Home > アメリカ本土 Archive

アメリカ本土 Archive

IEP Summer Graduation 2016

みなさん、Aloha
お久しぶりです!Miekoです

夏休みが始まってすぐに長いお休みを頂き、
アメリカ本土に20日ほど行き、日本に一ヶ月少し帰らせていただいていました

アメリカ本土に滞在したのは今回が初めてだったのですが、、
やはりアメリカは大きい!!!

IMG_1263

Texas, New Mexico, Arizonaと車で移動したのですが、1つの州を抜けるために1日かかるという、、
ハワイもアメリカの一部とはいえ、いる人や、話し方、空気、風景、、全てが全然違うんだなーということに気がつかされた旅でした
やはりハワイは笑顔の人が多いところなんだなーと感じることもできました。

日本では、6月にSt. Joseph高校との合同説明会に参加させていただきました。
参加していただいた方、ありがとうございます!

2ヶ月近くHiloを離れていた私はIEP Summer Sessionの方々とあまりお話しする機会はなかったのですが、、
昨日行なわれたSessionの締め、Graduation Partyに参加させていただきました
今回の写真はHawCCの広報担当の方が撮ってくれた写真です:)

まずはみんなでご飯を食べ,,

27846778353_d542288732_z 28358100622_5d3c086b2d_z

生徒全員に終了証とレイの授与。

28358101402_91bb131af8_z

それから、晴れてLevel 4を卒業した5名の方に、卒業証書とGiftの贈呈。

27846229634_dbc46d1c4e_z

卒業された方々おめでとうございます!!
突然のImpromptu Speechにもすぐに対応している姿がとても頼もしかったです

28430548796_5d2faa6f88_z

今回のPartyでは、Level4の生徒が授業で作った映像をながしました。
どうしてハワイで勉強しているのか、なぜ英語を勉強しているのかなど、実際に留学して感じていることが
分かるとても素敵なVideoでした!
そのVideoはこちらからご覧になれますので、みなさん是非見てみてください!!

それから、生徒から先生たちに感謝の気持ちのこもった手紙のプレゼント。

27846226264_a1e7f05fdc_z
生徒と先生のいい関係が築かれているんだと、ホッコリしました

また、Optional ClassのHulaの発表では
発表の前にClassを教えてくださっているRobbie 先生の先生が
Chantと、Alohaとは、、という話をしてくださいました。

28384253631_990d3d5a09_z

そういった素敵な空気に包まれた中スタートしたHulaの発表。

27846223624_528d0ae58d_z

6回の練習で仕上げたとは思えない程の完成度の高い踊りと、
キラキラした笑顔で
会場はとても暖かい空気につつまれていました。

最近世界では、胸を締め付けられるような悲しいニュースが後を絶ちませんが、
一人でも多くの人が”Aloha”、愛を持って、思いやりを忘れずに生活していくと世界はもっと素敵な場所になるのかな
とHulaを見ながら感じました。

次のIEP Fall Iセッションまで3週間ほどお休みですが、
夏休み中もBlogは更新していきますので読んで頂けたら嬉しいです
今回のセッションで自分お国に帰られる方も多いそうですが、
またみなさんとお会いできる日を楽しみにしています!!
Have a wonderful summer!!

IEPのWebsiteはこちら

Mieko

 

 

Hula Class `Auana

AlohaですMeiです

雨期に入ったと思いきや、毎日暑いHiloです

といっても朝晩は冷えるのでみなさん体調管理気をつけてくださいね

 

さて、IEPのみなさんは今セッションのFinal Exam, TOEFLが今日で終わりましたね

8週間、お疲れ様でした

明日のGraduation Lunch Partyでめいっぱい楽しんでくださいね

 

さて、今日はHawaiian StuduiesのHula Classについて書いていきます

Hula学科の学位を取得するには、HulaのClassを4セメスター取る必要があります

1,2セメスター目はKahiko(古典フラ)、3セメスター目は`Auana(現代フラ)、4セメスター目は総まとめという流れで、順番に取ります

 

