モーハワイ☆コム

カテゴリー:Hase ロングステイ

右膝の半月板手術

マスク作ってみた-3


R60★亀(亀次朗)であります。
マスクを自作する話なんって三話も書くとは思いもしませんでした。
この記事は2020年02月19日のものです。
タイル プラン75

久し振りの大仏病院。去年夏に人工膝関節置換手術で一ヶ月近く入院していた高名な整形外科医の居る病院であります。文字通り高徳院(長谷の大仏さま)の真ん前にあるんです。
01P2190164

ですから病院の前の通りは観光バスやマイカーがひっきりなしにやって来て大勢の観光客がぞろぞろと歩いています。この神奈川県道路公社直営の観光バス専用駐車場はいっつも満車状態が続いているんです。
02P2190165

ところが今回のチャイナ・コロナ(これ以上縮めるとイケナイ言葉になりそう)で大陸の迷惑民族は激減。更には日本の小中高校生の鎌倉修学旅行グループ行動なんかも自粛気味のようで、ごらんの通り大型バス駐車場は清々しい位ガラガラでしす。
03P2190163

観光バスを降りた人々はこの横断歩道を渡って高徳院に向かいます。いっつもダラダラのそのそ大勢で歩くもんだから信号が赤になっても渡り終えずいっつも大渋滞。それが今日はこんなにスカスカでした。
04P2190166

高徳院の入り口です。こんなに空いたのは初めてみました。
05P2190168

皆さんご存じの通りどちらの病院でも院内感染防止のためにマスク着用をお願いしています。やむを得ずマスクなしで来院した患者さんやお見舞いにおいでになった方々の為に病院の玄関近くにマスクの自販機が設置されています。一箱に使い捨て紙マスクが二枚入っていて100円で購入出来ます。
06P2060161

先日材木座の内科病院(かつて長期滞在していた)に行ってみたら見事に欠品していました。内科病院だし高齢者の通院患者が多く、また入院している患者さんも高齢者が大多数だから必要数がまかないきれなくなってしまっています。診察が終わって処方箋を持って薬屋さんに寄ったら「先日大陸人がマスクを買いにやってきた」って言うんです。観光地鎌倉とはいえ場末も場末な材木座の小さな薬屋さんにまでマスクを買い占めにやってくるだなんって恐ろしい世の中になったもんです。
あれ?もしかして材木座病院のマスク自販機が品切れになっていたのって仁義なき常識なしの大陸人の仕業なんでしょうか!?

07P2190169

自作マスク三作目であります。

一作目はこんなかんじ。
http://www.mo-hawaii.com/kogemeshi/29262.html

二作目はこんなかんじ。
http://www.mo-hawaii.com/kogemeshi/29286.html

今までの二作では大きく不細工だったもんだからサイズを変えてみました。男物のハンカチをおおよそ(縦も横も)1/3に折りたたんで上下を白い紐で留めてみました。ようやく鶴弥から「うちの在庫も少なくなってきてるから(仕方ないけど)外で使っても宜しい」と渋々ながら了承して頂きました。
08P2190171

鶴亀家の激動の一年


R60★亀(亀次朗)であります。
大晦日です。
今年一年は私ら老夫婦にとって忘れられない年でありました。
この記事は2019年12月30日のものです。
タイル プラン75


コゲメシの孫、チャーハンの娘おむすび☆ちゃんが生まれたのはようやく暖かくなってきた4月初めの事でした。今年一番の明るい話題で家族全員大喜びしたのであります。
01おむすび20190408


コゲメシ徘徊録の無くてはならないメインキャラクターつる姫さまがその長寿を全うしたのは4月7日の事でした。僅か数日前にこの世に生を受けた孫娘に無事バトンを渡し終えたつる姫さまは静かに息を引き取られました。この年末年始はつる姫さまの思い出を家族で語らい合って過ごしましょう。年始のご挨拶は控えさせて頂きます。
02P4130371


