R60★亀(亀次朗)であります。
奥姫路フォレストステーション波賀で昔仲間とBBQ。せっかく姫路まで行くんだから喰いもんは地元のうまいもんに拘ってみました。
この記事は2018年(平成30年)11月18日のものです。
タイル姫路つまみ喰い

姫路駅から本誓寺を目指してレンタカーを走らせます。「ひめたま」で卵サンド、「カフェドムッッシュ」でアーモンドバターを仕入れて一安心。コテージの朝ごはんやBBQで使う食材を買いにスーパーマーケットに寄って行きましょう。事前調査で「ひめたま」「カフェドムッッシュ」の先に地元密着のスーパーマーケットがあるようです。
01姫路買物地図1

山梨ならオギノ、埼玉ならヤオコーと皆さんのお住まいの県にも全国チェーンに負けない地元資本のスーパーマーケットがあるでしょう。ハワイならタイムスとかKTAかな。せっかく姫路でBBQやるんだから西友やイオンで買わないで地元のお店に行ってみようではありませんか。調べてみたら「ヤマダストア」というめっちゃベタなネーミングのスーパーマーケットがレンタカー一筆書きのラインにありました。
02ヤマダストア

事前に調べたりコック和尚から教えて頂いた情報を総合しますと、ただ単に地元密着だけじゃなくって環境への配慮なんかも実にしっかりとしているようです。姫路国民のソウルフードであるアナゴが不漁だった今年は販売量を制限して資源保全に貢献しているそうです。一階にベーカリーとマーケット、二階に上がれば本屋さんとイートインコーナー。気に入っている本を一冊見つければ朝から夕方まで過ごせそうです。
03PB180382

BBQの食材の他、コテージで食べる朝ごはんの材料や缶ビールなんかを買い込みます。これだけだったら何処のスーパーマーケットでも手に入るんでしょうけど姫路ならではの食材がないもんかと探してみました。ん?高砂名物「にくこん」ですとな?一体なんでしょう?少なくとも亀次朗の居住地には存在しないシロモノです。
04PB180388

ううむ。。。。これが「にくこん」ですか。。。お好み焼き粉をクレープ状に薄く延ばして中に何かが入っているようです。「ブラザーソース」というのも初めて聞くお名前です。自宅に帰ってから調べてみたら「にくこん」ではなくって「にくてん」なんだそうです。中に入っているのは「味付けをしたジャガイモと甘辛く煮込まれたスジ肉とこんにゃく(=スジこん)」なんだそうです。そんでもって「にくてん」なんですね。「ブラザーソース」っていうのは戦後すぐに起業した森彌食品株式会社という神戸発祥のソースメーカーなんだそうです。知らなんだ。
05PB180387

もう一つ気になったのが卵売り場の充実ぶりであります。まるで水戸のスーパーマーケットの納豆売り場の如くここでは食品売り場の一角を生卵が占めているではありませんか。さっき卵サンド買った「ひめたま」を引き合いに出さなくとも姫路国食文化の厚さを感じてしまいます。
06PB180383

卵コーナーのお隣に見かけないソースが陳列さてていました。なんじゃこれ?「もうケチャップにはもどれない」とやけに挑戦的なポップが謳っています。
07PB180386

トリイソースっていうのは静岡県浜松市が発祥のソースメーカーなんだそうです。ヤマハ発動機や本田技研なんかの工場がフル稼働していた頃それらの工場の社員食堂に大量のソースを納入して大きくなったといいます。オムライス専門のソースだなんって姫路にもってこいの商品です。余談ですがトリイソースのHP読んでいたら工場見学のページがあって「工場見学は月に五回しか行いません」とあります。何でですかとお聞きしてみたら「工場スタッフ総出で対応し、その日はソースの製造もストップする為、業務負担上やむを得ず月五回だけ」というんです。野次馬な亀次朗はそれを聴いて是非とも行ってみたいと思うのでありました。
08PB200528