モーハワイ☆コム

カテゴリー:-鎌倉爺ぃ散歩

腰越・街角イタリアンからオアフ島の極楽ビーチに妄想一っ跳び


R60★亀(亀次朗)であります。
腰越イタリアンで旨いメシ喰って大満足。壁に掛かっていた一枚の写真に思わず引き込まれてしまいました。
この記事は2016年(平成28年)12月23日のものです。
タイルレストラン

前回ご紹介した江の島腰越隠れイタリアン「レガーレ」であります。この界隈のイタリアンなら誰でも知っているあの「余る◎ー」で修行したシェフが普段着イタリアンを目指して立ち上げた地元密着型食堂で在ります。だから子供たちを連れてのママ会なんかでもOK。お爺さんお婆さんがお孫さんを連れて夕ごはんを食べているのも見かけます。きっとパパとママは何処かで久し振りの新婚気分を味わっているのでしょう。
11PC230666

亀次朗の大好物、「鱈のパスタ」絶品です。
12PC230643

神奈川県産山百合ポークのハーブ焼きにはチーズをたっぷり降って喰らいつきます。
13PC230652

夢心地のような食事を頂いて辺りを見回します。食い意地ばかりが先行してしまってお店の雰囲気を感じるのが後回しになってしまいました(反省)。ん~?なんだか綺麗な写真だなあ。
14PC230647

快晴ピーカンな空の下にご機嫌なビーチが広がっています。なんだかとっても良さげな場所ですね。
15PC230648




んんんん?右端の島影に見覚えがあります。あれってマカプウ岬から見える兎島に似ていませんか?あの近くってサンデービーチとか結構波が強い場所だと思っていたけどリーフに囲まれたビーチパークがあるんでしょうか?良く見れば左端に遠く見えるのはラニカイ沖の双子島のような気がします。違うかなあ。


16PC230648b


江の島腰越・街角イタリアンの極上ランチ


R60★亀(亀次朗)であります。
あまり得意分野ではないのでなるべく近寄らなかった江の島・腰越地区に旨いイタ飯屋さんがあるというので行ってみました。
この記事は2016年(平成28年)12月23日のものです。
タイルレストラン


探しまくって辿り着いた腰越イタリアン。腰越といっても海沿いの賑やかな辺りではなくって鎌倉山に向かって10分近く歩いた静かな住宅地にありました。一見コンビニのように見えますが、某レストランで修行を積んだシェフが満を持して立ち上げお店だそうです。
01PC230625


『クッチーナ オーラ レガーレ』というのが正式名称。脳軟化が始まった老人には覚え辛い長い名前です。単に『レガーレ』と覚えておきましょう。この看板洒落てます。このサイズのステンレス板にヘアライン仕上げ。これって結構なお値段します。オーナーの意気込みを感じます。
02PC230626


四人掛けのテーブルが五卓。ゆったりとしているので椅子を追加すれば一卓に六脚椅子が付けられそうです。それでも全部で20~30名で一杯になる小さなお店。シェフの心配りが行き届く広さにしているのでしょう。
03PC230633


ランチは大きく分けて二種類。前菜・パスタ・飲み物で1500円のAコース、それにメインディッシュを追加した2300円のBコースの二種類です。パスタは五種類から、メインディッシュは三種類から選べます。せっかくですからBコースを頂いてみましょう。
04PC230627


まずは前菜の盛り合わせ。これは各自それぞれに頂けます。鶴弥は早速赤ワインの追加オーダー。
05PC230639


自家製フカッチャはお代わりOK。旨いから沢山食べたいけど、お腹が一杯になっちゃいますよ。それよりもパスタやメインディッシュのおつゆを付けて食べるのに嬉しいサービスです。
05PC230641


