モーハワイ☆コム

カテゴリー:-鎌倉爺ぃ散歩

腰越生しらす軍艦巻き


R60★亀(亀次朗)であります。
有名観光地江ノ島のお隣に腰越という静かな漁師町があります。
この記事は2020年10月02日のものです。
タイルレストラン



海岸線から小高い山地までの間の狭い場所なので大きく発展することも無く今でも落ち着いた町並みが続きます。とても観光客に溢れる江ノ島の至近距離にあるとは思えない静かな通りです。
01IMG_2473



この付近では江ノ電が路面電車として行き来しています。海沿いの国道が大混雑でもしないと通過車両も殆ど迷い込んできません。時間貸しの駐車場も少ない事もあって平日昼下がりはこんなかんじであります。
02IMG_2474b



義経の「腰越状」で知られる満福寺は江ノ電腰越駅から歩いて数分の距離にあります。流石にここだけは平日でも訪れる歴史ファンを見かけます。もし時間が許すならこの裏山をぐるりと巡ってみてはいかがでしょう。満福寺を含めて数軒のお寺さんが同じ山を背中に並んでいるんです。中には裏山の頂上近くまで墓地として開発されてケーブルカーまで運行しているお寺さんまであるんです。
03IMG_2458

03IMG_2454

03IMG_2455



電車道にはテイクアウトの弁当屋さんやらラーメン屋さん、海鮮丼のお店なんかもあるんですが亀次朗のお目当ては電車道から横道に逸れて踏切を渡った先にある一軒のお寿司屋さんです。
04IMG_2453



個人経営で老夫婦と息子さん(?)の三人で営業している小さなお店です。チャイナコロナの影響もあってカウンター三席、四人がけのテーブル一卓の他に貸し切りの和室があります。
05IMG_2452



10月初めとしてはまだまだ夏の暑さを名残に感じる蒸し暑い日。西鎌倉からずっと歩いてきたんで喉も渇いています。オーダーしたランチが来る前に喉湿しに冷酒を一本。秋田の銘酒「まんさくの花」です。
06IMG_2464



このお店の名物「生しらす軍艦巻き」を頂きましょう。亀次朗は柔らかい食感の春の生シラスよりも一尾一尾がしっかり感じられる秋の生シラスの方が好みです。手前の四貫はおろし生姜を、後ろの三貫は自家製の酢味噌をトッピングしてあります。これでランチ価格990円はとてもお買い得です。
07IMG_2467



注文を受けてから揚げてくれる「しらすかき揚げ」を追加。セットで1320円。つまりはこのかき揚げ330円。日本酒が進みます。
08IMG_2470



しつこくも生シラス軍艦巻きのアップ画像。きらきら透き通った鎌倉産生シラスをお楽しみください。
09IMG_2469b

ミニサイズだけど大盛り!?


R60★亀(亀次朗)であります。
鶴弥が「ランチ女子会」に行くっていうんで別行動です。亀次朗も久し振りにお一人様ランチを楽しんできました。
この記事は2020年09月30日のものです。
タイル鎌倉



亀次朗は交通量の多いバス通りが苦手です。少しくらい遠回りになっても静かな散歩道を楽しみましょう。この辺も古い町ですから元々あった生活道路に並行して二車線道路が並行して走っています。バスやクルマはそっちの方が便利でしょう。その分古い道ではゆっくりと散歩が楽しめます。
01IMG_2451



古都鎌倉というにはかなり離れているけど住所はしっかり鎌倉市。この辺りには玉縄城という堅城がありました。その支城の一つに長尾城があって戦国時代に長尾景虎(のちの上杉謙信)につながる系譜です。ともあれ今日のお一人様ランチのお店はバス通りの裏手にある蕎麦屋さんです。
01IMG_2451



チャイナコロナの影響で平日昼下がりの蕎麦屋さんでは殆どお客さんは入っていませんでした。広々した店内てたった一人蕎麦が出来てくるのを待つのは辛いものがあります。常温の日本酒を頂いてゆっくりと過ごしましょう。
03IMG_2440