4セメスターの間、クラスメイトはほとんど変わらないので、他の授業と比べて、生徒同士の係わり合いが多く、とても仲の良いクラスです

 

私は3セメスター目の`Auanaを現在とっているので、今日は`Auanaのクラスを紹介しますね

`Auanaでは、ただHulaの振り付けを学ぶだけでなく、曲を表現するために大切なこと、歌、ウクレレ、衣装作りを学びます

8092818_888ce59167[1]

 

セメスターによって、先生が違うこともあるので、やることも少し違ってくると思いますが、基本的に学ぶ内容は一緒です

 

歌とウクレレはオプションだったセメスターもあるようですが、今セメスターは必須で、全曲踊れて、歌えて、弾けるようになるのが目標です

大体2~3週間に1曲習うので、今セメスターは5~7曲習う予定だそうです

テストもしっかりあるので、ウクレレ初心者の私は今セメスターはほぼ毎日ウクレレを家で弾いています

 

そして、衣装作りはセメスター終わりのHō`ikeのために`Auana用のドレスを作ります

O14-1

この写真は去年のHō`ikeの様子です

色がピンクと決められていて、ドレスのスタイルは自由だったそうです

 

今セメスターはLau Halaのブレスレットも衣装の一部で、現在みんなで作成中です

O14-2

これは昨日試しに作った、私の初作品です

 

実は、今セメスターはドレスを作るかどうかはまだ決まっていません

Lau Halaのブレスレットの作成があるので、衣装は購入するかもしれないということです

 

とてもたくさんのことが学べて、今セメスターは充実しています

全く楽器のセンスがない私でも、たくさん練習して何とか形になり楽しく過ごしています

Hula学科に興味のあるみなさんにはとてもおススメのクラスです

さて、IEP生のみなさんは、今セッションの結果が出る明日の朝まで待てないと思いますが、今日はゆっくり休んで疲れを取ってくださいね

 

Mahalo

Mei

 

 

もうすぐValentine’s Day!

AlohaですMeiです

 

みなさん、Midterm examの結果はいかがでしたか?

各クラスで先生とのフィードバックが1人ずつあったと思いますが、結果が良くても悪くても、そのフィードバックを活かして、残りのセッション過ごしてくださいね

 

それでは今日は、今週土曜にあるValentine’s Dayについて書いていきたいと思います

F12-1

Valentine’s Dayは大人から子供まで日本でもアメリカでも、何かと町が賑わう日ですよね

でも、国によって色んなValentine’s Dayの習慣があるのは、ご存知ですか?

今日は、日本とアメリカのValentine’s Dayの違いを紹介します

 

まず、最初に一番大きな違いは、チョコレートやプレゼントのあげ手が違うということです。

日本では、Valentine’s Dayは昔から女性が男性にチョコレートやプレゼントを渡し、好きな人に告白したりパートナーに日ごろの気持ちを述べたりする日ですよね

渡す物は、手作りのチョコレートやお菓子だったり、買ったものだったり…

人によってはプレゼントをあげたりすると思います。

しかし、アメリカでは全くその反対なのです

一般的に男性が意中の女性にチョコレートや花束をプレゼントします

そして、男性がValentine’s Dayの夜、レストランを予約してディナーに行くのが一般的のようです

また、その日にプロポーズを行なう男性も多いようです

F12-2

では、次に義理チョコの存在です。

日本では、学校でも職場でも女性が友人や同僚、上司に日ごろの感謝の印として義理チョコをプレゼントすると思います

また家族内でも、お父さん、おじいちゃん、兄弟と女性からチョコレートをプレゼントしますよね

アメリカでは、女性だけでなく、男性も同僚や上司にチョコレートやカードをプレゼントするようです。

また、近い友人や家族とはカードやプレゼントを交換することもあるそうです。

 