亀次朗は「鱈のラグーに柚子ピールのパスタ」にしてみました。ホクホクの鎌倉野菜と一緒に召し上がれ。柚子の香りが堪りません。
06PC230645


鶴弥は『貝とサザエの大蒜炒めパスタ』めっちゃ旨いんです。後でよくみたら、これは追加+700円のスペシャルパスタなんだそうです。旨いわけだ。
06PC230646


鶴弥のメインディッシュは『牛フィレ肉のロースト、黒トリフソース添え』こっちも追加+1200円という暴走メニューではありませんか。だって「牛座布団にトリフなんですよ。
07PC230651


亀次朗はおとなしく『カジキマグロのモッツアレラチーズ焼き』を頂きました。高血圧気味の高齢者にはこれで充分です。
07PC230653


場所のおさらいです。江の島から海沿い134号をちょっとだけ鎌倉方面に向かって健太の角を山の方に曲がります。江ノ電の線路を越えて川沿いに鎌倉山方面に向かった先、右側に目指すレガーレはひっそりと存在しています。旨かった。また行こうっと。
08PC230669

20170518腰越散歩-お土産はいつも冷凍沖漬けしらす


20170518腰越散歩-お土産はいつも冷凍沖漬けしらす
タイル鎌倉
R60☆鶴(鶴弥)です。
良く晴れた五月の木曜日、思い立って腰越の街を歩いてみました。
この記事は2017年(平成29年)05月18日のものです。


普段あまり近寄らないようにしている江ノ電江ノ島駅。でもこの日の最終ミッションはここから始まります。江の島に向かう弁天通りではなく境川に通じる脇道に入ります(この画像では地面にオレンジ色の塗装が施されている道です)
01P5181312

そのまま進むと境川に出ます。目指すお店はもう少し山側なんですけど。
02P5181307

浜野水産「湘南丸」さんにやってきました。最近TVに出てしまって観光客も見かけるようになりましたね。いつもなら亀次朗が材木座の病院に行く日に「もんざ丸」で買ってきてもらうのですが、今日は腰越漁港の帰り道にこちらに寄りました。
03P5181310

お目当ての「湘南しらす沖漬け」獲れたての生シラスを特製のタレで漬け込んだ逸品です。ご飯に載せても、酒の肴にも最適。冷凍品ですからおうちまで持って帰れます。寒い時期にはクーラーボックスに詰め込んでハワイまで持ち込む事だって出来るんですよ。江の島、鎌倉にお出での節にはお土産にいかがでしょう。ここ浜野水産以外にも喜楽丸、もんざ丸などで買う事が出来ます。

04P5181313

20170518腰越散歩-とってもちいさな手作りパン屋さん


20170518腰越散歩-とってもちいさな手作りパン屋さん
タイル鎌倉
R60☆鶴(鶴弥)です。
良く晴れた五月の木曜日、思い立って腰越の街を歩いてみました。
この記事は2017年(平成29年)05月18日のものです。

00P5181304
漁港の朝市でお魚を買っておうちに急ぎます。予め保冷バックに氷を用意していったので海鮮丼もお魚も大丈夫でしょう。龍口寺付近の交差点の処に小さな看板を見つけました。え?何を焼いているのでしょう?何だか気になります。
01P5181297

横幅1メートル程の本当に細い小路。奥の方に細く長く小路が続いています。この奥に何があるのでしょう?
02P5181299

小路は途中お花のトンネルを抜けて更に奥の方に続いています。
03P5181300

20メートル以上奥に進んだ突き当りでようやく小さなおうちをみつけました。ここですか?!
04P5181305

小窓の中には色んな種類の手作りパンが勢揃いしていました。どれも美味しそう♪
05P5181302

今日はたくさん歩いたから塩麹のあんぱんを頂いてもいいでしょ(^^♪
06P5181306

明日の朝ごはんはコーヒーを淹れて楽しみましょう。
07P5181316

20170518腰越散歩-腰越漁港の朝市


20170518腰越散歩-腰越漁港の朝市
タイル鎌倉
R60☆鶴(鶴弥)です。
良く晴れた五月の木曜日、思い立って腰越の街を歩いてみました。
この記事は2017年(平成29年)05月18日のものです。