亀次朗が長年苦しんできた膝の手術に踏み切ったのは8月の初めでありました。痛くって走れないけど人工関節にしちゃったら現在の人工関節の材質では走れなくなってしまいます。何年も悩み続けたけどとうとう年貢の納め時がやってきました。入院期間おおよそ一ヶ月、その後のリハビリが四ヶ月。まだまだ動きが鈍いけどようやく一つの結論を見いだした状況であります。
03IMG_1025


数年前から猫の額のような鶴亀家の狭い庭の木々の生育が活発であるような気がしています。以前だったら冬場には枯れてしまう鉢植えが未だに緑の葉っぱを蓄えています。雑草の刈り取りは今まで年二回ほどだったのに今年は四回も刈り取りました。明らかに温暖化は進行しています。秋に上陸した台風15号19号はどストライクに鶴亀家を直撃しました。屋根瓦はぶっ飛ぶし物置は倒壊。怪我しなかっただけでもラッキーだと思いましょう。
04IMG_1076


今年一年まったく私的な話題ばかりのコゲメシ徘徊録にお付き合いくださってありがとうございました。残りの人生はもうそんなに長くないような気がしています。どこまで馬鹿馬鹿しい話を続けられるのか書いている本人ですら全然見通しがないのですが、金も体力も無いけど好奇心だけは失わないでフラフラと徘徊を続ける所存であります。

リハビリ卒業祝いはプリン体アラモード


R60★亀(亀次朗)であります。
8月初旬に受けた膝人工関節置換手術から四ヶ月。とうとうリハビ卒業の日がやってきました。
この記事は2019年12月のものです。
タイル人工関節

10年以上前の事ですが、手術後のリハビリについて上限150日というハードルが設けられました。つまりは「150日以上頑張ってもこれ以上改善するハズないからこれでお終い」って言う事なんです。亀次朗の場合来年の一月上旬がリミットになるんですけど少し早めに卒業の日を迎えました。

リハビリの主たるメニューは
①柔軟性の回復(手術側膝125度以上)
②手術前の筋肉量の回復
③バランス感覚の習得
といった処でしょうか。処が11月に入った頃からリハビリメニューがいきなりハードなものになっていきました。全身の筋力アップやスポーツストレッチ、課外学習として山登り山下りまで付加されていったのであります。同じ時期に同じ人工関節置換手術した顔見知りの患者さんがゆっくりとマッサージ受けているお隣で汗びっしょりになって筋トレ続けておりました。素朴な疑問が沸いてきたので率直にお聞きしてみました。
せんせえ、何だかメニューがキツくなってきたんだけど?
う~ん実は亀次朗さんはとっくに目標レベルに達しちゃっているんですよ。ただし全身の筋力がバランスとれていないいんで弱いところの強化をしているんです。
ううむ。。。褒められたんだか駄目出しされているんだか分からなくなってきました。それでもそれから一ヶ月、ようやく先日無事卒業出来たのであります。

この画像のカードは常時携帯して何か事故に遭ったら提示するようにと持たされました。
きっと空港のセキュリティチェックでピーピー鳴るんだろうなあ。
01キズ者証明書

さて、来年一月なんですが、亀次朗の膝関節置換手術を執刀したひげせんせえの講演会が開かれます。今回のテーマは肩関節。肩の痛みをお抱えの皆さん、鎌倉観光の一コマに組み入れてみてはいかがでしょう。高徳院(長谷の大仏さま)直近というロケーションです。後半のリハビリ解説も亀次朗がお世話になったリハビリご担当者さまです。ストレッチから筋力トレーニングまで難しい内容を分かりやすく教えてくださいました。おかげで毎回のリハビリでは汗びっしょりでした。
02三松医師講演会

