ついでに、と言ってはナンだが・・・

嫌いなもの第二弾。

それはサーフィン。

これまた高校の時なんだが。。。
友達はみんなサーフィンをやってた。
興味はあったのだが道具(ボード)が無かった。
ボードだけ先に買っても自分に向いてなければお金がもったいないし。。。

ある日、友達がスペアのボードを貸すから来い!と言うんで一緒について行った。
場所はケワロ湾の入り口辺りの「パニックス」と言うポイント。
名前の由来は? と聞くと。。。

「すぐに曲がらないと岩にぶつかるから。。。」

へっ!? 曲がり方知らんよ!!!

「大丈夫。スケボーと一緒だよ!」

あ。そうか。。。スケボーと一緒かぁ。。。
なら大丈夫だな。 スケボーと違って転んでもひざをすりむいたりしない分、こっちの方がいいかも。でも、なんでこのスポットに???

「ここはパドリングが簡単だからね。リーフから出てすぐにもう波に乗れるからいいんだよ。」

うむ。なるほど。そう言われれば50mもパドリングしなかったような。。。
アラモアナの「ハイライズ」とか「コート」や「コンセッション」なんて数100mパドリングしなきゃいけないしな。友達思いなとこあるな、こいつ。。。

と思い、ボードに上に座ってプカプカ浮かびながら水面下の魚たちを眺めてた。。。
黄色いバタフライやシマシマのマニ二。。。ムーリッシュ・アイドルらが優雅に泳ぐ姿を眺めてた。
ふと見上げたら一緒に居たはずの仲間らが居ない。。。
なんだか慌しく岸壁をよじ登ってる。。。
一人こっちを指差して何やら叫んでるようだが???

指差す方向を見ると。。。。

浮かんでる所の20mも無い所に

三角の物体が水面から出ている〜!!!

ス〜ッ、と左から右に行き、静かに水面下に吸い込まれるように消えて行った。。。
真後ろ50mほど、波が立ってきて。。。

その波に3mほどのシルエットが〜ぁ〜!!!!

ま、マジですかぁ〜!!??

乗ったことのない波に乗れた。
立った事がないボードに立てた。

人間、命がかかるとなんでもできる、とこの時思った。

無事、岸にたどり着きみんなと合流できた。
と、その時友達は・・・
「そうそう。ここの名前の由来はあいつらが出るから、と言う説もあるんだよね。」
前言撤回。
このやろ。友達だったら先にそれ言えっ!

その昔、「Fisherman’s Wharf」 レストランの奥にはツナの缶詰工場があった。
漁船がツナ(メバチマグロがほとんど)漁に出て、釣れた魚を解体しながら入港していた。それにサメがついて来るようになったのだと。。。

「でもね、3mもあるタイガー・シャークなんて滅多に見れないよ!ユーはラッキーだぞ!」

ばかやろ〜っ!!!(涙)


この衝撃的な体験をした数ヵ月後、再度挑戦。
今度は別のスポットで。
ここは結構パドリングしたなぁ。。。。。
もうちょっとでポイントに着く! 
と言うところで腕に髪の毛が絡まった、と一瞬思ったら。。。

ビビビビビビ・・・・

あんぎゃぁ〜!!く、クラゲだ〜!!!

立て続けにこうやられちゃ誰もが断念するでしょう。
腫れた腕を押さえながら岸へと戻った。

神様はサーフィンしちゃいかん!と言ってるんだ。。。


この時、一瞬だけ、神の存在と言うものを信じかけた・・・・


高校時代のトラウマ、第二弾・ 終 ・