何年ぶりだろう?
ポリネシア文化センターに行くのは。。。

夜のショーも新しくなったし、えちゅ+フラ仲間も行きたいと言うし。

と言う事で久しぶりの文化センター!

ショーはストーリーになっていた。
ナレーションは全て英語で分かりづらいかも知れないが、中々面白い。

タイトルは 「Ha, Breath of Life」
ストーリーの流れは: 
ある島に夫婦がいました。
女性は子供がいつ生まれても不思議ではない状態であった。
が、ある日、二人が住んでいた島の火山が爆発し、二人は海へと逃げた。
海は荒れ、船は沈むが二人は無事、太平洋の小島へ辿り着くことができた。
島の人々は二人を暖かく迎え入れ、やがて子供が生まれた。
その子はすくすく育ち、強い、勇敢な若者となる。
ある日、恋に落ちるが相手の父親には若い男は認められない。
大人への儀式(火踊り)を成し遂げ、ようやく二人の恋は許される。
結婚し、平和に暮らしていたらある日突然、他の部落の侵略があり、戦闘の末、父親が亡くなる。 悲しむ男と母親。 悲しみの中で若い男女の間にできた子供が生まれ、男は再び生きる勇気を与えられる。

親から子には 「Ha」; 命の灯火とも言えよう、東洋で言う 「氣」 が吹き込まれる。
その「氣」は何世代も受け継がれて行くものである。

親から子に。
その子が親になり、生まれてくる我子に。

絶える事無いサイクルが繰り返されて行く。

たとえ住む島が違っても
民族が違っても
文化が違っても
「Ha」 は存在し、今もなお生き続けている。。。。。



とまぁ、勝手に解釈したんだが。。。。

間違ってたらごめんよ〜!

ショーのハイライトを動画でどうぞ〜!