そして、最後の違いは、White Dayの存在です

日本では、3月14日にValentine’s Dayでもらったお返しとして男性からクッキーやホワイトチョコレートやプレゼントを渡しますよね

本命チョコでも義理チョコでWhite Dayの日は男性から女性に何かお返しがある日なのですが…

アメリカではWhite Dayというお返しの日がありません。

これを聞くと日本ではValentine’s Dayの日に女性から男性にプレゼントし、1ヶ月後にお返しをもらえるというフェアなものですが、アメリカでは、男性が女性に渡した後White Dayというようなお返しの日がないため、日本の男性からすると少し、不公平に感じるかもしれませんね

私だけでなく、女性のみなさんからしたらWelcomeな日だと思いますが

 

付け足しですが、今回書いたアメリカのValentine’s Dayは、ハワイだけでなくアメリカ本土の内容も入っておりますのでご了承下さい

 

ということで、ハワイにいる日本人男性のみなさん、またこれからハワイにに来る男性のみなさん!意中の人がいるなら、Valentine’s Dayは待っているのでなく、ぜひ上げる側として準備してくださいね

お勧めは、Big Island CandiesのValentine限定のBoxです

可愛いし美味しいし間違いなしなのではないでしょうか

F12-4

F12-3

 

それではMahalo

Mei

クレジットカードのこと、ハワイ州のこと。

Aloha みなさん、yumiです。

hawaii coin
写真はクォーター硬貨の裏の絵、カメハメハののっているハワイ州のコインと、2012年のヴォルケーノのコインです。

いつもなるべく現金払いにしてクレジットカードは出来るだけ使わないようにしているのですが、昨年末、1年以上ぶりに行っためったに行かないターゲットでクレジットカードを使ったんです。

そうしたらその後ターゲットからカード番号流出事件が!

私の場合は日本のクレジットカードのセキュリティ会社から確認の電話がかかってきて(ニューヨークのブルーミングデール(高級デパート)で買い物しましたか?なんて聞かれました)、不正使用は未然に防げました。
私にとってはかなりの大事件だったのですが、特に周りの人たちからは驚かれませんでした、そんなたいしたことじゃないんですかねー。

そういえば日本のクレジットカードはこっちのガソリンスタンドでセルフで入れるときカードが機械に反応しないんですが、それは日本のクレジットカードが特別なセキュリティ機能をつけているかららしいです。
この前スタンドの窓口で支払いをしたときに店員さんに教えてもらいました。
いつもはガソリンはプアイナコのKTAにある76というスタンドで入れてます、なぜかそこだけカードが機械を通ります。

昨日はプリンスクヒオデイで学校は休みでしたね、プリンスクヒオデイは州のホリディ(他にもカメハメハデイとかあります)なので、フェデラルの公共機関はオープンでした。郵便局とか。

アメリカではフェデラルとステイトで管轄が別れていて、昨年秋フェデラルがシャットダウンした時はヴォルケーノナショナルパークは休園でしたが、マウナケアはステイトなので関係なかったです。その間の旅行者の方たちは皆マウナケアに行ったんでしょうね。

halemaumau sunrise
写真はハレマウマウ火口とサンライズ、観光客の方たちは日が暮れて火口を見るのが主流のようですが、日が上らないうちから行ってサンライズを見るのも素敵ですよ。

 

ヴォルケーノで他に私が好きなのはキラウエアイキのクレーターのハイキング

kilauea iki

そんなに時間もかからないし、キラウエアの森と溶岩の跡と同時に楽しめて、おすすめです。

kilauea iki hike
クレーターを横断途中、蒸気が地面から噴出したりもしてますよ。

州の話に戻りますが、ハワイのステイトソングは

hawai’i pono’i といいます。

あと1ヶ月で始まるメリーモナークの開演前にも毎日会場で歌われます。

youtubeからリンクをのせておきますね。

ジンジャークッキー作り!

