モーハワイ☆コム

カテゴリー:断酒は旨く語れない

飲酒ドクターストップ中の亀次朗であります。今まで書き溜めた居酒屋レポートをお楽しみください。

無性にソウルに行きたくなったら


R60★亀(亀次朗)であります。
とうとう自宅引き籠もり生活が二年目に突入しました。
この記事は2021年01月15日のものです。
20タイル201804ソウル食い倒れ



色々と軋轢もあるんでしょうけど、この隣国の食生活には魅力が一杯です。まだまだソウル訪問歴10回にも満たない老夫婦ですが一年も行っていないとあの猥雑な市場が狂おしい程に行きたくなってしまいます。
01P4110488

01P4120583

最近スーパーマーケットで旨そうなカップ麵を見つけました。
01PC120092





あさりの旨みがきいたスンドゥブうどん。もんまに強烈な辛さです。鍾路三街の裏路地のスンドゥブ屋さんを思い出します。
02PC120093



こっちはポークと魚貝の旨みがきいたラーメン。瀬戸内製麺本舗の麵は結構もちもちしています。それほどの辛さはないけど何故か癖になりそう。
03PC120094



瀬戸内製麺本舗と丸太食品のコラボレート食品。最近の瀬戸内食品はこういった関連業種との合同企画が多いように思われます。サッポロ一番という歴史の長いヒット作に頼りすぎないように色々と新基軸を模索しているのでしょう。当たるといいね。
04PC120095

お正月スウィーツはもぐもぐタイム


R60★亀(亀次朗)であります。
引き籠もりお正月も無事(?)終わりました。
この記事は2020年01月05日のものです。
タイルリゾート



今回のお正月は北海道各地の酒蔵から選りすぐられた日本酒12本に山形山辺の老舗味噌蔵ヤマキチさん特製おせち、北海道砂糖水産の酒の肴特盛りセットと実に盛りだくさんの贅沢三昧でありました。それでも正月三日四日にもなるとちょっと目先を変えてみたくなりました。
01PC180010



お友だちから送って頂いた「赤いサイロ」。カーリング女子が試合の途中のもぐもぐタイムで食べていた北見市の老舗菓子店「清月」さんの人気商品です。カーリングブームの頃からずっと大人気を継続していて観光客はおろか地元の皆さんでも手に入らなかったんだそうです。処が現在のコロナ禍で北海道への観光客が激減。ようやく地元の皆さんにも手に入るようになったんだそうです。
02PC180009



しっとりもちもちした食感の生チーズケーキ。濃いめに淹れたコナコーヒーと共にお正月で荒れた胃袋を優しく労ってくれました。旨かった。やっぱコロナが居なくなったら北海道に行こう!
03PC190002

おせちに飽きたら北海道


R60★亀(亀次朗)であります。
山形山辺からお取り寄せしたヤマキチさんのおせちですが流石に正月三日にもなると舌が違った肴を欲しがってきました。
この記事は2020年01月03日のものです。
タイル居酒屋


北海道各地の酒蔵から選び抜いた12本の日本酒。
01PC250006
純米大吟醸や精米率40%でありながらあえて大吟醸と名乗る個性豊かな日本酒を取っ替え引っ替え楽しんだのであります。

純和食な山形山辺のヤマキチさんのおせちを楽しんでいましたが正月三日目となるといささか胃にもたれてきました。
07P1010009

少し志向を変えてこてこて居酒屋的な酒の肴にシフトアップしましょう。この秋刀魚の丸干しは絶品でした。
01IMG_2723c



お友だちから送っていただいた砂糖水産の酒の肴フルラインナップ。日本ハムファイターズの一軍ベストメンバーの堂々たるお姿です。
02PC220005
正月前に家族全員にPCR検査を受けてもらって目出度く全員陰性。それでもソーシャルディスタンスと換気、マスク装着というお約束の元、久し振りに揃ったコゲメシ家のお正月は数々の北海道産酒の肴で大いに盛り上がったのでありました。

コロナが居なくなったら北海道に行こう!

