モーハワイ☆コム

カテゴリー:-2014草刈マス夫の休日

20140108天童温泉檜風呂の宿つるや・メモリアル-2大浴場


昨日の記事でKOTOさんからご指摘を受けました。

「檜風呂の宿つるや」は現在「ほほえみの空湯舟つるや」空湯舟はク・ウ・ユ・フ と読みます。

ほんまに失礼しました。ごめんなさい。
女将のKOTOさんはアラモアナ北のKaiさんの創生期に「ハワイにお店を出す話」で大いに盛り上がったモーハワイの古参メンバーです。
21P1090615

「檜風呂の宿つるや」の大浴場。
広々とした湯舟にこんこんと注がれるかけ流しの湯。
寒い中を歩いてきた老夫婦には一番のご馳走です。


源泉を持っているのは大きな強み。
さらさらとした新鮮なお湯が楽しめます。
02P1090505

コゲメシは高血圧。うちのおかみさんは関節痛。
二日間ですが、ゆっくりと温めましょう。
03P1090506

畳敷きの脱衣場。
さらっとして気持ち良いです。
04P1090504

L字型の内湯。
透き通ったやわらかいお湯が満たされています。
05P1090480

洗い場には、各々に敷居があります。
こんな気配りが嬉しいですね。
06P1090500

さあ、露天風呂。
花笠屋根があるので、大雪の日でも楽しめます。
07P1090485

露天風呂から内湯を眺めます。
どちらもいい湯。
08P1090492

内湯側から露天風呂を眺めます。
こんな風に行ったり来たり。
連泊中のお客さんが少ない時間にたっぷり楽しみました。
09P1090498

とうとうと流れくる新鮮なお湯。やや熱い。
10P1090604

思わず、くた~っとしてみました。
11P1090600

露天風呂から眺める「つるや」のマーク。
11P1100708

ここから数枚、女子大浴場。
うちのおかみさんのカメラです。
更衣室のべビィー台。
ちいさな子ども連れでも安心ですね。
12女湯 (1)

男子更衣室には無い設備ですなあ
13女湯 (2)

女子露天風呂です。
湯口に蛙さん。
男子風呂にはいなかったね。
14女湯雪 (2)

雪国ヤマキチのお昼ごはんは旨かった


コゲメシ家のお正月を飾ったヤマキチのおせち。美味しいし量も多くって大満足でした。お値段も充分納得できてリピート決定!このお店には去年の今頃お伺いしてお昼ごはんを頂いたのがきっかけでした。
その記事はうちのおかみさんが担当していたからてっきりとっくにアップしているものと思い込んでいました。
そしたら「その造り味噌蔵は一体何処だ?」とのお問い合わせを頂いて慌てました。うちのおかみさんがまだアップしないまま放置していたようです。

幸い画像と原稿があったので頂いちゃいましょう。
03PC310002 05P1010013 06P1010014

羽前山辺は山形から左沢線に乗り換えて約15分程で到着します。ご多分にもれず現在の地方ローカル線のダイヤはスカスカ状態。しっかりと時刻表を確認してお出かけください。尚、今回私達は山形駅からバスで山辺温泉に行き再度バスに乗ってやってきました。このバスもまた三時間に一本というスカスカなスケジュールでありました。
02P1080443

昔は紡績業で大いに栄えた街なのだそうです。時代は流れ、今は山形市の近郊ベッドタウンと農業が主要産業の静かな街でした。この街で古くっから味噌を造り続けているお店があります。現在は味噌のみならず色々なお惣菜を販売しておられます。
06P1080435

手作りコロッケが美味しそう。帰りに買ってかえろうかな。
07P1080436

お店を覗いてみましょう。美味しそうなお惣菜がいっぱいです。
11P1080433 08P1080430 09P1080432

同じ建物の右側にお食事処があるそうです。一旦外に出て玄関がら入りましょう。
12P1080437 01P1080378

落ち着いた蔵作り風のカウンター席。奥には、本物の蔵の中食べられるようになっていました。
15P1080397

ランチのメニュー。どれも美味しそう。
16P1080382 17P1080401 18P1080402 19P1080404

「季節のランチ ヤマキチ膳」などいかがでしょう
28P1080383
29P1080420 30P1080421

「ヤマキチ特製味噌味 カリッみそ丼」880円も侮れません
カリっと焼いた豚肉に味噌が塗ってあります。ちなみに、お汁は具たっぷりの納豆汁。
一見、軽いメニューかと思いましたが結構なボリューム。味噌味のお肉も下のごはんもたっぷりです。
31P1080385 32P1080414 33P1080415

珈琲は軽いお菓子付き。ゆったりとした食後の時間を楽しみました。
35P1080427

この地方のお供え餅は平べったいのでしょうか?
ママにお聞きしたら、笑って
「違うのよ、我が家の人数分作ったらああなっちゃったの。後で焼くのにもいいでしょ」
との事でした。納得
23P1080392

お店のあちこちに可愛らしい小物達がいっぱい。
うちのおかみさんはうろうろと眺めまくっていました。
22P1080380 24P1080379 25P1080394 26P1080395

