昨日はゴルフやっててワイアナエ方面に真っ黒な雲がただより、「ゴロゴロゴロゴロ・・・」 となにやら恐い音が聞こえたりして、ちょっと不安だったが・・・

今朝起きてみたら青空が辺り一面ひろがってた。

プロボウルがアロハ・スタジアムで行われたため、道路やフリーウェイはアイエアまで渋滞。
アイエア過ぎたらスムーズに走り出した。
おかげで15分送れて到着。 
ドックには社長と 「Sサイズのマーク」。

警察官レナードは???

「今日は仕事だって。」
まじめにパトロールしてるわけか。。。。

こんな少人数で大丈夫かな???

海は穏やかだった。 波も無く、風も程よい貿易風が吹いてる。
残念ながら鳥も居なく、魚の気配もしない。

しばらく船を走らせると、波がちょっと出てきた。
海面の様子がさっきとはちょっと違う。
社長も感じたのか、ルアーの点検に船尾に。
代わりに操縦席に座った。

その瞬間、右コーナーのリールが鳴り出した!
と思ったら止み。。。。
ルアーの動きに変化を付ける為、社長が懸命にリールを巻いてはラインを出し、数回繰り返したた。。。。追って来る気配は無い。逃がしたか? と思ったら今度は左コーナーのリールにヒット!!!

これも針が掛からず。
あきらめかかった所で右手前の竿が大きくしなり、リールが鳴り出す!!

「Hit!!! Hit!!!」
Sサイズのマークが叫ぶ。



他のルアーと竿をどかし、取り出されたラインを取り返す!
がんばれ! Sサイズのマーク!!!
「俺、右手に腱鞘炎起こしてるんだよね。。。」
「だいじょうぶ! そんな大きい奴じゃなさそうだ。 100ポンド前後?」社長は自信を持って言う。



腱鞘炎なんて何のその!!!???
ひたすらリールを巻き続ける Sサイズのマーク!
やがてラインが船の真下に来て。。。
たぐい寄せると。。。

魚影が見えた!!
でかい!



おいおいおい〜!! 100ポンドどころか・・・

300はあるぞ〜!!!

船を操縦しながら獲物を横に付け、ギャフを掛けようとする。。。



が、マーリンは船にビビって一気に走り出した!



取られたラインを巻き返した、と思ったらまた取られてしまった・・・・
50mほどのラインを巻き返しては取られ。。。
4〜5回、繰り返された。。。
最後に力を振り絞ってラインを引っ張り、ギャフ掛けに成功!
巨大な魚体が船に引きずり込まれた。



みんなクタクタ。
しばらく呆然として。。。
「ハーバーに戻ろう。。。」



港に戻ったのが午後4時頃。
ドックした後、軽く船を洗い流し、道具を片付けてギャリーで食事。
そういえば、昼も食ってなかったなぁ・・・・

今回のマーリンは専門家に頼んで燻製にしてもらうことにした。
三人ではとてもじゃないが持ち上げられないので頭を落とし、魚体を半分に切って運んだ。
それでも片方50キロ以上はあっただろう。。。

燻製は一週間で出来上がるらしい。 
待ち遠しいなぁ・・・