腰越商店街を東に抜けると海沿いの国道に合流します。小動神社や満福寺などがあります。この日の目的地は腰越漁港。毎月二回朝市が開かれています。毎月第一、第三木曜日の朝10時から売り切れるまで。わたし達が到着した朝9時半頃には既に10人近くが並んでいました。
01P5181264

朝10時になると一斉に行列が動き始めました。今朝捕れたばかりの新鮮な鯵や鯖、カマスや蛸までみるみる売れて行ってしまいました。
02P5181274

めったにお目に掛かれない金アジがありました。すかさずお買い上げ!この大きさならお刺身がたっぷりと楽しめそうです。
03P5181275

勿論、私には大きな魚を捌く事なんって出来ません。あまり知られていませんが漁港の裏に回ると漁協の方がサービスで捌いてくださいます。
04P5181281

取れたて新鮮野菜もずらりと並んでいます。
05P5181269

稲荷ずしやドーナツ、コロッケなんかもあるのでお腹を空かせて行っても大丈夫。漁港の岸壁に座って海を見ながらおやつにしましょうか(^^♪
06P5181278

NHKの連ドラ「ツバキ文具店」で何回かロケで使われていましたね。江の島からとっても近いのにあまり観光客の皆さんがいらっしゃらない私のお気に入りの場所です。
07P5181284

20170518腰越散歩-魚屋さん自家製海鮮丼600円


20170518腰越散歩-魚屋さん自家製海鮮丼600円
タイル鎌倉

R60☆鶴(鶴弥)です。
良く晴れた五月の木曜日、思い立って腰越の街を歩いてみました。
この記事は2017年(平成29年)05月18日のものです。


江の島界隈はわたし達があまり足を踏み入れない地域です。これから夏に向かって大勢の観光客、海水浴客の皆さんがいらっしゃって大賑わいになる事でしょう。海沿いの国道は大渋滞、江ノ電も改札規制が行われる程の大混雑が予想されています。わたし達はちょっと遠回りだけど湘南モノレールを使って終点で降りて左に回り込んで腰越商店街に向かいます。
01P5181249

若い人たちで大賑わいの江の島のお隣りですが静かな街並み。時折江ノ電がガタガタと通り抜けていきます。
02P5181254

最近お洒落なレストランが増えてきました。とても興味がありますが、何だか浮き上がってしまいそう。ちゃんと覚悟を決めて再訪しましょう。
03P5181291

江ノ電の電車道をゆっくりと鎌倉方面にあるきます。この日の目的地は腰越漁港。ホンの5分程の短い散歩道です。




04P5181255

商店街に一軒のお魚屋さんを見つけました。地元で獲れる近海魚を扱っているお店です。

05P5181259

ショーケースの一角に沢山の海鮮丼が用意されていました。鯵や鯖などの地魚が中心のご当地どんぶり!美味しそう♪
06P5181288


おうちに帰ってお昼ごはんに頂きました。やや小ぶりな丼でしたが、たっぷりのご飯にお刺身も一杯あって充分満足できました。
07P5181314

20170102 亀次朗の年初め 3/ お正月は鎌倉に行くもんじゃねぇずら


R60★亀(亀次朗)であります。
相も変わらず老人の戯言ばかりを綴ってまいりましょう。普段なら絶対小町通りなどに近寄らない老夫婦でありますが、お正月期間中はバス停が八幡宮裏に移ってしまうので止むを得ず突入してみました。
この記事は2017年(平成29年)1月2日のものです。

