モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2018年5月

フェアモント オーキッド ホテルのプールサイドでお昼寝


2018-5-31qこれが気持ちいいんです。
一応本を持って行きます。
ビーチベッドで小説を読み始めるのですけど,いつの間にか夢の中
目が覚めると再び読み始めます。
のどが渇けばHale Kai
というプールサイドのレストランから出前を取ることが出来ます。
この夢うつつの時間がハワイに来て一番好きな時間かもしれません。
よくそんなに寝ることが出来るなあと思うほど。
きっとこれがストレス解消になっているんだろうね。


ところで,ボクは何処でも寝てしまう特技があります。
沖合まで泳いで行って仰向けになっているとそのまま寝てしまうこともあります。
でもね,不思議なことに溺れない(笑)

乃が美のジャムとエドさんちのジャム


2018-5-23a先日,友人から「乃が美」のジャムをいただきました。
ストロベリーとマーマレードの二種類です。
このお店はジャムではなくパンで有名ですが,ジャムも美味しいと思います。
エドさんちのジャムと比較するのもおかしな話かもしれませんが,やはり日本のジャムは繊細な味だと思います。
甘さ控えめで,口の中で柔らかく広がるフルーツの風味。
「乃が美」のパンとの相性も抜群です。

一方,エドさんちのジャム。
2018-5-29q (2)ボクが必ず買うのはリリコイジャム。
ハワイ島ではリリコイのシーズンになると,いたるところで完熟した実が道端に落ちています。
辺り一面に濃厚な香りが漂います。
そのリリコイを拾って口に含めば,甘酸っぱい味が広がります。
それほどふんだんに実るリリコイですからジャムにするのはたやすいこと。
エドさんちでは,同じリリコイジャムを3種類作っています。
ノーマル,ロー
シュガー,ノーシュガーの三種類です。
ボクが購入するのはローシュガー。この写真にもLow sugerと書いてあるでしょう。
日本人にはこれが一番合うと思います。
ハワイのジャムが甘すぎるという批判を耳にすることがありますが,エドさんちではノーシュガーも作っています。
これは日持ちがしませんが,貴重な品です。
ボクのお勧めはローシュガーですけど。


「乃が美」のジャムのことを書こうと思っていたのですが,途中からエドさんちのジャムの話になってしまいました。

井の頭公園までサイクリングそしてランチ


2018-5-27pコンタクトレンズの在庫が少なくなってきたので,吉祥寺まで調達に出かけました。
お天気が良かったので,自転車で行くことにしました。
この時期はサイクリングに最適です。
吉祥寺に着くころに,ちょうどお昼時になりそうです。
吉祥寺でランチとなると。
続きはこちらで :emojion: 

モーハのスタッフがすぐに返信してくれた


2018-5-25a先日,「ipadで自分のブログにログインしようとすると、「Webサイト は安全ではありません」という赤字の警告が出るようになりました」という記事をアップしました :emojion:
このことについて,モーハにも問い合わせてみました。
三日後に返信のメールが届きました。
早急に調査をしてくれるそうです。
なんだか久しぶりにモーハのスタッフとのつながりを感じました。
最近はモーハとの距離が遠くなっていたので。
こんなことがあって改めてモーハのブロガーだったんだなあと。
編集長がいなくなってモーハの顔が・・・・
見えなくなったということですね。


さて,システム担当の方が早急に対応してくれるということなので,早期に問題が解決することを期待します。
ところで,メールを送ってくれたのは「オハナあいこ」さんではありませんでした。
もう退職されたのかな?


次のメールが来たらまたアップします。

チップ制廃止の「失敗」で揺れるアメリカの外食業界


IMG_03212014年前後からニューヨークやサンフランシスコなどの高級レストランでは,「チップ制」を廃止する動きが始まっていました。
その背景には様々な理由があります。


1)サービスの質によってお客が金額を決めるチップ制では,従業員の収入が安定しないので固定給100%にした方が,人材が定着するであろうこと。


2)一部の悪質な店などで,100%サービス要員に還元すべきチップを店側が横領していた例もあり,業界の透明性を高めたい。


3)客にしてみれば,チップ金額の計算が面倒なのでチップ込みの金額の方が親切。


4)チップ制のない国からの訪問客が,チップを払い忘れるトラブルを避けるため。


そういった理由が廃止の背景にはありました。
最大の理由は1
)で,アメリカの多くの州の最低賃金制度では、「チップ分配後の金額を入れて最低賃金をクリアしていればいい」ということになっていたので,チップを廃止して固定給にした方が従業員の処遇改善にもなるという期待があったのです。


ところが、多くの店はこの「チップ制廃止」の結果を失敗と判断して従来のチップ制に戻りました。


それはなぜか?


