ラナイから運河を眺めると、ちょうど朝日が昇る方角に建物が重なっておりました。