モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2015年3月

マウナラニベイホテル&バンガローズのご紹介(BAY TERRACE)


2015-3-31aこのホテルにはお食事ができる施設が5つあります :emojiknife:
そのうちのHULI SUE’S AT MAUNA LANIはゴルフコースにあるので,それ以外のお食事処をご紹介します。
まずは朝6:30からオープンしているBAY TERRACEから。
このレストランは気持ちのいいテラス席がお勧めです。
奥に見えるのがテラス席です。
2015-3-31i室内にも席がありますよ。
2015-3-31hそれではビュッフェスタイルの朝食をご紹介しましょう。
まだ夜が明けきっていないので,テラス席には日差しがありません(トップの写真)
まずはコーヒーをお願いすると,ポットが運ばれてきます。
続いてビュッフェコーナーで食べたいものを食べたいだけプレートに載せます。
こちらはメインのコーナーです。
2015-3-31eただし,オムレツはここで好きな具をトッピングして焼いていただきます。
2015-3-31b見栄えは良くないけど,ウマウマですよ。
2015-3-31cフルーツもたくさんの種類が揃っています。
2015-3-31g焼きたてのワッフルはイチゴをトッピングします。
2015-3-31fテーブルに運んできたものを一部紹介しましょう。
2015-3-31dあまり綺麗でなくてすみません。
フルーツの写真がないし :emojiface_koma:
実際にはかなりたくさんの種類がありました。
和食も揃っていましたよ。


今日のおまけ
2015-3-31t夕日に染まるソメイヨシノでした :emojisakura:
強風にあおられて花びらが舞い始めていました。
週末まで持たないかな。

次回はOCEAN BAR& GRILLです。

 

マウナラニベイホテル&バンガローズのご紹介(ビーチ編)


2015-3-30f南東側のビーチは風が強い日でも波は穏やかです。
この写真は,プールから真っ直ぐビーチに出て,南方向を見たところです。
2015-3-30i中ほどの岩場の向こう側がシュノーケルポイントです。
マスクとフィンはホテルで無料で借りることが出来ます。
このサービスはフェアモントと同様ですね。
泳げないうちのおばはんでも安全に海の中を覗くことが出来ました。
2015-3-30dホヌさんと一緒に泳ぐこともできますよ。
2015-3-30e写真を撮っていたら,こちらに向かってきてくれました。
2015-3-30aしかし,冬場ということもあって,毎日風が強く海の中は少し濁っていました。
夏ならもっと綺麗に見えると思います。
ホテルの正面にあるホワイトサンズのメインビーチにはガバナが並んでいます。
大きなビーチではありませんけど。
2015-3-30b一方,カヌーハウスがあるビーチの北西側は波が強くて遊泳には向きません。

2015-3-30h椰子の木陰でハンモックに揺られながら本を読んだり昼寝するには最高ですけど。
この写真では波の高さがわかりませんが,同じ時刻に撮った写真では。
2015-3-30g波打ち際だって誰もいません。
2015-3-30k一番北西側には岩場もあるけどシュノーケリングなどとてもできません。
2015-3-30j景色としては綺麗ですけど・・・
ビーチ全体としてはハプナビーチを10点とすれば6点程度でしょうか。


今日のおまけ
お花見に行ってきました。
2015-3-30l
次回はお食事編です。

カタクリの花が満開でした


2015-3-29e昨日,川越に行った帰りに,武蔵村山市の野山北公園に咲くカタクリの花を見てきました。
狭山丘陵の西端のお山の斜面に咲いています。
2015-3-29gカタクリの群生地は一カ所だけですが,斜面一体が紫色に見えるほど。
2015-3-29dカタクリの花は,陽が当たると花弁がそっくり返ってテンガロンハットのような形になるのが特徴です。
色も素敵だし,姿もオシャレなお花ですね。
2015-3-29w群生しているところを切り取って季節限定のテンプレートを作ってみました。
そういえば,昨年は秋川市に咲くカタクリを見に行きました。ココ
東京の近郊には,まだまだ自然がいっぱい残っていますね。

