我が家から見える北アルプスも雪で白くなりました。美しい光景なんですが、いかんせん寒いのが辛いふあららいです。




両替を済ませて、太ったお財布と共にやってきたのはその名も「デジクッパ通り」、ナヨン両替所からすぐです。
西面MAP

(コネストさんより画像お借りしました)




デジクッパ(豚骨スープ雑炊)のお店が軒を連ねます。
CIMG0068

その中の一軒、「松亭3代クッパ」というお店にに入りました。
CIMG0072
店先では大鍋で豚骨がグラグラと煮られていました。

「おそおせよ~」と元気のいいお店の方達に迎えられ席に着きます。


クッパは具材の違いで3種類あります。
CIMG0069
デジ(豚肉)・ネジャン(内臓)・スンデ(腸詰め)の3種類、値段はどれも7000ウォンです。

我が家はデジクッパのご飯を別にしてもらう「タロクッパ」で注文しました。


おばちゃんが手際よく薬味を並べた後、どーんと真打ち登場。
20181023_134920
ご飯は金属の蓋付き容器に入っています。


スープはほぼ味が付いていないので、薬味のアミの塩辛やキムチやらで味をカスタマイズしていきます。

まずはスープを一口・・・

まあ、なんて優しいお味

臭みはまったくありません。


アミの塩辛を入れると塩味が加わってさらに美味しくなりました。
ニラの辛み和え物も加えます。


お肉がたくさん入っていて、酢醤油のタレに付けていただくのですが、これが柔らかくてほっぺたが落ちそうマシッタ~
CIMG0071
お匙でご飯を取ってスープに浸して食べたり、薬味と一緒に出てきたそうめんを入れて食べたり、最後には残ったご飯をスープに投入して最後まで美味しくいただきました。

振り返ってみると、今回釜山で食べた物の中でこれが一番美味しかったです。


お昼時も過ぎてひと段落したのか、隣のテーブルでお店のおばちゃんたちが賄いを食べ始めたりして、終始和やかムードのいいお店した



ソラリア西鉄ホテル釜山のご紹介へつづく