年の初めの日本酒祭り。まずは金滴


R60★亀(亀次朗)であります。
2021年のお正月。いかがお過ごしでしょうか。
この記事は2020年01月02日のものです。
タイル爺々酒浸し



ひょんなきっかけで北海道の日本酒を購入する機会に恵まれました。全部で12本。どんなお酒が入っているかお任せだったので開封するまでとっても楽しみにしていました。驚いた事に純米大吟醸が四本、純米吟醸が二本、精米率が極めて高い大吟醸も二本と大変お買い得な内容でありました。
01PC250006



お正月に入って早速飲み比べを始めています。と言ってもいっぺんに12本飲んじゃったらいくら亀次朗でも命の危険があります。一番気になっている一本から開けてみましょう。
02PC250009



金滴酒造の純米吟醸。けっこうガツンとくるしっかりした作りの酒です。お米の香りも高くこれならグイグイいけそう。会わせるなら鮭のハラス塩焼きでしょうか。
03P1010019



気に入ったので酒蔵を調べてみました。滝川市の西側にある新十津川村にある金滴酒造という酒蔵です。ちょっと距離はあるけど何とかJR滝川駅から歩いて行けそうです。たっぷり試飲しても徒歩なら大丈夫。年一回酒蔵祭りを行っているようですんで、その日に合わせて行ってみたいもんです。
そう言えばHNKのドラマで奈良の十津川村から集団移転してきたお話しを観たのを思い出しました。是非行ってみたいもんです。
04kinnteki1

今年のおせち


R60★亀(亀次朗)であります。
引き籠もりのお正月です。楽しみといったら喰う事くらいしかありません。
この記事は2020年01月01日のものです。
00アイキャッチ

古い古い話ですが2014年の冬に山形に出かけたんです。安いビジネスパックで山形駅前のビジネスホテルに一泊して翌日天童に向かうのに山辺という町に寄り道したんです。
寄り道の目的は山辺温泉。
http://www.mo-hawaii.com/kogemeshi/17412.html
庶民的な立ち寄り湯ですがどっぷり山形ローカルが満喫できる温泉施設であります。たっぷり温泉に浸かって「さてどこかでお昼ごはんを食べよう」と山辺駅付近をうろうろして見つけたお惣菜屋さん。老舗の味噌蔵が経営しています。
01P1080435

お店のお隣では和食が食べられます。
旨いし安いし雰囲気も良くっていっぺんにお気に入りになりました。
http://www.mo-hawaii.com/kogemeshi/17155.html
02P1080397

さすがお惣菜屋さんのランチです。メインのおかずは勿論美味しいし小鉢がたくさん付いてきて楽しいお昼ごはんになりました。
03P1080420

おなかいっぱいになってお隣のお惣菜屋さんを覗いてみました。手作りのお惣菜が色々並んでいます。こういうお店が自宅の近所にあるといいなあ。
04P1080432

そのヤマキチさんから毎年おせちを取り寄せています。今年はアマビエがやってきました。
05P1010007

お品書きはこんにかんじ。たっぷりと色々なおせちが楽しめます。
06P1010008

さあ、お正月です。早速頂きましょう。
07P1010009


一の重はこんなかんじ。山形は山の幸、海の幸にも恵まれて美味しい料理が並んでいます。
08P1010010


二の重です。久し振りにやってきた息子達と楽しく頂きました。
09P1010011

材木座ビーチのバニーちゃん② 生シラスと鎌倉丼


R60★亀(亀次朗)であります。
材木座海岸の名物弁当屋バニーちゃんの記事をアップしたら「もっと他の弁当も記事にしろ」と突っ込まれてしまいました。
この記事は2020年11月18日のものです。
04img01
こんなおねいさんは居ません


そもそも材木座まで歩いて行ったのは病院帰りに生シラスを買いたかったからなんです。
11IMG_2749



材木座の町をゆるゆると歩きます。コロナ禍で通院さえままならなかったので凡そ半年ぶりです。昼下がりの材木座は歩く人も少なくゆったりとのんびりと過ごすのは気持ちの良いものです。一軒のそば屋、一軒の洋食屋の他には営業しているのか解らないような八百屋や酒屋さんなんかしか見当たりません。もんざ丸はこの街では数少ない有名店です。時折某国営放送や民放に思い出したように取り上げられてその後しばらくは観光客が押し寄せますが直ぐに忘れられてまた元の裏寂しい町に戻ります。
12IMG_2748



もんざ丸の売り上げ先は主に鎌倉市内中心部のレストランです。秋の紅葉時期には大勢の観光客向けの生シラスを降ろしているんです。しっかしこのコロナ禍で受注が大幅に減少してしまいました。行き先を失った生シラスが店頭に並んでいます。捕った当日しか食べられない生シラスはなんとかして売りさばくしか無いのでしょう。おかげさまで鶴亀家の夕ごはんに並べる事が出来ました。
13IMG_2747



せっかく材木座までやって来たんだからバニーちゃんでお弁当買って海岸でランチしましょう。相変わらず凄い人気です。ガテン系のお兄ちゃん達が大盛り弁当を抱えています。近所のおばあちゃんが昼夜兼用に一個だけ幕の内風のお弁当を注文していました。11月中旬の小春日和の暖かい日に誘われてサーファーさんもやってきます。
14バニー