カタクリの咲く斜面の反対側には水芭蕉も咲いていました :emojileaf:
2015-3-29c東京で咲く水芭蕉は初めて見ました。
尾瀬では初夏の花ですけど,東京では春の花になるんですね。
カタクリはあと数日は見ごろが続くと思います。
武蔵村山市のフェイスブックで状況がわかります。
目の前には「かたくりの湯」という天然温泉 :emojionsen: もありますから,都内からだと小旅行に来た気分になると思いますよ。


今日のおまけ
昨日訪れた川越のお土産です。
「芋なっとう」と
2015-3-29a「道明寺」
2015-3-29b甘さ控えめのこしあんが最高のお味でした。

川越の蔵造の街を歩いてきました


2015-3-28a川越といえば蔵造りの町並みです。
ポカポカ陽気に誘われて本日訪れてきました。
メインの通りは「川越一番街」。
北から南に向かって歩いてみました。
人力車で散策することもできますよ。
2015-3-28bたまたま今日は「小江戸川越春まつり」の初日でした。
「川越藩火縄銃鉄砲隊」の行列や
2015-3-28c民踊流しを見学することが出来ました。
2015-3-28dこちらは,今も正確に時を告げる小江戸川越のシンボル,「時の鐘」です。
2015-3-28e高さは16mもあるそうです。
そして,川越といえばうなぎです。
2015-3-28f大正浪漫夢通りにある「小川菊」さんでいただいてきました。
江戸時代から続く老舗で,お店は市の「都市景観重要建築物」に指定されているそうです。
2015-3-28gごちそうさまでした。
大正浪漫夢通り商店街では,およげ鯉のぼくん!!「届け世界へ平和の祈り鯉のぼり」というテーマを基に,通りに上に鯉のぼりが沢山泳いでいました。
2015-3-28h子供たちの手作りだそうですよ。
2015-3-28i絵になる後姿ですねえ。
2015-3-28j思わず一枚撮らせていただきました。
近くには「菓子屋横丁」なんて言う通りもあって,懐かしの駄菓子を買うこともできます。
そんなお土産はまた明日にでも。

マウナラニベイホテル&バンガローズのご紹介(ガーデン編)


ロビーから1階に下りて,建物左右どちら側に出てもビーチに繋がっています。
はじめにビーチに向かって右側から出てみましょう。
2015-3-27wこのホテルは水をうまく配置していて,小さな滝があったりします。

2015-3-27dここにもお魚が沢山泳いでいます。

こちらはバンガローですね。
2015-3-27aお庭の方に回ってみると,大きなプールが付いていました。
2015-3-27bBBQをやったら楽しそうですね。

2015-3-27cバンガローの目の前にはこんなビーチが広がっています。
さて,元に戻って左側からビーチに向かってみましょう。
この橋を渡るとプールに出ます。
2015-3-27e静かな落ち着いたプールです。
お昼寝に最高。
2015-3-27gウォータースライダーなんかあったら喧しくてお昼寝が出来ません。
本を読んでるうちにウトウトして夢の中。
2015-3-27r幸せなひと時です。
あっという間に半日が過ぎ去ります。
プールからホテルを見ると。
2015-3-27hビーチからプール越しにみたホテルの南側のお部屋。
2015-3-27iここからはマウナケアの天文台も見えましたよ。
2015-3-27jところで,ホテルの敷地にはたくさんのトーチがあるのに,滞在中には一度も火が入ることがありませんでした。
だから夜になると敷地全体が薄暗くて,さびしい感じがしました。
そういうところもマイナスイメージにつながるホテルでした。
フェアモントでは,毎日ホラ貝の合図とともにトーチに火が入っていたのに。ココ