あ~美味しかった~。
それに、お店の雰囲気がとっても良かった。
遠いけどまたお邪魔させていただきますね。
39P1080396

微笑みよ 永遠に


まだ、モーハワイ・ブログが始まっていなかった頃のお話です。

ACL(前十字靱帯破断)で入院した2004年の春。
退院後、整形外科病院での生活復帰リハビリテーションを卒業した後、新横浜のスポーツ医科学センターに暫く通いました。
トレーニング帰りに新横浜駅前の書店で手に取った「行くべしオアフ島見るべしオアフ島」から始まったモーハワイとのお付き合いも早くも10年となりました。
PB080059

その頃
ウェブサイトで繰り広げていた「ハワイでお店を出す話」。
舞台はアラモアナセンターの北、ウォールマートが出来る以前のKaiさんのハワイでの起業のお話でした。
私ら家族はそれ以前からアラモアナ北ホテルを定宿としていましたから、
アラモアナ地区に新しいお店が出来る嬉しさもあって、一遍にKaiさん海晴亭さんのファンになりました。
Kai全員集合

その年(2004年)のホノルルマラソン。
春に手術した右ひざもようやく動くようになって久し振りのホノルルマラソン復帰戦。
スタート直前にKaiさんで美味しい「完走祈願うどん」をご馳走になりました。
関西風のお出しにお餅や半熟玉子も入って栄養満点のうどん。
お陰様で子供達も完走する事ができました。
あの時小学校六年生だった三男パエリアも社会人です。
時の経つのは早いものです。
2006Kaiにて

ホノルルマラソンスタート直前取材にKaiさんに来ておられたのが、たーとる美さんでした。
明るい太陽のように眩しい黄色のT-シャツ。
それ以上に明るい笑顔でマラソンに送り出してくださいました。
2004kaiにて

その後、何回か偶然Kaiさんでお会いする事がありました。
いつだか、マク夫さん、まくコ☆さん主催のホノルルマラソン。オフ会でもお会いしましたね。
つる姫さまと一緒に行ったバニヤンBBQにもお出でくださいました。

2007Kaiにて

駆け抜けるように星になってしまった、とるみさん。
貴女の笑顔が忘れられません。
やすらかにお休みください。

2004kaiにて - コピー

20141028有楽町で呑みましょう~


あなたを待てば雨が降る。。
連休初日の関東地方は雨模様となっています。
あなたと私の合言葉「有楽町で呑みましょう~」

うちのおかみさんが
「あの有名なパン屋さんに行って見たい」
というので電車に乗って花のお江戸に出かけてきました。
東京に出かけるなんって本当に久し振りです。
まず茨城県のアンテナショップ「茨城マルシェ」に顔を出します。
勤め人時代、茨城のお得意さんにはとっても良くしていただいていました。
芋と栗のイベントをやっていました。
01PA280031


うちのおかみさんの行きたかったお店は、茨城マルシェのお隣りにあります。
庶民には、ましてや年金生活の貧乏老人には想像のつかない価格設定が悲しいです。
02PA280034

大勢の皆さんが長い長い行列を作っています。
行列に並ぶのはうちのおかみさんに任せて、かねてから行ってみたかったもう一軒のアンテナショップに向かいます。
03PA280036

茨城マルシェから道路一本南にある高知県のアンテナショップ「まるごと高知」です。

04まるごと高知

入り口で、りょーまさんがお出迎えしてくださいます。
一階は高知県の名産品がいっぱい展示販売されています。色々楽しめそう。
05PA280003

息子達に買ってかえりましょう。
06PA280006

お目当ては「まるごと高知」の地下一階「とさ蔵」です。
最近の銀座アンテナショップのトレンドは「地酒」
農産物商品としては地元で裾野の広い産業に貢献し且つ県のイメージアップにもつながるからでしょうか。
銀座にある各県のアンテナショップが連携しての地酒祭りも年数回行われているそうです。
中でも、この「とさ蔵」は高知県の地酒に特化した品揃えが魅力です。
07とさ蔵

地下に降りてみました。
どう見ても酒屋さんでしょう。
奥の方に少しノベルティー商品が陳列されている以外はすべて酒と酒の肴。この力の入れようが嬉しいです。
08PA280022

ここでは、おためし酒が楽しめます。数種類の高知の地酒から三種類選んで楽しめます。
簡単な肴(この日はシラス干し)と口直しのお水が付いて515円とリーズナブル。
それぞれの酒蔵の味の違いを楽しみましょう。

09PA280015

こだわりの濁り酒は小さなカップになみなみと注がれて一杯100円。
この二種類、全然味が違います。

10PA280017

さあ、お楽しみの「銀座君嶋屋」です。
横浜にある君嶋屋酒販店の東京進出店舗。以前は丸の内にあったので通勤帰りにお世話になった皆さんもいらっしゃるでしょうね。

11銀座君嶋屋

ほらほら、こんな風に出迎えてくださいます。嬉しいではありませんか。

12PA280040

酒屋さんとは思えぬお洒落な店舗。女性一人でも安心して入店出来ます。
13PA280044

お店の奥にはワインセラー。
既に立呑みを始めているおばはんは無視してください。

14PA280043

簡単なオツマミも用意されています。この夜は鯖の燻製を頂きました。
15PA280046

いつの間にかビルの灯りが燈っています。
ようやく銀座の街にも夜の時間がやってきました。

16PA280050

今宵は銀座スウィングでゆったりと過ごしましょう。
17PA280056

来日中の細川綾子さん。
実力者揃いのスウェートファンタジアオーケストラとの演奏を時間を忘れて楽しみました。

18PA280057