モーハワイ☆コム

カテゴリー:プラン75 或いは 爺ぃの悪あがき

高齢者のぶち当たる難関苦行をセキララに綴ってまいります

無性にソウルに行きたくなったら


R60★亀(亀次朗)であります。
とうとう自宅引き籠もり生活が二年目に突入しました。
この記事は2021年01月15日のものです。
20タイル201804ソウル食い倒れ



色々と軋轢もあるんでしょうけど、この隣国の食生活には魅力が一杯です。まだまだソウル訪問歴10回にも満たない老夫婦ですが一年も行っていないとあの猥雑な市場が狂おしい程に行きたくなってしまいます。
01P4110488

01P4120583

最近スーパーマーケットで旨そうなカップ麵を見つけました。
01PC120092





あさりの旨みがきいたスンドゥブうどん。もんまに強烈な辛さです。鍾路三街の裏路地のスンドゥブ屋さんを思い出します。
02PC120093



こっちはポークと魚貝の旨みがきいたラーメン。瀬戸内製麺本舗の麵は結構もちもちしています。それほどの辛さはないけど何故か癖になりそう。
03PC120094



瀬戸内製麺本舗と丸太食品のコラボレート食品。最近の瀬戸内食品はこういった関連業種との合同企画が多いように思われます。サッポロ一番という歴史の長いヒット作に頼りすぎないように色々と新基軸を模索しているのでしょう。当たるといいね。
04PC120095

今年はどんなんか?頑張ってみようか!


R60★亀(亀次朗)であります。
無策・無能・無責任の2020年が終わりました。
そろそろちゃんとして欲しいもんです。
この記事は2021年01月01日のものです。
タイル プラン75



2020年の二月から引き籠もり生活に入りました。途中何回も何回もハワイ行きを企てたり山奥の白濁の濁り湯露天風呂に予約を入れたりしたんですけどエアーが飛ばなかったり、こっちが怖じ気づいたりして結局何処にも出かけられなかったんです。んだから年賀状に使う画像に困ってしまって12月に入ってから慌てて出かけた富士山を遠望するキャンプ場に行ってみたんです。
01PC100041



ここで一番人気のコテージの窓からはこんなかんじで富士山を眺められるんです。
02PC100014



近所には富士山を眺められる露天風呂を楽しめる立ち寄り湯もあって極楽気分。ついでですがこの立ち寄り湯のすぐ近くには沼津の鮮魚卸直営の海鮮丼食堂があってゴールデンルートが構成されているんです。
03PC100063b



湯上がりに富士山を眺めながらBBQを楽しみました。ハワイにも遠くの温泉にも出かけられなかった2020年でしたが新しい年はその分大きく期待しましょう。んだって持病持ち高齢者には残された時間はあまりにも少なすぎます。
04IMG_2838



コロナ禍の現状ではあまりにも不確定要素が多すぎますが、今自分に出来ることをしっかりと進めるしかありません。まずは第一歩目。充分に警戒しながら慎重にアクションを起こします。富士山を眺めるテント場でじっくりと酒と酒の肴を楽しむところから始めましょうか。
05IMG_2834

持病持ち高齢者が旅に出るには?


R60★亀(亀次朗)であります。
年賀状に載せる画像が無い!
慌てて写真を撮りに出かけてみました。
この記事は2019年12月08日のものです。
タイル プラン75

毎年年賀状にはその年に出かけた旅先の画像を選んでいました。処が2020年はチャイナコロナ大流行。持病持ち高齢者しかも肥満体とあっては自重するしか有りません。
ハワイは勿論、白濁の紅葉露天風呂もキャンセルして自宅蟄居が続いていたんです。
12月に入っていざ年賀状を作ろうとしてはたと気がついたんです。何処にも出かけていないんだから当然の帰結として年賀状に使える画像なんて存在しないんです。
さあ困った。
02IMG_2807

極めて安直な方法ですが「富士山の画像を撮りに行ってみよう」という事になったんですが、ここに又チャイナコロナの壁が立ちはだかります。
この記事を書いている時点ではGoToトラベルは中止になっていますが、出かけるのを思い立った12月初旬ではコロナウィルスが蔓延しているにも関わらずGoToトラベルでお出かけの人々が大勢居たんです。
んじゃどうやって感染しないように旅に出られるのでしょう?
01PC100013

