モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2012年10月

六日目の朝が来た。(08. Jul. Kauai & Oahu. 6day-01)



六日目の朝〜。

カウアイ島でネイバー・デビューを果たした、今回のハワイの旅も気付けば六日目。明日は帰国日なので自由に動き回れるのは、今日が最後なワケです。




もう、すっかり青空だ(早く仕度を済ませねばっっ)。

今日は早めに行動する予定にしていたので、日課の散歩はせずにラナイからの早朝観察に切替え、朝食も残り物のチョコとかクッキーでサクッと終了(オアフでは歩くので、疲労回復用のおやつとして、チョコとかクッキーなどの甘味をなるたけ常備する)。


バスに乗って出掛けましょう。

ラナイでのほほんとしていたら、空もスッカリと明るくなってしまったので急いで出掛ける仕度しちゃいます。
それでは、今日の行き先も晴れてるコトを願って出発です

続く……。

The Bus(ザ・バス)
Oahu Transit Services, Inc. 811 Middle Street. Honolulu, HI 96819
電話:808-848-4500

※文中の情報は滞在時のものです。
HPがあるものは基本リンクを貼ってあるので、ご自身で改めて確認して下さい。
また、食事等の感想は個人の嗜好によるものなので、あしからず。

夕食はオレンジ・チキン。(08. Jul. Kauai & Oahu. 5day-11)



オレンジ・チキン。

ものの見事に不健康まっしぐらな彩りをしておりますが、今日の夕食は先程のランチと同じく「Kalakaua Plate Lunch」で買っておいた、オレンジ・チキンのレギュラー・プレートです





さすがに冷めてしまって、お肉が固まっていますが、別にカチンコチンになっているワケではないので気にせずに頂きます。ランチのお供はプリモでしたが、夕食のお供はロング・ボードにお付き合いいただきました。


本日の夜景。

夕食後はラナイで一服しながらワイキキの夜景撮りをして五日目も終了。
明後日には帰国する日程なので、実質明日が最終日です

続く……。


※文中の情報は滞在時のものです。
HPがあるものは基本リンクを貼ってあるので、ご自身で改めて確認して下さい。
また、食事等の感想は個人の嗜好によるものなので、あしからず。

WAIKIKI SUNSET-25(08. Jul. Kauai & Oahu. 5day-10)



サービス、サービス♪

遅いランチを済ませ、しばしホテルの部屋でマッタリと過ごしていたら、サンセットの時間。
夕食は既に購入済みなので、時間を気にしないで済むのが良いトコなのですが、肝心のサンセットはワイキキの海には沈まないのよね


空はオレンジ色。


疲れたの?


あたいは貝殻集めるの。

昨日のサンセットは手近の「Fort DeRussy Beach」で撮影したので、今日は「Kuhio Beach」まで足を延ばそうと思います。たまには「元を取る努力をしてみよう」ってんで、往きだけでもバスを使って移動します。どうせ、帰りは歩いて来ちゃうので。


夕陽がキラキラ反射するワイキキの海。


しょぼ〜ん。


今日のサンセットはこのへんで。

サンセット・タイムも終了し、後はブラブラとホテル戻って夕食の時間。
今日はランチが遅かったので、お腹を空かすのに丁度良い運動かもしれない

続く……。

KUHIO BEACH PARK(クヒオ・ビーチ・パーク)
2365 Kalakaua Avenue. Honolulu, HI 96815

※文中の情報は滞在時のものです。
HPがあるものは基本リンクを貼ってあるので、ご自身で改めて確認して下さい。
また、食事等の感想は個人の嗜好によるものなので、あしからず。

カラカウア・プレートランチ。(08. Jul. Kauai & Oahu. 5day-9)



ガーリック・シュリンプとプリモ。


再びバスに乗って、まずはアラモアナへ。

乗ったバスの終点はアラモアナ。
せっかくなので、とある場所でランチと夕食を調達してホテルに戻るコトにします(そう、この日はランチをまだ食べていないのである)。


アラモアナのアップル・ストア。


アメリカはiPhoneの発売で賑わっていたなぁ。


ドンキはまた次の機会に。

確かアラモアナにアップル・ストアがオープンした時だったので、店舗をチェックしがてらアラモアナを横断し、カヘカのドンキを横目に向かった先は、店名にあるようにKalakaua Ave.沿いにある「Kalakaua Plate Lunch」。
今は既にクローズしていますが、アラモアナ経由のバス移動の際には、大抵ココに立ち寄りプレートを買っていたほど、お気に入りだったお店


