モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2010年5月

落ち着いた様子のネコ


Post-22引越完了!
24日、25日の両日掛かりました。
近場で見つかった新しい住みかは、もちろんネコOK!。
契約書に3匹の名前まで載ってます。
続きを読む »

入国編


Post-21アメリカ大使館から送られてきたパスポートにはグリーンカードの代わりになるVISAが貼り付けられています。
有効期限は発行後180日間。
180日以内にアメリカ合衆国へ入国しなければなりません。
期限を過ぎると今迄の苦労は水の泡となります。
続きを読む »

西の方向


Post-20ここは何処?
勿論ハワイです。夕方のH1の風景です。
帰宅途中なのでしょうか?車が多くなり始めました。
ある程度、大きな都市と呼ばれる所は風景は変わらない。

僕は、この風景は好きではありません。
都会が好きな方は沢山いると思います。
確かに生活する事に対して何の不便も感じないでしょう。
物凄く便利なのですから。

でも、海の真ん中のこんな小さな島に、これだけのコンクリートの塊を造る事は無いと思います。
とある所で70年前のワイキキ周辺を現在と比較した写真を見ました。
当然ですが今とは全然違います。

今現在も新しい鉄骨の塊が建てられています。

何処まで続くのでしょうか?

と、単純に先程思いました。

これじゃあ勝手な外国人の呟きですが
少しでも何か伝わればと思い呟いてみました。

ちなみに生活ごみをどの様に捨てているかというと。
日本では分別は当たり前になっていますよね?
ゴミ袋が有料の自治体もあるし。

ここは全てがミックスです。

リサイクルは数年前から行われているのですが少数だと思います。

これでいいのでしょうか?


何か外にいるんです!


Post-19右の猫が一番若い子です。
先週、ドクターから全く問題ないとお墨付きを貰いました。
これで連れてこられた猫達は一応、一安心です。(そう思いたいです。)
今のアパートの前は緑が生茂っていてよく鳥が現れます。
この写真は多分、鳥の鳴き声に反応している二人です。

来週そうそう引っ越しです。
次は本当に落ち着けるといいのですが。
猫達にはもう一苦労です。
ごめんなさい。

My favorite place


Post-18kakaako waterfront park 
この場所お勧めです。
ジョギングしてると気持ちがいい、丘の木陰で一休み、風も心地良い。



場所はワードセンターの海側にありワイキキやダイヤモンドヘッドを一望出来ます。
同じ感じのアラモアナ前よりも何だかゆっくりとした時間でくつろげると思います。
是非どうぞ。
あっ、夜はダメですよ。明るい内に行ってみて下さい。

面接編


Post-17
2回目の通知を受け取ってから約一カ月後の3月上旬。
アメリカ大使館での面接です。
転勤前は大使館迄は朝、普通に電車に乗れば行けたのに・・・。
実は申請途中に転勤が有り、とても当日行ける距離ではないので前泊。
万全な気持ちで当日の朝を迎えました。

当日、確か8時前に大使館には到着していたと思います。しかし寒い。
到着する少し前に警備している警察に何の用ですか?と聞かれ、面接ですと答えると’どうぞ’、
何が?って感じです。
到着したら携帯、飲み物、持ち物を預けて金属探知機を通過。
中に入ると数人が既に居ました。
家族連れが慌ただしくしていた覚えがあります。
僕は結構鼻が利くらしいのです。そこは完全にアメリカの匂いがしました。
(これを書いて理解できる方が居るかは謎なんですが。)
最初にお金をキャッシャーで払い、順番を待ちます。
大使館内は簡単に言うと何処にでも有る銀行の支店の待合室に椅子を多くして、
窓口にプラスチック(透明)の仕切りがある感じです。

最初に提出書類を全てチェックされます。

次に指紋を採られます。(最初に親指以外の四本、次に親指 確か右手だけ)

