R60★亀(亀次朗)であります。
ソウル喰い倒れの旅。あっという間の帰国日です。
この記事は2018年(平成30年)04月13日のものです。
14タイル201804ソウル食い倒れ


旅立ちの朝ごはんです。心に残るメシを喰いたいものです。今回の旅のメインターゲットである東大門広蔵市場で最後の決めメシにしましょう。今回のお宿東大門米豚旅館から広蔵市場まで充分に徒歩圏です。
01P4120557


(日本時間)朝7時の広蔵市場は昨日の昼間の喧騒が信じられないくらいにひっそりとしています。ありゃりゃ朝飯朝飯にありつけるのでしょうか。ちょっと心配になってきました。
02P4130677


昨日来た時に一番賑やかだった中央の十字路までやってきました。おおっここでは既にあちこちの屋台から旨そうな湯気が立ち上がっています。わしら観光客ではなくここで働いている皆さんの一日のエネルギー供給に欠かせない屋台食堂であります。
03P4130685


ここで朝飯喰えば後はチェックアウトして仁川空港にむかうだけです。名残惜しいけど朝飯喰いましょう。
04P4130681


やっぱり韓国海苔巻きは欠かせません。
05P4130678


日本で喰うのと全然食感の違うチャプチェ。このもちもち感が堪りません。
06P4130679


おでんを一皿注文したのに丼二つたっぷりのスープ付きでやってきました。あれ、アジュマ聞き間違えたのか!それともしらばっくれて二人前だしたのか!って思ってお尋ねしてみたら「お二人さんだから半分こ。スープたっぷりはあたしの気持ち」だそうです。大変失礼いたしました。
07P4130680


お腹一杯になって米豚旅館に戻ります。米豚旅館から広蔵市場まで往復で1200歩。長期滞在したくなりました。
08P4130676