Alohaでございます!!

 

本日はIEPのListening & Speaking Classの時間で人型に焼き上げられたジンジャークッキーを使ってジンジャーブレッドマン作り!

gin

写真左にあるのがジンジャークッキー。このクッキーを写真右にあるものでデコレイトしていきます!

ジンジャークッキーについて書いていきますね。

ジンジャークッキーはクリスマスのときに作られるもので、このジンジャークッキーの匂いがすると、こちらの人はクリスマスが来たと感じるのだそうです。そして、デコレイトされたジンジャークッキーはクリスマスツリーの飾り付けのものとしても使われています。

gin5

なぜ人型になったかは定かではありませんが、ジンジャークッキーには翌年の豊穣や無病息災を祈る気持ちがこめられています。生姜が入っているため風邪予防にもなりますし、寒い冬には体温を暖かくキープしてくれます。

そして生姜には独特の強い香りがすることから、魔除けの意味を持っているとも。

gin2

皆さん真剣に取り組んでいます!!

見ている限りでは簡単そうに見えますが、意外と難しいこの作業。私も一度やったことがありますが、そのときは見るも耐え難い格好のジンジャーブレッドマンが・・・笑

 

皆さんのは成功したようでよかったです♪

gin3

さて!

クリスマスツリーもRoom 13におき、ジンジャークッキーも作ることが出来ました!

皆さんクリスマスの準備は万端ですね? その前にFinal Examという壁が一枚あるので、何とか乗り切りましょう!

 

Mahalo,

Gin

Hawaii大学システムで必要な英語技能検定。

Alohaでございます!

 

気づけばもう11月後半ですね。残り一ヶ月で冬休みに突入します。

IEPでは来週にTOEFLの試験が行われます。この結果によって来期にHawaii Community College(HawCC)に入学できるかどうかが決まってくる人もいますよね。

ということで、今日は主にTOEFLや日本で行われている英語の技能検定について、先週行われたEducational Weekの写真とともに書いていきます!

IMG_0066

まず、TOEFLとはなんなのでしょうか。

TOEFLとは “Test of English as a Foreign Language”の略で、アメリカのNPO(非営利団体)が主催している、世界でも広く受け入れられている英語能力試験です。

基本的に「外国語としての英語のテスト」というコンセプトでやっています。このコンセプトのとおり、英語が第二言語とする人達のためのテストです。なので、TOEFLを多くの英語圏のCommunity College (短大) やUniversity (大学) が私たち留学生の英語力を判定するのに用いています。

IMG_0046

続いて、日本で主に行われている英検について書いていきます。

まずはじめに、英検の正式名称は「実用英語技能検定」といいます。「公益財団日本英語検定協会」という日本の団体が実施しています。

TOEFLとの違いは、英検には1級、2級、3級…などと自分にあったレベルに合わせて受けられるところです。また、日本の団体が運営しているかアメリカの団体が運営しているのか、という点も大きな違いだと思います。

 

ここでこれから留学を考えている人への注意点-その1-です!

現在、University of Hawaii(UH)やHawCCでは英検のどの階級の認定証を持っていようと入学は認められていません。たとえ英検1級を取得していても、TOEFLのスコアを持っていなければUHやHawCCへの入学はできません。

IMG_0038

最後に、TOEICについて書いていきましょう。

TOEICとは“Test of English for International Communication”の略で、英語を第二言語とする人を対象とした英語のコミュニケーション能力を検定するための試験です。日本語名は「国際コミュニケーション英語能力テスト」といい、TOEFLと同じ団体が運営しています。

運営する団体や英語が第二言語の人にとってのテストなど、TOEFLと似通った点が多いですがいったい何が違うのでしょう?