その次は面接でした。
(窓越しで面接です。もう一つの例え。少し前のJRの改札で駅員と話している感じです。ガラスに話しやすく丸い小さな穴が開いているのです。)
相手は結構若い方だったような感じです。
多分3,4分の会話でした。
おめでとう、と言う事と
今の仕事は?
何処に行くの?
そこで何をするの?
覚えているのはこの4点です。
肝心な所が抜けております。ごめんなさい。緊張のあまりこれしか覚えていません。
その後、トイレで噴き出た汗を拭き水を飲んでから大使館を出ました。

2,3日後にエクスパックが自宅に届きました。
パスポートに180日有効のVISAが貼られています。
今回の面接後、180日以内にアメリカに入国しなければなりません。
入国しないとVISAはタダの紙になります。

次回は入国編として書いていきます。

Farmer’s Market


Post-16
今住んでいるアパートから近くで毎週木曜日に開催されています。
KCCみたいに大きくなく、ほんの数件しか有りません。
KCCでも出店しているお店も有ります。
毎週、数ドルを握りしめて思わず行きたくなる、
ほのぼのとした雰囲気がぴったりな場所です。

行動的な方はぜひどうぞ。

そのまたその後


タイトルが変で済みません。
前回は書類を送り返した所で終わりました。
今回は次の書類が届いて何を持参するのか書いていきます。

首を長くして待っていました。いつもの仕事に追われる生活が続き、年が明けて2月初旬。
クタクタで家路に着き、郵便箱を確認したら白い封筒が(レターサイズ大)・・・。
前回と同じ封筒です。

さて、その中はざっとこんな感じです。

君の面接は3月1日(例)だから次の書類を持ってきて下さい。

・無犯罪証明
これは普通に生活していたら知らない書類です。
要は今までに罪を犯していないか?(裁判になる様な犯罪です)
(他国に住んでいた期間にもよりますがその国での証明書が必要です)
これは都道府県の警察で取得出来ます。

・健康診断書
アメリカが指定している日本の病院のみで受診出来ます。
レントゲン撮影、問診、予防接種、血液検査
予防接種は母子手帳があれば接種項目が少なくて済みます。
また、血液検査はHIV等の検査です。

・写真
これは前回も送付したのですが同じサイズ5cm×5cmで細かく詳細が有ります。
頭部(頭上から顎の下まで)は 25mm~35mm 以内。
アメリカのVISA申請用写真を取り扱っている写真屋(正しい呼び方かわかりませんが)でお願いした方が確かです。
例えば、眼鏡はダメ、髪が耳にかかっていたらダメとか

・銀行の残高証明書
移民局はアメリカで最低1年間暮らせる金額(300万)があれば問題無いらしいです。何の根拠かは解りませんが大いに越した事はないと思います。あくまでも当時の話です。
各銀行の残高をまとめて記入しました。

・卒業証明書
高校以降の証明書です。

・戸籍謄本
謄本で抄本ではありません。

・エクスパック
これは面接後、パスポートの返却の為に使用されます。
渡米の為のVISAが貼られて帰ってきます。
これさえもアメリカは払ってくれません。

以上の物をすべて英文で揃えて尚且つ未開封のまま持参します。

次回は面接での事を思い出してみます。

これはあくまでも私達が経験した内容です。
DVは日々変わってきているので一概に正しいとは言えません。
参考程度までにお願いします。

FISH HOUSE


Post-14ワインの名前です。
ハワイに来る直前に妻の友達がお店に招待してくれました。
そこで飲んだワインがとても美味かった。
妻の友達が店長をしているのですが、店長はこのワインのワイナリーまで行って来たそうです。
ワシントンにあるのですがまさかハワイで飲めるとは思いませんでした。
同じアメリカなのでもしかしら何処かに売っているかな?と思い、色々とみていました。
このワイン、魚貝系に物凄く合うと思います。
海以外で合わせるとなんてこと無いのですが。
海に合わせるとあら、不思議。
色々と奥が深いものですね。

ちなみにお値段 $12しません。

アイスクリーム2


Post-13甘い物の続きです。
最近毎日走っています。
その為なのか甘い物が欲しくなります。
今回も初物を手に入れました。
ストロベリー、一口、うむ、普通ですが、美味いです。
日々の広告を良く見ていると値段が全然違うんですね!
日々勉強です。