この日の海岸ランチは鎌倉丼にしてみました。豚の生姜焼きに海老フライ、目玉焼きと盛りだくさんです。何でこれが「鎌倉丼」と言うのかは不明ですが、ずっしりと大盛りご飯で食べ応え充分です。
15鎌倉丼

15IMG_2752



こっちはうちのおかみさんにお土産にしたロコモコ丼です。
16ロコモコ丼

16IMG_2762



バニーちゃんのお店の裏側は即材木座海岸です。バニー弁当の一番正しい食い方は波静かな材木座の海を眺めながらゆっくり一杯やりながらほおばるのがオススメです。

17IMG_2764

つる姫場発掘調査隊/捨てるくらいなら山に持って行こう


つる姫城発掘調査隊であります。
義母つる姫さまの居住区は宝の山であります。
この記事は2020年12月10日のものです。
00タイル断捨離b



亀次朗在職中から続いていた介助生活。リタイヤしてからは女房実家に移り住んで家事労働の日々が続いていたんです。そのうちに退職金を使い果たして介護費用の工面に自宅も売り払ってしまったんで、もうこのまま居候生活を続けるしか住む場所がなくなってしまったんです。つる姫さまがお亡くなりになって一年半建ちました。ぼちぼちと断捨離を始めています。
01PC120090



関東大震災の折、当時材木座の農家だった旧家でしたがあまりもの大災害に山を越して現在の場所に移ったんだそうです。古い家屋に長年の蓄積ででっかい鍋釜がゴロゴロしています。昔だったらこれくらいの大鍋は当たり前だったんでしょうけど今となっては単なる場所塞ぎでしかありません。えにしの大将に店で使えそうなものがあるか確認してもらったけど「こんなにでっかい鍋釜は使わないし置く場所もない」というので燃えないゴミに出すしかありません。何故かザルが五つも出てきました。一個あれば充分です。
02PC120091



そんな中にでっかくて分厚いアルミ圧力鍋がありました。これ何かに使えないかなあ。ザルと網も貰っておきましょう。
03PC120202



40年以上亀次朗の工作に使われてきた電動工具セット。とうとう今年モーターが焼き切れて壊れてしまいました。新たに充電式のドライバーや字遺伝式丸鋸を買ったけど昔の工具箱に付随している作業台にはマッチングしません。んじゃあこれも燃えないゴミにだすしかないなあ。
04PC120200



んでも最近では物を捨てるのにだってお金が掛かる時代です。何か活用方法はないのでしょうか?
05IMG_2837



んじゃ山に持って行ってファイヤー台にしてみました。最近のキャンプ場は何処に行ってもほぼ100%直火は禁止されています。だからといって最近の「あうとどあぐっず」とかいう奴はめっちゃ高額です。ちゃっちいファイヤー台でも一万円くらいするんです。

昔の電動工具作業台にアルミ圧力鍋の組み合わせは地味ですが充分に利用価値の高い戦力になりそうです。

今回は茨城の干し芋、南三陸の鮭ハラス、北海道の秋刀魚一夜干しを炙ってみました。旨かった。
06IMG_2834

材木座ビーチのバニーちゃん


R60★亀(亀次朗)であります。
材木座へ行ったらバニーちゃんの事を思い出してください。
この記事は2020年11月10日のものです。
タイルレストラン



鎌倉材木座海岸の一番逗子寄りにある和賀江島。鎌倉時代の初期には人工の船着き場だったんですがその後海底隆起が起こって港としては使い物にならなくなってしまったんだそうです。
現在は内側がウィンドウサーフィン、外側が船底の浅い沿岸漁船の船だまりになっています。
01IMG_2613



もう何回か材木座の食堂を記事にしています。
日本蕎麦の土手、町の洋食屋ルアーズ、手作りドーナツのHOA Cafe(閉店)
いずれも観光鎌倉とは全く無関係な地元密着のお店です。

この近くまで足を伸ばして海岸でお弁当を食べてみようと思い立ったら手作り弁当のバニーさんを思い出してください。
02バニー店舗



ここは絶対のオススメです。
03バニー



お店に入るとこんなかんじの店員さんがにっこり笑って注文を受けてくださいます(うそ)
04img01



何と言ってもこのラインナップの凄さです。何回通ってもたった一個の弁当を決めるのに迷ってしまうんです。
05IMG_2607



おまけに食材は厳選された良品ばかりです。亀次朗が出来上がりを待っている間に食肉店のデリバリーがやってきました。あの馬鹿河馬肉店の軽トラでした。ご存じの通り馬鹿河馬肉店は鎌倉市内の料亭や高級レストランなどに食肉を卸しています。ここの和牛メンチカツは極上の旨さなんです。
06IMG_2608



