R60★亀(亀次朗)であります。
鎌倉駅から徒歩三分の場所にありながら観光客には全く無縁の丸七商店街。つい最近東京発祥のサンドイッチ屋さんが丸七のテナントに入ってきたんです。んでも地元のおっちゃん達は「東京の衆は鎌倉に出店したいんだよ。大概何年か居たら撤退するけどね」と平然と構えています。さて、どうなるでしょう。健闘を祈ります。  
この記事は2019年(平成31年)1月3日のものです。
タイル居酒屋


00丸七入り口

この日は鶴亀家恒例の怪しい寿司居酒屋えにし貸し切り新年会であります。元々横浜駅地下街や戸塚で雇われ寿司職人だった頃は鶴亀家の台所を使って新年会をしていたんですけれども、一念発起して自前店舗を構えてからはお店での新年会に変わりました。たった六席のお店なんで鶴亀家で貸し切りです。だから了解を得て二歳半の充行くんも一緒させて貰いました。ビール飲めないから牛乳の持ち込み。
01P1030049


まずは樽酒を頂きましょうか。義母(つる姫さま)が参加できなかったあのは残念ですが、無事年を超えて食欲も回復して一安心。皆で乾杯しましょう。
02P1030060


何はなくとも青魚盛り合わせ。〆鯖の仕上がりを味わえば大将の技量に納得するハズです。コハダも鯖も新鮮そのものです。
03PB130362


贅沢にも分厚く切られた寒ブリ刺身。しっかりと脂が乗っています。
04P1030051


シラウオはカラッと揚げて海苔塩をパラリと軽く振っていただきます。
05P1030055


ねっとりこってりと鮟肝。正月明けの血液検査の事は一旦忘れましょう。
06P1030058


タラコはミディアムレアで頂きます。この微妙な火加減は素人には無理ですね。
06P1030059


香ばしく焼きあがった塩サバを大根おろしの猫が狙っています。
07P1030066


んじゃ、そろそろ握って貰いましょう。いつもの通り赤身と烏賊からスタートです。
08P1030071


極上鰯。口の中でとろける美味しさです。
09PB130365


穴子と蛤を頂いてシアワセなお正月を〆ました。皆さま、今年も「鎌倉駅前怪しい寿司居酒屋えにし」をよろしくお願い申し上げます。

10P1030074