03IMG_2441



今回亀次朗が注文したのは「小盛りのせいろ蕎麦とミニの丼」のセット。どんぶりご飯とお蕎麦を楽しんで、それでもまだ余裕があったらもう一軒違うお店でランチを楽しもうという欲張りプランです。冷たいお蕎麦(小盛り)とカツ丼(ミニ)のセットを注文しました。やがてやってきたのがこれ。。。。ほんまに「小盛りにミニ」ですか???
04IMG_2442

04IMG_2443



普通のお店の普通盛りの蕎麦一人前に普通盛りのカツ丼です。そう言えば注文したとき「カツ丼と冷たいお蕎麦のセット」ってお願いしたら、すかさず「天丼はミニですね!」って念押されました。ここの普通盛りって一体どんなボリュームなんだろう?怖い物見たさにトライしてみたくなっている爺いであります。
05IMG_2444

半年ぶりに蕎麦屋で昼酒


R60★亀(亀次朗)であります。
自粛生活も満七ヶ月を過ぎました。とうとう我慢が出来なくなって昼酒ランチに出かけてしまいました。
この記事は2020年09月25日のものです。
タイル居酒屋



その日本蕎麦屋は江ノ島からそれ程遠くない住宅地にひっそりと営業していました。海岸線から引っ込んでいる分このお店で観光客を見かける事はまずありません。店内は四人掛けのテーブルが二卓と四人掛けの上がり框が一卓、二人用のカウンターと全部で14席だけのこじんまりとしたお店です。平日昼下がりだというのに全部の卓にお客さんが座っています。皆さん、旨い店を良くご存じです。
01IMG_2404



ここでは冷やの日本酒を楽しみましょう。それ程大きくないお店ですから多品種の日本酒を取りそろえるのではなくご主人が選りすぐった数種類に限っています。その分管理も行き届いて品質管理も徹底しているんです。今日は真鶴にしてみましょう。この値段で正一合は嬉しい良です。やや濃い口の山廃純米酒。蕎麦の香りを邪魔しない上品なお酒です。
02IMG_2395

02IMG_2396



昼酒のお供に「ささみの辛味おろし和え」。殆ど生に近い新鮮な鶏のささみを辛い大根おろしで和えてあります。気が遠くなるほどの絶品です。

03IMG_2394

03IMG_2398



ゆっくりと時間を掛けて正一合の日本酒を味わいます。そろそろ蕎麦をお願いしましょう。冷たい蕎麦と小丼の天丼にお新香のついた「ご飯セット」を注文してみました。驚くほどしっかりと腰の強い手打ち蕎麦、熱々の揚げたて天ぷらには濃い口のタレで仕上げてあります。これで1150円とは格安です。
04IMG_2393

04IMG_2399



【おまけ】古いけど清潔なお手洗い。洗浄便座に消毒液、ペーパータオルは必須。おしめ交換台も設置されていて赤ちゃん連れでも安心です。
05IMG_2402

夏の終わりに駅前冷やし担々麺


R60★亀(亀次朗)であります。
猛烈な暑さだった今年の夏でしたが9月中旬になってようやく涼しくなってきました。
この記事は2020年09月16日のものです。
タイルレストラン



この糞暑い時期にわざわざ鎌倉になんっか行きたくはなかったんだけど、月一回の定期的な検診を「チャイナコロナが怖いから病院に行けません」って持病薬だけFax処方してもらって数ヶ月ごまかしていたんだけど「いくら何でも三ヶ月も診察しない訳にはいかん」と主治医から呼び出しを喰らってしまって久々の鎌倉入りであります。
01IMG_2335



水曜日という事で「怪しい寿司居酒屋えにし」は定休日。なれどせっかく命の危険を覚悟で隣の駅まで来たんだからヒルメシ喰って帰りましょう。東口から若宮大路に出て少しだけ海の方に向かいます。TVの鎌倉特集なんかで登場してくる「レンバイ」の二軒お隣にある中華屋さんでヒルメシにしました。
02IMG_2332