という訳で今回のランチは「トリオデラックス」830円にしてみました。普段なら600円前後の安い弁当なんですが一寸気張ってみました。
07IMG_2617



秋なのにとても暖かい昼下がり。ほぼ貸し切り状態の材木座海岸。ご機嫌な青空ランチです。
08IMG_2618



遠くに富士山を眺めながら秋の材木座海岸を楽しみました。
09IMG_2621

ホタテマンって言ったら


R60★亀(亀次朗)であります。
ホタテマンって聞いて安岡力也さんを思い出した貴方。たっぷり昭和の世代ですね。
この記事は2020年10月26日のものです。
タイル爺々酒浸し



イタリア人の父と日本人の母の間に生まれた安岡力也は身長180cmとこの風貌で東宝のヤクザ映画で主役級のキャラクターでありました。
01ホタテマン3



そんなコワモテのヤクザ俳優が何でかバラエティー番組で大ブレイクしたのかきっかけは存じませんが、「俺たちひょうきん族」でホタテの着ぐるみを着てお茶の間の人気者になるんだなんって昭和のテレビ界とは実に面白い世界でありました。
02ホタテマン2


唐突に安岡力也さんを思い出してしまったのは帯広の六花亭のホームページで「ほたてまん」なる商品を見つけてしまったからなんです。昔っから帯広で創作和菓子を作り続けている六花亭がなにゆえに惣菜系の蒸しまんじゅうを作ったのでしょう?一度気になったら収まりません。とうとうお取り寄せしてしまいました。
03IMG_2643




もっちりとした生地を開くと濃厚な帆立の香りが立ちこめます。(多分)乾燥帆立を醤油味に煮込んで餡を作ったのでしょう。おやつというよりは酒の肴に類別される逸品でありました。ごっそさんです。
04六花亭ほたてまん

せっかくマウロアサーフに行ったなら


R60★亀(亀次朗)であります。
ヘナのマスクを買いに元町に行っていました。
この記事は2020年10月29日のものです。
タイルえにし

横浜元町にある老舗ハワイアンショップ「マウロアサーフ」さん。急性ハワイ欠乏症にかかったらお伺いしてハワイの香りを胸いっぱい吸い込んでひとときのハワイ滞在を楽しんでください。
01P4290409

モーハブロガーさんにとっては「Island Breeze を感じて・・・」のmauloaさんとしてご存じでしょう。しゅんさんが新しく立ち上げた「ヘナのマスク」が入荷したというので早速行ってきました。
02IMG_2694

鶴亀老夫婦はチャイナコロナの流行が始まってから半年以上住んでいる市から出ていませんでした。無論JRに乗るのも八ヶ月ぶりです。せっかく横浜元町のマウロアサーフさんまでやって来たんです。旨いものを喰って帰りましょう。マウロアサーフさんのお隣に小綺麗なお寿司屋さんが出来たのは二年程前の事でした。以来気になって気になって仕方がありませんでした。
03元町パセオ二階

元町パセオと言ったらちょっとハイカラだけど隠れ家的な要素もある個性的な店舗が何軒もテナントに入っています。エレベーターもエスカレーターも無い雑居ビルの二階という不利なロケーションではありますが多くの固定客を抱える評判店になりました。
04IMG_2695b

店内に入ると大きなL字のカウンター。八席がゆったりと配置されています。他には半個室になる四人掛けのテーブル席が二卓。
05IMG_2671

まずは生ビールで乾杯。久し振りの外食です。ゆっくりと楽しみましょう。この日は特別にハワイの姫君にお越し頂きました。
06IMG_2672

ランチには寿司懐石(4800円と6000円)寿司(4800円と6000円)の計四種類のコースが用意されています。今回は寿司懐石4800円を頂きました。
07IMG_2673

去年の六月にお会いして以来およそ一年半振りの再会です。コロナで大変なハワイの現状、帰国までの長い道のり、話は尽きません。おしゃべりの頃合いを見計らって次の膳がやってきます。初めてやって来たというのにとても落ち着いた居心地の良いお店です。
08IMG_2675

08IMG_2676

最初はビール。こだわりの日本酒を楽しんだ後はやはり芋焼酎を頂きましょう。
09IMG_2678

コースの後半は握り寿司です。一貫づつ丁寧に握られて食べるペースに合わせて提供されます。どれも旨い。コースの他に追加で何品か握ってもらって久し振りに腹一杯寿司喰ってみました。極楽極楽。
10IMG_2679

〆にお手製抹茶アイスを頂いてシアワセな午後となりました。マウロアサーフさんのすぐお隣さんです。元町にお出かけの節は是非行ってみてください。要予約。ここのお手洗いは必見です。
11IMG_2685