R60★亀(亀次朗)であります。
ワイナリー巡りと酒造利酒を楽しんだ山梨の旅、いかがだったでしょうか。これから数話は山梨のお土産を買いに行ってみましょう。
この記事は2017年(平成29年)7月2日のものです。
タイル温泉

かつて大論争になった「信玄餅商標」戦争。
最終的に「信玄餅」の商標は金精軒のもの、「桔梗信玄餅」は桔梗屋のものとして決着したものの実販売実績手はどうやら桔梗屋に軍配があがってしまっております。
そんな過酷な販売競争を勝ち抜いた桔梗屋ですが、高級ブランド「桔梗屋東次郎」展開には苦労されているようです。以前「桔梗屋東次郎」として構えていた甲府市中央部の店舗は現在「桔梗屋甲府本館」として営業を続けています。
01P7020475

いわば桔梗屋グループの旗艦店舗なんですが、ここに買いに来るのは殆ど地元のおばあちゃん世代。旗艦店ですから品揃えや品質は間違いなし。むしろ、落ち着いてお買い物が出来るから鶴亀家ではもっぱらこのお店を利用しています。
02P7020477

ある日曜日の昼下がり、桔梗屋本店の店内はこんなかんじです。同じ時間帯に甲府バイパスにある「桔梗屋アウトレット」に行ってごらんなさい。めっちゃくっちゃ大混雑。自分ち用にアウトレット価格で信玄餅の袋詰めするならともかく土産品に賞味期限ギリギリの信玄餅を差し上げる事はできませんから別館の店舗で買おうにも長蛇の列。同じ値段ならガラ空きの桔梗屋本館をオススメします。
03P7020478

一通りの商品が用意されていますから、ゆったりと買い物が楽しめます。
桔梗信玄餅のカントリーマアム(?)なんじゃこりゃ?
04P7020482

ここの喫茶部はオススメです。お買い物は女性陣にお任せして一息つけて首都圏への帰り道に備えましょう。
05P7020481