亀次朗
2017年1月2日午前11時ちょい前のJR鎌倉駅プラットホーム上の混雑であります。最寄り駅である北鎌倉の下りホームではどの辺から電車に乗れば鎌倉駅の出口階段に近いか分かっているんですけど老婆の付き添いなもんでやむを得ず離れた場所から乗車。従いまして鎌倉駅ではホーム上で立ち往生してしまったのであります。最近では若いもんだけではなくおばはん、大おばはんまでがスマフォとやらにに指を擦り付けて画面と睨めっこ。せめて駅の階段を降りるまではその板切れをいじらなんで欲しいもんです。
21P1020648

階段ダッシュに失敗した時点で改札混雑は決定的です。のろのろと駅構内から改札機まで続く観光客の群れ。混雑に拍車をかけているのが「鎌倉駅の改札出た処で待ち合わせしましょう」などという無計画なおばはん軍団。最近では若い衆もだらだらと狭い駅前で待ち合わせをしています。うっかりすると電車を降りてから鎌倉駅改札を抜けるまで10分近く浪費してしまいます。
22P1020649

用事を済ませて鎌倉駅に戻ったのは午後4時頃。駅前には鶴ケ岡八幡宮と小町通りを楽しんだ善男善女がうっそうと屯しています。あ、あかんあかん、こんな時間に横須賀線に乗ってもぐちゃぐちゃもみもみになるだけです。たった一駅だけでも混んだ電車に乗るのは嫌なもんです。やむなく老婆の手を引いてバス乗り場に向かいます。正月三が日は鎌倉駅中心に大規模な道路規制が行われています。老夫婦の利用するバスも駅前バス停が使用不能になって八幡宮裏の駐車場が近隣地区行きのバスの起点になっているんです。
23P1020722

鎌倉駅から八幡宮裏の臨時バス乗り場に行くには小町通りを北に進むのが一番距離が短いんですけんども折り悪く鎌倉駅に戻る観光客の流れに逆行する形になってしまいました。やむなく若宮大路に転進。こちらもかなりの人出が残っています。やっぱお正月は鎌倉に行くもんじゃないよなあ。来年の正月は北鎌倉で蟄居して暮らしましょう。
24P1020652

20161120鎌倉ハム日曜朝市戦利品でお庭BBQ


R60★亀(亀次朗)であります。
鎌倉ハムの日曜朝市で爆買いしてしまった亀次朗。せっかくだから焼いて喰ってしまいましょう。早速子供らに緊急招集した処、旨い物には目敏い三兄弟、つる姫城中庭を借りてBBQを開始しました。
この記事は2016年(平成28年)11月20日のものです。

00PB200568
年甲斐もなくロースハムやベーコンを4kgも買い込んでしまった老人でございます。一袋づつ持たせようかと子供らに声かけたら早速やってきました。「せっかくだから今日焼いて喰おう」と即決!ならお庭BBQでしょう!
01PB200576

良く晴れた秋の日曜日。半袖でも充分過ごせる心地良い日和であります。つる姫城の中庭を借りてBBQの準備に取り掛かります。
PB200579

02P5041126

かんぺー(^^♪
03P5041131

本日の戦利品のベーコンを一袋(1kg)に冷蔵庫の椎茸やピーマン、ウィンナーなどを補充して宴の開始です。
PB200580

04PB200578

ほら、こんなでっかいベーコンがごろごろと入っていたんです。遠い炭火でじっくりと焼き上げましょう。
05PB200587

PB200586

〆は次男特製のチャーハン。久し振りに家族大勢で食べるBBQは格別な味わいでありました。
06PB200585

20161120鎌倉ハム日曜朝市の戦利品!


