モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2005年6月

!!!!!!!!!



今朝午前四時ごろ、トイレに起きたら。。。リビングの床に何か黒い物体がモソモソと。。。
「!!!でたっ!!!ゴキブリっ! しかも。。。でかい〜ぃ!!!!!」
と思い、よ〜く見たら。。。
なぁんだ! ザリガニかぁ! (ってこっちの方が驚くわな、普通!!!)
リビングには水槽があり、ソード・テールを10数匹飼ってる。 
この水槽のカタツムリ(タニシ)がたまにすごい数になる。
日本出張などで一週間もほったらかしてると水槽の内側一面びっしりとはびこってる事もある。  そこで、貪欲なザリガニの事を思い出して、ある日ヌアヌのある小川で釣って来た。 作戦は成功し、次第にタニシもほとんどいなくなって来た。

が。。。

今度はソード・テールの剣の様な尻尾が無くなってるのも見るようになった。

ザリガニが魚が寝ている隙にかじっているのだ!
悪さできないように、はさみを取るが、一ヶ月ほどしたら又生える。
脱皮も月一回か二回し、するたび一回り大きくなる。
食欲もどんどんすごくなっていく。
水槽の中のプラスチックの水草もかじるほどだ。
食べ物を常に探している状態だが、はさみが無いので魚を取ってかじる事は出来ない。
餌を求めて水槽を出てくるのか?
あまり餌を与えるともっと早く、もっと大きくなる恐れが。。。
かと言って、小川に還すとタニシがまた増えるし。。。

又いつか脱走するだろうけど、仕方がない。 
もうしばらく水槽に住んでもらおう。

ちなみに。。。。今回の脱走は3度目、多分発見が一番早かったと思う。
最初のはいない、と気が付き、3日後、ホコリまみれになってカラカラになったのを見つけ、「あ〜あ。 死んだな。」と思い、つかんだらゴソゴソ動き出すので水槽に戻した。
その前は、半日の失踪、トイレで保護・
これが後何回あるのか。。。?
今回はこいつのおかげでアドレナリンの元栓全開、朝4時にパッチリ目が覚めるし。。。
やっとうとうとし出したのが午前8時。。。これもゴミ収集車の音、隣のがきんちょの声、近所の人の66年型ムスタングのエンジンをふかす音で寝れないし!!!
今、すごい睡魔が襲って来てる。。。。
これからバイトなのに。。。。

武闘派戦記



ここ数日、「オートで勝負したい!」と言う人が多くなってきた。 オートが苦手と言う事を知っての挑戦か? リボルバーは引き金に軽く触れるだけで発砲できるが、オートは「アソビ」がある。 発砲するまで間があるので、どうも引き金を引き始める時点から発砲するまでの間、ブレが生じてしまう。 銃の種類によって感触もアソビも違う。 ベレッタは「ブヨッ」と言う感じがするし、 グロックはやけに重い。 デザート・イーグルは値段の割には仕上がりが雑で、引き金を引いてる途中、鉄と鉄がすれるのを感じ、イマイチスムーズじゃない。 おまけに反動で手首はひねられるわ、薬莢(弾のカラ)は顔面めがけて飛んでくるわ! 薬莢で出血したこともあるくらい!
一番仕上がりがいい、と思うのが ガバメント。 さすが、第二世界大戦から1990年代までの40数年間アメリカ軍に愛用され続けた名銃! この銃だったらノー・プロブレム!
 
100連勝まであと69勝。
頼むからデザート・イーグルでの勝負だけはやめて~!!!

武闘派戦記



今日も長い一日が終わろうとしている。。。。
昼も夜も銃のバイトが入ってた。
〆は、室内射場で、インストラクターだ。
みんなを部屋に集めて銃の持ち方、撃ち方などを教える仕事だが、こういうときは絶対挑戦者はでてこない。 「教える者」に対してやっぱりチャレンジを仕掛けにくいのかも。
射場の中の仕事の場合は次から次に挑戦者が現れるのだが。。。
今日の挑戦者は他のインストラクターのみ。。。
しかも映画「マトリックス」でおなじみのデザート・イーグルで!
(タルトやチーズケーキのデザートではありません・念のため!)
薬莢は飛んでくるし、反動は半端じゃないし。。。
あの銃はいやだ!!!!