色々と考えたんですが亀次朗の結論は「キャンプならなんとかなりそう」というものでした。
富士山を遠くに臨むキャンプ場でゆっくりと酒と酒の肴を楽しもうというゴールデンプランであります。しっかしこれには鶴弥から大クレームが入りました

「アンタだけズルイ」というのです。

すったもんだの結果、そのキャンプ場に併設されているログキャビン宿泊という事になったんです。
やれやれ
03IMG_2821

それでも心配性の鶴弥から「布団とかテーブルの除菌はどうなっているのか?」というツッコミが入ったんです。
確かに前日まで知らないどなたかがお使いになっていたお部屋ではウィルスが残留していないとは断言できませんね。んでもそんな事言っていたらGoToトラベルで旅館に泊まれません。

どんな旅館だってホテルだって前日宿泊者がチェックアウトしてから次のお客さんがチェックインするまでの数時間に全ての布団を完全消毒するだなんって可能だと思いますか?
せいぜい枕カバーと敷布を交換するぐらいでしょう。

貴方にはそんな布団に我が身を横たえる覚悟はおありでしょうか?
04IMG_2847

「あーでもない、こ-でもない」と無理難題を続ける鶴弥さまに亀次朗はほとほと困ってしまいました。
「そんなに気が気じゃないなら亀次朗一人でキャンプしたいなあ」。
とは言えつる姫城から追い出されたら行くところの無い亀次朗はどこかで妥協するしか有りません。

その結果、
①月曜日が休業のキャンプ場だから火曜日に宿泊する。こうすれば前宿泊者から24時間のインターバルが取れる

②掃除用品や除菌用品を持ち込んでコテージにチャックインしたら完全にクリーンアップする。100均で売ってる使い捨てのレインコートやビニール手袋を着用して作業する。

③クリーンアップした後、全ての窓やドアを開けっぱなしにして近くの立ち寄り湯で二時間以上過ごしてキャビンの換気を行う。

④食器類や調理用品はコテージにある機材を使わず自宅からキャンプ用品を持ち込んで使用する。

⑤自宅から寝袋を持って行ってキャビンにある寝具は使わない。

何だか凄いことになってきました。
おまけに撮影用にテントやフライシート、野外で使うBBQコンロまで積み込んだもんだからちっぽけなライトバンはまるで夜逃げ仕様となってしまったんです。
05PC100015

自宅蟄居の持病持ち高齢者(しかも肥満体)が旅に出るというにはこれほどまでの準備をしなくっては安心出来ません。
それでもおおよそ一年半ぶりのお出かけです。
膨大な荷物をパッキングしてライトバンに詰め込む作業にもウキウキした気分になりました。
当日朝、どピーカンな上天気に恵まれて一路富士山麓を目指します。
平日午前中とあって渋滞も無く気分上々のドライブを楽しんだのであります。
午後一時、チェックイン予定時間より一時間も早く到着したんですが。。。。

富士山周辺はすっかり曇ってしまって灰色の雲ばかりの旅になったのであります。。。。
06IMG_2803

わっ!大変だ!年賀状まだ作っていない!


R60★亀(亀次朗)であります。
せっせと大掃除を早めに終わらせて一安心。
ノンビリしていたら年賀状を作っていない事に気がつきました。
あら~まだ間に合うんでしょうか?
この記事は2020年12月26日のものです。
00アイキャッチ



毎度お馴染みの「月に踊る豚」であります。元々はExcel2014の頃までのクリップアートにあった「お月見」のイラストに「踊る豚」をJtrimで合成して作ったものであります。現在のExcel2019バージョンでは3Dイラストにバージョンアップしてしまってこのイラストがなくなってしまいました。従って再現は出来ません。幸いPDFに残しておいた画像があったので花押代わりに使っています。
01ムーンフェイス



花押の事はともかく毎年の年賀状にはその年に出かけた旅先の画像を使っていました。もっぱら美しい海岸線とか白濁の濁り湯露天風呂、ぎらぎらギトギトの居酒屋グルメなんかを使っていたんです。処が今年初めからのチャイナコロナの蔓延で持病持ち高齢者は隣町の商店街に買い物に行くのでさえ躊躇しているのが現状であります。さて今年の画像はどうしましょう?
02IMG_2803



