モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2008年1月

おっ! 偶然にも。。。



テレビを点けたら教育番組でアメリア・エアハートの話をしてた。

偶然にも彼女の記念碑をダイヤモンドヘッドで見つけ、ブログにのっけたばかりだった。。。
彼女の消息に付いて色んな説があり、それを一つずつ調査していく、と言う番組だった。

一番有力的なのが 「太平洋上の日本軍の行動をアメリカに伝える任務説」 だった。
理由として:

?. 最初は世界一周を追い風を受けながら西向きに飛ぶ企画を海軍の高官と大統領に会ってから急に東向きに周るようになった。 これは: 世界一周を試みる最中、太平洋の小島に何らかのトラブルで不時着し、偶然に日本軍に遭遇する。 この時点では世界の注目を浴びるエアハートはヒーローになり、日本軍もまさか殺したりはしないだろう。 と言う考えだったらしい。

?. マーシャル諸島の老人たちは 「彼女を見た」 と言う者が数人いる。 「日本軍の捕虜になって手当てをした」 と言う者も居た。

?. 日本軍が撤退した後、パトロール中のアメリカ兵が金庫を見つけ、中にはエアハートの物と見られる鞄が出、鞄には彼女のパスポートが入ってたと言う。 上官にそれを渡したがそれからの行方は分からなくなってしまってる。 そんな物は始めから存在しない、とアメリカ政府は否定している。 

アメリカ軍はこれまで 「真珠湾攻撃は日本軍に寄る奇襲だ」 と伝えてきたのを、最近は実はそうでは無かった、と言う事実が浮上しだした。 こう言う経歴があるだけに事実をもみ消そう、としてるかのように見えたりする。

もしかしたら。。。

これまで軍が否定して来た UFO も存在するのでは???

ラーメンはいや!! だったら・・・・



Saimin はどうだ〜!!??

Metapan が 「ハワイに来てまでラーメンとかカレーはいやだ。」
と言うのでここ数日色んな 「ロコの穴場」 を中心に食べに行った。
初日は Nimitz Hwy 海手、 Kalihi Street にある 「Ethel’s」。。。
穴場ではないが、 「ラウラウが食べたい」 と言うので 「Willows」 に行って。。。
(夜、ラウラウ食べれるところあまりない事に気づいた!で。。ビュッフェにはカレー〜!!)

で夕べはカリヒの 「例の」 サイミン屋さんへ・
8時オープンで 7時40分頃着いたがすでに二人先客が居た。
10分経過したら待ってる人数は10人ほどになった。
8時10分前におばちゃんがみんなを中に入れてくれた。

「Zippy’s とワイキキの マックのサイミンしか食った事が無い。 あまり美味いという印象は残ってない。。。」 と言う Metapanに 「ワンタン・ミン」 を勧める。 それと、BBQ!
「正しいワンタン・ミンの食べ方」 もついでに伝授。

「うまっ!!! これが本場のサイミンかぁ〜!!??」 

ファンがもう一人増えたようだ・

裏話: 編集長との初対面もZippy’s で、 「ここのサイミンがすき!」 と言うのを 「もっと美味い所があるから!」 と言って案内したのがココ・
いつの間にかハマってしまったらしい。。。

日、月、水が定休日; 夜は 8時からオープン。
よく夫婦で ラス・ベガスに行くため、年に1〜2回は一週間休む事がる!

退屈たいくつタイクツ・・・・



なので・・・

編集長のデスクに飾ってあるフィギュアをいじってみた。

題して 「ブレイク・ダンスする Z’gok」。

うううむ。。。芸術。。。。


なのか????

Message in a bottle



別に 「Police」 のハワイ公演があるからじゃないけど。。。

ビーチで見つけたガラスの瓶。
いろんな貝とかが付いてて相当長い時間海に浮いてた感じ。。。

いつ、誰がどこから海に投げたんだろう?

んんん。。。。ロマンがある。。。。。

残念ながら手紙は入ってませんでした。

何を考えてるんだろう〜!!!???



数年前からホノルル市は数億ドルを使い、 あちこちを 「バリヤー・フリー」 にしようとしている。 交差点の歩道など車椅子で乗り降りできるようにスロープにしたり。。。

それはとてもいい事だ。

あっぱれ!!!

だけど。。。。

せっかくスロープにしてもド真ん中にポストを立てりゃ〜台無しになるんじゃないか〜ぁ〜!??

しかも。。。3本もっ!!!!!

こんな信号機、一本に全部付けれるはず。
誰が思案したんだろう・・・・

いやっ、 多分な〜ぁんも考えてないんだと思う。。。

知らなかった。。。



アメリア・エアハート。
大西洋を一人で横断した女性パイロット。
太平洋を横断しよう、としたが行方不明となる。

消息を絶った理由には色んな説がある。

エンジン・トラブル。
燃料の計算間違い。
計器類のトラブル。
嵐に巻き込まれた。

一番興味を沸かせるのが; アメリカ軍に依頼されて大日本帝国軍の太平洋での動きを見つけ、報告すると言うスパイ説。 どこかの島で日本軍の捕虜に白人の女性が居たという噂もあるようだが、これがアメリア・エアハートかどうかは定かではない。

そんな彼女の記念碑がダイヤモンド・ヘッドの展望台にあるとは知らなかった・・・
その場所から見下ろす風景は。。。



素晴らしかった・

その人って。。。。。?????!!!!!



