モーハワイ☆コム

断酒はうまく語れない


断酒はうまく語れない
01断酒はうまく語れない-0
R60★亀(亀次朗)であります。
「ニトロを持ってホノルルへ」お楽しみいただけたでしょうか。
突然に狭心症になってしまった初老爺ぃのお話しです。
http://www.mo-hawaii.com/kogemeshi/category/nitoro


お酒が呑めない体になってしまいましたが、やはり居酒屋メシは旨いもんです。
01断酒はうまく語れない-1
この記事は2015年(平成27年)5月16日のものであります

断酒はうまく語れない
あまり泥酔になりすぎて
豚は足元がふらつき
爺ぃはグラスをなめている
秋の空は蒼く高く食い物すべて旨く
酒は来たが氷が来ない 

太り過ぎでは
断酒はうまく語れない
。。。。。

やっぱ陽水はええのぉ
01断酒はうまく語れない-2

 とは云え、今まで書き溜めてきた居酒屋の記事はどう処分したらいいんだろう。取材を口実に西へ東へ歩き回って集めた舌と胃袋の記憶は数十軒分も残っているんです。
01断酒はうまく語れない-3

んじゃもう一度ご唱和くだされ。

太り過ぎでは断酒はうまく語れない♪
P4180890

  前回までの「ニトロを持ってホノルルへ」では、闘病生活を赤裸々に且つなるべくお気楽に綴ってまいりました。これから先は、今まで書き溜めた居酒屋記事であります。もう時間が経っちゃって居酒屋情報としては価値が無くなっているかもしれませんが懐かしい飲酒時代をゆるゆると振り返ってみようと思います。自戒の念を込めて、あえて「断酒はうまく語れない」という名前にしてみました。お暇な方だけにでも喜んで頂ければ幸いです。
P4150292
  
  画像を含め全て取材当時の記事のままであります。
既に閉店してしまっているお店もありますが気にせずアップしてまいりましょう。

 

20161019秋の箱根竹倉リハビリウォーク-1/3玉沢池トレイルランコース(ランステ完備?!)


R60★亀(亀次朗)であります。
天候不順な2016年の10月、久し振りの晴れ間を見つけて低山ウォークを楽しみました。まだまだ紅葉には早かったけど、ゆったりと林道歩きを堪能しました。
この記事は2016年(平成28年)10月19日のものです。

00PA180332
このコースは余り(ってか殆ど)知られていませんが筋力アップや心配能力向上に最適のトレイルランコースなんです。自動車が殆ど入って来ないし、ハイキングコースでもないからバードウォッチングの皆さんとも遭遇しません。三島駅からは玉沢行きのバスに乗って約20分、竹倉温泉でバスを降ります。
01竹倉地図

立派なランステ=ランニングステーション(立ち寄り湯とも云う。)が営業していますから、まずは立ち寄って荷物を預けてましょう。走った後には褐色の濁り湯が待っています。
02PA190406

まずは竹倉温泉バス停横の小高い丘にある八王子神社に参拝。いつもご近所の皆さんがお掃除されているのでしょう。境内は静けさに包まれています。奥社も必見です。
03PA190409

お隣りの通猛寺は手入れの行き届いた内庭のある日蓮宗のお寺さんです。
04PA190407

バス通りの緩やかな坂道を登っていくとJR東海道線の高架下をくぐります。その先左に曲がって急坂を一気に駆け上ります。ここからは荒れた舗装路。ぐいぐいと高度を稼ぎましょう。はあはあぜいぜい×10
05PA190367

坂道を一気に登り切ると前方に視界が開けてきます。登坂はここまで、お疲れさまでした。
06PA190368

でも未舗装のトレイルがまだまだ続きます。地元の皆さんも足を踏み入れる事の少ない静かなトレイルロードが続きます。
07PA190371

突然視界が開けると、此処(☆印)は「伊豆縦貫自動車道」の三島玉沢ICの真上であります。ここからは富士山が真正面に見えます。急坂を上り切った自分にご褒美に富士山を仰ぎましょう。雲で見えなかったけど。。。。
08PA190363b