亀次朗的には「GoToトラベル」とはよく言われる「アクセルとブレーキ」の関係ではなく、ただ単に
「火事場でガソリン撒く馬鹿野郎」
でしかありません。しかもガソリン撒いているのがこの火事を鎮めるお役目の消防署長なんだから始末が悪い。「火事で焼け出された方々に暖をとってもらいたいからガソリンを撒いた」という言い草ですがそういうのは火が消えてからにして貰いたいもんです。
ヒゲ無しアドルフめ。

03PC100015



ともかくも大急ぎで年賀状用の画像を撮りに出かけなければなりません。しっかしチャイナコロナ蔓延中だしGoToトラベル反対派の亀次朗としては感染防止を徹底して自力で出かけるしか有りません。やれやれ持病持ちの高齢者、しかも超肥満体とあってはほんまに「恐る恐る」撮影旅行に出かけたのであります。
04IMG_2834



快晴に恵まれて出発したものの目的地に到着した時には富士山はすっかり雲に覆われてしまったのであります。これじゃ何のために出かけて来たのか解りません。翌朝出発間際になってようやく富士山が顔を見せて暮れましたが時既に遅し。この日は「託児所開設日」なのであります。お昼頃にはおうちに戻っていなければなりません。ぎりぎり最後の数分で慌てて捕った画像はとても満足出来る仕上がりではありませんでした。残念。
05PC100041

キティちゃんがやってきた♪


R60☆鶴(鶴弥)です。
キティちゃんのエコバックを頂きました。
この記事は2020年12月2日のものです。
タイル プラン75



わたし達の自粛生活は今年の二月下旬から始まりましたから丸々9ヶ月を越えました。最初の頃買い込んだ非常食の更新時期に入って来ました。お米や缶詰、インスタントラーメンなども買い換え時期です。
01P6120006



あの頃慌てて買い込んだカップ麵。今せっせと消費しています。カロリーが高いというので麵は半分、おつゆはなるべく飲まないように気をつけましょう。

食べ終わったカップ麵の容器に気になる事が書いてありました。
02P6120007



キティちゃんのエコバックがもれなく頂けるというのです。よくある「抽選で○○名様にプレゼント!」というのではなく応募者全員に貰えると言うのです。
03P6120008



官製はがきにバーコードを貼り付けておおよそ一ヶ月。応募した事を忘れかけた頃郵送されてきました。
04PB300067



頂いたのはちょっと小ぶりな真っ赤なエコバックでした。小さく折りたたんでディパックに仕舞いました。
05PB300068



とても可愛らしいキティちゃんのエコバック。まだまだ遠分続きそうな自粛生活の生活必需品のお買い物に重宝しそうです。
06PB300069

老夫婦引き籠もり継続中。


R60★亀(亀次朗)であります。
わしら老夫婦は今だに引き籠もり生活を続けています。
この記事は2020年11月29日のものです。
タイル プラン75



チャイナコロナが流行する前から「プラン75」というカテゴリーで高齢者がいつまでハワイに行けるのか考えていました。当時これを始めたきっかけは高齢者ドライバーの危険な運転でした。
一体いつまでハワイ島でレンタカーを運転して行動が可能なんだろうか?導かれた考え方は75歳で運転免許返上。国内での運転は75歳まで、海外でのレンタカードライブは70歳までと心に決めたのであります。
んだからあとたった数年しかネイバーアイランドのドライブが楽しめません。今年は2~3回はハワイ島に行こうと今年の初めにはそう思って居たんです。
01P4150283



突如襲いかかったチャイナコロナ。
持病持ちの高齢者である鶴亀老夫婦は臆病にも自宅蟄居のまま10ヶ月が過ぎようとしています。ハワイはおろか国内の温泉旅行もままならない日々が続いています。

お気に入りの露天風呂は今頃紅葉のじきになっているんでしょう。ややぬるめの温度ですが首まで浸かって紅葉を眺めていると驚くほど良く暖まります。
02P9241299



老夫婦はそれぞれに時限爆弾のような疾患を抱えています。
今流行りのgotoなど恐ろしくって出かけられません。
あの補助金は回り回って旅行に行きたくっても行けない持病持ち高齢者や年金生活者などにも税金の増額やら年金金額の引き下げなんかの形で奪われてしまうんです。

