モーハワイ☆コム

アートな街並み 「 カカアコ 」


DSC_0852

みなさん ALOHA!

今、ハワイで一番注目されている街は、[ カカアコ ]です。

アラモアナからダウンタウンまで,ワードも含むこのエリアには、ウォールペイントを施したアートな建物がたくさんあります。

DSC_0838

DSC_0861

もともとここは小さな工場や倉庫が並んだ殺風景な街並みだったのですが、地元や海外のアーティスト約100人の参加による

「パウワウ.ハワイ」というイベントが行われ、あちこちの工場や倉庫の壁面を使用したストリートアートが楽しめる街に大変身しています。

DSC_0841

DSC_0845

ここ数年、おしゃれなカフェやレストラン、ショップが次々と出来ています。

また、周囲には個性的で素敵なデザインのデザイナーズマンションも出来たりして、ますます面白い街並みになりそうです。

ワードから近いので、レストランやカフェなどに立ち寄り、ぶらりと散策をするのもいいですね。

ハワイ州知事もかなり力を入れている「カカアコ」は、ワイキキとはまた違った魅力ある街並みが形成されていくことでしょう。

MAHALO!

 

[ アラモアナ・ビーチ ]


IMG_0002

みなさん ALOHA!

今回は、オアフ島の中でワイキキ・ビーチ同様に人気のあるアラモアナ・ビーチを紹介します。

アラモアナ・ブルバードを挟んでアラモアナ・ショッピングセンターとワード・センター、ワード・ウェアハウス
の向かい側に位置するおよそ1キロメートルに渡る白い砂浜です。

このビーチと、ワイキキ寄りに位置するマジック・アイランドを含んで「アラモアナ・ビーチパーク」といいます。
このビーチは、砂浜の幅が広く、若者たちがのんびりと甲羅干しをしています。

リーフの内側にあるので波がほとんどなく、子供連れのファミリーに人気があります。
また、遠泳、パドルサーフィンを楽しむには最適です。

IMG_0004

ライフガードが常駐している監視塔やトイレ、シャワー、更衣室などの設備をはじめ
軽食・プレートランチなどを売っている売店、ピクニックエリア、エクササイズエリア、テニスコート、ビーチバレーコートなどの設備も完備しています。

平日は人も少なく、一日中のんびり、ゆったり過ごすのには最適です。
週末は、BBQやビーチパーティーをエンジョイするロコたちでとても賑わっています。

プレートランチと飲み物持参でぜひ、行きましょう。
ワイキキ・ビーチとは一味違ったローカルスタイルのビーチです。

MAHALO!

[ アラワイヨットハーバー ]


IMG

みなさん ALOHA !

きょうは、私がハワイの風景の中で、もっともお気に入りのスポットで、もっともハワイらしい風景の一つ
かなーと、勝手に思っているアラワイヨットハーバーをご紹介します。

アラワイヨットハーバーは、アラワイ運河の河口につくられたマリーナで、アラモアナビーチパークに
隣接したところにあります。

最近知ったことですが、世界中からヨットで来られる方が、まずここに停泊して入国手続きをおこなうところだったんですね。

ハワイの青い海、青い空のなかで白いヨットが並んでいる昼間の風景も、もちろん最高に素敵な景色で、
疲れた心がとても癒されます。

でも、私は闇に包まれてからのここの景色が一番好きです。
南国の素晴らしい夕日を眺めながらしばし時がたつと、最高の夜景を見ることが出来ます。

地元のロコの方たちは、この景色を見るために夕方になると家族やカップルでやってきます。
そしてゆっくりのんびり贅沢な時を過ごします。

ヨットやクルーザーで沖に出てながめることができる方はぜひ!絶景をご覧下さい。
そうでない方は、マジックアイランドラグーンの先端から眺める夜景がとてもきれいです。

たまにはベンチに座ってロコのようにゆっくりと時を感じることもいいですよ。

MAHALO!

[ ザトウクジラ ] イン ハワイ


IMG_0002 (2)

みなさん ALOHA!

今回は、冬のヴァケーションはハワイにとご予定の方への冬の情報です。

ハワイには、毎年決まった季節にやってくる巨大なお客様がいます。
それは、ザトウクジラです。

ザトウクジラのお母さんは、毎年12月から5月初旬までの間、
出産と子育てのためにハワイにやってきます。

アラスカからハワイまでの約4,800KMを2ヶ月ほどかけてやってきて、
ハワイ諸島の暖かい浅瀬で出産します。

ハワイアンの方はザトウクジラを「コホラ」と呼び、「アウマクア」(先祖の霊、守護神)
だと信じていて、最高の敬意が払われています。

ハワイで生まれるクジラの子供は親しみをこめて、「カマアイナ」(地元の民)と呼ばれています。

現在、ザトウクジラは絶滅危惧種に指定されていますが、
ハワイにやってくるその数は,嬉しいことに、ここ数年増加の傾向にあるそうです。

例年、ハワイ諸島には約6,000頭から8,000等のザトウクジラがやってきますが、
このうちの半数近くがマウイ島に集まってきます。

こんなことから、マウイ島はクジラの保護区に指定されホエールウォチングのメッカとして
知られています。

また、オアフ島の東海岸に位置するマカプウ岬の展望台からは海岸近くまで寄ってくるクジラのブロー(潮吹き)を
見ることができます。

この時期ダイビングをされる予定の方は、
仲良く寄り添いながら泳いでいる親子クジラのうたう、とても幻想的なラブソングを聴くことができるかも。

今年の冬休みはどこに行こうかなと迷っていたら、ぜひハワイのホエールウォッチングをおすすめします。

MAHALO!