同じ場所(☆印)から西を眺めれば三島の街の向こうに駿河湾が望めます。夕方なら素晴らしい夕陽が観られる事でしょう。もっとも街灯など全くないから危なくって夜は走れません。
09PA190366

トレイルコースは三島玉沢ICのランプウェイを回り込むように森の中に突入します。夏なら涼しくって気持ち良さそうなコースです。
10PA190375

ものすごい竹林を抜けて谷川真理が走って行きました。(うそ)
11PA190379

森の中のトレイルランはまだまだ続きます。
12PA190381

新幹線と在来線の下をくぐって、道はようやく集落に出てきました。
13PA190388

三島は水に恵まれた美しい街です。透き通る水の流れは川底まで見られます。昔はここで洗濯していたんでしょうね。
14PA190390

今回のゴールは「光玉母食堂しんちゃん」です。まずはランステ(みなくち荘)で汗を流したら美味しい泡酒をかっ喰らいましょうぞ。
15PA190394

2016年12月ホノルルマラソン欠席届


2016年12月ホノルルマラソン欠席届

R60★亀(亀次朗)であります。
昨年(2015年)は出発直前の12月に入ってからの土壇場に行けなくなったホノルルマラソン応援ツアー。今年こそ参戦と固く心に決めていたんです。
この記事は2016年(平成28年)11月18日のものです。


鶴亀家の年末恒例大掃除は毎年10月中旬から始まります。12月に比べればまだ日も長いし日中暖かいから窓ガラスやガスレンジの洗浄も楽ちんです。昨年から同居中の義母の部屋も亀次朗が掃除する事になっちゃっていますから守備範囲は結構広いんです。今年も10月中旬から始めて11月末までに終わらせるのが目標でした。このスケジュールならホノルルマラソンの応援に一週間で掛けても大丈夫!そんなバラ色計画を夢見ていたんです。
PB250534

2016年11月18日現在のハワイアンエアーの空席検索。しっかりと確保できそうです。しかも水曜日日本出国便なら意外と安い価格設定。最近の羽田増便で成田便は苦戦しているのでしょうか。羽田よりも成田の方が好きな老夫婦にとっは有難い話です。随分前から航空券の手配や宿の確保をしようとしていたんですが、どうしても思い切りが出来ませんでした。去年のドタキャンが心に重くのしかかっています。
20161118ハワイアンエアー

やはり恐れていた事態が発生してしまいました。当分の間、遠い処への旅行は無理になってきました。残念ですが今年もホノルルマラソン時期のハワイ旅行は行けません。残念。お正月明けに熱海か箱根でも行こうかな。何かあっても箱根や熱海なら自宅まで一時間ちょっとで帰り着けます。来年は結婚40周年。6月にはハワイに行けるのでしょうか?ともあれホノルルマラソン出走の皆さん、ハワイの風を楽しんで走りぬいてください。
ハワイアン1

20161122鎌倉駅前怪しい寿司居酒屋「えにし」de秋シラス


20161122鎌倉駅前怪しい寿司居酒屋「えにし」de秋シラス
タイル居酒屋
R60★亀(亀次朗)であります。
大勢の観光客で賑わう鎌倉駅前にあってもっぱら地元民だけを相手に商売を続ける小さな鮨屋があります。今すぐにも朽ち果ててしまいそうな丸七商店街の奥底でひたすら旨い寿司を握っている怪しい寿司職人が生息しているのであります。
この記事は2016年(平成28年)11月22日のものです。


久し振りに鎌倉駅前怪しい寿司居酒屋「えにし」に行ってきました。まずは好物の青魚から頂きましょうか。たっぷりと脂の乗った鯖。敢えて薄塩で軽く〆てあります。口の中で広がる旨さは堪りません。お隣は三浦産の鯵。これだけでも充分に「えにし」に来た甲斐があるというものです。
01PB010536

「今日はいい芝海老が入ったよ」なら天婦羅でしょうが。生でも食べられる芝海老に衣だけ揚げる手捌きの巧みさ。「面倒臭がったら商売止めるよ」そんな頑固者の寿司職人の切れ技を楽しんでください。
02PB220542