無事リハビリ卒業して意気揚々と打ち上げであります。
鎌倉駅前怪しい寿司居酒屋えにしです。
00タイル
大将から鮪赤身と烏賊の紅白寿司。

嬉しいお祝い寿司です。
03えにし紅白寿司

兄さん、これも食べてってね。(と言っても料金は掛かります)と大将が目の前に差し出したのが名物プリン体アラモード。
04えにしプリン体アラモード

あん肝の刺身をメインに白子カワハギの肝が脇を固めています。申し訳程度の三浦産生ワカメが免罪符のように添えられています。
00えにしプリン体アラモード

旨い。
お正月前に一区切り出来た満足感で昼酒が進みます。

(多分)あなたの知らない長谷浅間神社


R60★亀(亀次朗)であります。
8月初旬に受けた膝人工関節置換手術から四ヶ月。とうとうリハビ卒業検定の日がやってきました。
この記事は2019年12月のものです。
タイル鎌倉


リハビリのせんせえから山歩きの許可が下りたのは10月の末だったんです。それ以来自宅から山道を源氏山越えして病院に通うようにしました。生憎の台風被害で減じ山公園から大仏までのハイキングコースが通行止めになってしまっているので源氏山公園からは銭洗い弁財天、税務署前尾から右折して大仏病院を目指すコースを歩いています。このコースなら倒木や崖崩れは無いけど小中学生の校外学習で子供達がうろうろ。暇そうなガイジン観光客がのろのろ。まるで障害物レースのように歩きづらい道のりです。
01IMG_1391


源氏山公園から銭洗い弁財天を通過して税務署前を右折してトンネルをくぐれば長谷に曲がる交差点は直ぐです。交差点を大仏方面に曲がって直ぐの横道のドンつまりに何やら標識がありました。何だありゃ?浅間神社?浅間山公園?この地に流れ着いてきて40年近くなりますが初めて見聞きするお名前です。
02IMG_1389


還暦を過ぎてからも好奇心の衰えない老人は早速行ってみることにしました。んが。。。しかし。。。。急な山道がジグザグに長く続いています。ありゃ失敗したかな。んでも途中で諦めるのもツマラナイ。リハビリトレーニングと心に言い聞かせて急な山道を登ります。
03IMG_1393


やれやれ到着か。。。と思いきや、まだまだ登ります。てっぺんに鳥居が見えます。きっとあすこが頂上でしょう。
04IMG_1395


ふう。。。ようやくたどり着きました。小さな祠が一つ。良く晴れた冬空の元に佇んでいます。自宅から源氏山経由で大仏病院まで二時間と見積もっていましたがここまでで一時間半で到着しました。ここから大仏病院まではおおよそ10分の距離です。朽ち果てかけたベンチをお借りしておにぎりを食ってみました。大仏まで10分も掛からないこの神社ですが観光客はおろか地元の人たちが最近登ってきた形跡はありません。僅かな時間ですがゆったりとしたひとときを過ごさせて頂きました。
05IMG_1396


浅間神社というでっかい石碑が建っています。よくもまあこんなでっかい石碑をここまで担ぎ上げたもんです。
06IMG_1399


場所のおさらいです。鎌倉駅西口から銭洗い弁天経由で大分に至る裏コースは最近では小中学生の学外活動の子供達がショートカットに使い始めています。それでもこの浅間神社には入ってきません。静かな鎌倉を味わいたいなら一度行ってみてはいかがでしょう。
07浅間神社地図

ホノルルマラソン完走Tシャツに忍び寄る危機


R60★亀(亀次朗)であります。
言っときますがこのお話はハワイ話じゃありません。
亀次朗が老後を語る「プラン75」であります。
この記事は2019年12月05日のものです。
タイル プラン75


たかがTシャツ一枚とはいえ忘年会シーズンに二日間の有給休暇を無理矢理取って高い料金の航空券支払って満員御礼のオイルサーディンのようなぎちぎち飛行機で出かけるホノルルマラソン。時差ぼけと空腹と疲労が最後の上り坂で襲いかかってきます。走れなくなって長い年月が経っても決して捨てられないホノルルマラソンの完走Tシャツであります。
11PC150648