1つは、従来のチップ分を固定給に上乗せして,例えばNYの高級店などでは時給25ドル(2600円程度)までアップしたのだそうですが,固定給にしてしまうと国の所得税源泉徴収がされ,州の所得税源泉徴収に,さらには社会保険料も引かねばならなくなった結果,従業員からは「手取りが減った」という不満が出たのです。


2つ目は消費者に与える印象です。
最近のチップの相場はどんどん上がって,20
%が普通になっています。
その分を「上乗せ」すると,お店のメニューにある定価も
20%上げなくてはなりません。
心理的に値上げ感が出てしまって客足が遠のいてしまったということ。


一度根付いた慣習を変えるということは難しいということですね。


もう一つのブログで,働き方改革関連法案について書いてみました :emojion:

2018 World Surf League Men’s Championship Tour


2018-5-19dオーストラリアでの第3戦までが終了して,ブラジルでの現在第4戦が行われていますね。
そこで気になるのがカノア五十嵐選手。
昨年まではまだ幼さが残る感じがありましたが,今年は体つきも一回り大きくなって,逞しさを感じます。
オーストラリアでの開幕戦は9位でのフィニッシュでした。
第2戦は波のチョイスに苦戦して二回戦で敗退しましたが,彼らしいパフォーマンスも見せてくれました。
そして,現在開催されているリオでの第4戦。
4回戦に進出しましたが,今季二度目の9位でした。
これからのステージが楽しみです。


ところで,今年の彼のラッシュガードには日の丸が付いています。
日本国籍でCT
を戦うことにしたそうです。
2020東京オリンピックにも日本代表として出場を目指すということです。
これにはちょっと驚きました。
アメリカで生まれ育った彼がなぜ
?
そうした疑問に彼はこんな風に答えています。


「アジアのサーフィンには若い世代の目標となるリーダーが必要なんだ。この素晴らしいスポーツのために一般の人々からの注目を浴びるような役割も努めたいんだ」


この言葉にもう一度驚きました。
自分の考えをしっかり持った青年です。
ボクはオリンピックの在り方には疑問を持っているけど,彼は応援したい。


もう一つのブログで,フィットネスクラブについて書いてみました :emojion:

モーハのログイン画面で「Webサイト は安全ではありません」という警告が


2018-5-18lkipadで自分のブログにログインしようとすると、トップの写真のような赤字の警告が出るようになりました。
いったいどういうこと?
そこで,AppleCare 電話サポートに問い合わせてみました。
そうしたら,丁寧に説明してくれました。
「iOS 11.3 および macOS 10.13.4 以降では、Safari で閲覧しようとした Web サイトが安全ではない場合、「Web サイトが安全ではありません」という警告が表示されるようになりました。」ということだそうです。
では,モーハのブログは安全ではないのか?


それにも丁寧に答えてくれました。
iOS 11.3以降では安全対策をより厳しくしたということで,モーハのブログが危険だと判断しているわけではないと。
しかし,暗号化されていないせいで安全性を欠いているとのこと。
こんなメッセージが出ないようにしてもらえないものだろうか。


さらにアップルからフォローのメールが届きました。
詳細がわかるサイトをメールで教えてくれたんです :emojion:
アップルは親切ですね。


こんな現象が出ている方いらっしゃいますか?

エリソン・オニヅカ・コナ国際空港でAlaska Airlines


2018-5-17jAlaska Airlinesといえば尾翼に例を書けたイヌイットがトレードマークですが,時々このような味気ないデザインの機体も見かけますね。
武骨で軍用機のようなスタイル。
そして,イヌイットの機体。
2018-5-17hこの二つの機体は何が違うんだろうね。


Alaska Airlines PortlandSan FranciscoSeattleからもKonaへの直行便があるようですね。
HPを見たら,最近はブルーを基調にしたイヌイットが描かれているようです :emojion:

もう一つのブログで北朝鮮問題について書いてみました。
興味のある方はこちらで :emojion: 

ディーラーからリコールの通知が来た


2018-5-15a燃料タンクに不具合があったそうです。
どれくらいの台数が対象になっているのかわかりませんが,メーカーとしては相当の費用負担が生じるのでしょうね。
その最たるものがタカタ製のエアバッグでしょう。
初期対応を誤ったためにとんでもなく大きな問題に発展してしまいました。
未だに解決していませんね。

ところで,今どきのリコールの処理方法はとてもスマートです。
今回来た通知はリコールの内容であって,これから順番に対応していくので,それまで待っていてくださいと記載されています。続きはこちらで :emojion: 

読売新聞の寸評が目につきました


2018-5-13wキラウェアの噴火について,なかなかいいことが書いてあります。

「島民が冷静に対応している。観光もキラウェア以外の地域では平常通りである。それは,火山と上手に共存してきたからだろう。現地では厳重な観測・監視体制が構築されている。日本でも各地で火山活動が活発だが,火山活動を見極めて冷静に対処しているハワイ島の取り組みも参考にしたい。」

風評被害をあおるような報道が多い中,小さな枠組みの寸評が目についたので切り取ってみました。