モーハワイ☆コム

断酒はうまく語れない


断酒はうまく語れない
01断酒はうまく語れない-0
R60★亀(亀次朗)であります。
「ニトロを持ってホノルルへ」お楽しみいただけたでしょうか。
突然に狭心症になってしまった初老爺ぃのお話しです。
http://www.mo-hawaii.com/kogemeshi/category/nitoro


お酒が呑めない体になってしまいましたが、やはり居酒屋メシは旨いもんです。
01断酒はうまく語れない-1
この記事は2015年(平成27年)5月16日のものであります

断酒はうまく語れない
あまり泥酔になりすぎて
豚は足元がふらつき
爺ぃはグラスをなめている
秋の空は蒼く高く食い物すべて旨く
酒は来たが氷が来ない 

太り過ぎでは
断酒はうまく語れない
。。。。。

やっぱ陽水はええのぉ
01断酒はうまく語れない-2

 とは云え、今まで書き溜めてきた居酒屋の記事はどう処分したらいいんだろう。取材を口実に西へ東へ歩き回って集めた舌と胃袋の記憶は数十軒分も残っているんです。
01断酒はうまく語れない-3

んじゃもう一度ご唱和くだされ。

太り過ぎでは断酒はうまく語れない♪
P4180890

  前回までの「ニトロを持ってホノルルへ」では、闘病生活を赤裸々に且つなるべくお気楽に綴ってまいりました。これから先は、今まで書き溜めた居酒屋記事であります。もう時間が経っちゃって居酒屋情報としては価値が無くなっているかもしれませんが懐かしい飲酒時代をゆるゆると振り返ってみようと思います。自戒の念を込めて、あえて「断酒はうまく語れない」という名前にしてみました。お暇な方だけにでも喜んで頂ければ幸いです。
P4150292
  
  画像を含め全て取材当時の記事のままであります。
既に閉店してしまっているお店もありますが気にせずアップしてまいりましょう。

 

20160510蔵王温泉徘徊記-03 蔵王酢川神社でリハビリトレーニング?


20160510蔵王温泉徘徊記-03 蔵王酢川神社でリハビリトレーニング?
タイル温泉
R60★亀(亀次朗)であります。
凧と何とかは高い処に上がりたがると申します。ロープウェイで山の上に行ってノンビリするという晴れ計画しか立てて来なかった老夫婦は「とりあえず上の神社にいってみよう」と濃い霧の中歩き出したのであります。
この記事は2016年(平成28年)5月10日のものです。


蔵王温泉の旅館街の上の方にある神社は「酢川神社」というのだそうです。そういえば温泉街を流れる川は白濁して酸っぱい匂いがしていました。あれはきっと温泉成分がどうどうと流れ下っているのでしょう。岩手県の須川温泉の湯治生活を思い出してしまいました。あすこも又硫黄源泉かけ流しの迫力あるお湯でした。
01P5100580

ともあれ上湯共同浴場から酢川神社を目指します。今まで歩いてきた距離の半分位でしょうか。楽勝楽勝~
02P5100562

うげっ、いきなりの階段です。何だか嫌な予感がします。。。

03P5100581

鳥居をくぐると雲の中まで階段が続いているではありませんか。これ登るんですかぁ。。。。

04P5100583

登っても登ってもずっとずっと先まで階段が続いています。う~~ん。来なきゃ良かったなあ。

05P5100584

ここでお終いかと思いきやまだまだ階段が続いています。
06P5100585
はあはあぜいぜい


病み上がりに弱った足腰が悲鳴を上げます。息が切れて過呼吸になってほんまに危険です。
00P5100582

ようやく登り切ったようです。ふ~疲れた疲れた。晴れていりゃ少しは景色も眺められたのでしょうに。何だかリハビリに来ているような気分になってきました。
07P5100586

おごそかな神社に参拝しましょう。でも良く見ると総コンクリート造りではありませんか。信者さん総出であの階段をコンクリート担ぎ上げたんだなあと尊敬の眼差しで辺りを見回していたら広い車道があるではありませんか。何だ、ここまで自動車が通れる道路があったんじゃないか。
08P5100590

にしても由緒ある神社のようです。その効能あらたかな温泉に入りたくなってきました。
09P5100589

そういえば同じ酢川の名前を持つ岩手県一関市の須川高原(元々の名前は同じ「酢川」)にはとうとうと流れる源泉かけ流しの大露天風呂がありましたっけ(↓昔の記事)蔵王にもそういった露天風呂があったらいいなあ。探してみましょうか。
10須川温泉記事