IMG_0075

主な違いは、TOEFL は英語環境下である大学において、英語が第二言語の人達の英語コミュニケーション能力を測るテストです。なので、学術的な内容が出題されます。

対してTOEICはよく言われるのがビジネス向けのテストとよく言われます。普通の社会生活に必要な英語の問題が主で、特殊な問題はあまり出てきません。

簡単に言いますと、TOEFLは大学で授業を受けられるかどうか判断をするためのテストで、TOEICは英語での一般的なコミュニケーション能力を判定するためのテストです。

 

ここでこれから留学を考えている人への注意点-その2-です!

現在、University of Hawaii(UH)やHawCCではTOEICのスコアでの入学も認められていません。TOEFLのスコアを持っていなければUHやHawCCへの入学はできません。

IMG_w

さて!今日は英語の技能検定の話を書いていきました。

結局のところ、TOEFLのスコア以外では入学は認められません。これはUH以外の大学でもほとんどの大学が同じ認識です。なので、これから留学を考えている人はぜひTOEFLに挑戦してみてくださいね!

次回は、もう少しTOEFLについて詳しく書いていきます。 それでは!

 

Mahalo,

Gin

Baby Shower。

お久しぶりです。Sachikaです!
最近、GinさんがBlogを担当してくれているので、私は専らオフィスの人となりました。
もちろん、まだHawaii Community Collegeの学生でもあります。
Ginさんがマウナケアに行っているので、久しぶりに私がブログを書きます。

今日はIEPのStudent Coordinator、YukoさんのBaby ShowerがOCETでありました!!
2

Baby Showerとは、妊婦さんの友達が開くお祝いパーティーです。オフィスの中でのパーティーでしたが、オフィスがデコレートされていてとてもかわいらしい感じです。みんなでご飯を持ち寄るポトラック形式のパーティーでした。
3

写真右側にあるクリスマスリースみたいな飾りはなんとおむつやベビーオイルでできているんです!!飾り終わった後にも使える画期的な飾りやと思いませんか?
5
ケーキもかわいくデコレートされていました。私が写真を撮ろうとした時にはもう切ってあったのですが、写真用にもう一度デコレーションを載せてもらいました。ということで、すでに何箇所か食べられています。笑
6
本日の主役!!Yukoさんです。
Yukoさんは約2年間、IEPの生徒さんのサポートをしてくれました。私がIEPのときもお世話になりました。そして、私がIEPで働き始めてからもずっと助けてもらいました。今日のパーティーはYukoさん出勤最終日やということもあり、サプライズで行われたのです。
明日から、オフィスにYukoさんがいないと思うと、本当に寂しいです!!!!

しかし、おめでたいことなのでそうも言ってられません。
Yukoさん、元気な赤ちゃんを産んでくださいね!!みんな応援しています。
IEPオフィスにも赤ちゃん、是非連れてきてくださいね!!

では、みなさん、よい1日を!

Sachika

Volunteerの有用性②

Alohaでございます!

最近寝起きが悪いです……。夏休みのせいか気が緩んでるのかもしれませんね(笑)

だらけられるのも夏休みの特権!ですが、だらけ過ぎは体に毒です。夏休みだからといってだらけすぎないように注意しましょう!笑

さて!昨日の続きです!

前回は留学生にとってVolunteerはどのように役に立つのかを書きました。

今回は日本とアメリカのVolunteerの違いについて書いていきます。

日本でのVolunteerは生命の危機に瀕している人やものを無償で助ける、といった考えだと思います。貧困地域に住んでいる人を助ける、砂漠化現象を食い止める、地雷の処理、被災地の救助など……。そういったものに重点を置いていると思います。

IEP 002

アメリカでは生命の危機に瀕している人や物を無償で助けるほかに、自分の持っているスキルを無償で提供する、また自分の持っていないスキルを手に入れるためにVolunteer活動をする、という考えがあります。

前者を”Professional Volunteer”といいます。定年を迎えた人達が自分の知識を活かして現場に立ち若い人たちを育てるためにVolunteerをしていたり、弁護士の方が顧客獲得のために無料で相談に乗る、というものです。