蛸は生で買ってきて自分で茹で加減を調整しないと食感が悪いのよ」職人はあくまで拘りを持ち続けます。「お好みで山葵醤油でも岩塩でも使ってね」ここではシンプルに岩塩で頂きましょうか。健康になったら常温の純米吟醸が呑みたい処であります。
03PB220541

兄さんには体に毒だね」そう言いながら高コレステロール老人に白子ポン酢を勧める悪魔のような寿司職人。ふわふわとろとろな食感をお試しあれ。じゃそろそろ寿司握って貰いましょうか。
04PB010538b

湘南地区のシラス漁は毎年1月から3月にかけて漁業資源保護の為禁漁となってしまいます。亀次朗的には柔らかな風味の春シラスよりも、やや弾力のある秋シラスが好みであります。ほのかな苦みが秋シラスの風味を際立たせてくれるんです。絶品の秋シラスも後一か月程で食べられなくなります。今の内です。お急ぎください。お隣に見えるのはカワハギ。これから春にかけて脂が乗って甘みととろみが楽しめるでしょう。
05PB220545

20161123ホノルルマラソンまで2週間!源氏山公園定点観測


R60★亀(亀次朗)であります。
ホノルルマラソンまで2週間を切りました。皆さん、ご準備はいかがでしょうか?
この記事は2016年(平成28年)11月23日のものです。

タイル爺々酒浸し
以前走っていた頃は夏前から始めたホノマラ・トレーニングも大詰めです。数回の40km走もこなして出発まで二週間を切った頃、源氏山公園までの短いトレイルランが毎年の恒例行事でした。自宅から源氏山までは約4kmの上り坂が連続するタフなコースです。高校のグラウンドを越えると完全な山道。バードウォッチングの皆さんのお邪魔をしないよう静かに走っていました。
01台峰緑地

この時期、源氏山公園の紅葉が始まります。今年(2016年)11月23日は今まで以上の人出でした。
02源氏山公園

頼朝公の周囲の紅葉も見頃を迎えています。こうなると鎌倉市内の紅葉も始まります。JR鎌倉駅から小町通りはいつも以上に大混雑になっている事でしょう(私らは週末や祝日には小町通りには行かないようにしています)
03頼朝像20161123

いつもなら静かに過ごせる源氏山公園の片隅の東屋にも大きなカメラを抱えたハイカーの姿が見受けられます。
04東屋

亀次朗が「定点」としている源氏山公園の銀杏の樹です。あらら。。。今年は色付くのが早いんじゃありませんか?てか落葉が始まっています。今年の鎌倉の紅葉は出足が早いようです。
05定点20161123

こちら去年(2015年)11月28日に撮った同じ銀杏の木。一週間も先なのに銀杏の葉っぱが沢山残っています。参考までに、今まで定点観測した過去の記事を復活(画面左のアーカイブの古い記事)させてみました。源氏山公園散策の手がかりになれば幸いです。
06定点20151128

【おまけ】2015年11月28日の富士山。源氏山公園から歩いて5分程の亀次朗お気に入りのスポットです。紅葉が始まると週末の源氏山公園は結構混雑するんですが、幸いこのポイントはまだまだ知られていません。ここを下ってお気に入りの阿園の庭で珈琲タイムにしましょうか。
07富士山20151128

20161018秋の箱根濁り湯プチ湯治一泊二食6000円-3/3意外と充実!お食事編


20161018秋の箱根濁り湯プチ湯治一泊二食6000円-3/3意外と充実!お食事編
タイル温泉
R60★亀(亀次朗)であります。
およそ一年ぶりにゆったりとした時間が取れるようになりました。とは言え余り自宅から遠い場所には出掛けられません。箱根の南西麓に濁り湯の湯治宿を見つけました。
この記事は2016年(平成28年)10月18日のものです。


たとえお部屋にお手洗いが付いて無くっても(しつこい)一泊二食6000円とは格安な値段設定です。乏しい年金で生活している老夫婦にとっては温泉宿に泊まれるだけでも人生のご褒美を頂いた(おおげさ?)気分になれます。この値段でご提供される夕ごはんはどのような物なのでしょう?ごはんは朝夕ともに食堂(大広間)で頂きます。この日、錦昌館はほぼ満室の宿泊客でした。客人の約半数は老人。老婦人たちの華やかな女子会トークが聞こえます。静かに杯を傾ける老ハイカーの姿もありました。残り約半数はガテン系出張作業員風。三島市内のビジネスホテルよりも温泉旅館の方がはるかに寛ぎやすいのでしょう。市内だったら夜の街で余計にお金や体力を消耗してしまいますもんね。
01PA180356

