モーハワイ☆コム

亀次朗の妄想♨温泉三昧計画(先頭固定表示)


R60★亀(亀次朗)であります。
00P3101047


これから数年の間、日本各地の温泉を巡ってみようと思案中です。
還暦を越えてからの四年間に三回も訳の分からない病気に罹ってしまいました。病室の窓からの四角い小さな空を眺めていると、自分の行動範囲がどんどんと狭まっていきそうで堪らなくなりました。やはり体が動くうちはなるべく出歩いて残りの人生に悔いを残さぬよう心掛けねばなりますまい。
国内の温泉巡りと旨いもん中心のブログであります。

20170518腰越散歩-とってもちいさな手作りパン屋さん


20170518腰越散歩-とってもちいさな手作りパン屋さん
タイル鎌倉
R60☆鶴(鶴弥)です。
良く晴れた五月の木曜日、思い立って腰越の街を歩いてみました。
この記事は2017年(平成29年)05月18日のものです。

00P5181304
漁港の朝市でお魚を買っておうちに急ぎます。予め保冷バックに氷を用意していったので海鮮丼もお魚も大丈夫でしょう。龍口寺付近の交差点の処に小さな看板を見つけました。え?何を焼いているのでしょう?何だか気になります。
01P5181297

横幅1メートル程の本当に細い小路。奥の方に細く長く小路が続いています。この奥に何があるのでしょう?
02P5181299

小路は途中お花のトンネルを抜けて更に奥の方に続いています。
03P5181300

20メートル以上奥に進んだ突き当りでようやく小さなおうちをみつけました。ここですか?!
04P5181305

小窓の中には色んな種類の手作りパンが勢揃いしていました。どれも美味しそう♪
05P5181302

今日はたくさん歩いたから塩麹のあんぱんを頂いてもいいでしょ(^^♪
06P5181306

明日の朝ごはんはコーヒーを淹れて楽しみましょう。
07P5181316

20170518腰越散歩-腰越漁港の朝市


20170518腰越散歩-腰越漁港の朝市
タイル鎌倉
R60☆鶴(鶴弥)です。
良く晴れた五月の木曜日、思い立って腰越の街を歩いてみました。
この記事は2017年(平成29年)05月18日のものです。


腰越商店街を東に抜けると海沿いの国道に合流します。小動神社や満福寺などがあります。この日の目的地は腰越漁港。毎月二回朝市が開かれています。毎月第一、第三木曜日の朝10時から売り切れるまで。わたし達が到着した朝9時半頃には既に10人近くが並んでいました。
01P5181264

朝10時になると一斉に行列が動き始めました。今朝捕れたばかりの新鮮な鯵や鯖、カマスや蛸までみるみる売れて行ってしまいました。
02P5181274

めったにお目に掛かれない金アジがありました。すかさずお買い上げ!この大きさならお刺身がたっぷりと楽しめそうです。
03P5181275

勿論、私には大きな魚を捌く事なんって出来ません。あまり知られていませんが漁港の裏に回ると漁協の方がサービスで捌いてくださいます。
04P5181281

取れたて新鮮野菜もずらりと並んでいます。
05P5181269

稲荷ずしやドーナツ、コロッケなんかもあるのでお腹を空かせて行っても大丈夫。漁港の岸壁に座って海を見ながらおやつにしましょうか(^^♪
06P5181278

NHKの連ドラ「ツバキ文具店」で何回かロケで使われていましたね。江の島からとっても近いのにあまり観光客の皆さんがいらっしゃらない私のお気に入りの場所です。
07P5181284

20170518腰越散歩-魚屋さん自家製海鮮丼600円


20170518腰越散歩-魚屋さん自家製海鮮丼600円
タイル鎌倉

R60☆鶴(鶴弥)です。
良く晴れた五月の木曜日、思い立って腰越の街を歩いてみました。
この記事は2017年(平成29年)05月18日のものです。


江の島界隈はわたし達があまり足を踏み入れない地域です。これから夏に向かって大勢の観光客、海水浴客の皆さんがいらっしゃって大賑わいになる事でしょう。海沿いの国道は大渋滞、江ノ電も改札規制が行われる程の大混雑が予想されています。わたし達はちょっと遠回りだけど湘南モノレールを使って終点で降りて左に回り込んで腰越商店街に向かいます。
01P5181249

