モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2012年5月

Ka'ū



Aloha

コナより南へ、車で1時間半くらい行った

「Ka'ū」に行きました。

いつのもこのKa'ūの町を通ると思い出すのは

アンクル・ジョージが作った名曲

「Ka nani a'o Ka'ū」


そして、このメレにちなんだこんなお話も・・・

むかし、むかし・・・

アンクルの先生のアンティ・カベェナ・プクイから

「見たことをそのまま歌にしなさい」と言われたアンクルは

素直に見たとおりの歌詞を書きました。


そして、レコーディングの時、

アンティ・カヴェナから

「あなた、歌詞を後ろ向きに書いているわよ」と言われました。

でもアンクルは

「だって実際に僕は、後ろ向きに見たんだから。こういう向きでね・・・」と言い返しました。

そう、その日、

アンクルはでこぼこ道をジープの後ろに乗り、後ろ向きでその景色を見たのでした・・・

(おちゃめなアンクルらしいお話)




そんなKa'u行きの今回の目的はこれ。

Ka'ūの地元の人たちで造ってる〜っていうようなアットホームでほのぼのとしたフェスティバル。


で、一緒に行った付き添い隊が楽しんだような・・・

ジャンピングして・・・



男子にはたまらない、NERF Gun ゲームもして・・



おいしいミニドーナツ屋さんでドーナツ買って食べて・・・



ちょっとだけハワイアンミュージック&フラも楽しんで・・・画像が暗い!



超久しぶりに黒砂海岸に立ち寄って、ホヌに会って・・・



最後にレフアを少し摘んで・・・



これでヘアーピース作ります!




そうそう、それと。

Ka'ūに行ったら「Palahemo」を見ないと

Ka'uを見たことにならない・・・とアンクルが言っておりました。

サウスポイントね・・・


「Ka nani a'o Ka'ū」 踊りたくなった??

コナに住むカーディナル



めずらしく今日の朝は雨降り・・・

空気もひんやり肌寒い。



朝、鳥(野鳥)にえさをあげます・・・(っていうか定位置に置いておくと勝手に食べにきます)

今日、一番にやってきたのは「Yellow billed cardinal / カーディナル」。(左)

(頭の部分が赤く、口ばしが黄色のが特徴、冠なし。日本名はキバシコウカンチョウ)



一緒に来た鳥。(右、種類はわからず)


その一緒に来た鳥が羽をバタバタさせながらピーピー鳴いています・・・

まるで巣にいる赤ちゃんが親鳥からえさをもらう催促の鳴き声のよう。


遠くから見ていたら・・・

なんと・・・

カーディナルが鳴いている鳥に口移しでえさをあげているのであります。




体の大きさは同じくらいなのにピーピー鳴いている鳥は赤ちゃん鳥なのか?

そしてカーディナルはおかぁさんなのか・・・?

でも見た目はあまりにも違いすぎ・・・(同種類の鳥とはおもえない)

そこで

きっと、親鳥から離れちゃった赤ちゃん鳥に

おかぁさんカーディナルが親代わりなってえさをあげているのだろう〜

という設定を考えてみた・・・いい子(鳥)だ、このカーディナル。



(スクリーン越しに撮ってるので画像悪くてすみません)


って勝手にカーディナルをメス親と設定しましたが

オスだったりして・・・


まぁ、母の日も近いことだし、涼しい朝のあたたかいシーンでした・・・

Kodomo no Matsuri @ Hilo



週末の5月5日の朝。

Boys Dayだからって

鯉のぼりの飾りをメインランドから引っ越してきたファミリーからいただきました。

いまや、Girls Day、Boys Dayはアメリカに浸透しておりますね・・・

で、

天気もいいし・・・

Boys Day&子供の日だし・・・

そうだ!ヒロに行こう・・・

ということで

(いただいた)鯉のぼりを車にのせて

ヒロに行きました。



行きのサドルロードから見る「マウナ・ロア」はとってもさわやか。

いつも隣にそびえ立つ「マウナ・ケア」に主役を持っていかれてしまいますが

私は、なだらかできれいなスロープのフォームのマウナ・ロアも好き。

この日も、とてもきれいでした。

(パノラマ写真だったら全体が撮れたのに、で、4枚の写真をつなげてみました







ヒロに到着。

「Kodomo no Matsuri」がやっていたホールはとてもにぎやか・・・

かぶとや風車の折り紙や、習字・・・日本文化いっぱい。

ドラエもんの着ぐるみなんかも登場。

そんなアトラクション?にあまり興味をしめさない息子は・・・

人気の「Sakana Tsuri」(日本では金魚すくい)狙い!

30分くらい並んでやっと順番がやってきました。

3 for $1(3つの紙でできたあみで1ドルというお値段)

楽しそうです。

淡いピンク色の魚をゲット。




私は

レフアマモの盆栽に目が釘付け・・・欲しい〜〜
(でも売り物ではありませんでした)




Daddyは

今までなかなか食べれなかった

Suisanの「Poke Bowl (ポキ丼)」が食べれたので満足!(← Ono、ono)・・・(これは子供の日とは関係ないかっ)




そして

子供の日といったら

「Kashiwamochi(柏餅)」

あの有名なお店でイチゴ大福とともにゲットできたし。







久しぶりの
ヒロの友人たちにも会えたし・・・


大人も楽しんだ子供の日@ヒロでした。 またね

Lava Walk



Aloha
日本はゴールデンウィークですね。いいなぁ・・・

さて、
あるコナ関係のメレのリサーチをしていて出てきた場所。
調べてみたら、あらっ家から近い・・・
ちょっと行ってこようかなぁ?と思ったけど
一人だと何かあった時に助けがいないので
週末を待って散歩がてら家族で行ってみた・・・ (って近くまでは車で行ったけどね)




そこは「Maihi Bay」。

ここまで溶岩の上を歩いて行きます。



なのに足元はローカル使用のスリッパ(ビーサン)・・・。
(注意:良い子のみなさんはちゃんとしたシューズで溶岩の上を歩きましょう)



さぁ、進みます・・・。
(なぜか崖のエッジを歩くスリッパ隊・・・)





途中、大きな洞窟があります。 (海水が流れ込みます)



ここを目指してカヤック隊もやってきます。ほらっ。



ちなみにここは、ローカルのお兄ちゃん達のジャンピングポイントにもなっているようです。
崖から海に飛び込んで「度胸自慢」してます。 (見てる方はひぇ〜危ないですぞ)
動画ここ



フアラーライ山側も見てみましょう〜 山側はちょっと雲が・・・



いろいろ寄り道して、溶岩のデコボコの上をゆっくり歩いて30分くらい・・・
スリッパ隊、先端に到着!うしろは広い海!

今日は 「Malie ka 'ili o ke kai」 (海面は穏やかでした)





そういえば
以前、聴いたレクチャーであるクムフラが話していた。

「メレに出てくる場所、そのメレが作られた時代のままの建物などは
残っていないけどその場所自体はなくなってはいない、
だからその場所に行けばマナは感じられるはず。」と・・・。

フラのハンドモーションの「場所の手」は、あまりたくさんのバリエーションがなくて
ある程度決まった形で表現されるけど・・・

その場所の風景やそこに吹いている風や香りなどを実際に感じて踊る
「場所の手」は、きっとその場所が感じられるものに見えるはず・・・。 (と思って踊りたい・・・)



さて、そこからちょっと北側にも楽しめるスポットがあります。

「タイドプール (地形によってできた潮だまり)」があったり・・・

って、もう入ってるし・・・



ということで
プチフアカイ、おしまい!

なんか、露天風呂みたい・・・



A Hui Hou