981753_10151608562588643_1102996676_oハワイ好きな人、特にサーファーはKalapana というバンドを聞いたことがあるだろう。中坊の頃からずっと憧れていたハワイのバンド。 ハワイアンでもなくジャズでもないカラパナのサウンドは30年経った今聴いてもフレッシュで時代を感じさせない。

カラパナの曲を弾きたいがためにギターを弾き始めた。 一時期はロックに走ったりしたが今でもカラパナの曲をカバーするバンドに落ち着いた。皮肉にもギターは弾いてないが。。。
そんな憧れのバンドメンバーと知り合いライブをする日が来るとは思ってもいなかった。ましてや釣りに行ったりするとは!

今年の3月頃かな? 近所のジャズクラブのライブに呼ばれて行った時気付いたのはアルビンの急激な痩せ方!目は窪み、頬はコケ落ちシャツはダボダボ。 ライブ終了後、車にドラムを詰め込むのが苦痛になるぐらい筋力が落ちてる。
見てられず手伝い「大丈夫?」と問いかけた。
「胃潰瘍が」と本人は言うがイヤな予感がした。

案の定胃癌だった。
しかもステージ4。

治療のため5月末ごろワシントン州に渡り治療を始めた。 娘が発する情報では6月末ごろ家のガレージでドラムの練習ができるまで回復しているというふうに伝えられた。 みんな安堵のため息をついたも束の間。。。

先週金曜日の悲報。
心臓発作を起こし人工呼吸器繋がれ一夜持つか分からない。と。
月曜日に自力で呼吸を始め意識が回復して一安心していた矢先。

いきなりの訃報。

一緒に演奏したライブのYoutube 動画見てると自然に涙がでる。

悲しさ。
虚しさ。
友がもう苦しんでないという安心。

色んな感情がこみ上げてくる。

普段は飲まないけど。。。
今夜は飲みたい気分だ。

苦い酒になりそう。