さて、この日の夕ごはんはこんな感じ。おおっ、おかずたっぷり。これでほんまに一泊二食6000円なんでしょうか?!
02PA180351

牛肉のすき焼き風が銘々鍋で用意されています。そりゃA5ランクだとか霜降りだとかって贅沢言っちゃいけません。
03PA180352

お刺身三種盛もちゃんとついています。三島なのに緑鮮やかな練りワサビがちょっと悲しいかな。
04PA180353

海老(ブラックタイガー)のフリッターも二尾。老人の夕ごはんには充分でしょう。
05PA180354

意外と美味しかったお蕎麦。もうお腹いっぱいです。
06PA180355

【おまけ】朝ごはんはこんな感じ。一人鍋には熱々のお味噌汁。鯵(大)の開きにウィンナー二本、生卵、きんぴらごぼう、焼き海苔、お新香と正しい日本の朝ごはんでありました。
07PA190357

20161018秋の箱根濁り湯プチ湯治一泊二食6000円-2/3茶褐色の濁り湯


20161018秋の箱根濁り湯プチ湯治一泊二食6000円-2/3茶褐色の濁り湯
タイル温泉
R60★亀(亀次朗)であります。
およそ一年ぶりにゆったりとした時間が取れるようになりました。とは言え余り自宅から遠い場所には出掛けられません。箱根の南西麓に濁り湯の湯治宿を見つけました。
この記事は2016年(平成28年)10月18日のものです。


いわゆる箱根七湯と呼ばれていますが、ここ竹倉温泉は最初っからその仲間に入っていません。箱根外輪山のそのまた外の西麓なんだからしょうがないんでしょうけど、ちょっとモッタない気がします。ま、その分秘密に出来るし穴場的な存在として亀次朗が密かに愛する温泉であります。
01PA180341

ここに来たら絶景など期待してはなりませぬ。脱衣室から秋の収穫を迎えた田畑の輝きを眺めて、都会生活の疲れをいやしてみてはいかがでしょうか。
02PA180342

さあ、お待ちかねの箱根(論外な)濁り湯です。箱根のお山に登れば鮮烈に熱い温泉や大涌谷からのごってりとした白い濁り湯も楽しめます。ここでは赤錆色の酸化鉄泉を楽しんでください。
03PA180343

元来が冷泉なので加熱処理がされています。その辺はご容赦ください。やや熱めの鉄泉は入浴中は思ったほどきつく感じませんでしたが、夜になっても手足の暖まりが続いて気持ちよく眠れました。
04PA180345

昼下がりの赤湯をたっぷりと味合わせて頂きました。
05PA180348

ちなみに立ち寄り湯としても利用できるそうですので箱根西坂の石畳街道道の帰りなどに覗いてみてはいかがでしょうか。
06PA180349

20161018あなたなら泊る?秋の箱根濁り湯プチ湯治一泊二食6000円-1/3お部屋編


20161018あなたなら泊る?秋の箱根濁り湯プチ湯治一泊二食6000円-1/3お部屋編
タイル温泉
R60★亀(亀次朗)であります。
およそ一年ぶりにゆったりとした時間が取れるようになりました。とは言え余り自宅から遠い場所には出掛けられません。せいぜい箱根か熱海。今すぐにでも北海道にもハワイにも行きたい亀次朗でありますが、暫くの間は近場の温泉地を楽しみましょう。箱根の南西麓に濁り湯の湯治宿を見つけました。
この記事は2016年(平成28年)10月18日のものです。


箱根といっても箱根湯本や強羅のようなメジャー級の温泉地ではございませぬ。箱根山の西側、JRなら東海道線函南と三島の中間あたりのある小さな温泉地であります。三島駅前から路線バスに揺られること20分程で竹倉温泉に到着です。
01PA180332

