モーハワイ☆コム

カテゴリー:201804突然ソウル

2018年04月ソウル食い倒れの旅

201804突然ソウル-31/帰国日の朝ごはんは広蔵市場


R60★亀(亀次朗)であります。
ソウル喰い倒れの旅。あっという間の帰国日です。
この記事は2018年(平成30年)04月13日のものです。
14タイル201804ソウル食い倒れ


旅立ちの朝ごはんです。心に残るメシを喰いたいものです。今回の旅のメインターゲットである東大門広蔵市場で最後の決めメシにしましょう。今回のお宿東大門米豚旅館から広蔵市場まで充分に徒歩圏です。
01P4120557


(日本時間)朝7時の広蔵市場は昨日の昼間の喧騒が信じられないくらいにひっそりとしています。ありゃりゃ朝飯朝飯にありつけるのでしょうか。ちょっと心配になってきました。
02P4130677


昨日来た時に一番賑やかだった中央の十字路までやってきました。おおっここでは既にあちこちの屋台から旨そうな湯気が立ち上がっています。わしら観光客ではなくここで働いている皆さんの一日のエネルギー供給に欠かせない屋台食堂であります。
03P4130685


ここで朝飯喰えば後はチェックアウトして仁川空港にむかうだけです。名残惜しいけど朝飯喰いましょう。
04P4130681


やっぱり韓国海苔巻きは欠かせません。
05P4130678


日本で喰うのと全然食感の違うチャプチェ。このもちもち感が堪りません。
06P4130679


おでんを一皿注文したのに丼二つたっぷりのスープ付きでやってきました。あれ、アジュマ聞き間違えたのか!それともしらばっくれて二人前だしたのか!って思ってお尋ねしてみたら「お二人さんだから半分こ。スープたっぷりはあたしの気持ち」だそうです。大変失礼いたしました。
07P4130680


お腹一杯になって米豚旅館に戻ります。米豚旅館から広蔵市場まで往復で1200歩。長期滞在したくなりました。
08P4130676

201804突然ソウル-30/東大門で夕ごはん


R60★亀(亀次朗)であります。
ソウル喰い倒れの旅もいよいよ終盤戦です。東大門街歩きで大量の戦利品を仕込んだ鶴弥さま。一旦宿に戻りましょう。といっても米豚旅館は東大門の目抜き通りから歩いて5分の距離です。荷物を置いて夕ごはんに出かけましょう。
この記事は2018年(平成30年)04月12日のものです。
20タイル201804ソウル食い倒れ


丸一日歩き回っていたのでかなりバテました。ささっとシャワーを浴びて米豚旅館の裏手の食堂でサクッと食べましょうか。もう顔なじみになった女将さんがささっとサービスおかずをテーブルに広げます。このお店はこの界隈のおっちゃん達の晩酌食堂です。サービスおかずを肴にメクチュ飲めばしっかり地元気分になれます。
P4120671

01P4120673



「肉が食いた~い」って言ってみたらこんなん出てきました。付け合わせの野菜に辛い味噌をつけてお肉を包み込んで頂きましょう。そろそろソジュ貰いましょうか。
02P4120674


明日は日本に帰ります。お名残り惜しくビビンパフ喰って明日に備えましょう。
03P4120672

201804突然ソウル-29/ソウル発・魅せる収納


R60☆鶴(鶴弥)です。
持ち帰ってとっても重宝しているお土産です。
この記事は2018年(平成30年)04月12日のものです。
14タイル201804ソウル食い倒れ


その商品を初めて見掛けたのは食肉市場の地元カフェでお茶していた時だったんです。
http://www.mo-hawaii.com/kogemeshi/26708.html
こじゃれたカフェにはちょっとアクセントの強い原色カラーなのに妙にお店の雰囲気にマッチしていて、すっごく気に入ってしまいました。
11P4110508


まやんちゃんが
「これって何処で買ったの?」
って流暢な韓国語でお店の人に聞いてくれたんです。そしたら大笑い。
「ダイソーだよ」
って言うんです。
12P4140736


でも私たちが東大門のダイソーで探したけどありませんでした。残念。と諦めかけていたらまやんちゃんが他の店舗で探して来てくれました。黄色が燃えるゴミ、青が金属(アルミ缶)、赤がプラとこのまま自宅で使える実用的なお土産になりました。
13P4140735


実際に使ってみて、とっても重宝しています。マチが広くってマジックテープで繋げられるからしっかりと自立していて捨てやすい。これで5000W(=500円)ってとってもお買い得なお土産になりました。
14P4140738

201804突然ソウル-28/東大門うろうろ・バラ撒き土産はどこで買う?