20160510蔵王温泉徘徊記-02 GW明けの温泉街は誰も居なかった。。。。


20160510蔵王温泉徘徊記-02 GW明けの温泉街は誰も居なかった。。。。
タイル温泉
R60★亀(亀次朗)であります。
土砂降りの雨の山形駅前からバスに乗り込みます。目指すは山麓のいで湯であります。
この記事は2016年(平成28年)5月10日のものです。


山形駅前から蔵王バスターミナルまでのバスは観光客の為の物ではなく沿線の皆さんの重要な生活の足として利用されていました。途中のバス停から乗り込んでくるお爺さん・お婆さん達は「公民館前」とか「○○病院入り口」などのバス停で乗り降りして終点の蔵王バスターミナルでは私ら老夫婦二人っきりでした。幸い雨は止んできました。とういより雨雲の中に入っちゃったみたいで真っ白で何も見えません。計画ではロープウェイで山頂まで行って広大な景色を眺める予定だったんですけど急遽街歩きに変更です。平日午前中とあって歩いている人なんって誰も居ない寂しい温泉街をとぼとぼと歩きます。
01P5100567

元より晴天の山頂からの眺めを期待してやってきたんですから街歩きについては全く調べてきませんでした。ま、ともかく温泉街をブラブラと歩いてみましょう。
02P5100562

総木造りの洒落た建物が霧の中から浮かび上がってきました。ペンションかなんかかな?それとも喫茶店かな?熱い珈琲でも頂きましょうか。
03P5100568

おお!共同浴場なんだそうです。もっともっと古びた掘っ建て小屋のような物を想像していたんですが、とても綺麗なこざっぱりとした建物です。この辺に宿を取って共同温泉巡りも楽しそうです。
04P5100570

「当温泉は強酸性です」ううむ。。。バスを降りてからずっと漂っている硫黄臭は温泉の匂いだったんですね。タオルが千切れてしまうんですか!そんなに強烈なお湯なら効能も凄そうです。
05P5100569

一軒の餅屋さんがありました。まだまだ午前10時前、営業時間前なのでしょうか。ひっそりとしています。ここでお昼ごはんにしようかな。
06P5100571

餅定食1200円、ずんだ餅650円。ううむ、やはり山形一の観光地値段ですが期待してみましょう。今日のお昼か明日の帰りのバスの前に寄りたいなあ。
07P5100573

緩やかな登坂がいささか角度を増してきた辺りに二軒目の共同浴場がありました。こちらも改装したてなのでしょう。綺麗な建物です。
08P5100576

ここから三方向に上り階段が分かれていました。さて、どっちに行きましょう。間違って登って途中から下って再度上るだなんって嫌だなあ。
09P5100578

今パイオニアサルーン、昔の名前はmicasa


京都にいるときゃ「おでぶ」と呼ばれたの~♪
神戸じゃ「なぎら」と名乗ったの~♪
R60★亀(亀次朗)であります。


Smile841さんからお題「パイオニアサルーンの店内って暑くない?」
http://www.mo-hawaii.com/smile841/15670.html#comment-7502
を頂いたので古い記事を掘り出してみました。最近評判のモンサラットのパイオニアサルーンですが昔は一風変わったメキシカンなお店だったんですよ。

この記事は2016年(平成28年)8月18日のものです。
01PC140417


2007年の記事だから相当古い話なんですけどmicasaという名前の店だったんです。ブログを始めたのが2006年だから文面を辿ると今から10年以上前の画像でしょうか。鶴弥はまだまだ「おばはん世代」真っ最中ですな。はははは。当時そろそろ話題に上ってきていたKCCの朝市の帰り道に立ち寄ったのが最初だったんです。
http://www.mo-hawaii.com/kogemeshi/582.html
02micasa


今でこそパイオニアサルーンのKCC寄りには色々お店が並んでいるけど、あの頃はまだまだお店の数が少なくって休憩ポイントが少なかったんです。そりゃ最初は正直躊躇したんですよ。んでも、思い切ってmicasaの店内に入ってダイヤモンドヘッドを望む窓際の席に座っているととてつもなくゆったりとした時間が味わえたんです。以来、KCCの帰り道にmicasaに寄るのが私らの定番となったんです。決してお手洗い拝借の為に寄っていたんじゃありませんよ!
http://www.mo-hawaii.com/kogemeshi/579.html
03窓からDH

