モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2012年2月24日

ノースでガーリック・シュリンプ


Post-673既におっさんの域に達していながら、今年、自分が厄年だなんて思いもせず。

そんな事をつい先日改めて知ってしまい、少し気を付けたりしながら生活しているおっさんです。

あまり、その様な事は信用しないし、気にもしない性格なのですが・・・・・・・。

ここは、何があるか分からない海外。

でも、前向きに普通に前進していくのみ。


そして、このエビですが、今となっては胃が受け付けない感じです。

本当は美味しいのだろうけど、20代の時に食べたかった!

そして、出来れば殻が要らない。

それが原因でカニも嫌いな面倒くさがり屋で御座います。





にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村











Kaena Point pottering…..part 3


Post-672前回 part 2 では 明日にでも次をUPしますと書いてありましたが嘘でした。

忘れていましたね~。

それで、突然思い出したので続きをUPします。




今度は更に道が細くなり、後悔していた時、クジラでも居ないか?と沖を見たらいました。
潮を吹いています。
小さくて分かりずらいかも知れませんが確かに居ましたね。
そして、やっとのことで、また、ゲートを出ます。

ここで、思ったのですが、もしかしたら、こいつ、チャリで来たとか言って実は歩いてんじゃねえか?
と思われる事も考えて、出口のスライドドアに挟まれているマイチャリを撮ってみました。
このドア手を離すと閉まる構造になっています。




そして、出口付近はこんな感じ。
出口を出た直ぐ左にデカイ魚の白骨化した頭がありました。
アヒですか?なんだろこれ?



来る時に比べたここは軽快な道です、しかし、危うく飛ばし過ぎて死んでしまう所でした。
何と道が無くなっています。危ない危ない。
もし、携帯なんていじりながら乗ってたら今晩のローカルニュースに出演してしまう所でした。

バカな日本人、無謀にもカエナポイントでチャリ毎ダイブして死亡!なんて。





上を見上げたら獣道みたいな通路が在ります。
また、チャリを担いで進む事数分、道が無くなっていた場所を上から見るとこんな感じです。
右側から左側へ走って来て落ちるところでした。




それから進む事30分程で懐かしい舗装道路が現れました。
振り返ると結構な距離があります。
山の上のゴルフボールも大きく見えます。





ここでPM1:30頃。

これでバスで帰れると思ったら、良く考えたら確かマカハ迄行かないとバス亭が無かったのを思い出しました。





おおっ、マカハは更に先です。
写真の先端の崖見たいな所のはず。
考えても仕方が無いのでチャリは進みます。

ここら辺でお腹がぐうぐうなって来ました。
しかし、持っている物は温い水だけ・・・・。

やはり、計画は綿密でないとね。
勿論ここら辺は食べ物なんて売っていません。
辛うじてヨコハマ・ベイのトイレがある位です。
シャワーもあったけど寄らずにそのまま進みます。
結構辛い直線でへばりそうになりながらも海沿いのホームレス街を観察しながらマカハにたどり着きました。
良く見るとホームレスって本当のホームレスだけであって彼らは車を持ってペットも飼っていて更に仕事もしている人達が多いそうです。
それで家だけが無いのです。
ここには不思議な生活体系が存在しています。





で、久しぶりにバス停を発見!
でも、いつ来るか分からないバスを待つのも嫌なのでやっぱりぶらぶら進みましょう!

一度、マカハビーチパークにカメを見に連れて来られた時がありました。
その時は海の深い所で泳ぐなんて想像出来なかった頃です。

カメは沖に行くと見れるよって えっ? 沖? 深い? 物凄く深いよ。泳ぎに自信が在りません。
そしたら知り合いはボディーボードを貸してくれ、何とかカメがうようよと居る竜宮城の様な所に案内してくれました。
それで、この時感動してやっぱり泳げなきゃ駄目だと思い、練習して泳ぐきっかけになった場所です。
物凄く単純です。

懐かしく沖を見ている時間は無いのです、お腹が減っているので先を急ぎます。
マカハの竜宮城を後にチャリは進みます。
でも、中々食い物屋が無いのです。
暫く走るとセブンイレブンが在りました。
確かもう少し先にショッピングセンターがあったはずだと思い進みます。
やっとの事でワイアナエモールに到着。
入口にステーキプレート$6.50withソーダと書かれた手書看板発見!お店はBLAZIN STAKES。
普段はランチのプレートでステーキは避けていましたがお腹が減り過ぎていたので頼んで見る事に。
焼き加減は?って聞いて来たのでお薦めで!と言ったらレアでした。
ペロリと完食です。





美味いし柔らかいし安い!
お腹が満たされたら先を急ぎましょう!

バスが後ろから来ない事を確認しながら数キロ走ってエクスプレスCのアラモアナ行きのバス停を見つけたのでポタリング終了!
お腹が一杯になると走る意欲が減退したみたいです・・・。

本日の走行距離は40kmあれだけ苦労してダートロードを走ったのにこれだけです。

時間はPM2:30過ぎ。

帰りはちゃんとトランスファーチケットで家路につきました。
バスの中でまたもや爆睡して寝汗まで・・・。
ああ、面白かった。

次は何処に行きますかね?