R60★亀(亀次朗)であります。
ハワイに行けない毎日ですが、その気になれば横浜まで映画を観に行ける位の余裕はあるんです。
この記事は2017年(平成29年)1月27日のものです。

タイルレストラン
横浜べいすたーずの2016年の奮闘を記録したドキュメント映画が神奈川県内六ケ所の映画館で期間限定で上映されているというので慌てて行ってきました。大洋漁業時代からはるか遠く優勝とはかけ離れた時期がありました。ラミちゃん時代になってようやくAクラス入りを果たしクライマックスシリーズの死闘を追いかけた至極の名作であります。充分堪能して桜木町駅前の映画館を退出します。
01P1270839

映画が終わったのは丁度お昼。かつて大酒呑みだった頃なら迷うことなく昼からやっている野毛の居酒屋に直行していたんでしょうけど、今は果かない昔の話。第一、大目付の老婆同行ではホッピーだのゴールデンボンバーだのって浮かれる訳にも参りません。大人しく最近の野毛トレンド・下町イタリアンに行ってみましょう。

(著者・注)野毛のゴールデンボンバーとはパンダ顔の歌い手さんの事ではありません。
桜木町駅前ぴおシティーのフローズン金宮焼酎の事であります。

http://www.mo-hawaii.com/kogemeshi/21622.html

02P1270857

世にいう「野毛イタリアン」とかで野毛おやぢ魔界に入りきれない若い衆相手にこじゃれたバル風のお店が意外やヒットして今ではおやぢ世代のきちゃない居酒屋よりも流行っている立ち飲み屋が多いのですが、ここ「キアッキェローネ」は南イタリアの家庭料理をコンセプトとした至って健全なお店なのであります。
03P1270841

お目当ては気軽に食べられるランチメニュー。パスタやピザをメインに色々選べます。
04P1270840

老婆はセットのBをえらびました。オードブル一皿にピザかパスタ、食後のコーヒーが付いてきます。
05P1270844

セットのピザは10種類、パスタは三種類からお好みの一品をお選び下さい。
06P1270845

オーダーが終わって一息つきました。見回しますと野毛らしからぬ明るい店内。まさしく「食堂」です。
07P1270856

昼間っから赤ワインをお召し上がりの老婆。窓脇の二人掛けテーブルには明るい午後の日差し。とても野毛とは思えない雰囲気であります。
08P1270846

セットメニューに付いてくるオードブル盛り合わせ。メニューには「小さな前菜」と書いてありましたが、どうしてどうして立派な酒の肴ではありませんか。
09P1270847

ランチのピザがやってきました。老婆が選んだプレーンなチーズピザ。店内にある大きな石窯で焼かれて熱々もちもちであります。さっきのオードブルとピザ、珈琲が付いて1300円はいい線でしょう。
10P1270851

さて亀次朗はランチのセットメニューではなくアラカルトで攻めてみました。「ズッパ フォルテ」イタリア風モツ煮混みであります。まさしく南イタリアの街角で売られているお惣菜の味です。
11P1270849

もう一品は自家製ソーセージ。ぎっちりもっちり充分な歯ごたえと肉汁の甘さを堪能してください。
12P1270852

いや~ほんまに旨かった。子連れでも楽しめるという点では野毛には珍しいお店かもしれません。
13P1270855

気が向いたら行ってみてください。野毛中心部から横浜成田山に向かって坂道を登り始めでスグの処にあります。
14jpg072