R60★亀(亀次朗)であります。
晴天に恵まれた晩秋の一日、奥姫路の名湯「東山温泉」の紅葉を楽しんできました。
この記事は2018年(平成30年)11月18日のものです。
タイル姫路つまみ喰い


事の発端は鶴亀老夫婦の長年の懸案だった「姫路岡山訪問」計画でした。
地域社会の要となっているコック和尚、一国一城の重責を担っているタートル海苔巻、更には現役勤め人続行中の腹乃豊関も加わってスケジュール調整は困難を極めました。
加えて
「せっかくだから火を囲んで酒を呑もう」
だの
「やっぱ温泉がなくっちゃ」
「近くに造り酒蔵はないのか」
とありとあらゆるリクエストにお応えして探し出したのが東山温泉「フォレストステーション波賀」でありました。
01PB190461


正確には姫路市の西北西に位置する宍粟市のそのまた山奥にある山間地であります。よくもまあこんな山奥に一大リゾートを作ったもんです。一民間企業がそんな大規模な投資をするのも大変だし開発許可だってそんなに簡単に下りるハズないしおかしいなあと思って調べてみたら平成4年9月設立の第3セクター「(株)波賀メイプル公社」と平成10年8月設立の第3セクター「(株)フォレストステーション波賀」の2社合併により誕生した「宍粟メイプル株式会社」という半官半民の企業体でありました。代表取締役に宍粟市副市長を据えて宍粟市が所有する観光施設の管理受託事業なんかをメインに村おこしをしていこうというのでしょう。
https://www.haga-net.co.jp/document.php?page=company
02PB190443


JR姫路駅から直行すれば凡そ二時間で到着の予定なんですが、途中で食料調達やら訪問、酒蔵で試飲などなどうろうろと彷徨って到着したのは午後四時を回っていました。んじゃまずは部屋の入る前にお風呂に入ろう。後で書きますがわしらは同じ敷地の中のコテージ宿泊なもんで本館のお風呂には立ち寄り湯扱いです。600円也を支払って旅の疲れを癒しましょう。
03HP露天風呂


高濃度の天然ラドン温泉効能:神経痛・冷え性・痛風・疲労回復・高血圧・慢性皮膚炎・婦人病等に効果があるんだそうです。実際に入ってみるととろりとした肌触りのよい無色無臭のお湯。ゆったりと長湯が楽しめる温度設定がありがたいです。亀次朗の左足踝の腫れが見事に消滅したのには驚かされました。
04PB180421


今回はコテージに連泊して、多忙を極めているコック和尚、タートル海苔巻の都合のよい時間に来てもらってお帰りも自由に帰って頂く現地集合現地解散です。従って毎晩この温泉を楽しむ事が出来ました。この画像は二日目の晩の露天風呂。もうすっかり日が暮れてしまいました。本館に宿泊されている皆さんには夕食が供されている時間帯。わしらコテージ宿泊者はノンビリと湯浴みを楽しんだのであります。
05PB190484


ちなみに効能書きはこんな感じです。
06PB190486


【おまけ】お土産に買った温泉の素。
07PB220002
ここの温泉の成分を粉にしたんじゃなくって、成分表に基づいて各種の薬剤を調合した「なんちゃって温泉粉」なんですけどここまで正直に書かれると却って清々しさを感じてしまいます。
07PB220004