だからといって温泉宿が立ち並ぶ温泉街などを想像してはイケませぬ。かつて数軒の湯治宿があったのが現在では宿泊営業は錦昌館一軒だけ、他には立ち寄り湯の営業をしている「みなくち荘」だけの何とも言えない寂しい温泉地なんです。
02PA180334

見よ!この堂々たる佇まい。鉄筋コンクリート総二階造りの超近代的昭和建築物なのであります。乏しい年金生活の老夫婦にとっては豪華で近代的な大ホテルよりは超近代的昭和レトロなお宿で充分です。だって一泊二食付いて6000円なんですもの。贅沢言っちゃイケません。
03PA180335

南側に広く二枚の窓を配した横長の和室。到着時には既に布団が二枚引かれていました。それでも大きなテーブルでゆったりとテレビが観られる充分な広さのお部屋でした。
04PA180337

アメニティはこれだけ。浴衣に大小タオルと歯ブラシ(宿泊日数分)。浴衣とバスタオルは連泊中毎日取り換えてくれます。髭剃りもシャワーキャップも付いていません。ま、一泊二食6000円なんだから、贅沢言っちゃイケません。
05PA180338

記憶を辿ってエクセルで配置図を起こしてみました。老夫婦が泊った錦昌館202号室です。結構広々ゆったりとした和室。足腰弱った老夫婦にはベッドのお部屋の方が嬉しいんだけど一泊二食6000円では望むべくもありません。処で皆さん、何か物足りなくないですか?何かが欠けているのがお分かりでしょうか。。。。そう、お手洗いが付いていないんです。このことはこの部屋だけの事じゃなくって、この古い旅館にはそんな贅沢(?)なお部屋など一室もないのであります。そんな宿は論外ですか?ま、ま、そうおっしゃらずに。次回はお風呂場にご案内しましょうね。
06錦昌館202号室間取り

横浜ランドマークタワー70階・天空の夜景とジャズライブ


横浜ランドマークタワー70階・天空の夜景とジャズライブ
タイルレストラン
R60★亀(亀次朗)であります。来日中の細川綾子さん。当初予定のライブスケジュール以外に横浜ランドマークタワー高層階のレストランで歌う日があるというので出かけてきました。 この記事は2016年(平成28年)3月23日のものです。

見上げたもんだよ、屋根屋のフンドシ。いつ見てもランドマークタワーはバカでかいです。見上げているだけで首が疲れてしまいます。
01PB191265

68階にある有料の展望フロアに行ってみた事がある皆さんも多いと思います。有料(大人1000円)の展望フロアには外付けの専用エレベーターで向かいますが、70階にあるレストランにはホテルの中のエレベーターで向かいます。(ホテルゲストは勿論、レストランフロア利用者も無料で70階まで行けます)
02P3230938

エレベーターは途中のフロアは全部通過してあっという間にレストランのある70階に到着します。
03P3230953

レストランに入ると眼下に展望が開けます。どっひゃ~っとみなとみらい地区の夜景が眼に入ってきました。
P3230943
この景色を眺めるだけでも来て良かったと思います。

04P3230944

P3230952 b

そうです。毎晩このレストランではジャズライブがおこなわれています。今夜は特別ステージ。青木弘武さんのピアノ、細川綾子さんのヴォーカルが楽しめるんです。早めに情報を得て予約を入れておいたので一番前の席を確保できました。
05P3230947

鶴弥は「GLORY STAR」とかいうカクテルを注文しました。
06P3230949

亀次朗はいつもの通りノンアルコールビールであります。。。。
07P3230948

ここはバーラウンジだから食事を注文しなくっても良いそうですが、せっかく来たんですから何か頂きましょう。オードブル盛り合わせ(税抜2000円)をお願いしました。四種類のお料理が少しづつと簡単なオツマミが何品か付いています。
08P3230950

お会計です。アペタイザーの盛り合わせが2000円。鶴弥のカクテル(GLORY STAR)が1300円。亀次朗のノンアルコールビールが800円。カバーチャージがおひとり様2000円。〆て8100円。税・サービス料加えて支払合計9190円。高いですか?青木弘武さんのピアノ、細川綾子さんのヴォーカルをたっぷり二時間たのしんで、このお値段ならむしろ安すぎです。楽しいひと時を過ごしました。
09jpg024

