ビッグ・アイランド生活も10年目に入り・・・

この島で生きる術みたいなものもなんとなくわかり・・・

今は、
「自分の気持ちに素直に、やりたいことをやろう」が目標。

で、前からやりたいとおもっていたことのひとつがこれ↓

ビッグ・アイランド・プロジェクト (仮タイトル)

それは何かと言うと・・・
ここに住むアーティストと何かしたい・・・それもがんばっている日本人と・・・。
こだわりは、ここハワイ島から発信すること。

そこで最初のプロジェクトとして
-パウ・スカート(Pa'u Skirt) 作成- (フラをする時に履くスカート)を実行することにしました。
テーマは
「日本のフラの仲間たちにビッグアイランドのマナを届けよう作戦」・・・です。

&emojipalette; &emojipalette;

実は、前から一緒にやりたいと注目していたアーティストがいました。

その名は「Miyuki Akiyama



アカカ・フォールズがあるハマクアに在住。2児の母。
京都とバルセロナ(スペイン)で美術を専攻、
アジア遊学後、2000年にハワイ島に移住。
切り絵、ろうけつ染、グラフィックデザインなど
マルチプル・アーティストとして活躍中。


数年前、
あるきっかけで彼女の作品を見ました。
独特のセンスで彼女の個性があふれていて、それにビッグアイランドの
土臭さ(ごめんよ)みたいなものを感じるのです。

で、

数ヶ月前からこのプロジェクトがスタート。

まずはデザイン作成から。
私が選んだモチーフはマイレとレフア。
マイレは個人的な結びつきの意味もあり
「切れない」ことの象徴とも言われています。
レフアはハワイ島の象徴の花で、
フラダンサーが愛する花。
この二つを一緒にフラを踊っているような感じで
デザインをして欲しいとリクエスト。
わがままなリクエストにもど〜んと答えていただき
素敵なデザイン&プリントが出来上がりました。
(トップの写真

まるで本物のマイレがスカートの上にあるようでしょう〜
それにレフアの花はひとつひとつが彼女の手描き。
マイレやレフアがまるで生きているように見えるのは
それらを間近で見て生活している彼女だから成せる業。

そして

そのデザイン&プリントを神聖なパウスカートとして
仕上げていただくのがこのお方。

Shoko Nagasawa



ヒロ在住。
2000年、八ヶ岳にB&Bとハワイアン・グッズのショップをオープン、
夏は八ヶ岳、冬はハワイに居住する生活を経て、
2005年ハワイ島、ヒロに 定住を期に「Sho Hilo Hawaii」を設立。


もう、ビックアイランド・フリークの方や地元ではおなじみだとおもいますが
彼女も料理からオーダーメイドの洋服まで何でもちょちょいと
手作りしてしまう多才な芸?の持ち主です。

そんなふたりが手がけてくれたもの
(これはサンプル)




プリントの色味や仕上がりの形など最終チェックも終わり

 現在・・・

一枚、一枚、手作りで製作中で〜す。

オリジナルパウスカートが出来上がるまでもうすぐ。
(ちなみに市販はしません)

ということで
このプロジェクトが楽しかったので
ぜひこのメンバーで・・・
また何か面白いこと(プロジェクト第2弾)をやりたいと
ひそかに思っております・・・
(私だけが・・・