ハワイの建築:イオラニ兵舎


IMG_0001

みなさん、ALOHA !

今回のハワイの建築は、「イオラニ兵舎」をとりあげました。
すぐおとなりに建っている豪華で存在感のあるイオラニ宮殿に比べ、どちらかというと地味でひかえめな建物です。

でも、なぜか心ひかれる建物です。

現在はイオラニ宮殿の説明ビデオの放映や、入場チケットの販売などの役目をしています。
でも、当時はハワイ王国の歴史上とても重要な役割を果たしていました。

この建物は、国王カメハメハ5世の警護やイオラニ宮殿の警備をする兵士のための兵舎として建設され、
60名から80名の選り抜きの兵士が常駐していました。

カラカウア王が即位してから兵士達は「近衛兵」とよばれ、格があがります。
建物の呼び名も軍兵舎からロイヤル.バラック(国王の兵舎)へと格があがります。

カワイアハオ教会同様、珊瑚岩で作られたブロックを積んでできています。
教会に比べブロックのサイズが小ぶりで、均一で、単調です。
全体のスタイルは、中世のヨーロッパのお城を意識したデザインです。

デザイナーはドイツから来られたホイクさんという方で、とてもおもしろい経歴をお持ちです。
詳しく知りたい方は「イオラニ兵舎」をぜひ、ご覧ください。

当時のかっこいい近衛兵のスタイルは最近まで、キングスヴィレッジの「近衛兵交代セレモニー」で見ることができましたが、
今年の五月で終了しました。
とても残念ですね。

MAHALO !

ハワイのライフガード


ハワイ ライフガード

みなさん ALOHA!

ハワイのビーチに行くと必ず見かけるのが「ライフガード監視塔」ですね。
南国のリゾート風景にとてもよく似合うこの建物?

この監視塔には、朝早くから夕方までプロの「ライフガード」が常駐し
水難救助などの仕事をしています。

日本では、アルバイトの学生などがライフガードをしている場合がありますが、
ここハワイでは全て、シティ&カウンティーオブホノルルに所属する厳しいテストに合格した
選りすぐりの公務員で組織されています。

普段とても陽気な彼らは気軽に話しかけてくれてすぐ友達になれますよ。
もちろん男性だけでなく、女性もいます。
いずれも鍛え抜かれたパワフルなガタイをしています。

地元の子供たちに将来何になりたいかを尋ねると、真っ先に「ライフガード」という
答えが返ってくるくらい大人気の職業です。

MAHALO !

 

ハワイの建築:マキキ聖城教会


IMG_0004

 

みなさん、ALOHA!
ハワイの街をあちこち散策していると面白い「物」や「建物」に出会います。
今回は、「マキキ聖城教会」に出会いました。

ペンサコラストリートを通る時に見かける日本のお城の形をした大きな建物、実は教会だったのです。

この教会は今から100年以上前の1904年に日本人の奥村牧師さんによって創立されました。
彼の献身的な努力により、1934年に現在の天守閣を持つお城の教会が建立されました。

とても個性的な形の建物ですが、この形には牧師の特別な思いが込められています。
たくさんの日本人移民のなかで起こる様々な問題、そして、太平洋戦争開戦など多くの苦難と荒波の中で、

ハワイの歴史と密接に関わり、ハワイ日系人に多くの影響を与えてきたとても価値のある建物です。

詳しくは、「マキキ聖城教会」をぜひ、ご覧ください。

MAHALO !

ハワイの建築: カワイアハオ教会


IMG

みなさん、ALOHA !
私のブログ、初回の今日はやはり、ハワイの建築を取り上げました。

ダウンタウンにある「カワイアハオ教会」は、時計塔がついたオアフ島最古の教会として
とても有名な教会です。

教会横にはその昔、ハオ王女が身を清めたという泉が湧き出ています。
「ハオ王女の聖なる水」を意味する「カ.ワイ.ア.ハオ」が、教会の名前のゆえんだそうです。

かってはハワイ王朝の戴冠式や結婚式も行われていた由緒正しきこの教会は
日本人カップルの挙式場としてとても人気が有るようです。

外壁には珊瑚岩のブロックが14.000個積まれているそうです。
どうやって数えたのでしょう?
当時、カカアコの沖合いの岩礁から切り出して船で運んだそうです。

珊瑚の岩のかたまりを一つ一つ削り、ブロックにしました。
すべてが手作業です。
ほとんどが素人ですので、ブロックの大きさがまちまちです。
それがかえって建物に味をつけてます。

設計はハイラムビンガム牧師。
岩の切り出しや、ブロックを積んだのはハワイアンの人たちと牧師さんたちです。
昔の方たちはほんとうにすごい!
MAHALO !