モーハワイ☆コム

カテゴリー:-2014草刈マス夫の休日

20140108天童温泉檜風呂の宿つるや・メモリアル-2大浴場


昨日の記事でKOTOさんからご指摘を受けました。

「檜風呂の宿つるや」は現在「ほほえみの空湯舟つるや」空湯舟はク・ウ・ユ・フ と読みます。

ほんまに失礼しました。ごめんなさい。
女将のKOTOさんはアラモアナ北のKaiさんの創生期に「ハワイにお店を出す話」で大いに盛り上がったモーハワイの古参メンバーです。
21P1090615

「檜風呂の宿つるや」の大浴場。
広々とした湯舟にこんこんと注がれるかけ流しの湯。
寒い中を歩いてきた老夫婦には一番のご馳走です。


源泉を持っているのは大きな強み。
さらさらとした新鮮なお湯が楽しめます。
02P1090505

コゲメシは高血圧。うちのおかみさんは関節痛。
二日間ですが、ゆっくりと温めましょう。
03P1090506

畳敷きの脱衣場。
さらっとして気持ち良いです。
04P1090504

L字型の内湯。
透き通ったやわらかいお湯が満たされています。
05P1090480

洗い場には、各々に敷居があります。
こんな気配りが嬉しいですね。
06P1090500

さあ、露天風呂。
花笠屋根があるので、大雪の日でも楽しめます。
07P1090485

露天風呂から内湯を眺めます。
どちらもいい湯。
08P1090492

内湯側から露天風呂を眺めます。
こんな風に行ったり来たり。
連泊中のお客さんが少ない時間にたっぷり楽しみました。
09P1090498

とうとうと流れくる新鮮なお湯。やや熱い。
10P1090604

思わず、くた~っとしてみました。
11P1090600

露天風呂から眺める「つるや」のマーク。
11P1100708

ここから数枚、女子大浴場。
うちのおかみさんのカメラです。
更衣室のべビィー台。
ちいさな子ども連れでも安心ですね。
12女湯 (1)

男子更衣室には無い設備ですなあ
13女湯 (2)

女子露天風呂です。
湯口に蛙さん。
男子風呂にはいなかったね。
14女湯雪 (2)

微笑みよ 永遠に


まだ、モーハワイ・ブログが始まっていなかった頃のお話です。

ACL(前十字靱帯破断)で入院した2004年の春。
退院後、整形外科病院での生活復帰リハビリテーションを卒業した後、新横浜のスポーツ医科学センターに暫く通いました。
トレーニング帰りに新横浜駅前の書店で手に取った「行くべしオアフ島見るべしオアフ島」から始まったモーハワイとのお付き合いも早くも10年となりました。
PB080059

その頃
ウェブサイトで繰り広げていた「ハワイでお店を出す話」。
舞台はアラモアナセンターの北、ウォールマートが出来る以前のKaiさんのハワイでの起業のお話でした。
私ら家族はそれ以前からアラモアナ北ホテルを定宿としていましたから、
アラモアナ地区に新しいお店が出来る嬉しさもあって、一遍にKaiさん海晴亭さんのファンになりました。
Kai全員集合

その年(2004年)のホノルルマラソン。
春に手術した右ひざもようやく動くようになって久し振りのホノルルマラソン復帰戦。
スタート直前にKaiさんで美味しい「完走祈願うどん」をご馳走になりました。
関西風のお出しにお餅や半熟玉子も入って栄養満点のうどん。
お陰様で子供達も完走する事ができました。
あの時小学校六年生だった三男パエリアも社会人です。
時の経つのは早いものです。
2006Kaiにて

ホノルルマラソンスタート直前取材にKaiさんに来ておられたのが、たーとる美さんでした。
明るい太陽のように眩しい黄色のT-シャツ。
それ以上に明るい笑顔でマラソンに送り出してくださいました。
2004kaiにて

その後、何回か偶然Kaiさんでお会いする事がありました。
いつだか、マク夫さん、まくコ☆さん主催のホノルルマラソン。オフ会でもお会いしましたね。
つる姫さまと一緒に行ったバニヤンBBQにもお出でくださいました。

2007Kaiにて

駆け抜けるように星になってしまった、とるみさん。
貴女の笑顔が忘れられません。
やすらかにお休みください。

2004kaiにて - コピー