後者は自分のスキルUPの為にVolunteerをするものです。

教師になりたい人がいるのなら教師になる為のノウハウを学ぶために小学校にVolunteer活動にいったり、将来研究がしたいのなら自分のやりたい分野の研究所に研究のお手伝いとしてVolunteerとして働かせてもらったり。

留学生が英語を学びたいからVolunteer活動に参加する、いうのも後者の考えに当てはまると思います。

IEP 001

専門の分野に進む場合、その分野のVolunteer経験が必須の職業もあります。

自分のやりたい職業を経験もせずに仕事をするのか、という考えです。仕事ってやってみて初めてわかる辛さがありますよね。そういったものも経験せずに専門職に就こうとするのは浅はかな考えだと思われます。

また、Volunteerから正社員になる、という話もこちらではよくあります。

一定の実力が認められたら雇う側もキープしたくなるわけです。Volunteerはお金をもらっていないために休みたいときに自由に休めますし、何か嫌な事があれば参加しなくなってもいいんですから。

I Phone 240

そして学生にとってVolunteer活動をするととても有益なことがあります。

それはHawaii Community CollegeUniversity of Hawaiiの生徒になったとき、奨学金がとりやすくなります。奨学金を取得したい方は成績の維持も大変ですが、さらにその上でVolunteer活動をしています。Volunteer活動をしているかしていないかで奨学金の取得できる可能性が大幅に変わってきます。

ちなみにVolunteer活動は職歴にも書くことができます。Volunteerを通して学んだことを職歴に書けるわけです。

IEP 004

さて!前回と今回のBlogVolunteerについて深く書いてきましたがいかがでしたでしょう?

今回紹介したアメリカならではの考え方は日本にはない考え方なので、私が最初に”Volunteer”という言葉を聞いたときにはとても不思議に感じました。

こういった文化の違いを受け入れてアメリカの文化に触れていくのも大事だと私は思います。

 

こちらの友達とVolunteerについて話したことがあります。「日本のVolunteerは一方的なVoluntter」だと表現されました。「Volunteerには双方にとって有益にならないとVolunteerとは呼べない」とも言われました。私にはその友達の言葉がとても印象的でした。

明日は一日Volunteerが入っているので更新が遅くなりますが、できる限り早く更新できるようにするのでお楽しみに!

Mahalo,

Gin

US Summer Camp1

お久しぶりです!
Sachikaです。只今、日本満喫中です。日本最高。
私がハワイ島におらん間はGinさんがブログを書いてくれているようですね!
ありがとうございます〜!!

さて、私はというと、7月4日に日本に帰国した翌日から以前ご紹介したUS SummerCampに参加しています。昨日、ようやく実家に戻り、約18日間のPC無し生活から抜け出すことが出来ました!PCが使える間、US SummerCampでの経験をご紹介していこうと思います:)

まず、初日。
実家のある岐阜からいきなり静岡県、御殿場に向かいました。電車とバスを乗り継いで約6時間の道のりでした。遠い。帰国がプログラム開始より少し遅かったので、2日遅れでオリエンテーションに参加しました。
4team3
そして、到着。何がなんやらわからないまま、オリエンテーションが行われているであろう教室に向かいました。この施設はとても広かったので、場所が分からず、何人もの人に聞きながら、教室を探しました。
3team3
ようやく到着。もう既に事は進行していました。とりあえず、名札を作り、ミーティングに参加しました。みなさん温かく迎えてくれました。私は、このプログラムのTEAM3というグループにジャパニーズカウンセラーとして参加しました。TEAM3は日本人スタッフ5人とアメリカ人スタッフ17人という構成のグループでした。
1team3
TEAM3のバーナーです。
オリエンテーション期間中は、アメリカ人スタッフが企画で使う物品(バーナーやポスター、景品等です。)を作る。日本人スタッフはCampの流れについて打ち合わせを重ねたり、物品の数を確認したりしていました。日本人スタッフは主に裏方ですが、把握しておかなければならないことがたくさんで初日はなにがなんやら分からないまま一日が過ぎていったという感じでした。
2team3
この施設からは、富士山がよく見えるので毎朝生で見る富士山に感動していました。

Campの詳細はまた追々書いていこうと思います!
では、よい1日を:)

Sachika

 

Scholarship Program

Alohaでございます!