20160510蔵王温泉徘徊記-01 思い切って山形に出掛けてみようと思い立った。


20160510蔵王温泉徘徊記-01 思い切って山形に出掛けてみようと思い立った。
タイル温泉
R60★亀(亀次朗)であります。
忙中閑有と申します。スケジュールの合間を縫うように山形新幹線に飛び乗りました。目指すは山麓のいで湯であります。
この記事は2016年(平成28年)5月10日のものです。


例によってJR東日本の企画切符「びゅう」の格安パッケージ。朝一番の新幹線で懐かしの山形を目指します。
01P5100558

何だかド派手なカラーリングになっちまった山形新幹線つばさ号であります。侍ジャパンに似ている!いえいえ浦和学院でしょうか?もちっと新緑の山形っぽい落ち着いたカラーリングが亀次朗の好みなんだけどなあ。
02P5100555

新幹線は福島を過ぎて緑濃い山間部に入ってきました。およそ二年ぶりの山形訪問であります。
03P5100556

相変わらず行いの悪い老夫婦。旅の空は雨模様。平日朝9時過ぎの山形駅前バス乗り場はガランとしています。
04P5100565

さあ、気を取り直してバスに乗り込みましょう。今回の旅は蔵王温泉から始まります。
05P5100559

20160105蕎谷戸のミニかつ丼セットは「ミニ」じゃなかった


20160105蕎谷戸のミニかつ丼セットは「ミニ」じゃなかった
タイルレストラン
R60★亀(亀次朗)であります。
昨年12月から今年1月の今まで殆ど休憩らしい休憩なしの毎日でした。久し振りに何の予定もない一日です。今日の目標はランチ記事二軒であります。
この記事は2016年(平成28年)1月5日のものです。


良く晴れたお正月明けの火曜日です。最近ウォーキングも間々ならなかったので思い切って、今日の目標2万歩としてみました。自宅から中央公園・野宿公園・東海道線地下トンネル・村岡城址・洪難モール・フラワーセンターから駅に戻る周回コース。コース終盤に二軒のランチポイントを予定してあります。

01喬谷戸地図
今は昔、2万マイルっていったら東南アジアまでの往復チケットが出来るポイント数だったんですけど、最近うにテッドの蓄積マイルは超インフレで紙屑であります。ま、それはともかく自宅から2万歩程歩いて駅近くまでやってきました。一件目の標的は「蕎谷戸」。元気だったころジョギング中に見つけたお店。気になっていたけどまさかジョギング途中で蕎麦喰う訳にもいかず突入未遂だったんですけど、晴れて徘徊老人となって突入してみましょう。
02P1050838

駅から私立男子校に向かうバス通りから一本裏に入った人気のない路地裏ですが、結構大きな箱であります。
03P1050837

座席の構成は玄関左にゆったりとした四人掛けテーブル席が三つ、正面に六人掛けの掘りごたつ席と掘りごたつ風カウンター席(?)六席、左奥に10人ほど座れそうな座敷が二つ。周囲に繁華街も大型商業施設も何もない場所にしては大きい店舗です。ちなみにお手洗いは男女別。非接触(意味が分かるかな)水洗でした。亀次朗が座っているのはカウンター席の一番奥。ここからは厨房が丸見え。
04P1050830

後でもう一軒ランチ取材の予定だから軽めに済ませましょう。そう思ってメニューをめくってみたんだけど、やはり喰い気には勝てません。蕎麦だけにしようかと思ったんだけど、ご飯物も捨てがたい魅力です。メニューのお終いの方にセットメニューがありました。「ミニかつ丼セット」というのを発見!これなら両方食べられるし、二軒目にも負担が無いでしょう。そう思って注文したんですけども。。。やってきた「ミニ」セットは普通盛一人前のざる蕎麦セイロと丼からはみ出す程の煮カツが乗っかった普通の大きさの丼ごはんではありませんか!!!おまけに柚子風味のおナマスが小鉢に入ってサービスされています。この柚子ナマス旨かったです。
05P1050831

どど~~んと丼からはみ出てしまっている煮カツ。150g以上は絶対あるな。実際箸をつけた途端、微妙なバランスをとって乗っかっていた煮カツの一切れがお盆に落っこちてしまいました。「ミニ」じゃないセットでは煮カツが二枚になるんだそうです。あな恐ろしや。。。。
06P1050832