って、結局勝ったけど、問題は 「100連勝」の内に入るのか、ノーカウントか?
んんんん。。。。

武闘派戦記:戦いは続く。。。



最近めっきり挑戦者が少なくなってしまった・・・・
「大きい口径の銃を追加してみますか?」と聞けば
「怖いからいや!」と言う答えが。。。
こらっ!!男だろ〜??

昨日、やっと骨のありそうな連中が来た。
負けて帰ったが、「リベンジに必ず戻る!」だそうな。
うん! 男はそうじゃなきゃ! 待ってるぞ〜!
でも、今日から来週まで非番なんだが。

今夜のおかず、何にしよう。。。。

100連勝まで後79勝。。。。。

え?もう生ったの?



普通、マンゴーが終わった一ヵ月後ほどしたらライチが採れるようになるんだが。。。。
今年は6月まだ入ったばかりだと言うのにすでに路上で売ってる人が出てきた。
ココマリーナ・ショッピング・センター手前で見たスタンド(?)ですが、 1ポンド$5、 5ポンド $20だそうな。 $5札と $100札しか持ち合わせてなかったため、1ポンドを買ってみた。。。
今年はハワイ島でライチが豊作だ、と新聞に出てたがオアフ島のライチの木はどれも生ってない。。。今年は(も?) 誰からももらえそうにない。 買うしかないのかぁ。。。。

シャワーの木



ハワイの市内観光のバスとかに乗るとガイドが付く。 
ガイドに「あの木は何と言う木ですか?」 と 訊けば、「あ、あれは。。。
シャ、シャワーの木でございます。。。。」と言う答えがよく戻って来る。
そういう時は 「こいつ知らないな。。。。」 と思うが、これが正真正銘、本物の「シャワーの木」でございます! 色とりどり、白、淡いピンク、オレンジ、黄色。。。日本の桜の花の様な咲き方で、花びらの散り方も似ている・
なぜ「シャワーの木」と呼ばれるようになったのか、はっきり知りませんが、「四月の雨(April Showers)が降った後に咲くからだ」 と 自分で勝手に思ってます。
6月半ばまで満開です!

Mango Season



「ハワイには四季がない」とよくいわれますが、いやいやよ〜く見れば季節が入れ替わるのがわかります。 夏、と言えばマンゴーが取れる時期! 大抵一軒家の庭に一本の木が植えられてます。 一言マンゴーと言っても、色んな種類がありますが、一般的に知られているのがこれ、 Common Mango。 熟れた実は黄色になるが、ちょっと青臭い感じがする。 青い内に取ってピクルスにするか、醤油とコショウ付けて食べた方が美味いかも。 Shibata Mango はCommon Mango を改良して二周りほど大きくした物で、青臭さをちょっと抑えて甘さを増した感じ。 Peary, あるいは Pearl は卵型で色も熟したら黄色より紫っぽい感じになる。 果実はとろ〜っとした感じで甘い。 一番甘くて美味しい、と個人的に思ってるのが Hayden Mango。 赤、黄、緑色の三色で、熟したものほど緑色が少ない。 青臭さもなく、食べやすい。 
今、週末とかあちこちでやってる青空市とかダウンタウンのオアフ・マーケット、タマシロ・マーケットとかに行けば買う事ができるだろう。。。
勇気ある人はマンゴーが生ってる家の人にお願いして二、三個もらうとか・・・
Mango Season は短し! 堪能しよう!

ハマった!



最近ハマりまくってます! Pepsi ライム味と Yama\'s のAhi poke burgerです!
ペプシはこの前、日本の友達にもお土産として持って行きましたが。。。。
友達もハマったそうです!
レモンよりいいかも?