若い人たちで大賑わいの江の島のお隣りですが静かな街並み。時折江ノ電がガタガタと通り抜けていきます。
02P5181254

最近お洒落なレストランが増えてきました。とても興味がありますが、何だか浮き上がってしまいそう。ちゃんと覚悟を決めて再訪しましょう。
03P5181291

江ノ電の電車道をゆっくりと鎌倉方面にあるきます。この日の目的地は腰越漁港。ホンの5分程の短い散歩道です。




04P5181255

商店街に一軒のお魚屋さんを見つけました。地元で獲れる近海魚を扱っているお店です。

05P5181259

ショーケースの一角に沢山の海鮮丼が用意されていました。鯵や鯖などの地魚が中心のご当地どんぶり!美味しそう♪
06P5181288


おうちに帰ってお昼ごはんに頂きました。やや小ぶりな丼でしたが、たっぷりのご飯にお刺身も一杯あって充分満足できました。
07P5181314

成田で結婚式に出席!なら帰りには何処に寄る?


R60★亀(亀次朗)であります。
成田在住の友人からご子息の結婚式へのご招待を頂きました。友人とは家族ぐるみで30年来のお付き合いです。是非とも出席させて頂きましょう。
この記事は2016年(平成28年)7月8日のものです。

タイルリゾート
せっかく成田で行われる結婚式に参列するんですから、ついでに何処か行こうよ。旅好きな老夫婦はメインテーマである友人ご子息の結婚式が行われるという成田空港直近のホテルパンフレットを眺めながら意見の一致をみました。

じゃハワイだな。せっかく成田まで行くんだもん、ハワイまで乗り換えなしだ。しかしこの時期どこのエアラインを調べてもGWやお盆休み並みの料金設定ととても強気です。そういえば二年前のあの9/11にハワイに行った時は往復満席だったっけ。

じゃ台北に行こうか。でもこの時期は台風が心配です。

ならソウルは?まだアシアナゴールドの賞味期限内です。成田のANAラウンジもインチョンのアシアナラウンジもつかえます。んでも御三家(トランプ阿部金正恩)が何かしでかしたらソウルの街は火の海になるって心配じゃありませんか。じゃどこ行こうか?
21アシアナ・ゴールド (1)

でもよくよく考えてみたら成田空港から飛んでいるのは大手メジャーなエアラインばかりじゃありません。LCCも数多く飛んでいるし、国内線もあちこち行けるようです。
ならばと北海道で9月に行われるイベントを調べてみたら、あら大当たり!
「札幌オータムフェスト」なる大イベントが大通り公園で行われているではありませんか!大通公園に近い安いビジネスホテルに連泊して、あちこち遠出するのもいいし、大通公園のお祭り会場でうろうろ歩き回るのも楽しそうです。9月中旬のウィークディが狙い目ですね!
22さっぽろオータムフェスト

こっちも魅力的。9月10日は早や起きして行ってみようかな。
北の収穫祭 ワインカーニバルinおたる
23おたるワインカーニバル

201707「ハワイで何もしない」とは?


R60★亀(亀次朗)であります。
やはり究極のハワイ旅とは「何もしない」ことだと思っている亀次朗であります。この記事は2017年(平成29年)7月12日のものです。

00P6091716
憧れのリタイヤ生活!と夢にまで見ていた数年前だったんですが、いざ実際にその立場になってみると憧れと現実のギャップの大きさに戸惑っております。リタイヤして四年余り、その間三回も訳の分からない病気にかかってしまいました。幸い現在体調は安定しているんですが、65歳近くになっていて三つも変てこな病気を抱えている爺いなどハローワークに行っても相手にされません。「お身体大切にするのが一番ですよ」などと体よく追い出されてしまいます。僅かな支給額の年金が頼りの老夫婦にとっては年一回行けるか行けないか分からないけど、ハワイで暮らす一週間が心の支えになっています。
01P6132151

ではハワイに行けたとして、老夫婦は何しにハワイに行くのでしょう。二人してハワイに行くお金があったら伊豆や箱根の温泉旅行が何回も楽しめるではありませんか。亀次朗の答えは簡潔明瞭です。「何もしないハワイを満喫する」のであります。自炊の出来る宿なら朝ご飯を炊いてオニギリ作ってビーチで海を眺めながら過ごしましょう。定宿パゴダならドンキかパラマで海苔巻き買ってビーチに行くかな。