今は無き「Kalakaua Plate Lunch」。


バス停も近くて便利。

暗い、汚い、入るのに躊躇すると、ネガティブな話しの多かったお店ですが、その見かけとは裏腹に中々いける味の良さと、値段の安さに惹かれて何度も訪れるようになりました。
定宿となりつつあった「Waikiki Gateway Hotel」とは、バスの乗換え無しで行き来できるし、バス停もお互い目と鼻の先だったのも便利だった。


エビさんがゴロゴロと。


昼間っからプリモ(リゾートだからいいのです)。


懲りずにエビさんのアップ。

小さいお店ですがメニューも豊富で、ここのメニューを制覇するのが密かな野望だったけど……、もう、それが叶わないのが残念なトコです

続く……。


※文中の情報は滞在時のものです。
HPがあるものは基本リンクを貼ってあるので、ご自身で改めて確認して下さい。
また、食事等の感想は個人の嗜好によるものなので、あしからず。

コーヒー・ブレイク。(08. Jul. Kauai & Oahu. 5day-8)



おお、青空じゃん。

カイルアを後にしてホテルへと戻る訳ですが、バス・パスを使っての移動なので気兼ねせずに途中下車。
バスを使ってカイルア・ラニカイに出掛けた帰りは、ココで一服して行くのが自分のパターンです。
ちゅうワケで、お馴染みの「Aloha Tower Marketplace」でコーヒー・ブレイク。


それでは、アロハ・タワー・マーケットプレイスへ。


「Bad Ass Coffee」。


バド・アスの店内(オアフのこの店舗はクローズ)。

移り変わりの激しい「Aloha Tower Marketplace」ですが、当時はスタバを始め「Island Vintage Coffee」や「Bad Ass Coffee」など、コーヒーショップだけでも三店舗も入っていたり、JTBのツアーセンターがあったりして、それなりに賑やかだったもんです。
それでもアラモアナ等、他のモールに比べれば閑散とはしていましたが、自分的には適度な人混み具合で丁度良かったりします


「Island Vintage Coffee」。


今回はコチラでラテを買ってみようと思います。


コナ・コーヒーも買っちゃえ。

顔見知りの店員さんがいた「Bad Ass Coffee」にしようと思いましたが、今回は「Island Vintage Coffee」でラテを購入。初めてついでにコーヒー豆も買っちゃいました

続く……。

ALOHA TOWER MARKETPLACE(アロハ・タワー・マーケットプレイス)
1 Aloha Tower Drive Honolulu, HI 96813
電話:808-528-5700
営業:ショップ:月〜土(9:00〜21:00)日(9:00〜18:00)、
ダイニング:(8:00〜24:00)
*店鋪により多少異なります。

ISLAND VINTAGE COFFEE(アイランド・ビンテージ・コーヒー:アロハ・タワー店)
1 Aloha Tower Drive #159, Honolulu, HI 96813
電話:808-545-4125
営業:09:00〜17:00

※文中の情報は滞在時のものです。
HPがあるものは基本リンクを貼ってあるので、ご自身で改めて確認して下さい。
また、食事等の感想は個人の嗜好によるものなので、あしからず。

カイルアで買い物をしてみた。(08. Jul. Kauai & Oahu. 5day-7)



「Chip & Cookie」。

バスに乗ってカイルアの町に到着(さすがにバスだと早くて楽チン♪)。 
いつもならと言うか、最近の一人旅では大抵このままアラモアナ行きのバスに乗換えて、カイルアを後にするのが常なのですが、この時分は買い物熱もさほど冷めてはおらず(ちゅうか、財務に余裕があったのね)、この旅に同行していない相方のお土産を調達する事にしました。


今は無き「Chip & Cookie」の外観。


メニュー(量売りで料金は一律っぽい)。


試食もさせてくれた記憶が……。

まずは、降りたバス停と同じ通りのKailua Rd.沿いにある「Chip & Cookie」。
これは特別にお土産って感じではなく「ハワイで買って来たから、食べようかね」的なモンです。
こちらは名前の通りクッキーのお店で、この後ワイキキにも出店したのですが、現在はカイルア、ワイキキ両店ともクローズらしい(割と自分好みだったので、チト残念……)。


「So Kailua」。


お買い上げのバッグはこれではありませんです。


店内の様子。

では、本命のお土産調達
向かったのは同じくkailua Rd.沿いにある「So Kailua」。
一応、こちらでは相方用に夏らしいバッグを調達。
アパレルのお店ですが雑貨類や男性物も扱っているので、割と気に入ったのですが、こちらも調べてみたらクローズしてるらしい(う〜む)。