国家主導の詐欺みたいなもんです。

果たしていつになったらこの風景の中に自分を置けるのでしょう。残された時間は刻々と減っていきます。
03P3070560

サイミン欠乏症のハワイ病患者にこの一杯


R60★亀(亀次朗)であります。
初めてサイミンを喰った時のことを覚えていますか。
この記事は2020年11月22日のものです。
タイル爺々酒浸し



麵好きな亀次朗がハワイで初めてサイミンを喰ったのは、かれこれ30年以上前の事でありました。それまでせいぜい四泊六日の滞在だったのがその時初めて10日間にも及ぶ長い滞在でありました。それまでの短い滞在の時にはハンバーガーやらピザやらのあめりかんな喰いもんに集中していたんですが、初めての長逗留ではそういうもんばかりでは流石に飽きてきてしまいました。チャイナタウンで飲茶を楽しんだりロコモコなるジャンクな喰いもんを体験したのもこの時だったと思います。
01Bob's20071208



日本式のラーメンが喰いたくなってキングstを彷徨い歩いて立ち寄った町中華で隣のテーブルでおっさんがラーメンらしき丼に入った汁ソバを喰って居るのを指差し会話で注文したのがサイミンでありました。待ち遠しくも長い長い待ち時間の末にやっていた汁ソバにがっついた時に亀次朗の脳みそに衝撃が走りました。ぬるいっ!ぬるすぎる!おまけにダシ汁ばかりで醤油味でも塩味、味噌味でもありません。なんじゃこりゃ!?挙げ句の果てに麵はすっかり伸びきってグズグズだったんです。えれえ店に入ってしまった。これはきっと料理人の腕の問題でしょう。亀次朗は己れの入店判断を呪いました。もうこの店には絶対来ないぞ!
02IMG_2790



ところが学習能力の低い亀次朗はあのマズかったサイミンなる汁ソバを違う店でまた注文してしまいます。案の定、あのぬるく味の薄い伸びきった麵の汁ソバが目の前に置かれてやっと己れの不覚を確認したんです。この国では汁ソバとはこういうシロモノなんでしょう。もう二度とこんなもん喰うまい。そう誓い直したものでした。
03IMG_2787



帰国して暫くしてからあの日向臭いヌルヌルべちょべちょ麵が気になって気になって仕方が無くなってしまいました。こうなると居ても立っても居られません。その次のホノルル滞在ではほぼ毎日のようにあっちこっちのお店でサイミンを楽しむようになったのであります。哀れ亀次朗はすっかりサイミンの虜になってしまいました。
04IMG_2788



チャイナコロナ大流行でハワイに行けない現在あのサイミンを日本で味わう事は遠分出来ないものと諦めかけていた今年の夏にエースピック社から「まる旨 柚子香るそうめん」なるカップ麵が発売されました。買った動機は引き籠もり生活の補助食料として買い込んだ数種類のカップ麵の中の一個でありました。熱いお湯を注入して三分でとても美味しいにゅうめんが完成します。処がお湯を入れてから隣の家のおばあさんが自家農園の野菜を持ってきてくれて玄関先で立ち話を始めてしまったんです。おばあさんの長話に付き合って10数分。熱っつ熱つのにゅうめんは見事にぬるぬるぐちょぐちょなサイミンに変身を遂げたのであります。旨かった。。。。
05エースコック記事

忍び寄る12月危機


R60★亀(亀次朗)であります。
パートの壁という言葉をご存じですか。
この記事は2020年11月25日のものです
タイル亀次朗160

川越発祥の八百屋さんチェーンで働いていた三男パエリアが正月明けにげっそりと痩せ細って戻って来たのは数年前の事でした。何でも12月の初め頃からずっと働き詰め、特に年末はほぼ毎日独身寮にも戻れずヤード裏の休憩室で一日数時間しか寝られなかったんだそうです。その間にクリスマスケーキのノルマやら年末大廉売セールやら悪夢のイベント連発だったそうです。欠品を起こさないように隣接店に補給に走ったり店内の掃除をやったりありとあらゆる雑務をこなしていました。おつかれさんでした。
01yaoko

んでもバイトの学生さんやらパートのおねいさんやら大勢いるでしょうに。
役割分担しているんでしょう?
パエリアは凡そ一ヶ月ぶりに呑んだたった一杯のビールで朦朧としながらつぶやきます。
12月に入るとパートのおねいさん達は来なくなっちゃうんだ。。。
何で?
既にお分かりの方も多いことでしょう。世に言う「主婦103万円の壁」さらに「130万円の壁」というのもあって所得税が増えたり旦那の健康保険の扶養対象から外されるとかで一年間に稼ぐ上限金額に近づく12月になると就労単価の高いベテランのおねいさんが戦線離脱してしまうんです。
その分の労働力に本社からの応援や補充は殆ど期待出来ません。
結局は新入社員が体力の限界まで働き続ける事になってしまいます。
ぶらっくです。
数年頑張ったけどとうとうパエリアは力尽きて辞めてしまいました。
02part主婦