R60★亀(亀次朗)であります。
ソウル喰い倒れの旅。まだまだ続きます。東大門街歩きを再開しましょう。
この記事は2018年(平成30年)04月12日のものです。
14タイル201804ソウル食い倒れ


おお!ダイソー!
滞在三日目にしていささかハングル酔いになりかけた老夫婦にとって「Daiso」の文字は何だかとっても懐かしく感じました。ここなら衝動買いの女王つる姫さまを放し飼いにしても安心です。
01P4120655


店内に入るや否や買い物カゴを抱えてうろつく姫さまを放し飼いにして適当に写真を撮ってみました。ここなら面白そうなバラ撒き土産が見つかるかもしれません。
02P4120663


何が何だか分からないけど、きっとお肌用品なんだと思います。キウイとかなら何となく理解できるけど、お猿さんや猫ちゃんって何で?
03P4120657


極めつけは牡蠣。こんなもんお肌に付けてただれたりしないんでしょうか?
04P4120660


眼鏡のレンズ拭きが100円。これならお土産になりそうです。
05P4140743


日本の百均にもあるけど柄付き三角クリップ。文房具マニアに喜ばれそう。
06P4140741

201804突然ソウル-27/東大門うろうろ・鶴弥お買い物に狂う


R60★亀(亀次朗)であります。
ソウル喰い倒れの旅。まだまだ続きます。東大門街歩きの途中で随分と賑やかな場所に入り込んでしまいました。
この記事は2018年(平成30年)04月12日のものです。
20タイル201804ソウル食い倒れ

亀次朗には全く縁もゆかりも興味もありませんので、適当に画像を添付するだけです。一体全体何が何やら分かりませんのです。
01P4120649

エンピツや絵の具が並んでいます。ここは画材店なんでしょうか。
02P4120646

そういえばこんな感じの自販機アイスクリームがあったよな。
03P4120645

ほらやっぱりペンキ屋さんなんだ~
00P4120644

こっちは絵の具かな。子供向けの歯磨きかなあ。
04P4120648

B.BとかC.Cとか壁塗りつぶしの工事用パテでしょうか。
05P4140746

どうやらこれは壁紙補修用の貼り薬のようです。
06P4140748


何だか知らないけど、大量にお買い上げになったらしいです。お土産(?)に小袋入りのサービス品をたくさん頂いてご満悦なつる姫さま。この分じゃ相当お金使ったな。
07P4140749

201804突然ソウル-26/東大門うろうろ・焼き魚小路を歩く


R60★亀(亀次朗)であります。
ソウル喰い倒れの旅。まだまだ続きます。東大門街歩きを再開しましょう。
この記事は2018年(平成30年)04月12日のものです。
20タイル201804ソウル食い倒れ


東大門山用品通りを突っ切って更に東に進みます。何処でどう間違ったのか路地裏坂道に迷い込んでしまったようです。んでもこの雰囲気好きだなあ。
01P4120639


お昼休みの時間は終わったころなのに大勢の勤め人がヒルメシ求めてうろうろしています。昼休みは交代制なんでしょうか。昼にもお買い物出来るお店だったら店員さんはこの位の時間にならなとお昼ごはんが食べられないのかも。
02P4120641


この辺り一帯は殆ど焼き魚屋さんばかり。ずっと先まで魚を焼く煙で霧霞のように煙っています。
03P4120637


おお!旨そうです。んでも、ついさっき生レバとユッケで腹一杯になってしまった老人には、二回目のお昼ごはんが入る余裕なんってありません。昔だったらなあ。絶対喰えただろうになあ。残念。
04P4120638


次回のソウル行きでは絶対にリベンジしましょう。
05P4120643

201804突然ソウル-25/東大門うろうろ・絶滅危惧種ウェストバック老女


R60★亀(亀次朗)であります。
ソウル喰い倒れの旅。まだまだ続きます。東大門街歩きを再開しましょう。
この記事は2018年(平成30年)04月12日のものです。
20タイル201804ソウル食い倒れ


広蔵市場で生レバとの久しぶりの再会を果たして大満足の鶴亀老夫婦、東大門市場歩きを続けます。広蔵市場から東側に一本道路を渡った処に昔昔山やキャンプの用品を扱っているお店が集まっていたような記憶があったので行ってみましょう。
01東大門登山用品通り地図


しっかし行ってみるとその一帯はハイカラな「アウトドアショップ」ばかりであって昔の山屋さんのイメージからは遠く離れた別世界になってしまっていました。今じゃ野営じゃなくって時代はグランピングなんだね。それでも何か戦利品が無いかとウロウロしている内に鶴弥が店頭に並ぶウェストバックに注目していました。
02P4120635