気がつけば20枚以上の完走Tシャツが引き出しに仕舞われています。その一枚一枚にほろ苦い思い出が刻み込まれています。
  今年四月にお亡くなりになったつる姫さまが存命中の事です。時々体調を壊して入院したりショートステイ(老人お泊まり保育)なんかの時に介助担当者から「お年寄りの肌着は前開きシャツを用意してくださいね~」と毎回言われていたのを思い出しました。
12image3


この先亀次朗が要介護になって家人によって老人収容施設に放り込まれたら、きっと施設内では24時間365日パジャマ生活になってしまうのでしょう。介護ヘルパーさんの手間を考えればアンダーシャツはすべて前開きボタン付きのらくだ色おじいちゃん肌シャツにさせられてしまうに違いありません。そんな時、大切な思い出のホノルルマラソン完走Tシャツは一体どうなってしまうんでしょう?押し入れ奥底にしまい込まれて亀次朗没後に水曜日の衣類ゴミの日に処分されてしまうんでしょうか。
忌々しいから今のおうちから普段使いしちゃおうかな。
13image1 (3)

長谷隠れ家ランチ


R60★亀(亀次朗)であります。
8月初旬に受けた膝人工関節置換手術から四ヶ月。そろそろリハビリも大詰め(のハズ)です。
この記事は2019年11月のものです。
タイルレストラン


10年以上前の前十字靱帯再建手術以来ずっとお世話になっている整形外科医が長年勤務していた隣町の総合病院から若手医師看護婦スタフッフごと大仏病院に移ったのはかれこれ三年も前の話になります。何があったのか?「大人の事情」という事でここでは触れないようにしましょう。ともあれ亀次朗にとっては膝人工関節置換手術をお願いするならこのせんせえしか考えられません。鎌倉市民にとってなるべく行きたくない街ベスト2に輝く長谷に通院を続けています。(ベスト1は小町通り)紅葉の時期、校外学習の小中学生や外国人観光客でごった返す長谷はとても歩きづらいのであります。
01P4020195


それでも長谷観音から高徳院(大仏)に向かう途中でするっと曲がるだけでこんな静かな町並みに出会えます。ヒントは材木座発祥のあのお店の長谷店の角です。
02IMG_1257


小中学生やガイジン達で混雑する通りから五分も歩けば目指すカフェが見えてきます。
03IMG_1261


こんな天気の良い日には赤い傘のテラス席でビールでも楽しみたい処であります。残念ですが亀次朗はこれからリハビリです。あのハードなリハビリ前にアルコールは飲めません。
04IMG_1262


お店の中はこんなかんじ。10人も入れば一杯になる小さなお店です。
05IMG_1268


リハビリ前の腹ごしらえ。厳選された食材を使ったチーズバーガーにジャガイモとピクルスが添えられています。残念ですが長谷価格。お値段さえ普通なら大満足なんですが。。。
06IMG_1264


ともあれ小春日和の暖かい日差しを楽しみながら午後のひとときを楽しみましょう。どの辺りか分かりましたか?
07IMG_1265

源氏山の紅葉と生あん肝刺身。


R60★亀(亀次朗)であります。
人工関節置換手術のリハビリもいよいよ最終段階に入りました。
この記事は2019年11月26日のものです。
タイル鎌倉

人工関節置換手術自体は今年の夏8月上旬でしたから既に四ヶ月近く経っています。手術後の入院は約一ヶ月。それからは週一回のペースで通院リハビリを続けてきました。ストレッチ中心だったリハビリが筋力アップトレーニングに重点を置くようになりました。
「亀次朗さん、そろそろ山歩きしてみませんか」
リハビリのせんせえから嬉しい提案です。大腿四頭筋やハムストリングの強化が目的です。幸い自宅から歩いて行ける距離には鎌倉のハイキングコースがあちこちに延びています。頑張って楽しんでみましょう。

