ただ今、日本で出稼ぎ中のikamです。
2019年9月3日(火)


カンジャンケジャン(生のワタリガニの醤油漬け)って、
おいしいんだね~カニミソが苦手なikamはまったく見向きもしなかった食べ物でした。
でも国分太一くんの男子ごはんで眞味食堂が出てきたとき、
これは食べてみたいと思ってたんです。
あれから約3年・・・
やっとカンジャンケジャンを食べることができました。
20190903_133940
20190903_134051うぉ~ミシュラン!!

20190903_134208
20190903_134218
20190903_134637座るとでてくるおかずたち。
途中でケランチムもでてきました!!
ふわんふわんのたまごがおいしそう。

20190903_134241メインのカンジャンケジャン登場。

20190903_140521このオレンジ色は何?
なんだかわからないけど苦手な感じ・・・
ちょっと食べるのを躊躇しましたが、
勇気を出してかぶりつきました。
中から出てきたのは、
ぷりっとしたカニの身はあまくておいしい。
しばらくちゅうちゅうして、
次はカニの甲羅にご飯をいれてカニミソと混ぜます。
そのまま食べたり、
カムテグイ(カジメ海苔)に包んで食べたりと、
写真を撮る間もないくらいおいしくて夢中で食べました。

なかなか予約がとれない眞味食堂(チンミシクタン)ですが、
直前にもかかわらず予約が取れたのはラッキーでした。
お店まで行って予約をしてきてくれたまやんちゃん、

時間も14:00となかなかいい時間でラッキー。
メニューはこれ1つだけ。
₩41000(ざっくり4100円)でした。

次は搾りたてのごま油を買いに中部市場へ向かいます。