今どき町中を歩いていてもウェストバックをしている人って殆ど見かけません。最近ではスマフォの中に交通系電子カードやデジカメ、メモ帳までもぶち込んで尻ポケットに差し込んでいる時代です。三年前のレシートや既に期限切れの各種のポイントカード、大量の小銭でだるまさんの下半身の様に膨れ上がったお財布など持ち歩いているのは鶴弥くらいのものでしょう。そんな鶴弥にとっての自分土産となりました。日本円で約1000円の戦利品であります。
03P4150346

201804突然ソウル-24/広蔵市場で超新鮮 生〇〇を喰う


R60★亀(亀次朗)であります。
ソウル喰い倒れの旅。まだまだ続きます。広蔵市場にやってきました。
この記事は2018年(平成30年)04月12日のものです。
20タイル201804ソウル食い倒れ

タイルレストラン

到着したのはこのお店。広蔵市場の一番賑やかな四つ角から僅か5分程の距離なんですが全く知りませんでした。
11P4120629

意外と(失礼!)綺麗で整頓された店内。お昼前とあってお客さんの数は少なかったんです。処がわしらが喰っている間にどんどんと地元のおっちゃん達が入って来て気が付けばほぼ満席の大盛況になっていました。繁盛店なのね。さて、何が旨いんでしょう?
12P4120619

おおっ、生レバに生センマイがでっかいバットにみっしりと載せられています。懐かしいなあ。日本ではとっくに食べられなくなってしまった生レバです。
13P4120594

急に昔の記事<平成23年06月30日の『さよなら』>を思い出してしまいました。気が向いたら小田さんの気分で口ずさんでください。
http://www.mo-hawaii.com/kogemeshi/2245.html 
そっかぁあれは平成23年の事だったんだなあ。七年ぶりの邂逅であります。
13生レバ

にしてもこのお店のお肉さまはとっても新鮮です。これだけ新鮮なユッケ観た事ありません。
14P4120620

レバだって、ほらこの通り。つやつやしています。ええ店教えて頂きました。ありがと。
15P4120618

贅沢っちゅうもんな生きているうちにやっておくもんですなあ。
16P4120622

お酒もちょっぴり頂いて幸せなお昼ごはんになりました。
17P4120617c

201804突然ソウル-24/広蔵市場最深部へ


R60★亀(亀次朗)であります。
ソウル喰い倒れの旅。まだまだ続きます。広蔵市場にやってきました。
この記事は2018年(平成30年)04月12日のものです。
20タイル201804ソウル食い倒れ


広蔵市場のセンター部分から西寄り、つまりは光林商店側に少し行くと魚屋さんが密集している一体がありました。日本の魚屋さんと同じに自慢の魚を並べています。烏賊や鱈の干物もぶら下げてあって文字通り活気あふれる市場通りです。
01P4120588


とここで急に右に曲がってしまいました。この先に一体何があるというのでしょうか。
02P4120589


市場の表側は魚屋さんや八百屋さんばかりだったのにちょっと曲がっただけで一遍に食肉市場のような雰囲気に変わってしまいました。何と奥深い市場なんでしょう。
03P4120591


ずんずんと進んでいくと急に人通りが少なくなってしまいました。このまま直進していくと広蔵市場から離れて鍾路五街と並行しているバス通りに出てしまいます。一体何処に行くのでしょう。
04P4120592


観光客どころか地元の人も見かけなくなってきました。いよはや、ほんまに人通りがありません。
05P4120590


どうやら目的地に到着したみたいです。ここは何処?
06P4120593

201804突然ソウル-23/広蔵市場でお手洗いを探す


R60★亀(亀次朗)であります。
ソウル喰い倒れの旅。まだまだ続きます。広い広い広蔵市場。歩き疲れたら何処かで一休みしましょう。
この記事は2018年(平成30年)04月12日のものです。
20タイル201804ソウル食い倒れ


広蔵市場に到着して直ぐに飲んだ出来立てフルーツジュース。広蔵市場の名物です。屋台のお店もあるけど喫茶店の入り口で店頭販売しているスタイルもあります。
01P4120601


朝から中部市場、芳山市場、広蔵市場と練り歩いて少々疲れました。ここらで一休みしましょう。さっき当たりをつけて置いた喫茶店です。
02P4120615


案の定、入り口のジューススタンドの奥には広い喫茶スペースがありました。入り口でジュースを作って貰ってもいいし珈琲を注文してゆっくりするのも一手です。
03P4120611


探せばきっと市場の公衆トイレもあるんだろうけど状況は未知数です。ここで休憩すればお店のお手洗いを使わせて頂けるのもありがたいものです。
04P4120614