続く……。


※文中の情報は滞在時のものです。
HPがあるものは基本リンクを貼ってあるので、ご自身で改めて確認して下さい。
また、食事等の感想は個人の嗜好によるものなので、あしからず。

ラニカイ・ビーチとカイルア・ビーチ。(08. Jul. Kauai & Oahu. 5day-6)



ラニカイ・ビーチ。

せっかく頂上まで登ったのに雨に降られるのを避けて、早々に引き返して来たラニカイ・トレイル。次回こそは「三度目の正直だぁ」と心に誓い、ラニカイの町並をすり抜けて、ひとまずラニカイ・ビーチへと寄り道。


プルメリア(で、いいんだよね)。


トップの写真は青空成分が多いけど、目を離すと雲に覆われ。


スッキリとしないラニカイ・ビーチだった。

ビーチにやっては来たものの、先程までのいかにも「降ってやる〜」的なドス黒い&emojinaruto;雨雲の姿は消えてるようですが、空にはグレーな雲やら白い雲やらまだまだ沢山。たま〜に青空が広がったりしますが、ほんの束の間の事なので素敵な青空には程遠い空模様です


フラット・アイランド。


カイルア・ビーチの端っこまで戻って来ました。


青空が広がってきた? カイルア・ビーチ。

てな訳で、ラニカイを後にしてテクテクと歩いてカイルア・ビーチパークへ。
途中、青空が広がった時はさすがにキレイな海の色が望めます(そう言うときは写真を撮るやね)。カイルア・ビーチパークに到着し、まずは空いているハイキング・テーブルを探して、ひとまず休憩。ただし、雨の心配が無くなった訳ではないので(この辺、雨が降ったのか濡れてるし)、空模様を気にしながら休憩タイム。一息ついたら人気の無いカイルア・ビーチの写真を撮りブラブラと(と思っていたら、スクール・バスで団体さんが到着)。


スクール・バスの団体さん。


カイルア・ビーチパークにあるバス停。


折り返して来る、このバスに乗ってカイルアまで。

事前にバスのタイム・テーブルは調べてあったのですが、そこは何と言ってもハワイ。時間通りに来るとは限りませんが、運良く目の前をラニカイ行きの70番のバスが走り抜けて行ったので、折返しのバスに乗ってカイルアの町へと戻ります。

続く……。

LANIKAI BEACH(ラニカイ・ビーチ)
Mokulua Drive, Lanikai, HI 96734

KAILUA BEACH PARK(カイルア・ビーチ・パーク)
526 Kawailoa Road. Honolulu, HI 96734

※文中の情報は滞在時のものです。
HPがあるものは基本リンクを貼ってあるので、ご自身で改めて確認して下さい。
また、食事等の感想は個人の嗜好によるものなので、あしからず。

ラニカイ・トレイル-その3。(08. Jul. Kauai & Oahu. 5day-5)



頂上から見下ろしたラニカイの景色。


遠くにワイマナロを。


そして、ラニカイの端っこ。

ラニカイ・トレイルには二つトーチカがありますが、少し離れているだけで両隣に並んでいる様なモノなので、眺望的には大差は無いです。ただ、大抵の人は手前のトーチカに立ち寄り、奥のトーチカにはあまり来ないので、じっくりと景色を堪能したい人は奥のトーチカがおススメかもしれない。


天気が良ければ最高なのにな〜。


しかし。


雨の気配がヒシヒシと。

このトーチカはダイヤモンド・ヘッドと同じく戦時中に建てられて物らしいですが、ダイヤモンド・ヘッドと違って出入り自由。っていうか、ココを訪れる人はトーチカの屋根の上に登って景色を楽しむのです。しかし天気のヨロシクない今日は、海上を見てると所々雨が降っているのが分るので、様子を気にしながらの頂上滞在。


一つ目のトーチカ。


二つ目のトーチカ。


山の方も雲行きが怪しい……。

風に負けずに頑張っていたけど、雨雲がコチラに向かって来てるかんじ。
まあ、最悪の場合はトーチカに逃げ込めば、雨風はしのげるけど降られずに済むには越した事は無い。でも、渇いた状態でもツルツルと滑る、あの道の事を思うと無事に下りられる自信が無いので、早々に退散する事にしましたっっ(カメラ壊したらヤダし)。