こんな現象はスーパー業界だけじゃないようです。コンビニだってファーストフード店だって日本の販売現場を支えているのはこのベテランのおねいさん達です。この方々を怒らせてはイケません。ベテランになればなる程、手の抜き方から文句の言い方まで新入社員の若い男の子の手に負える相手じゃありません。普段から仲良くしておかないと12月になってえれえ目に遭いますぞ。そう言えばつい最近も保育園のスタッフが一斉に辞表を出して理事長が切羽詰まって仕舞ったニュースがありましたでしょう。
03マクドナルド店員

チャイナコロナが第三波だっていうんですけど、大きな間違いです。正確には最初の流行に真っ当な対処をしなかった事による再燃、再々燃焼です。正に政治の無策による感染拡大は最早人災と断言して良いでしょう。

「感染防止と経済回復の両立にtogo」だなんって消防署長が放火魔やっているようなもんです。

髭無しアドルフめ。医療現場ではぎりぎりの戦いが続いています。お医者さんや看護師さんが疲労困憊の中頑張り続けているのは最早使命感という支えしか残っていません。待遇改善を望みます。でも医療現場を支えている皆さんはどう思っているんでしょうか。

病院や介護施設ではお医者さんや看護師さんだけで成り立っているんじゃありません。身体介護から清掃、ベッドメイク、おむつ換えまであらゆる仕事を支えている数多くのパート労働者は12月になって「そろそろ上限近いなあ」って思いながら離脱時期を探っているかも知れません。この辺の税制や雇用の問題を解決するのがあんたたち政治や行政の仕事です。ちあきなおみじゃあるまいし「五つのお願い」だなんって話そらすんじゃありませんよ。
掃除

ネスレ日本(株)製マウスシールド


R60★亀(亀次朗)であります。
チャイナコロナ対策マスクの開発はまだまだ続きます。
この記事は2020年10月10日のものです。
タイル プラン75



この辺で一回今までの総括をしておきましょう。

事の発端はチャイナコロナ蔓延が始まった頃の使い捨てマスクの全世界的な品不足でありました。既に数年前にはチャイナダンピング、チャイナ為替操作のあおりを食って日本国内でのマスク生産は殆ど行われていませんでした。そこでもってチャイナコロナの蔓延。既に日本向けに生産されていた完成品マスクまでが出荷止めにされて哀れ日本では圧倒的なマスク不足になったのであります。
「昔の在庫だけどよかったら使って」とお友達から譲って頂けたのはほんまに不幸中の幸いでした。故に老夫婦は大事大事に何回も洗って使い回していたんです。幾ら丁寧に手洗いしていても紙マスクはそのうちにヘタってしまいます。くたびれた紙マスクでは鼻呼吸すると鼻孔に紙マスクの内側がへばりついて呼吸困難になってしまうんです。それに梅雨の蒸し暑さが追い打ちを掛けます。元々汗っかきな亀次朗の紙マスクは汗にぬれて口呼吸しら危うくなってしまいました。




六年ほど昔にリタイヤしてからの老老介護で退職金も使い果たし自宅も売却してつる姫さまの介護費用に使ってしまった亀次朗には資金的な余裕は全く無いけど時間だけはいっぱいあります。お金を掛けずに上手い事快適マスクにならないかなあ。

ふと目にとまったのが強炭酸水の入っていた空のペットボトルでした。これ使ってなんとかならないかなあ。ペットボトルの注ぎ口の真下でカットして自分の顔の輪郭に合わせて半球形に切り取ります。横からみればムスタングP-51のキャノピーのような形状です。(といっても今での若い衆には分からんじゃろう。太平洋戦争時代のアメリカ軍の戦闘機だ)要するに病室で酸素マスクを付ける時のカバーみたいな格好です。こいつを紙マスクの内側に装着して紙マスクと鼻孔の間に離隔を捕ろうというアイディアであります。
01P6140017