店内はこんなかんじ。白を基調にしたすっきりと清潔なお店です。しっかし客は殆ど地元のおやぢばかりです。んでもこの方が落ち着くかな。
03IMG_2330



夏の終わりにやってきた最後の猛暑日。がっつりとスタミナランチを決め込みましょう。大新名物「冷やし担々麺」であります。ぷりっぷりの海老、ピリ辛挽肉、シャキシャキの茹でモヤシと千切りキュウリ、てっぺんの半熟卵をぶち破ってがしがしかき混ぜて位込みましょう。シコシコもちもちの中華麺がみるみると体力を回復してくれます。残念な事にこの「冷やし担々麺」は夏限定メニューです。シルバーウィークまでかな?
04IMG_2331



んでもって冷やし担々麺終了しちゃってたらこちらのランチメニューを試してみてくだされ。カレーラーメンという裏技もありです。
05IMG_2334

居酒屋サバイバル-12ブロッソ2で四ヶ月ぶりの外食


R60★亀(亀次朗)であります。
チャイナコロナ蔓延中です。持病持ちの老夫婦は不要不急の外出を自粛して早や五ヶ月となりました。まだまだ居酒屋さんにとって厳しい状況が続いています。頑張っている小さなお店を応援していきましょう。
この記事は2020年06月のものです。
タイルレストラン



鶴亀老夫婦にとって「ブロッソ2」を語るには「ラ・パトゥーラ」の思い出が欠かせません。古都鎌倉というよりは首都圏の何処にでもあるベッドタウンの性格を持っているこの街のお店です。今ではかなり普及しましたが当時としては数少ないバリアフリー対応が出来ているイタリアンレストランでありました。既に足腰が弱ってきていた義母(つる姫さま)をお連れしたら一発で気に入って頂き、ほぼ毎月義母をお連れしてディナーを楽しませて頂きました。鶴亀家の息子達も当然のように同行して義母の介助を手伝ってくれました。んでも全部亀次朗の持ち出しなんだよな。結構お金を使いました。旨くって安くってボリューム満点の亀次朗お気に入りのお店でした。
11IMGP5730

11IMGP6259



時の流れというものは残酷な物であれほど流行っていた「ラ・パトゥーラ」も大家さんとの契約更新が不調に終わって閉店してしまいました。「ラ・パトゥーラ」のメンバーは散り散りになってしまいましたが同じ経営者の別の店舗で再出発しているというのでその後はそちらのお店に通うようになりました。勿論こっちのお店も良質なイタリアンレストランです。ターゲットとしている客層が若干若いので老夫婦には賑やかすぎる気がしますが値段も安いし料理も旨いお店です。
12IMG_2089



チャイナコロナ大流行で2月中旬からずっと外出自粛していました。まるまる四ヶ月の間バスも電車にも乗っていません。ましてレストランで食事をするなんって何と贅沢で甘美なひとときなのでしょう。とはいえまだまだ夜の街に出かける勇気はありません。平日午後一時過ぎ、ライチ営業のピークが過ぎた空き始めた時間帯を選んでやって来ました。ランチコースはフカッチャとグリーンサラダのプレートから始まります。
13IMG_2091



本日のランチは「豚バラ肉のポルケッタ」 たっぷりの新鮮野菜とチーズリゾットが添えられています。にんにくやローズマリーなどで味付けされたとろっとろのローストポークです。とろける旨さが赤ワインを誘います。
14IMG_2092



二人して豚バラとろとろでは幾ら旨くっても老夫婦の胃袋にはハード過ぎます。鶴弥はパスタメニューから「シラスと大根おろしの和風パスタ」を選んびました。ひっさしぶりの外食を堪能しました。まだまだ遠分の間自粛引きこもり生活が続きそうです。
15IMG_2094