このお店は本業がお蕎麦屋さんですから、お蕎麦の紹介もせねばなりますまい。しっかりと腰の強い短めの蕎麦。やや甘く濃い目のツユで頂きます。一見少ないように見えるでしょうけど、半分も食べるとググッと胃が膨らんできてしまいます。普通メニューではこのセイロが二枚になるんだそうです。一体どんな人が食べるんでしょう。老人の胃袋には「ミニ」セットでも多すぎました。懸案の本日二軒目のランチ取材を断念したのは言うまでもありません。。。。
07P1050833

20151229今年の〆は鎌倉小町大路tsuuで美味しいランチ(^^♪


20151229今年の〆は鎌倉小町大路tsuuで美味しいランチ(^^♪
タイルレストラン
R60☆鶴(鶴弥)です。
限りなくバタバタとした2015年の年末年始。大晦日に近いこの日も材木座で過ごしました。
この記事は2015年(平成27年)12月29日のものです。


よく間違えられるのですが、小町通りと小町大路は全然違う通りです。小町通りと云えばJR鎌倉駅から鶴ケ岡八幡宮に向かう観光客でいつも大混雑した観光地ですが、小町大路は若宮大路の東側に並行した道です。セブンイレブンの対面に白い土蔵造りの建物がありました。
01PC290766

「tsuu」というお名前のようですが、どういう「通」なのかは存じません。
02PC290769

どうやら喫茶店のようです。今日は自宅から歩きっぱなし、立ちっぱなしの午前中でした。お腹も空いているし何よりも疲れているんでこのお店で休ませていただきましょう。
03PC290767

お店に入ったらいきなり民芸品がぞろぞろと並んでいます。しまった、観光客相手の民芸風茶屋だったのかしら。でも、ここは小町大路。この通りを歩く観光客は少ないハズです。ともかく疲れているから何でもいいから座って休まて貰いましょう。
04PC290770

お店に入って右手に回り込んで更に左側に扉がありました。実はこの建物は二重構造になっていたんです。始めにあった蔵を覆うように建物を作ったのでしょうか?中の蔵の中はこんな風に落ち着いた客席になっていますやれやれ、これなら落ち着いて休憩出来そうです。

05PC290772

ホッと安心したらお腹が空いてきました。この雰囲気ならランチも期待できそうです。AカレーかBパスタ、C定食も捨てがたい魅力です。
06PC290773

亀次朗はAカレーを、私はBパスタを注文しました。注文して暫くの間、静かな時間が訪れました。ランチタイムを大きく過ぎてしまっているからでしょうか他のお客さんは誰もいません。途切れる事なく続いてきた緊張と多忙の毎日からようやく解放されてきました。暫くしてからランチサラダがやってきました。彩り鮮やかな薄切り野菜はどれも新鮮です。
07PC290779

先にやってきたのは、亀次朗が注文した「野菜たっぷりtsuuオリジナルカレー」焼き野菜が添えられた風味豊かなカレーライスです。
08PC290781

こちらは私が注文した「ほうれん草とサケのクリームパスタ」亀次朗が注文したカレーに入っているのと同じ焼き野菜が添えられています。茹でたてパスタに鮭のクリームソースが良く合う一品でした。
09PC290783

たっぷりのクリームソースは私好みの味加減。フランスパンがあればスープ全部付けて食べたい程でした。
10PC290785

パスタセットには六種類の焼き野菜が添えられていました。どれも素材を生かして軽く炙るだけ。慌ただしかった年末にご褒美を頂いた気分になりました。
11PC290784

カレーもパスタも全部平らげました。お皿を下げながら、「これからコーヒーを淹れますね。少々お待ちください」ゆったりと蔵の中を見渡しながら過ごしていると珈琲豆を粉にする音と香りが漂ってきました。久し振りにゆったりとした美味しいランチタイムを楽しませて頂きました。
12PC290786

亀次朗であります。鶴弥の命令で「場所のおさらい」です。小町大路とは若宮大路よりまだ東を南北に通貫している細い裏道です。小町通りとは全く違う道ですのでご注意ください。金沢街道や二階堂から若宮大路を通らずに大町、材木座に抜ける信号の少ない通りなので無茶なスピードの車に注意せねばなりませんが、それ以外は至って静かな街歩きが楽しめます。JR鎌倉駅からTsuuに向かうには若宮大路の段カズラの始まりの鳥居の処から東に入って7/11の角を曲がった処です。
tsuu地図

夏はやっぱり冷やしカレー(^^♪


夏はやっぱり冷やしカレー(^^♪
タイルレストラン
R60☆鶴(鶴弥)です。
何だかとっても暑い毎日です。夕ごはんのお買い物で仲通りまで出かけるのも大変です。
この記事は2016年(平成28年)7月10日のものです。