R60★亀(亀次朗)であります。
鎌倉ハムが日曜朝市を始めたというので行ってきました。予想以上のお買い得感に思わず大興奮。年甲斐もなく爆買いしてしまった亀次朗であります。
この記事は2016年(平成28年)11月20日のものです。

亀次朗200
僅かな年金を爪に火を点すようにして暮らしている老人であります。高級なハムやベーコンなど久しく口にしていません。でも、天下の老舗鎌倉ハムが本丸である本社工場で朝市を開くなら行ってみたいと思うのであります。
01P6010610

亀次朗が朝市会場に辿り着いたのは朝9時。丁度朝市が始まる時間に到着したのに既にお買い物を済ませた人達が大きなビニール袋や段ボール箱を抱えて帰り始めていたんです。やべっ出遅れたかっと焦っていたら次から次へと新たな商品が冷凍ショーケースに補充されて行きます。やれやれ一安心です。それでも前後左右からにょきにょきと手が伸びてきます。皆さんバクバクと買い物籠に抱え込みます。終いにゃ「すみませ~ん。買物籠が足りません。少々お待ちくださ~~い」と店員さんが悲鳴を上げる有様です。
02PB200559

だって通常価格400gで1300円のベーコンが一割引きなんですもん。
03PB200567

更には、その400g1300円×一割引き=1170円のベーコンが切り落としなら1kgも詰まったパックが1000円で買えるんです。嘘じゃないよ。
04PB200592

ほら、朝市限定価格「ベーコン切り落とし1kg」が1000円ぽっきり。年金暮らしの老人でも久し振りに旨いベーコンが喰えそうです。
05PB200561

鎌倉ハムの代名詞、ロースハムも1kgで同じく1000円。ハムの端っこの丸い処が沢山入っています。ハムって薄いペラペラな処よりも端っこの丸い椎茸の傘みたいな処の方が大好きです。
06PB200593

逆上した亀次朗老人はこんなに買ってしまいました(反省)。ま、子供ら呼んで一袋づつ持たせてもいいでしょう。最近うちの子供らは旨いもんで釣らないと家に寄りつかないんです。
07PB200576

という訳で5000円も使ってしまいました。1kgのハムやベーコンが四袋に焼き豚300gが二袋。帰り道に玉ねぎと人参も買っちゃったからめっちゃくちゃ重い買物になったのであります。
08PB200572

次回の朝市は12月18日(日曜日)の朝9時からです。鎌倉に来るついでがあったら行きしなに寄ってみてくだされ。
09PB200573

20161120鎌倉ハム本社工場で日曜朝市が始まったよ!


R60★亀(亀次朗)であります。
今年(2016年)秋になって本社工場直営販売所を開設した鎌倉ハムが日曜朝市を始めたというので行ってきました。
この記事は2016年(平成28年)11月20日のものです。

亀次朗200

よく晴れた(2016年)11月20日の日曜日の朝であります。もう何回も記事にしている鎌倉女子大脇の遊歩道は紅葉が始まっていました。朝8時40分頃の静かな散歩道。これはこれで贅沢なひと時であります。

01PB200557

日曜日朝9時丁度の鎌倉ハム本社工場の入り口です。秋とは云えかなり暖かい日です。半袖でも過ごせる気分の良い朝でありました。
02P6010611

今回が第一回となる鎌倉ハム本社工場の日曜朝市。おおかたお歳暮商戦の呼び水になる程度のPR朝市なんでしょうと思って冷やかしに出掛けてみたんです。
03PB200574

処が売店には大勢の皆さんが既に並んでいます。えっうそっだって九時からって書いてあったじゃないの。まだ9時になったばかりだというのに買い物かご一杯に戦利品を抱え込んで会計待ちの行列が出来ているんです。
04PB200565

大きな冷蔵ショーケースには人だかりが出来ています。近所の主婦や暇そうな老人がせっせせっせと品定めしておりました。
05PB200558

冷蔵ショーケースにはハムやベーコンが山盛りになっています。ここは日本のハムの歴史を創ってきた老舗鎌倉ハムの本社工場。ここで買う分にはまがい物などありっこないです。
06PB200560

えっ!?「朝市限定価格」ベーコン切り落とし1kg1000円ですか!ううむ。凄すぎます。続く。。。。
07PB200561