先日、北海道の Melona さんのハラウ仲間の 「S」 がやって来た。 彼女は一人でハワイ島まで行ってホノルルに二泊した。 ハワイ留学中の 「A」 と一緒に食事した時、ハワイ島の体験談を聞かせてくれた。

S: 「ハワイ島はよかったわぁ〜! これが 『スバル』 で。。。これはコーヒー農園で。。。」
写真を見せながら説明をしてくれる。

溶岩は見れなかったでしょう? 流れが変わって。。。

S:「あ、そうそう。 歩いて入れる距離じゃなくなったので。 でもね、火口まで登って行ったよ!」

ほ〜、絶景でしょう?!

S:「うん。 でね、そこでね、一人ポツン、とおばあちゃんが居てね。。。」

ふんふん。。。

S:「でね、私にね、『友達らは先に戻っちゃったので。。。ちょいとそこら辺まで乗せてってくれない?』 って言って来てね。。。」

え?。。。。

S:「他には誰〜も居ないし、『どこ行くの?』 と聞いたら 『どこでも』 と言うのよ。。。」

。。。。。。

S:「で、私はラヴァ・チューブを見たかったのでそこまで行ったらおばあちゃんが 『あ、ココでいいよ』 と言って車降りて森の方へ行っちゃってね。。。」

え? ええっ!? えええええっ!!!!?????
ラヴァ・チューブの辺りって駐車場以外はな〜んも無い所でしょ〜!!!???

S:「うん。 何にも無かったから。。。ほんとにここでいいの? って言っても 『大丈夫。ありがとう。』 としか言ってなくて。。。いつの間にか居なくなってたの。」

ま。。。まじですかぁ〜っ!?

S:「どこから遊びに来てたんでしょうね? あのおばあちゃん。。。」

どこからって。。。いやっ、 名前も多分。。。。知ってると思う〜!!!!


S:「えええ〜!?。。。。。怖くなって来た。。。」

いまさら遅いっ〜つ〜のっ!!!
でも、乗せてあげなかったら祟られてたかもよ〜!

ほんとに 「知らぬが仏」 だねっ〜!!!!

射撃場のヌシ!!!



ココヘッドの射撃場にはいつの間にかニワトリがたくさん居ついてしまった。
中にはかなり人懐っこいのもいる。 
この赤いのは毎日事務所の前の椅子に上がっては卵を一個産む。

その卵、ちょい見せてくれないかなぁ。。。

じろっ・・・



いやっ、ちょっとだけでいいからさぁ。。。

くわ〜っ!!!



ご、ごめんなさい〜っ!!!

って、マジでニワトリが怒ると怖いよね。。。

最近ハマってる番組!!



Sci−fi チャンネルで放送される 「Ghost Hunters」。

「ゴースト・バスターズ」 とは違いますので!

「出る」 と言う噂の所へ行き、真相を明かすと言う番組。
中では 「ラップ現象」 と思われてた音が実は水道管が家の柱などにぶつかる音だった、とか。。。「光の玉」 は車のヘッドランプが窓ガラスに反射して反映してるだけだった、と言うエピソードがある。

中には説明できないのもあったりする。

誰も居ない、行き止まりの通路で人影がカメラに写ったり。。。
調査団のメンバーやカメラ・クルーの者が押し倒されたり。。。
一番気味悪いのが 「EVP」。
(Electronic Voice Phenomenon)

テープ・レコーダーとかにその場では聞こえなかった人の声が録音されていたりする。



質問に答えるのもあれば、ただ同じ言葉を繰り返すのもある。
ううん。。。。やっぱり 「あの世」 ってのはあるのかなぁ・・・・???

結構科学的な面で調査して行くと面白い。
中には、あるホテルの一室に 「出る」 と言う噂があり、隠しカメラなどセットしておいたらホテルのスタッフのしわざだった、とか。。。

毎週水曜日の夜はテレビにかじりついてます!

今年の狩は。。。。



昨日、郵便箱を開けてみたら。。。

来た〜!

「タッグ」 と言うカード。
毎年、鹿狩りシーズン (3月から6月頃まで)が始まる数ヶ月前に出る。 1グループ確か8人まで一緒に申告でき、1月に抽選で狩に行ける日が決まる。 安全の為、狩場に入れるハンターの人数も制限されている。 今年のウチらのグループは 3週目、3月29日と30日が許可された。

が、Standby 36 と言うスタンプが。。。

要は、この日に 36人のキャンセルが無いと狩場に入れない、と言う事。
ウチのグループは 30番から 36番まで。
早速仲間のボビーに電話した。
ボビーは行く気満々! 30番台で狩場に入れる可能性はかなり高い。
一日 200人しか狩場に入れてもらえないのだが、仕事の都合とかで指定された日に来れないハンターがかなり多いわけだし、1番から29番までのスタンバイの人たちも必ずしもラナイ島まで足を運んで待つわけでもない。 シーズンの後半になるほどキャンセルが多くなる。 

今回は三週目。 
スタンバイは 30番台。
三月。
29と 30日。

やたらと 「3」 が続くが。。。。。



「散々な結果」 となりませんように・・・・・