お気に入りのベンチに座って夕暮れ時までうたた寝するのが夢であります。
02P6081547

処が、鶴弥にとって「何もしないハワイ」の捉え方はいささか違っているようです。日常のシガラミから解放されるハワイ滞在の一週間、「予定がないから好きな事する」というのです。だから何もしないハズだったのに朝からドンキやパラマ、ロスにウォールマート、果てはベレタニアのタイムスやセーフウェイまで歩いて行って買物ばっかりしているんです。そういえば、ハワイに行く前に計画を立てようと言っても「何もしないんでしょ」といってましたっけ。あれは「思う存分に買物三昧していたい」とそういう事だったんですね。はい、では仰せのままにお買い物の荷物持ちになりましょう。
03P6111925

201703近郊電車でミニ湯治-7/お手軽湯治の朝ごはんはこんな感じ


R60★亀(亀次朗)であります。
ハワイの事は夢のまた夢。遥か遠いオアフ島の白砂ビーチを想いつつも近場の温泉湯治を楽しみに日常生活を送る爺ぃであります.
この記事は2017年(平成29年)3月9日のものです。

タイル温泉
今時の温泉宿の朝ごはん。人出不足を反映しているのでしょうか。バイキング方式が一般的になっています。あまり食べられなくなってきた老夫婦には、鯵の開き・目玉焼き・納豆にお漬物といった正しい日本の朝ごはんが嬉しいのですが、今時そういう朝ごはんを食べられるのはもっと高い旅館に泊まらねばならないのでしょう。
01P3111105

たっぷりの野菜やパンが並んでいます。高原牛乳にカレーなんかもあってお腹いっぱいになってしまいそう。
02P3101049

亀次朗のチョイスはこんな感じ。カレーライスに野菜サラダ、高原牛乳を頂きましょう。こういうバイキング形式だとウィンナーソーセージとか卵焼きが無いなあ。安いプランだから仕方が無いと思っていました。
03P3101058

そしたらウェイターさんが大きなお皿にお惣菜を盛り合わせて運んできてくださいました。あらら、このおかずが銘々に頂けるそうです。めっちゃ豪華じゃありませんか。
04P3101059

後でお聴きしたら、一時某国の団体客が押し寄せて来た時にこれらのお惣菜をハイエナのように食い尽くしてしまって大人しい日本人湯治客が全然食べられなかった事があったんだそうです。それ以来、宿泊人数が少ない日にはこうやってセミバイキング方式にしているんだそうです。湯治湯も苦労してるんですね。
05P3101054

201703近郊電車でミニ湯治-6/お手軽湯治のお風呂はこんな感じ


R60★亀(亀次朗)であります。
ハワイの事は夢のまた夢。遥か遠いオアフ島の白砂ビーチを想いつつも近場の温泉湯治を楽しみに日常生活を送る爺ぃであります.
この記事は2017年(平成29年)3月9日のものです。

タイル温泉
一泊二食10000円の湯治宿。お部屋は広々42平米。リニューアル仕立ての立派なお部屋でした。食事だって老夫婦には充分なボリュームです。さて肝心なお風呂はどんなんでしょう。大浴場は傾斜地を利用して建築されたホテルから階段を下って向かいます。
01P3090980

それぞれ風呂に入る前に風呂上りの待ち合わせ場所の確認。脱衣室の手前にまるで温室のようなガラス張りの明るい部屋がありました。マッサージチェアーやウォーターサーバーもあるので鶴弥の長風呂にも待っていられそうです。書き忘れましたが部屋の鍵はシリンダー錠。流行りの非接触カードキーではありませんから、先に部屋に帰るコトは出来ません。
02P3090982

お肌すべすべ、疲労回復に効果あり。ゆっくりと一週間程逗留してみたいですね。
03P3090990

このクラスの湯治宿にしては珍しく洗い場に衝立が固定設置されています。知らないおぢさんやロン毛の若い衆のシャワー攻撃を受けないで済むのは極めて得点高いです。もっとも閑散期なもんだから相客は誰も居ませんでした。
04P3090984

内風呂は沸かし湯。さらさらとしたとても温まるお湯です。体を温めてから露天風呂に出陣です。
05P3090986

平日お昼過ぎの露天風呂。誰も居ません。たっぷりの白濁の湯に肩まで浸かりましょう。
06P3090988

う゛~
07P3090994

やっぱり日本人には濁り湯ですなあ
08P3101047

東京Mx-TVのハワイ番組(?)復活!


