓や銀杏の葉っぱは悲しいくらいに潮焼けしています。
03IMG_1497

とりあえず重機が入る所から工事が始まっています。まだまだ当分掛かりそうです。この辺に遊びに来る予定の皆さんは足下を充分固めておいでください。
04IMG_1468

んでも一つだけ明るいニュース。源氏山公園のお手洗いがリニューアルしていました。以前はネポン式(昔のスキー民宿でぽっとん便所を簡易水洗に改造したシロモノ)でしたがリニューアルして洒落た山小屋風で男女別水洗トイレになりました。同時にバリアフリー対応の個室も設置されました。もっともこのトイレの前後は階段があって今のところは車椅子ではアプローチできません。昔の謀反人処刑場跡地のスロープが手直しされるまで今しばらく辛抱です。
05IMG_1495

【おまけ】
00タイル
リハビリ終了後は鎌倉駅前怪しい寿司居酒屋えにしで冬の逸品。生あん肝の刺身。この時期のお楽しみです。よっっぽど新鮮でないと口に出来ない芳醇なお味。こってりと、まったりとぬる燗の日本酒を楽しみましょう。
06IMG_1513

この先、倒木のため通行できません。


R60★亀(亀次朗)であります。
鎌倉市の広報に「鎌倉市のハイキングコースは通行できません」とあったので気になったんでリバビリがてら源氏山公園まで登ってきました。
この記事は2019年11月14日のものです。
タイル鎌倉


亀次朗がまだ走っていた頃、鎌倉のハイキングコースは格好のトレイルランコースでした。毎週末源氏山から大仏とか瑞泉寺からビートルズトレイル縦走とか楽しんでいたんです。亀次朗が走れなくなった頃から最近のランニングブームに乗って鎌倉トレイルランが大流行に成りました。当然の結末でトレイルラン禁止になったのはこの数年の事です。今はじがないリハビリウォーカーですが鎌倉市内のハイキングコースは大体覚えています。今年秋の台風15号19号であちこちのコースが通行止めになっていると聞いたので野次馬根性丸出しに源氏山公園に行ってきました。
01IMG_1367


赤文字は亀次朗が11月14日に行ってみた結果です。源氏山公園自体は概ね被害もなくゆったりと静かな環境でありました。
02IMG_1371


北鎌倉から浄智寺脇を通って源氏山に至るコースは閉鎖されていました。
03IMG_1369


昔だったらコーションテープ乗り越えて先まで見に行っていたかもしれないけど爺いになった今では無理はしません。歳はとりたくないもんです。
04IMG_1370


意外なことに化粧坂ハイキングコースは通行出来ていました。距離が短いし岩盤地形だからでしょうか。
05IMG_1373


源氏山から大仏に向かうハイキングコースは鎌倉山歩きの中で亀次朗が一番好きなコースです。おっ!ここは通れるのでしょうか?
06IMG_1377


あ、やっぱここも通行止めです。結局山道で源氏山公園を目指すルートは化粧坂ハイキングコースか北鎌倉女子校グラウンドから山之内ポンプ場を通って裏側から入るコースだけでした。あと一週間もすればこの辺の紅葉も盛りを迎えます。ゆっくりと山歩き(リハビリ)を楽しみましょう。勿論、銭洗い弁財天からの舗装道路は通行可能ですが平日でも大勢の小中学生(校外学習)や外国人の大群がやってきて五月蠅いったらありゃしない。早く紅葉の時期が終わって静かな枯れ源氏山にならないかと待ちわびる亀次朗でありました。
07IMG_1378

リハビリ山歩き始めました


R60★亀(亀次朗)であります。
ようやくリハビリのせんせえから山歩きの許可がでました。
この記事は2019年11月14日のものです。
タイル鎌倉


手始めに鎌倉中央公園から梶原に抜けてポンプ場坂上から北鎌倉に下る周回コースを攻めていく事にしました。このコースは鎌倉市のハイキングマップには掲載されていません。ハイカーもトレイルランナーもまずやって来ない静かな散策路です。所々には滑り止め舗装が施されためっちゃ急な坂道もあるんですがそれ以外は緩やかなアップダウンが続いていて理想のリハビリウォーキングルートです。
01IMG_1385


んでもあちこちが立ち入り禁止になっています。台風15号19号で地盤ごと崩れてしまっています。
02IMG_1383


直径80cmもありそうな巨木が散策路を塞いでいます。大きく迂回しなければなりません。
03IMG_1387


こっちにも太い倒木が放置されています。
04IMG_1386


あまり上手く写っていないけど路肩がえぐられたように崩壊しています。この下20mが崖崩れでめっちゃ危険です。
05IMG_1382


それでも小型トラックが入れる処までは修復作業が進められています。この分では今年の秋の紅葉ハイキングは難しいかなあ。
06IMG_1384