R60★亀(亀次朗)であります。
実のところ上野に行ったのにはもう一つ大きなイベントがあると知ったからなんです。
この記事は2019年02月22日のものです。
タイル居酒屋


JR上野駅から国立科学博物館に向かって歩みを進めます。上野公園の噴水広場に沢山のテントが並んでいました。何やら大きなイベントが開催されているようです。
01P2220068


「酒屋角打ちフェス」
ううむ。。。。天下の上野公園で白昼堂々酒が飲めるんだそうです。ええんか!?

02P2220069b


僅か三日間だけのイベントです。せっかく遭遇したんだからこっちも楽しみましょう。メインの角打ち会場の両脇には食べ物屋さんの屋台も沢山並んでいます。まるでお祭りのような賑わいです。
03角打ちフェスパンフ


まずは2000円支払ってイベント特製盃と試飲用のコインを受け取ります。この盃がないと試飲させてもらえません。コインは試飲の度に一枚~三枚お店に支払って飲みたいお酒を頂きます。
04P2220101b


お店試飲の前に主催者ブースでは「利き酒コーナー」で腕試ししましょう。四種類の問題に挑戦です。四つのコーナーに三種類のお酒が用意されていて自分の利き酒感覚が試せます。日本酒なら「純米・大吟醸・醸造酒」とか焼酎なら「米焼酎・芋焼酎・麦焼酎」と四つの課題に挑戦です。僅か小さなスポイトで4×3=12種類だけでも最近お酒に弱くなった亀次朗には充分に酔っぱらえます。
05P2220102


いざ酒屋さんブースへ向かいましょう。東京都内中心にあちこちの酒販店が全国のお酒を用意して待ち構えています。遠く八丈島とか富山県の酒販店も参加していてお国自慢のお酒を呑ませて頂けます。話し込んでいる内にお国自慢の食べ物や観光案内もして頂きました。「富山では寿司屋経営している回転寿司屋があるから食べてみて。大手のチェーン店の回転寿司なんか食べちゃ駄目だよ」とか「八丈島に来たらうちの近くの宿を取りな。あちこち居酒屋案内してあげる」などの楽しい会話が聞こえます。
06P2220073


酒販店のブースも一杯あるけど食べ物屋さんの屋台もずらりと並んでいます。それこそ何を食べたらいいんやら迷ってしまいます。予定では科学博物館の「千の技術博」を観終わったら錦糸町に向かうつもりだったのにここで沈没してしまいました。酒に弱くなっちゃったなあ。
07P2220072