続く……。

Pillboxes Trail(ラニカイ・トレイル)
382-498 Kaelepulu Dr. Kailua, HI 96734

※文中の情報は滞在時のものです。
HPがあるものは基本リンクを貼ってあるので、ご自身で改めて確認して下さい。
また、食事等の感想は個人の嗜好によるものなので、あしからず。

ラニカイ・トレイル-その2。(08. Jul. Kauai & Oahu. 5day-4)



目指すは頂上。


左下にゴルフ場の駐車場が。

最初にして最大の難関を無事にくぐり抜けると、ラニカイの町と、その先に広がるラニカイ・ビーチを見下ろせる平らな場所に辿り着きます(狭いですけどね)。
ココから海を正面に左手にカイルアの町、右手にワイマナロ方面。正面は勿論、ラニカイの町とビーチが見渡せます。ちなみに前回はココでリタイアしたので、今日は頂上のトーチカまで登るつもり。


本来はもっと素敵な景色が待ってるはず。


ビーチに寄ってみた。


ラニカイの町並。

ココからでも充分に素敵な景色が堪能出来るのですが、このトレイルのゴールは頂上にあるトーチカです(トーチカの先にも獣道があって進めるけど、普通はこのトーチカを目標に登る)。
ラニカイの景色だけなら、ココで満足しない事もないですが、左右の景色を堪能したいのなら、やはり頂上まで登らないとね


この植物は何でしょう?


あら、素敵な空模様。


果たして天気はもつのだろうか……。

しかし、沖の方に目をやると、元々ヨロシク無かった天気が、さらに怪しくなって来てるんだよな〜。吹き上げる風も強くなってきたし、風に煽られて崖から落ちないように注意して、写真を撮りつつ頂上のトーチカを目指します。

続く……。


Pillboxes Trail(ラニカイ・トレイル)
382-498 Kaelepulu Dr. Kailua, HI 96734

※文中の情報は滞在時のものです。
HPがあるものは基本リンクを貼ってあるので、ご自身で改めて確認して下さい。
また、食事等の感想は個人の嗜好によるものなので、あしからず。

ラニカイ・トレイル(08. Jul. Kauai & Oahu. 5day-3)



ラニカイにやって来ました。

曇天の中カイルアの海を横目にMokulua Dr.を歩き、ラニカイの入口で二股に別れているMokulua Dr.から山側のAalapapa Dr.へと進み、カイルアにあるゴルフ場「Mid Pacific Country Club」へと続くKaelepulu Drを上ります。


ラニカイと言えばコイツ。


目印のゴルフ場。


トレイル入口の道路は私道です。

今日の目的は、今やすっかりとメジャーなスポットとなってしまった「ラニカイ・トレイル」です。
この頃はまだトレイルの入口に看板なんぞなく、知る人ぞ的な雰囲気も漂ってましたが、近所のおばちゃんが犬を連れて登るくらいなので、周辺の住人にとっては元々メジャーなスポットなのでしょう。


ココが入口。


こんなトコを進んでいいのか不安になりますが。


自然感バリバリな道だ。

「ラニカイ・トレイル」に登るのは、これで二度目になるのですが、前回は相方が「疲れたから、イヤヤ」と言い出したので、途中で引き上げた経緯があるので、今回は頂上まで登り切るのが目標なのです。それでは、早速登ってみましょう


場所によってツルツル滑るので注意を。


手すり用のロープ。


あと少しで難関突破だ。

このトレイルの最大の難関は入口に集約されてると個人的には思う訳です。
所々、手すり用にロープが張ってありますが、斜面も急だし地面も滑るので注意が必要。両手は開いている方が無難というか、常に自由にしておきたいです。
逆を言えば、ココさえクリアすれば「ラニカイ・トレイル」は制覇したも同然かな?

え〜、約一年振りの更新です。
このまま、フェード・アウトしちゃおうかと思わない事もなかったんですが、「08. Jul. Kauai & Oahu.」のシリーズが中途半端のまま放置してあるので、さすがにコイツは終わらせないと失礼かと思い、久しぶりに更新。

今後は、以前の様な頻度での更新はないと思いますが、運営側から「いらん」と言われるまでは細々と続けて行く予定です。ただ、ハワイ行きの気配は微塵もしないので、賞味期限の過ぎたネタしか提供出来ないんだけどね

続く……。


Pillboxes Trail(ラニカイ・トレイル)
382-498 Kaelepulu Dr. Kailua, HI 96734

※文中の情報は滞在時のものです。
HPがあるものは基本リンクを貼ってあるので、ご自身で改めて確認して下さい。
また、食事等の感想は個人の嗜好によるものなので、あしからず。