青空ロコモコ


R60★亀(亀次朗)であります。
ホームセンターの帰りにちょっと志向を変えた場所でヒルメシ喰ってきました。
この記事は2020年06月29日のものです。
タイル プラン75



雨続きの関東地方ですが時たまピーカンに晴れる日に恵まれました。そんな時にはホームセンターに行ってうろうろ歩き回るのはリタイヤ老人の楽しみの一つです。この日は鶴弥がホームセンターに行く途中にある植物園に行きたいというので途中までご一緒して植物園で鶴弥を放し飼いしてからホームセンター歩きを楽しんだんです。
01P6290031



在庫不足の木ネジや蝶番を買い込んでホームセンターから植物園に戻ります。待ち合わせは植物園の中に出来たカフェテリア。亀次朗的にはホームセンターに隣接したスーパーマーケットでおにぎりとアイスティーを買って公園のベンチで食べるのが好きなんですけどここのカフェテリアにはまだ一度も入った事が無かったので偵察がてら入ってみる事にしました。
02P6290015



今は日比谷花壇の運営ですが元々は神奈川県立の植物園です。お値段は比較的お安いように感じます。お年寄りや子供達の入園も多いからでしょう。喫茶メニューが充実しています。蒸し暑いからかき氷でも喰って待っていようかな。
03P6290016



おおっ!ロコモコがあるんじゃないですか!カレーライス500円にしてロコモコ700円ですか。。。。どっちにしようかなあ。カレーライスは「辛さ控えめ」なんだそうです。子供さんが大勢訪れる植物園なんだからね。んじゃやっぱロコモコにしよう!
04P6290019



あれ?お酒のメニューまであるんですか!この植物園の閉園時間は午後五時までです。って事はお昼っからお酒が呑めるんですね。こりゃあいいところ見つけました。何にしようかなあ。バズライトイヤーか!ポテトヘッドリキュール(芋焼酎)か?悩むところです。
05P6290018



んでもってロコモコのお供にはワンカップ赤ワイン(500円)。〆て1200円のご機嫌ランチになりました。
06P6290032



カフェテリアの店内にも椅子テーブルが備えられていますが梅雨の晴れ間のドピーカンな昼下がりです。カフェテリアの前に広がるオープンエアーなウッドッデッキで植物園の緑を愛でながらゆっくりと頂きました。それにしても鶴弥は遅いなあ。どっかで本でも読んでいるんでしょうか。
07P6290036

肉屋のアウトレットで衝動買い


R60★亀(亀次朗)であります。
チャイナコロナ大流行。引きこもり生活も5ヶ月目に入りました。最早、楽しみと行ったら喰う事しかありません。
この記事は2020年05月のものです。
タイルリゾート



金を掛けずに筋力維持という目的でうろうろとリハビリウォーキングを楽しんでいます。梅雨の合間の晴れた日というのんは結構蒸し暑くって何か歩いて行く先に楽しみが無いとテンションが下がります。そういう時には当てずっぽうに狭い路地裏に曲がってみましょう。何か新しい発見が有るかもしれません。市のリサイクルセンターの近くの住宅街で脇道を歩いていたら何やら看板が立っていました。何屋さんかな。
21IMG_2025


「直売場」!?って何か売っているんでしょうか。
23IMG_2026




小さな町工場のようなプレハブ小屋。駐車場も含めて清掃が行き届いていて好印象です。
22IMG_2027



お母さんと子供達がお買い物しているのでその次に並んでいたら、お店の人が何やら紙を手渡してくれました。パンフレットかな?って思ったら注文用紙でした。欲しいものがあったらこれに書いて提出するオキテなんでしょうか。亀次朗の自宅からここまで歩いて一時間掛かります。せっかくここまで歩いてきたんだから色々買ってみたいもんです。
24IMG_2030