仲通り商店街の真ん中辺で路地に入った処にある雑居ビルの奥にカレー屋さんが出来ました。この雑居ビルは殆どのお店が夜の飲食店ばかりだったので気が付きませんでした。亀次朗がお昼にカレーを食べて美味しかったと言っていたのでお買い物の途中で覗き込んでみました。
11P7100691

亀次朗によりますと「昼はカレー、夜は立ち飲みで気軽に入れるお店」なのだそうです。そうはいっても女性一人で入るのはちょっと勇気が要りますよね。
12P7100702

でも、こんなメニューに引き込まれてしまいました。「冷やしカレー」って一体どんなカレーなのでしょう?
13P7100690

お店に入ってみるとカウンター六席に二人掛けのテーブル席が四つだけの小さなお店でした。カウンターの中のお嬢さんが一人で夜も昼も切り盛りしているそうです。気になっていた「冷やしカレー」を注文してみました。炊きあがったご飯を水にさらしてから水気を切って冷やしておくのだそうです。ルーは夏野菜を中心にして出来上がってから冷蔵庫で寝かしてあります。冷たいコンソメスープはそのまま飲んでもカレーに掛けてもお好みで楽しめます。
14P7100697

ここ数日の暑さで食欲減退気味だった私でしたが冷たいカレーがさらさらと入りました。半分位食べてから冷たいコンソメスープをお茶漬け風にかけて二度楽しめました。美味しかった~♪ご馳走さまでした。
15P7100699

20151222鎌倉Unionでお茶会?(^^♪


20151222鎌倉Unionでお茶会?(^^♪
タイルレストラン
R60☆鶴(鶴弥)です。
一日中駆けずり回ってようやく一段落しました。鎌倉駅前で一休みしましょう。
この記事は2015年(平成27年)12月22日のものです。


朝一番からあちこちで用事を済ませて気が付いたら夕方です。夕ごはんのお買い物もまだだけど一息つけたい気分です。妹に付き合ってもらってコーヒータイム♪皆さんご存知の鎌倉Union。若宮大路の鳥居の処にあるちょっと気取ったスーパーマーケットです。ここで「お茶会」だなんっておかしいですか?
01PC220717

鎌倉Unionの二階には、注文を受けてから豆を挽いて淹れてくれる喫茶店があるんです。
02PC220716

鎌倉Unionの二階にやってきました。お野菜や果物が陳列されているスペースの奥に喫茶室があります。お買い物のついでに気軽にお茶できますよ。
03PC220708

でもお野菜売り場の隣だなんて気分出ないって思うでしょう。私も最初に連れて行って頂いた時には同じように思いました。
04PC220709

店内はこんな感じです。明るいカフェテリア風。窓際にはカウンター席が並んでいます。一人でお買い物に来て休憩するのもいいですね。窓の下には若宮大路。今は段カズラの工事中ですが春になれば見事な桜並木が俯瞰できます。(2015年12月の取材)夕暮れ迫る鎌倉の街の向こうには祇園山が望めます。
05PC220711

ちょっと濃い目の珈琲を頂きました。「これから淹れます。お時間は大丈夫ですか?」一日歩き回ったのでゆっくりと珈琲の出来上がりをお待ちしました。
06PC220715

小腹が空いていたので小豆と生クリームのマフィンを追加しました。珈琲とセットで少しお安くなりました。
07PC220712

20151203ビストロ湘南de女子会ランチ(^^♪


20151203ビストロ湘南de女子会ランチ(^^♪
タイルレストラン
R60☆鶴(鶴弥)です。 お友達とランチを食べに行ってきました。 この記事は2015年(平成27年)12月3日のものです。
00PC030678
久し振りのミニ女子会です。お店の入り口に出ていたランチメニューが前から気になっていました。仲通り商店街から一本奥に入った飲食店街にある小さなレストラン「湘南ビストロ」さんです♪
01PC030674

飲み屋さんが何軒も入っている雑居ビルの二階。夜になって飲み屋さんばかりの雑居ビルに入るのって勇気いるけど、殆どのお店が閉まって静まり返った昼間の雑居ビルの階段を登るのも緊張します。
02PC030677

