R60★亀(亀次朗)であります。
しさしぶりの東京遠征であります。千里丘時代、この界隈に巣食っていた先輩を訪ねて訪れた覚えのある神保町。およそ40年ぶりの徘徊であります。
この記事は2017年(平成29年)3月7日のものです。

タイル亀次朗160
亀次朗の千里丘時代、この界隈に出掛ける時には「国鉄の東京ミニ周遊券」を使っての滞在でしたから地下鉄を使うだなんって思いもよりません。国鉄水道橋駅からうろうろと歩いて向かったものでした。あれから40年。オイルショック時代に不毛な勤め人生活を東京で暮らしながら一度として立ち寄る事がありませんでした。記憶の奥底に埋もれた「すずらん通り」と今目の前にある商店街が全然結びつきません。
01P3070963

それでも昔先輩に赤ナポリタンをご馳走になったモクモク喫煙喫茶の場所は覚えていました。今は禁煙になっているのでしょうか。
02P3070967

あの当時はロンピー3箱を一日で消費するヘビースモーカーでありました。思い切って煙草断ちしたのは二十歳になった春だったと記憶しております。
03P3070969

小ぬか雨降るすずらん通りの裏道。もうこの界隈にはお爺の居場所はありません。
04P3070971

突然の雨降りだったものですから当たりを付けていた喫茶店は全て満席。平日昼間、しかも後期試験明けで学生さんが少ない時期だというのに何という事でしょう。思い出に浸る隙間もなくすずらん通りを後にした爺いであります。
05P3070972