32P5090007




んでもって今回の戦利品。お肉類をこんなに買い込むと結構ずっしりと背中のリュックが膨らみます。
33P5090001



今回の目玉はオーストラリア産プレミアムステーキ。サシの入った旨そうなステーキ肉を500gもお買い上げ。100gで500円というのはリタイヤ老人には超高額であります。清水の舞台から落っこちる覚悟で買ってみました。
34IMG_2029

35P5090005



竜田揚げチキン南蛮というのは要するにフライドチキンみたいなもんでしょう。電子レンジでチンして食べられるのはチャイナコロナで引きこもり生活を続けている老夫婦にはお気軽でいいです。
この竜田揚げチキン南蛮が1kgで980円と格安です。

37P5090002



もう一品は粗挽きウィンナー。こっちも1kgと大袋です。お店の人によりますとレストランでもそのままお客さんに出せるレベルの旨さなんですと。これで1300円です。
38P5090003



久し振りに息子達がおうちに立ち寄ってくれました。早速冷凍竜田揚げを電子レンジでチンしてウィンナーを炒めれば即高級ディナーの出来上がり。ビールに良く合う宴会メニューです。
39P5090010




お会計はこんな感じ。目玉のオーストラリア産プレミアムステーキは恐ろしくって冷凍したままです。こんど晴れたらお庭BBQで焼いてみようかと思っています。
40P5090006

馬鹿河馬肉店の牛バラカルビ100g480円の衝撃


R60★亀(亀次朗)であります。
チャイナコロナ大流行。引きこもり生活も四ヶ月目に入りました。最早、楽しみと行ったら喰う事しかありません。
この記事は2020年04月27日のものです。
タイル鎌倉



鶴亀家の周囲には大きな商店街とかスーパーマーケットとかはありません。電車に乗ってお隣の駅前にある東急ストアに行くか、反対方向の電車に乗ってお隣の駅にある商店街に足を運ばねばなりません。最近ではリハビリウォークを兼ねて30分歩いて商店街を目指す老夫婦であります。んでも旨い肉が喰いたい時には山坂越えて隣の市境近くの精肉店を目指します。この近くには貧者の味方DAISOや市のリサイクルデポもあって格好のお散歩コースです。
11P5270638




河野牛豚肉店というのがこのお店の正式名称であります。んが鶴亀家では敬愛を込めて「馬鹿河馬肉店(うましかかばにくてん)」と呼ばせて頂いております。ここでいつも買ってくるのは和牛メンチ(一個260円)なんですが、たった二個のメンチカツを買うのに片道一時間の坂道ウォーキングはいささかしんどいものがあります。従って何かもう一品探してみたくなりました。ちなみにもし公共交通機関でこのお店を目指すとなると一旦JRでお隣の駅まで行ってバスに乗り換えて行かねば成りません。バスや電車、駅の雑踏を考えると持病持ちの高齢者としては濃密接触を避けて山坂歩きを選択してしまいます。
12PA070647

12牛バラカルビ



最近特に夕方の居酒屋徘徊が出来なくなって、喰いの楽しみが激減しています。二個520円のメンチカツだけじゃ無くって何か買って帰りましょう。フと目に付いた旨そうなバラ肉。高級な霜降りステーキだなんって決して手は出ないんだけど、バラ肉ならなんとかなるかな。んじゃ、おり姫さまのおうちの分も含めて300g程ください。んでもってお会計してもらってビックラこいた。バラ肉にして100g480円。300gちょっと越えてしまって1550円という金額でありました。
13牛バラカルビ肉



元よりこのお店は鎌倉市内の高級レストランをメインの顧客としている精肉店です。貧しい年金生活者などには縁の無いのは充分承知しているんですが月一回位の贅沢を味わいましょう。

