R60★亀(亀次朗)であります。
今回の山梨遠征はワイナリー巡りや酒蔵探訪が目的ではありません。いわんや桃や信玄餅の買い付けではありません。亀次朗実父17回忌法要でありました。場所は甲府市内の高級料亭、久し振りに全員集合しました。
この記事は2017年(平成29年)7月2日のものです。
タイル居酒屋

亀次朗の亡き父は四人の息子娘をのこしました。内三人が存命中。孫は総勢10名。殆どがこの地を離れそれぞれに社会人となっています。最早全員が集まれる事は無いだろうと思っていましたが、万難を乗り越えて10人全員が顔を揃えてくれました。姪クイーンず&甥スターず10名全員集合です。みんなええ子や。
01P7020423

お墓参りを済ませて甲府市内に戻ります。昔懐かしい市内の料亭でお昼ごはんです。
02P7020452

全室離れ造り。とても静かです。市内中心部とは思えません。
03P7020453

亀次朗父存命中、孫たち全員と写真を撮った思い出の場所で全員集合。せっかくですから当時の位置取りに並んで撮ってみました。
04P7020463

あの時と同じ懐石料理を頂きます。
05P7020454

自然湧水に恵まれたこの地では昔からウナギ料理が親しまれてきました。市内に残る貴重な料亭で頂く鰻重はまた格別な味わいでありました。
06P7020455

亀次朗がまだ小さかった頃、真夜中に泥酔して帰宅した親父にたたき起こされて喰った鰻丼。やや甘めの濃い煮締め醤油味。懐かしい味は今でも変わりません。この味が亀次朗の鰻味覚のベースになっています。もっともリタイヤした今では鰻など久しく食べておりません。。。。
07P7020456