01IMG_1510

処が今年の秋の台風15号19号という連続パンチで鎌倉のハイキングコースはあちこちで通行止めです。かろうじて自宅から源氏山までの山道は市のハイキングコースから外れている事もあって立ち入り禁止にはなっていません。あちこちに太い木が倒れていて歩きづらいけどその分脚力アップトレーニングになります。
02IMG_1509

コースは自宅から梶原ポンプ場上の山道を通って裏側から源氏山公園に侵入します。本来ならそこから大仏に至るハイキングコースを通って大仏病院に向かうんだけど生憎そっちは通行止め。やむなく銭洗い弁財天方面から大仏病院に向かうコースです。おおよそ一時間半の坂道ウォーク。この時期の楽しみは源氏山公園の紅葉です。ようやく紅葉が始まりましたが去年に比べたら一週間以上遅い紅葉です。しかも楓や銀杏の葉っぱは悲しいくらいに潮焼けしています。
03IMG_1497

とりあえず重機が入る所から工事が始まっています。まだまだ当分掛かりそうです。この辺に遊びに来る予定の皆さんは足下を充分固めておいでください。
04IMG_1468

んでも一つだけ明るいニュース。源氏山公園のお手洗いがリニューアルしていました。以前はネポン式(昔のスキー民宿でぽっとん便所を簡易水洗に改造したシロモノ)でしたがリニューアルして洒落た山小屋風で男女別水洗トイレになりました。同時にバリアフリー対応の個室も設置されました。もっともこのトイレの前後は階段があって今のところは車椅子ではアプローチできません。昔の謀反人処刑場跡地のスロープが手直しされるまで今しばらく辛抱です。
05IMG_1495

【おまけ】
00タイル
リハビリ終了後は鎌倉駅前怪しい寿司居酒屋えにしで冬の逸品。生あん肝の刺身。この時期のお楽しみです。よっっぽど新鮮でないと口に出来ない芳醇なお味。こってりと、まったりとぬる燗の日本酒を楽しみましょう。
06IMG_1513

この先、倒木のため通行できません。


R60★亀(亀次朗)であります。
鎌倉市の広報に「鎌倉市のハイキングコースは通行できません」とあったので気になったんでリバビリがてら源氏山公園まで登ってきました。
この記事は2019年11月14日のものです。
タイル鎌倉


亀次朗がまだ走っていた頃、鎌倉のハイキングコースは格好のトレイルランコースでした。毎週末源氏山から大仏とか瑞泉寺からビートルズトレイル縦走とか楽しんでいたんです。亀次朗が走れなくなった頃から最近のランニングブームに乗って鎌倉トレイルランが大流行に成りました。当然の結末でトレイルラン禁止になったのはこの数年の事です。今はじがないリハビリウォーカーですが鎌倉市内のハイキングコースは大体覚えています。今年秋の台風15号19号であちこちのコースが通行止めになっていると聞いたので野次馬根性丸出しに源氏山公園に行ってきました。
01IMG_1367


赤文字は亀次朗が11月14日に行ってみた結果です。源氏山公園自体は概ね被害もなくゆったりと静かな環境でありました。
02IMG_1371


北鎌倉から浄智寺脇を通って源氏山に至るコースは閉鎖されていました。
03IMG_1369


昔だったらコーションテープ乗り越えて先まで見に行っていたかもしれないけど爺いになった今では無理はしません。歳はとりたくないもんです。
04IMG_1370


意外なことに化粧坂ハイキングコースは通行出来ていました。距離が短いし岩盤地形だからでしょうか。
05IMG_1373


源氏山から大仏に向かうハイキングコースは鎌倉山歩きの中で亀次朗が一番好きなコースです。おっ!ここは通れるのでしょうか?
06IMG_1377


あ、やっぱここも通行止めです。結局山道で源氏山公園を目指すルートは化粧坂ハイキングコースか北鎌倉女子校グラウンドから山之内ポンプ場を通って裏側から入るコースだけでした。あと一週間もすればこの辺の紅葉も盛りを迎えます。ゆっくりと山歩き(リハビリ)を楽しみましょう。勿論、銭洗い弁財天からの舗装道路は通行可能ですが平日でも大勢の小中学生(校外学習)や外国人の大群がやってきて五月蠅いったらありゃしない。早く紅葉の時期が終わって静かな枯れ源氏山にならないかと待ちわびる亀次朗でありました。
07IMG_1378

