R60★亀(亀次朗)であります。
鶴弥さまが「相田みつを美術館に行きたい」というのでお供させていただきました。相田みつをさんについては皆さん良くご存知でしょうから亀次朗がくどくどと述べるのは止めておきましょう。場所は東京国際フォーラムという大きなコンベンションセンターの地下にありました。かつてここには東京都庁があって建設業の申請に出向いた忌まわしい場所であります。
この記事は2017年(平成30年)04月16日のものです。
タイル居酒屋

昔の都庁つまりはJR東京駅から有楽町に向かって南下して今の京葉線ホームの辺りになります。よく言えば東京駅にも有楽町駅にも近い交通便利な場所ですが、どっちの駅にもそれなりに距離があるんで中途半端なイメージはぬぐい切れません。強いてメリットといえば雨の日でも濡れずに辿り着ける場所という事でしょうか。
01相田みつを美術館

ゆっくりと相田みつをの世界に入り込んでいる鶴弥には申し訳ないけど無学な亀次朗はひと足先に美術館を抜け出して一休みする場所を探してみました。前述したとおり国際フォーラムの中の通路は南北に東京駅と有楽町駅があるので、国際フォーラムに用事があるというよりもっぱら丸の内と銀座を行き交う渡り廊下のような使い方がされていました。そんな廊下の脇には数軒のレストランが並んでいました。その中に「酒蔵レストラン」という良さげな名前を見つけてしまいました。
02P4160357

「宝」という名前からして日本酒「松竹梅」や焼酎「一刻者」を作っている宝酒造の系列レストランかと思ったのですがラインナップされているお酒を眺める限りは別の会社のようです。後で自宅に帰って調べてみたら中堅処のホテル外食チェーンの新規展開でした。
03P4160356

お店に入るとおひとり様用のカウンター席、四人掛けのテーブル席が八卓。これだけですかと思っていたら奥や中二階に10数名入れる団体席や個室が用意されています。ここなら急にある程度まとまった人数の会合でも対応できそうです。駅に近いから集合解散も楽ちんです。
04P4160362

東京駅から新幹線に乗り込む前にイッパイやりたいならこのカウンターが落ち着きそう。八重洲口にいっぱいあるレストランでは賑やかすぎてお困りの諸兄にはオススメです。
05P4160360

黒糖焼酎竜宮(30度)をロックで頂きます。この量で650円ならお値打ちです。お通しは鯛のつみれスープ。やや薄目の塩味が軽く胃袋を刺激します。
06P4160358

あまりお腹が空いていなかったので「9蔵珍味セット」を二人で頂きました。
07P4160363

上のメニュー通りに並べてあります。一つ一つは少ない量ですが老夫婦にはこれで充分です。
08P4160364

お会計はこんな感じ。ちょっと高いかな?んでも丸の内側でそこそこお洒落で気軽に呑めるお店は少ないので重宝しそうです。
09P4170371