さて、前回の続きを書いていきましょう!

 

英語が話せなくなりどうしようもなく感じたとき、一度周りを見返してみました。

周りを見返してみると、本当に色々な国の人がいます。そして、改めて参加者の英語を注意深く聞いてみたんですね。色んな英語が聞き取ることができました。オーストラリア訛りの英語、フランス訛りの英語、メキシカン訛りの英語……。完璧と思っていた人達の中にも訛りがあることに気がつきました。

そして文法も完璧のようにきこえますが、三人称単数の後に“s”をつける、時制の一致、付加算名詞や可算名詞……など、細かいところをよく聞くとちょくちょく抜けていることに気がつきました。

King Kong

そのことに気づいたあと、ドキドキしながらも自分から話を広げてみたり、自分の意見を言ってみたりしました。日本語訛りですし、細かい文法を考えたら間違いもいっぱいあったと思います。しかし、みんな理解してくれましたし、私の英語を決して笑わずに真剣な顔で聞いてくれました。

奨学生の人達の集まりだからと気にしすぎていたんですね。そして、自分の今の実力では不可能なことを自分に求めすぎていました。特別に考えることは何もなく、いつもHawaiiで生活しているままの自分を出せばよかったのです。それができなかった結果、自分の持っているものを存分に発揮できずに縮こまってしまい、何もしゃべれなくなっていました。

カラオケ

それ以降はいろんな人と話しました。文化の違いを話したり、冗談を言い合ったり、一緒に歌を歌ったり。笑

何日目だったかは忘れてしまいましたが、英語の訛りの話をしました。みんなそれを私みたいに「恥ずかしい」などと思っておらず、むしろ「自分の国の特徴を持っていて何が悪い!」というような調子で話していました。“日本語訛りの幼稚な英語”だと思うことが恥ずかしいのだとその時に思いました。

 

そんなこんなでPhiladelphiaとNew Yorkの時間はあっという間に過ぎ、Programは終了しました。Washingtonで悩んで何も自分から話せなかったのがとてももったいなく感じましたね……。

噴水-1

私が今回のProgram で学んだことはたくさんありました。

行く前と行った後でこんなにも自分の留学生活、自分の目標に対するモチベーションが変わるとは思わなかったです。そして自分自身の英語について改めて考えさせられました。

英会話で大切なのは、相手に伝えられるかどうかだと思いました。確かに綺麗な発音で文法的なミスもなく英語が話せれば、格好いいですし相手もすっと理解してくれます。

しかし、英語が苦手でまだまだ発展途上な場合そんなことはできません。大事なのはどんなに格好悪く聞こえようが伝えようとする事だと思います。完璧でなくても相手にうまく伝われば会話は成り立ちます。恥ずかしがり誰とも話さないのは、せっかくの留学生活の無駄遣いだと感じました。

ISLP 集合写真

Scholarship Programで体験してきたことをここ数日書いてきました。Hawaiiとはあまり関係なく、長文、そして個人的な体験談になってしまい申し訳ございません。留学をするとこんな体験もできるのか、こんなこと留学してるときに思った時あったなぁ・・・、というような気持ちで読んでもらえてたら幸いです!笑

 

明日は今日IEPのSpeaking&Listeningのクラスの時間に行われたアメリカの大学生とのConversationについてまとめていきます!

 

Mahalo,

Gin

Home > アメリカ本土 Archive

Calendar
« 1月 2017 »
M T W T F S S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリー

ページTOP