階段を上がった処に目指す「湘南ビストロ」さんはありました。ちゃんと電気が点いています。良かった、営業しています。
03PC030678

ビルの中ですが、ロッジ風の内装が落ち着きます。私達が入店した時間、殆どが女性客ばかり。小さなお子さん連れのママ会が盛り上がっていました。
04PC030692

私は、半熟卵のオムライスをお願いしました。お友達は鶏肉のグリル。
05PC030680

まず最初に綺麗に盛り付けられたサラダがやってきました。
06PC030686

二皿目に卵のコンソメスープ。塩分控えめですが美味しい熱々スープです。
07PC030687

私が注文した「オムライス 半熟卵」とっても大きくってお友達に少し食べてもらいました。ソースは、ホワイトソース・デミグラスソース・ケチャップの三種類から選べます。

08PC030688
こちらはお友達が注文した「鶏モモ肉のグリル」オニオンガーリックソースの香りが運ばれてくるときから漂ってきました。ボリューム満点です。
09PC030690

壁には夜のメニューが掲げられていました。どれも美味しそう♪
10PC030685

オープンキッチンのカウンターに陣取ってワイン片手にシェフが仕上げるお料理を眺めるのも楽しそうです。
11PC030682

20151201「のみ処尚」の「茄子と豆腐の揚げ出し」750円


20151201「のみ処尚」の「茄子と豆腐の揚げ出し」750円
タイル居酒屋
R60★亀(亀次朗)であります。
埼玉に住んでいる三男坊が用事で横浜に来るというので待ち合わせであります。
この記事は2015年(平成27年)12月1日のものです。

00PC010693
もう何度も書いているんですが、「横浜駅東口の崎陽軒と道路向こうのそごうの間にあるホテル」と説明しても中々分かってもらえない知名度の低いビジネスホテルがあるんです。「プラザ」だなんってNYのセントラルパークの南東角にありそうな立派な名前なのになぁ。横浜の中高校生には「横浜駅前アニメビル」と云えば分かってもらえるでしょう。オイルショック前には、中年おやぢのたまり場だったカラオケスナックや雀荘が軒を並べていたテナントが殆ど撤退して、今ではアニメ屋さんが大きく占領しているんです。
01P2190201

三男坊に「うまいもん喰わせてやる」と連れて行ったのはこのお店。オイルショックの頃からのお付き合い。以前はこのビルの地下飲食店街でこじんまりとしたお店だったのですが、現在は地上三階に移っています。アニメ屋さんに群がるおしっこ臭いジャリどもをかき分けるように三階まで登らねばならないのが玉に瑕です。やややややや!「のみ処 尚」になっているではありませんか!!!!
02PC010693

以前は「のみくいところ 尚」だったんです。つまりは、旨い酒と美味い料理を楽しめる居食屋さんがテーマだったんですけど、「喰い」の看板を外してしまったのでしょう。。。。不安がよぎります。。
03尚看板

お店の営業は午後五時半から。待ち切れずに早めに到着した親子を大将が暖かく迎え入れてくれました。開店前のお店はこんな雰囲気。いつもきれいにされています。でも「喰い」の看板が無くなったのが気がかりです
04P2190209

とりあえず生ビール、さらに千代盛(岐阜の銘酒)とハイピッチな三男坊。亀次朗はカロリーゼロ・糖質ゼロのノンアルコールと防戦一方であるます(涙)。横長のお皿に綺麗に盛り付けられた「本日のお通し」どれも美味しそう。
05PC010687

本日のお通し。左から、ホタテのヌタあえ・サーモン握り寿司・煮凝り・鶏の真丈巻き。旨いです。大将の味は変わっていません。やれやれ一安心。これだけで日本酒三杯くらいはいけそうです。
06PC010688

では早速「茄子と豆腐の揚げ出し」750円を注文してみました。
07PC010691

待つことしばし、揚げ出しがドドンと大きな深めのお皿で登場しました。揚げ茄子に揚げ豆腐、しめじもたっぷりと入ってとっても良い風味。甘辛のだし汁がアクセントになって常温の日本酒によく合いそうな一品です。
08PC010689

大将の〆さばは天下一品。ちょっと高いかな?でも納得のオツマミです。
09PC010692

殆ど薄い〆感覚。あっさりとした酢の量なので素材の良さが分かります。お刺身を味わう感じ。嗚呼、お酒が呑めればなあ。。。。
10PC010690

横浜駅前アニメビルは正式には「横浜プラザホテル」と言うんです。JR横浜駅東口の地上に這い上がって横浜中央郵便局、崎陽軒ビルを右手に見て高速道路横羽線高架方面に向かえば崎陽軒ビルの裏側に見えてきます。旨い酒、美味い肴をお楽しみください。
11尚地図