リハビリ山歩き始めました


R60★亀(亀次朗)であります。
ようやくリハビリのせんせえから山歩きの許可がでました。
この記事は2019年11月14日のものです。
タイル鎌倉


手始めに鎌倉中央公園から梶原に抜けてポンプ場坂上から北鎌倉に下る周回コースを攻めていく事にしました。このコースは鎌倉市のハイキングマップには掲載されていません。ハイカーもトレイルランナーもまずやって来ない静かな散策路です。所々には滑り止め舗装が施されためっちゃ急な坂道もあるんですがそれ以外は緩やかなアップダウンが続いていて理想のリハビリウォーキングルートです。
01IMG_1385


んでもあちこちが立ち入り禁止になっています。台風15号19号で地盤ごと崩れてしまっています。
02IMG_1383


直径80cmもありそうな巨木が散策路を塞いでいます。大きく迂回しなければなりません。
03IMG_1387


こっちにも太い倒木が放置されています。
04IMG_1386


あまり上手く写っていないけど路肩がえぐられたように崩壊しています。この下20mが崖崩れでめっちゃ危険です。
05IMG_1382


それでも小型トラックが入れる処までは修復作業が進められています。この分では今年の秋の紅葉ハイキングは難しいかなあ。
06IMG_1384

2019/11 源氏山公園定点観測


R60★亀(亀次朗)であります。
右膝人工関節置換手術から三ヶ月半。ようやく山歩きの許可が下りました。
この記事は2019年11月14日のものです。
タイル鎌倉


リハビリのせんせえは「亀次朗さん、あんたはおっちょこちょいなんだからくれぐれも用心して歩いてくださいね」と言いながらも山歩きの許可を出してくれました。今まで書かなかったけど毎週一回のリハビリでは汗びっしょりになりなから徹底的の筋トレが続いていました。おまけに「はい亀次朗さん、宿題ね」なんってきっつい筋トレメニューを授けてくださるのでありました。
「亀次朗さんの筋力は充分に回復してるんだけど」おお!なんと嬉しい評価です。「でもねえ、あなたはおっちょこちょいだから無理はして欲しくないんですよ。」そんなに信用無いんでしょうか。「とりあえず近場で坂道歩いてみて膝の状況を報告してください」もう何でもいいです。山歩きのご許可をいただけただけで単純に嬉しい亀次朗であります。
01源氏山公園定点観測


毎年この時期、鎌倉の紅葉の具合を観るために源氏山公園の大銀杏を見に行っています。通常11月下旬になればしっかりと黄色くなっています。その後一週間ほどで鎌倉の街の中でもあちこちで紅葉が楽しめるので、この「源氏山公園定点観測」は亀次朗にとって大事な年中行事なんです。今年は膝の手術の予後で山歩きが出来ないと諦め欠けていただけにうれしさひとしおです。早速源氏山まで登ってみました。
02IMG_1379


亀次朗の自宅から源氏山まで今までならおよそ30分の道のりなんですが、病み上がりの悲しさ、45分も掛かって到着です。
あらら。。。。まだまだ紅葉にはほど遠い状況です。おまけにいくつもの台風の直撃を受けて葉っぱが潮焼けしているではありませんか。
今年の鎌倉の紅葉はあまり期待できそうにありません。
03IMG_1381


それでも源氏山公園のあちこちに健気に咲く野花を眺めているとこの三ヶ月半のリハビリ生活にもようやく先が見えてきたと実感できます。これから先はちょくちょくこの辺を歩き回ってみましょう。
04IMG_1380