ニトロを持ってホノルルへ(行けるのか?)-16 特別講演「病気を抱えて旅に出る」
亀次朗
R60★亀(亀次朗)であります。
ロジュマンさんからの叱責を受けて亀次朗も前向きに9月のハワイ行きを考え直してきた頃です。
この記事は2015年(平成27年)7月頃のものです。
例によって添付の画像は全く関係ございません。

KICX0075
あちこちと調べ廻ってようやく一筋の光を見出せました。「心臓病患者さんの健康旅行術」という講演記事です。北海道大学大学院医学研究科 循環病態内科学 教授 筒井 裕之氏によるものです。そういえば日本初の心臓移植手術も札幌で行われたんですっけ。JR札幌病院の「心臓血管ドッグ」にも前から興味があります。亀次朗の居住地域の大病院では人間ドッグを受ければ追加メニューで心臓のMRIを診る処もあるんですけど、元々大病院の人間ドッグが高い値段なので回避しています。JR札幌病院の「心臓血管ドッグ」は心臓血管だけの単独ドッグで受診できるので受けたいのですが結果を訊くには数日後になってしまいます。お酒が呑めれば札幌数日滞在も楽しかろうに、お酒が呑めなくなってドッグの結果待ちでの札幌数日滞在は何をして楽しみましょうか。。。。
KICX0076

ともかくも講演記事を読んでください。講演はこんな風に始まります。
<<今日は「心臓病患者さんの健康旅行術」というタイトルでお話しさせていただきますが、皆さんの中には旅行をするのは嫌だという方は多分おられないんじゃないか、逆に旅行にはぜひ行きたいと思っておられるのではないかと思います。

  只、ひょっとして、旅行中に病気が起こったらどうしよう、病院にでも入院することになったらどうしよう、一緒に行ってくれた方に迷惑がかかったらどうしよう、そういうことを考えると、じゃあやっぱり止めておこうかとなるかもしれません。>>
ううむ。。。まさしく今の亀次朗の状況ピッタシです。興味が湧いたお方は是非お読みください。
心臓患者の健康旅行術
http://www.aurora-net.or.jp/life/heart/kouen/111/