02P6140023



このアイディアは見事に成功しました。しかしあまりにしっかり作りすぎて密閉度が高く窒息の危険が伴ってしまいました。やむなくシールド面に通気口を何カ所も開けて快適性を向上しました。
03P6260011
それでも読者の皆さんから容赦なく駄目出しを喰らってしまいます。

「これではジェイソン(13日の金曜日)ではないか」
「こんなに穴を開けたらウィルスがフリーパスで入ってこないか」
「縁がほっぺたに食い込んで外すと跡が残る」
ううむ。。。。
確かに確かに。。。。



一つだけ言い訳するとしたら、このマウスシールドは紙マスクの内側に装着するものですんでウィルスブロックの機能は紙マスクの性能に依存しています。まさか紙マスクなしてこれだけで対応するシロモノではありません。
03PA180011



それでも「ほっぺたに跡が付く」というのは女性陣にとっては致命的な欠陥であると総スカンを喰ってしまいました。もっとソフトな材質は無いものか?この夏は強烈な暑さを味方に各種さまざまな清涼飲料水のペットボトルを試してみました。

最終的にたどり着いたのが「ネスレ日本」社のコーヒー飲料(1リッター)のくびれたボトルでありました。
04P6250013



ほっぺたに跡が付かないようにと柔らかい面を使って試作してみました。うちのおかみさんによりますと
「ほっぺたの接触面は快適だけど紙マスクの耳ゴムで内側に圧力がかかって却って息苦しい」
って言うんです。
ううむ。。。。
なかなか旨くいくもんじゃありません。




最終的に亀次朗がたどり着いたのはネスレ日本社のペットボトルに付けられている僅かなくぼみを利用する事でした。薄く柔らかい材質のペットボトルにもそれなりの強度が求められます。このペットボトルの中間部分にある小さなU字溝のような窪みは薄い材質のペットボトルが潰れないようにする為の工夫なんでしょう。この部分の下まで使ってマウスシールドを作ってみました。この部分が顎まで掛かるので紙マスクによる圧迫が軽減されました。最後に通気口を開ければ快適マウスシールドの完成です。やれやれ。
06IMG_2591

06PA180010b

06PA180010



【おまけ】
亀次朗がようやく完成にこぎ着けたマウスシールド。
ですがドンキホーテで商品化されてしまいました。
ナナクリさんの記事をご覧ください。
07鼻腔マスク
しまったなあ。
最初のアイディアの時に手を打っておけば良かったのになあ。。。。

39度って高過ぎませんか?


R60★亀(亀次朗)であります。
犬も歩けば棒に当たる。久し振りの外出でいいもんめっけました。
この記事は2020年09月19日のものです。
タイル プラン75



隣町の商店街から横道に逸れた処にある酒販店です。この界隈にはこじゃれた居酒屋さんが数多く存在しています。ワインも日本酒も焼酎にも拘りの多いお客さんに対応する良酒を数多く取りそろえている亀次朗のお気に入りのお店です。
01IMG_2358



この日は月一回の特別販売の日です。休日朝10時というのは夜更かし酒族にとってはまだまだ寝ていたい時間なのですが月一回のこの日だけは気力を振り絞って早起きします。しっかし今回は久し振りの好天だったので洗濯と布団干しで出遅れてしまいました。酒好きおやぢ達が行列作って静かに待っています。ううむ行列の最後尾近い。良いのが残っているといいなあ。
02IMG_2344



チャイナコロナはこんな処にも陰を落としています。この界隈の居酒屋さんもご多分に漏れず営業自粛で酒類に注文が激減ししまいました。その分店頭売りに余裕が出来ています。今回の目玉商品はあの「魔王」。かなりの本数を用意したそうですが亀次朗の順番が回ってきた時には既に完売していました。
03IMG_2345



しっかし今回はこっちの焼酎が残っていました。日本酒がお好きな方でもなくってもこのお名前はご存じでしょう。山口の新進気鋭旭酒造の「獺祭」です。んでも日本酒ではなくって米焼酎です。
04IMG_2420



旭酒造がチャイナコロナ対策に作った純度の高い消毒用アルコールの副産物。アルコール分39度という高濃度の米焼酎であります。酒屋のご主人が「濃いけど最初の一口はストレートで呑んでみてください」っていうんです。おうちに帰って早速開栓します。思った以上に芳醇な香り。39度という濃さにもかかわらず意外と呑みやすいんです。いいもんめっけました。来月もこれ狙いましょう。
05IMG_2422