落下したり、閉じ込められたりと、エレベーター関連の悪夢をよく見るふあららいです。




ウォーキングツアーの一行はカレル橋を渡って旧市街エリアにやって来ました。
IMG_0790


旧市街広場の一角に建つ旧市庁舎の天文時計
IMG_0789
カレル橋と同時期、約600年前に造られたそうです。


複雑な文字盤からは現在の時刻はもちろん、太陽や月その他の天体の動きがわかるんだとか。
IMG_0788

そして毎時ちょうどになるとからくり仕掛けの人形が出てきます。



ここでウォーキングツアーは終了。
日本語での説明が聴けたので、参加してよかった

ウォーキングツアーだけに3キロ以上歩きました。
膝にテーピングするのを忘れて来ていたので、途中で痛くなったら・・・と不安でしたが、大丈夫でした。
最近膝に不安を抱えている私、今回テーピングをスーツケースに入れて来ました。


ツアー解散後は、いよいよ帰国(実際には帰国便の搭乗)まで、日本語で話す相手のいない旅となります。

そんな感傷に浸ることなく、私はある所に向かって歩き始めました。
道順はグーグルストリートビューで予習したのでバッチリです。


天文時計から歩いて3分、すぐ近くのプラハ市役所にやって来ました。

建物の中に入ってから少し迷いましたが、見つけました
循環式エレベーター「パーテルノステル」です。



 

すっかり興奮してしまって、引きで撮らなかったので全体がよくわかりませんが、要は観覧車のようにグルグルと一定方向に回り続けているのです。

この形のエレベーターは1884年作られて以来、20世紀前半に欧州で普及したのですが事故も多発。
緊急停止ボタンらしきものがありますが、これ挟まれたらほぼ確実に死ぬやつです


早速上りに乗ってみました。
タイミングを見計らって乗り込みます。


わわわ、どんどん上がって行く~
MVI_0791_Moment(2)
上の階の床が出てきた。
MVI_0791_Moment(3)
足を高く上げて、よいしょと降ります。
MVI_0791_Moment
・・・なんだかわかりませんね

パーテルノステルは新たに作られることはない為、老朽化が進んで減っていく一方の貴重な物。
今回、プラハで乗ることが出来てとても満足です。




 気の向くまま街歩きへつづく