こいつはシンプルにあっさり塩だけで炒めてみましょう。肉汁の甘さは筆舌に尽くしがたい旨さです。あかん、あかん、贅沢病になりそうです。
14牛バラカルビ焼き

西部戦線異状あり


R60★亀(亀次朗)であります。
チャイナコロナ大流行。引きこもり生活も三ヶ月目に入りました。
この記事は2020年04月27日のものです。
タイル鎌倉


「不要不急の外出は自粛しなさい!」とのお達しに馴染みの居酒屋さんも臨時休業。お隣の駅の駅ビルにある本屋さんに行ってみれば食料品フロア以外はシャッターが降りてしまっています。残された楽しみは喰う事くらいでしょうか。リハビリウォーキング(これなら不要不急では無いかな)兼ねて西隣の市との境に近い場所の精肉店まで行ってみました。自宅からこのお店に公共交通機関で行こうとするとJRでどっちかに一駅乗ってからバスに乗り換えて行かねばなりません。そんな余分なお金はリタイヤ老人にはありません。源氏山公園の裏手までえっちらおっちら坂道登ってS字坂を下って尚その先まで片道1時間の散歩道であります。
01PA070650




「おまえの家の近所には肉屋が無いのか?!」と突っ込まれそうですが、市の西の外れにあるこの精肉店は市内のレストランに限らず近郊の有名な料亭にまで配達しているプロ仕様のお肉屋さんなんです。一度ここで買った肉を喰ってしまうと近所のお肉屋さんや隣の駅の商店街にある肉屋さんでは買う意欲が沸かなくなってしまいます。ただし結構お値段が高いんです。んだからせいぜい月一回のお楽しみと我慢我慢の年金生活者であります。
02PA070648



ここに来たら絶対買うのは「和牛メンチカツ」一枚260円と考えようによっては法外な値段でありますが、そう感じたら是非一口喰ってみてください。溢れる肉汁、口いっぱいに広がる肉の甘み、衣のサクサク感。亀次朗も最初の一口ですっかり虜になってしまいました。今ではこの「和牛メンチカツ」を口実に片道一時間のリハビリウォークを楽しんでいるんです。
03PA070647



処が最近お店の前に長い行列が出来るようになってきました。それも平日昼下がりという普通なら閑散としている時間帯です。毎年お正月直前には長い行列が出来ているのは年末の風物詩になっているんですが、平日昼下がりという時間帯に行列が出来ていたのには正直ビックラしました。ここいらに住んでいる皆さんだけじゃ無くって一山越えて歩いてくる亀次朗、マイカーではるばるやってくるお客さんも大勢居て大繁盛。広い駐車場が二カ所もあるのに結構埋まっています。今のご時世喰う位しか楽しみが無いんでしょう。チャイナコロナ行列はまだまだ続くのでしょうか。。。。
04馬鹿河馬肉店0408

今、鎌倉行くのヤバイみたい


R60★亀(亀次朗)であります。
老夫婦の引きこもり生活も三ヶ月目に入りました。
この記事は2020年04月25日のものです。
タイル鎌倉

タウン誌を読んでいたらチャイナコロナ感染者数の集計表が目に入って来ました。無論総人数でいえば大都会である横浜や川崎の方が多いというのは分かります。んでは単位人口当たりの発生人数ではどうなっていくんでしょう?
01感染者調査

何とまあ、人口一万人当たりの患者数でいうと鎌倉市がダントツの第一位です。決して「輝ける第一位!」などと自慢出来るものではありません。東京や横浜に通勤している勤め人が多いという事だけじゃなくって、流入してくる観光客の影響もあるのかも知れません。ちなみに江ノ島は住所でいうと藤沢市に属します。こちらも堂々の第三位であります。
02感染者Best20

最近は大陸の迷惑民族が来なくなったし小中学生のグループ行動とやらも自粛だそうで随分と歩きやすくなってきた小町通り。いつもこうであって欲しいもんです。
03小町通り入り口

んでもお昼頃になるとじわじわと人出が増えてきました。
04P6011260

この画像は以前のものですが、ちょっと油断するとこんな濃密空間ができあがってしまいます。危ないからGWに鎌倉に行くのはお止めください。とっても危険です。
05P6011270