R60★亀(亀次朗)であります。
発作的にソウルにメシ喰いに行ってきました。懐かしの鍾路三街で朝めしです。
この記事は2018年(平成30年)04月11日のものです。
14タイル201804ソウル食い倒れ


前回の記事で鍾路を錦糸町に喩えましたが、そうなると地下鉄一駅東の鍾路三街は亀戸って事になるんでしょうか。かつてこの街の居心地の良さにハマった亀次朗は毎年のようにこの街での滞在を楽しんでいました。決してお洒落な街じゃないんで若者たちの姿は少ないんです。地味なおっさんばかりが妙に目に付くゆる~~い下町であります。確かに亀戸みたいな街だなあ。亀戸には昔10年程居たけどほんまにいい街だった。
01P4110412



今はもう無いけど、この街にはドロスホテルっていうこの街にはふさわしくない程お洒落で綺麗なビジホがあったんです。今なら珍しくもないんだろうけど10年位前に新築されて部屋そのものは狭いけど寝心地の良いダブルベッド、洗浄便座が完備したバスルーム、サービスの朝ごはんも魅力的でした。フロントスタッフはみんな日本語ペラペラで対応もしっかりしていて亀次朗のお気に入りだったんです。
02P4110420


ドロスホテルの周りには2500W~3000Wも出せば焼き鯖定食やスンドゥブが食べられる安食堂が何軒もあってその余りの旨さにドロスの無料朝ごはんを食べずに朝からメクチュ呑みながらスンドゥブかっ喰らっていました。このお店は場所はちょっと移動してしまっているけどかつて亀次朗が朝飯喰いに日参したお店の一軒です。
03P4110419


ううむ。。。かなり値上がりしているなあ。。。残念だけどこれがご時世なんでしょう。それでも5000Wですから。
04P4110417


注文してから待つこと一分。四種類のサービスおかずを白米に乗っけて食べ始めているとグツグツと煮えたぎったスンドゥブさまのお出ましです。
05P4110415


最近の東大門辺りでは色んな具材がたっぷりと乗っかった豪華スンドゥブが流行っているようですが、鍾路三街の安食堂街ではそんな華美なスンドゥブは似合いません。ごくごくシンプルなスンドゥブを楽しみましょう。
06P4110413