R60★亀(亀次朗)であります。
歳をとって朝目覚めの早い老夫婦であります。朝早く起きたからって特別にやらなければならない事など何もない老人は雨戸を開けて家庭菜園の水やりが終わればテレビでも眺めるしか楽しみなどありゃしません。
この記事は2017年(平成29年)07月01日のものです。

タイルリゾート

東京MXというテレビ局をご存知でしょうか。スカイツリーから約50kmの範囲が受診可能エリアという地域限定のテレビ局です。もちっと離れた地域でもCATVで観られることもあるらしいです。平成になってから運用開始した比較的新しい局ですから色々と意欲的な(≒時々スベる事もある)番組もあったりします。製作スタッフも若い方々が多いのでしょう。老夫婦が興味を抱く番組はあまりないのですが、サブチャンネルの朝早い時間帯に老夫婦が毎朝観ている番組があるんです。
01東京MX


数年前から主治医の勧めで付け始めた血圧手帳も早や20冊近くになりました。心静かに血圧を計測するのには穏やかな気持ちを整えるのが大事な事です。そんな老体が毎朝の楽しみとしているのが東京MXテレビのサブチャンネル(TOKYO MX2)の「ヒーリングタイム&ヘッドラインニュース」という番組なんです。
01P7010319

この番組は日替わりに、「ヨーロッパの街並み」とか「都電荒川線沿線」「東京下町点描」新しい処では「インドネシア」などのシリーズがあるんです。一時間の間、音声アナウンスなど一切無く映像と音楽だけで構成されているから目覚めの時間、ぼーっと眺めているのもいいし、コーヒーを飲んだり新聞を読んだりと寛いで過ごせる一時間になります。7月になって久しく登場してこなかった「ハワイ」編が復活しました。
02P7010321
 毎年夏になるとハワイの画像が流れる日が出てきます。
特別に目新しいお店なんかは出てきません。若いタレントさんが「きゃ~」とか言いながらスウィーツやお買い物に興じるシーンとか「ボクはいつもこんな店に通っているのさ」なんって物知り顔でスタッフが用意したセリフをしゃべる中年男なんかは全く登場しません。


この番組ではハワイアン風にアレンジされた古い歌が静かに流れているだけです。見慣れたホノルルの街並みや懐かしい海岸線を眺めて過ごすのもリタイヤ老人の朝の楽しみであります。一応最低限のニュースが画面下に流れます。どっかの国の我が儘首相がアップになって出てくるニュースを見せられるよりはずっと心が落ち着くというものです。

番組表によりますと土日の朝に「ハワイ」が組まれている事が多いようです。気が向いたら朝のひと時をハワイの風景を眺めて過ごしてはいかがでしょう。今週末の土日の早朝も「ハワイ」放送予定になっていますよ。
03P7010322

201703近郊電車でミニ湯治-5/お手軽湯治の夕ごはんはこんな感じ


R60★亀(亀次朗)であります。
ハワイの事は夢のまた夢。遥か遠いオアフ島の白砂ビーチを想いつつも近場の温泉湯治を楽しみに日常生活を送る爺ぃであります。
この記事は2017年(平成29年)3月9日のものです。

タイル温泉
お楽しみの夕ごはん。といっても一泊二食税込み10800円の宿です。お部屋はリニューアル直後の広々42㎡。その分、夕ごはんには期待しない方がよさそうです。最初申し込んだ時に「特別/取り分け和洋創作料理」となっていましたから、きっと何か仕掛けがあるんでしょう。もう一つ老夫婦には理解し辛い点がありました。夕ごはん会場に行くのに「浴衣は不可!」っていうんです。せっかくの温泉湯治に来てゆっくりたっぷり温泉に浸かった後、夕ごはんを食べに食堂に行くのに着替えてくださいって云うんです。湯上りのくった~っとした気分で生ビールで乾杯といきたいのになあ。
01P3091000

