モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2011年4月

2008年のマレーシア編 {32} レセプション?



アトラクションとしてN工大の先生の作詞作曲のマレーシア賛歌が先生UiTMのスタッフさんとで合唱されました。

2008年のマレーシア編 {31} レセプション?



会場をバックに記念写真をとってもらいましたが、ストロボを焚いていないので、粒子が荒れています。


2008年のマレーシア編 {30} レセプション?



川魚(鯉?)のから揚げも出てきました。

2008年のマレーシア編 {29} レセプション?



料理が運ばれてきました。
丸テーブルなので、中華風に、一皿に人数分盛られており、めいめいが取って食べる形式です。

2008年のマレーシア編 {29} レセプション?



料理が運ばれてきました。
丸テーブルなので、中華風に、一皿に人数分盛られており、めいめいが取って食べる形式です。

2008年のマレーシア編 {28} レセプション?



他の名古屋からのメンバーの写真です。NITのOBの先生で今も私学のC大学で現役でバリバリやっておられ、マレーシアから携帯による国際電話で、色々と実験の支持を出されておられました。それと若手の先生たちです。

2008年のマレーシア編 {27} レセプション?



レセプションのメニューです。手作りですが、今夜のためのもののようです。
メニューは英語で書かれていました。

UiTMはマレーシアでトップクラスの工業系大学です。


番外編:大地震の被害にあわれた方たちにお見舞い申し上げます(2)



あの大地震から早一ヶ月が経ちましたが、M7以上の余震が止まりませんね。
せっかく復旧しかけたライフラインがまた寸断されたようで、何と言ってお見舞いしたらよいのでしょうか。
ライフライン関係に関係のある役職をしており、先日も会議があったときに、電気・ガスや鉄道関係の人たちもかなりの数が応援に出かけているとの話を伺いました。めげずにがんばってください。

とりあえず、余震だけでもおさまってほしいものですが、震度6弱なんて、阪神淡路大地震のときにはじめて聞いたような震度が余震で頻発するなんて、大変です。

ちょっと昔に書かれた小松左京さんの、日本沈没がフィクションでなくなりそうな勢いです・・・・

2008年のマレーシア編 {26} レセプション?



階段を下りてちょっと直進後左手に進みました。
結局名古屋からのメンバーが同席しました。
真ん中の女性は企業から博士コースに来ている学生さんです。

2008年のマレーシア編 {25} レセプション?



レセプションは大学の近くの池のそばのレストランでありました。