尚、本日(2016年11月19日)阿佐ヶ谷スタッカートで細川綾子今秋ラストライブです。久し振りに東京にでかけてみましょうぞ。

横浜ランドマークタワー・ドッグヤードガーデン萬亭


横浜ランドマークタワー・ドッグヤードガーデン萬亭
タイル居酒屋
R60★亀(亀次朗)であります。
JR桜木町から海側に向かって行くとランドマークタワーという名前のとてつもなくでっかいビルが建っています。普段、老夫婦は桜木町の山側の野毛の街専門なんですけど、この日は訳あってこのビルの高層階にあるレストランに出向く事になったんです。
この記事は2016年(平成28年)3月23日のものです。


でも、高層階のレストランだなんって地上からの高さだけじゃなくって、きっとお値段も高いでしょうから突入前に少しお腹に入れておいた方が良さそうです。同じ敷地にあるドッグヤードに何軒か気軽に飲み食い出来そうなお店があるようです。
01PB191266

意図的にやや狭めの通路。10軒程の飲食店が軒を並べています。どのお店もどちらかというと気軽に一寸イッパイ引っ掛けるイメージ造りのお店に仕上げています。
02PB191262

その中の一軒にワインをたくさん並べているお店がありました。
03PB191230

この画像は以前撮って置いたものです。現在の値段とは違っているでしょうけどイメージは伝わると思います。(スミマセン、今回の取材では店舗入り口を撮り忘れちゃったんです)
04PB191264

まずは「雲丹とほうれん草の鉄板焼き」800円。雲丹とほうれん草を鉄板の上でガーリックバターで焼き上げます。レモンを絞ってフランスパンに載せて頂きましょう。
05P3230930

薄いけど上質な牛肉を炙って寿司飯とともに頂きます。「サシトロ炙り肉寿司」700円。めっちゃ旨いんです。
06P3230931

〆に「特製牛カツサンド」900円。まるで刺身でも食べられるようなレアの牛肉を軽くカツにしてサンドイッチにしてみました。サクサクと召し上がれ。付け合わせにパプリカのピクルスが似合います。
07P3230935

お会計はこんな感じ。ごっそさんでした~。さて、ランドマーク70階に突入してみましょうぞ。
08P3230937

銀座一丁目 イタリアンバルUOKINピッコロ


銀座一丁目 イタリアンバルUOKINピッコロ
タイル居酒屋
R60★亀(亀次朗)であります。
ジャズライブが始まるまでの小一時間、待ち合わせを兼ねて銀座の入り口で(ノンアルコールビールだけど)イッパイ引っ掛けてみました。
この記事は2016年(平成28年)3月22日のものです。


最早、新橋一の繁盛居酒屋チェーンに発展した魚金グループ。イタリアンバルに特化した「ビストロUOKIN」は女性の皆さんから絶大な支持を受けて大繁盛しています。この夜は銀座一丁目にオープンしたPICCOLOにお邪魔してみました。以前アップした福井県のアンテナショップのお隣です。
01P3220944

UOKINが銀座進出ですか。。。。時代の流れを感じてしまう老人でございます。
02P3220943

亀次朗は大人しくノンアルコールビールを注文しました。鶴弥は何を考えているのでしょうか、ピンク色のカクテルを選んでいます。
03P3220931

「春香るモスキート」甘いシロップ入りのスパークリングワイン(ロゼ)だそうです。ん?モスキートって何だっけ!?蚊!?
04P3220932

お通し代わりに人数分のパンがやってきました。これで三人前です。バルサミコ酢に釜揚げシラスをトッピングして召し上がれ。
05P3220938

UOKIN名物「海の幸のカルパッチョ6点盛り」980円を一つ注文して三人でシェアしましょう。
06P3220937

ほら、これだけあれば充分でしょう。これで980円は上出来です。
07P3220940

予約していなくって飛び込みで入店した私らはテラスの立ち呑み席。最近は女性だけでも平気で立ち呑みしています。時代は変わりました。。。。
08P3220933

お会計はこんな感じ。さあ、そろそろ出撃時間です。
09P3220942