ともあれ席に案内されると、本日のメニューが用意されていました。何だかちゃんとしています。お会計が心配になってきました。
02P3091001

前菜盛り合わせ。これは二人分。
03P3091004

キノコの紙包み焼きは各々にやってきました。
04P3091010

処がメインの「サワラと小エビのソテー」はこれで二人分。一人一切れしかありません。これが噂の「取り分け料理」というヤツなんでしょうか。。。。
05P3091012

次に登場したローストビーフで理解しました。厚さ4mm位のローストビーフ四枚がワンプレート。これが二人前の「取り分け料理」なんです。他のテーブルを見回しますと、皆さんそれぞれにこのローストビーフ四枚一皿がサービスされています。つまりはメイン料理の量が普通のプランの半分という事なんですね。それでも喰いきれない老夫婦。歳は取りたくないもんです。(涙)
06P3091017

ご飯は卵粥。流石にこれはそれぞれに頂けます。
07P3091019

何故か充実していたデザート。コーヒー、アイスクリームはそれぞれに頂けました。
08P3091023

201703近郊電車でミニ湯治-4/お手軽湯治のお部屋はこんな感じ


R60★亀(亀次朗)であります。
ハワイの事は夢のまた夢。遥か遠いオアフ島の白砂ビーチを想いつつも近場の温泉湯治を楽しみに日常生活を送る爺ぃであります。
この記事は2017年(平成29年)3月9日のものです。

タイル温泉

  さて一泊二食で10800円(税込み)のお部屋とは一体どんなもんなんでしょうか。

そういえばいつだか友人と行ったソウルの宿は凄かった。ドアを開けたらダブルベッド一台だけ。ベッドの周囲にはスーツケース一個置くスペースすら無かったんです。それこそどうやってこの狭い空間にダブルベッドを詰め込んだんだろうって不思議に思える極狭物件だったんです。でもまさか中年おやぢ二人で極狭ダブルベッドに抱き合って寝る訳にもいかず慌ててフロントに掛け合ってもう一部屋取ってもらったんです。あ~ビックリした。忘れもしない鍾路三街の泥酢ホテルだ。建物も綺麗だしフロントもしっかりして好印象だったけどあの狭い部屋には参った参った。

閑話休題。今回のお部屋はどんなんでしょうか。

01P3090958

  あまり期待もせずフロントで受け取ったルームキーを持って長い長い廊下を歩きます。平面図を見ますとこの建物は平仮名の「く」の字の形をしています。フロントは真ん中の折れ曲がった辺り。「く」の字のてっぺんの辺りまで歩いた処に老夫婦にあてがわれた部屋はありました。ドアを開いて驚いた。めっちゃ綺麗で広いお部屋ではありませんか!入って直ぐ右手にはロッカー、左手にはバストイレ、その先にはクイーンサイズのベッドが二つ、更にその奥には広いリビング部分があるんです。
02P3090959

ゆったりとしたリビング部分。ここだけで3~4人寝られそうです。滞在中はここでゴロゴロと過ごしました。
03P3090960

  家に帰って調べてみたら42㎡もあるデラックスルームというカテゴリーのお部屋でした。フロントのおねいさんが間違えて広い部屋にしてくれたんかなあ。都心のビジネスホテルの倍くらいある広さです。
04P3090961

  安ブロガーの性としては部屋の設備は全て開けてみたくなります。まずは冷蔵庫。小型の冷蔵庫の中は空っぽ。という事は持ち込んで良かったのかなあ。残念。
05P3090966

  サービス飲み物は日本茶の用意あり。何故か「牛蒡茶」「しいたけ茶」が二杯分あり。御着き菓子やコーヒーは無かったです。
06P3090967

  貧乏な老夫婦には無縁なセーフティーボックスが完備されていました。四桁の暗証番号を自分で登録して一回ごとに更新するタイプでした。
07P3090969

  一泊二食付き税込み10800円のお宿ですが、かなり広いバストイレユニットが付いていました。新式の洗浄便座付はポイント高いですね。
08P3090971

  ラナイから見えるのは雑木林のみ。。。。ま、ここには温泉を楽しみに来たんです。そろそろお風呂に行ってみましょう。
09P3101064