武闘派戦記:久々の感覚



31日に帰り、ホノルル到着後、税関を通って表に出て即、仕事開始。 日本の代理店の方々が同じ日に来てそのまま工場見学する予定だ。 その後、午後6時からウェルカム・ディナー。 帰って寝たのが午前1時。 翌日は屋外射場の依頼、夜は日本郵船のマネージャー達と夕食会。 時差ぼけで頭がすっきりしない。 夕食会はあの 「京や」。 短パン、T-シャツと言うわけには行かない。 スラックス、アロハにブレザーをはおり、出発。 レストランに到着し、係りが車を預かりに来る。 車を降りると。。。「ペタっ!」 と言う音。

はっ!!!。。。
く、靴履くの忘れた!!!!
いつもの癖でビーサン履いて来てしまった!!!
社長には怒られるわ相手方には笑われるわ。。。
不幸中の幸い:座敷だったのでどうせ裸足になる事になった。

い、いかん。
このままでは。。。明日からロイヤルハワイアンのバイトが入ってるし、何とかしなくちゃ!
と思いながら時間は過ぎ、バイトに行く。 一週間も銃を握ってないが、大丈夫かな? と思いながら、早くも挑戦者が! ウォーミング・アップもしないまま受けることになってしまった! 相手の肩慣らしの的を観、ほっ、とする。 余裕さえも感じた。 ちょっとアドバイスもした。 「的を外す理由は、引き金を引く際、銃をぶらしてるから。 反動を気にせず、そーっ、と引き金を引く、と言うより触り続けるつもりで。」
この一言でまさか相手が悟ると思いもしなかった!
なんと! ど真ん中に3発も命中、後2発もすぐ横の「9」点の所に!
惜しくも1発完全に外れている。。。これも当たっていたら。。。。
かなりの強敵だった!

一週間も銃を握らないと、どうも力加減がわからなくなるかな? と思ってたが、それより目の焦点の方が難しかった。 なにやらモヤ、っとしてて。 「換気回してるの? 煙ったい感じだけど?換気扇動いてる?」と 同僚の者に聞く。。。「?ちゃんと回ってるよ。 煙ったくないよ? 第一、ここの設備はHPD(ホノルル警察)も参考にしてるほどだし。。。」

おかしいな。。。。?

はっ!
もしや。。。。
老眼!!!??? 
この若さで〜っ!!!???
い、意地でも当ててやる!!!

で、意地で当てた的がこれです。。。

帰ったべ〜



今回も無事帰国できてほっとしてます・
いつもは分刻みのスケジュールの元で動き、働くのですが、今回はほとんど観光で仕事はちょっとだけ! らくチン! と思いきや。。。
最後の一日、数時間だけ働いただけなんだけど。。。
内容が濃い!!!
まず、会長(写真の人)が運転手付きの愛車ロールス・ロイスでホテルまで迎えに来てくれて、そのままスーダンの大使館へ・・・・
そこで ムサ・モハメッド・オマール大使に会い、名刺交換。。。。
(短パン、ビーサンではありません!念のため。。。)
驚いたのはムサ大使は日本の早稲田を出、日本語ぺらぺら!
話の内容はスーダン産のハイビスカス・ティーを日本に輸出する、と言う事。
スーダンのハイビスカスはハワイのと比べ、ちょっと感じが違う。 
どっちかと言えば、ハイビスカスより 「Hau」 の花に似ている感じ。
その花が落ち、ガクを乾燥させ、それを紅茶にして飲むらしい。
味はクランベリーのように甘酸っぱく、美味しい・ 
それを日本に輸出し、引き換えにハワイの水も取り入れるんだそうな・もちろん、大使館にも設置してもらうことに。 スーダンも長年内戦が続き、それがやっと収まったところで食料、医療品とかが世界各国から仕送られてきている中にハワイの水が!! 
いい話だ! 
けど、肩こった。。。