次回はビーチ編です。

マウナラニベイホテル&バンガローズのご紹介(館内編)


2015-3-26wこのホテルはロビーが2Fになっているので,下を見下ろすとこのような空間が広がっています。
吹き抜けになっていて,屋根がない構造です。
クリスマスシーズンだったのでポインセチアがいっぱい。
2015-3-26r1階に下りると,水がうまく配置されていて,中庭に続くのですが,ここには海のお魚が沢山泳いでいます。
2015-3-26cその種類は?
2015-3-26d海に潜らなくても,ほら,こんなに近くで見ることが出来ますよ。
2015-3-26e上層階に行くと,ヤシの木の下にラウンジを見ることが出来ます。
2015-3-26fここでは夜になると生演奏でのフラのサービスがあります。
奥に行くとジャングルのよう。
2015-3-26h野鳥もやってきますよ。
逆にラウンジから見上げるとヤシの木の向こうに青空が。
2015-3-15g開放的な空間ですね。雨が降ったら悲惨なことになりそうだけど,滞在中は一度もシャワーがありませんでした。


次回はガーデン編です。

マウナラニベイホテル&バンガローズのご紹介(お部屋編)


2015-3-25a今回宿泊したのはオーシャンビューカテゴリーのお部屋でした。
このホテルは1983年開業ですが,最近リノベーションしたばかりでお部屋はとても綺麗でした。
そして,内装を手掛けたのははSig Zaneさんです。
このタペストリーを見ればわかりますよね。
シーリングファンも素敵です。
実際に照明としても,ファンとしてもしっかり機能していましたよ。
バスルームもゆったりとした造りで,洗面台は左右にふたつ独立していました。
2015-3-25bこれは使いやすいですね。
アメニティグッズはごく一般的なものがそろっていました。
2015-3-25gトイレは独立した個室になっていました。
2015-3-25c日本人はこの方が使いやすいですね。
ラナイからサンセットを見ることが出来るお部屋でした。ラッキー。
2015-3-25f朝はこんな感じです。
2015-3-25dお部屋でインターネットを使用できたようですが,ボクはWi-Fiを持って行ったので使いませんでした。
お部屋はフェアモントよりこちらの方がよかったかな。


次回は館内をご紹介しましょう。

 

マウナラニベイホテル&バンガローズのご紹介(チェックイン)


2015-3-24a今回のお宿はこちらのホテルです
一昨年宿泊したお隣のザ フェアモント オーキッド ハワイと比較しながら紹介しましょう。
エントランスはフェアモントよりも質素な感じでした。
というか,写真を撮っていないということは・・・・・・
エントランスからロビーに続くアプローチです。
2015-3-24b左端にフルーツが入った冷たい飲み物が見えますね。
2015-3-24c外出から帰った時に嬉しいサービスです。
アプローチの左右は水をうまく配置しています。
ちょうど蓮が満開でした。
2015-3-24d大きな鯉
も泳いでいましたよ。
ロビーもフェアモントの方が優雅な雰囲気があります。
そこは好みなのでしょうけど。
ただしチェックインは◎。テーブル席に案内されて,ウェルカムドリンクをいただきながらのチェックイン。
2015-3-24eここに座ってチェックインの手続きを行います。
こういう余裕が嬉しいですね。
途中から日本人のコンシェルジュも同席して,ホテルについての丁寧な説明がありました。
ちなみにこのホテルには日本人のコンシェルジュが二人常駐していましたよ。


次回はお部屋編です。

ハワイ島に到着した日と最終日に立ち寄るScenic Point


2015-3-23a空港からワイコロアに向かう途中のR19沿いにあるScenic Pointです。
朝夕は大体マウイ島のハレアカラを見ることが出来ます。
左上に雲の上にぽっかりと浮かんで見えてるでしょう。
今年は逆パターンで,ハレアカラからマウナケアを見ることが出来るかな
この溶岩地帯では野生のヤギを見ることが出来ますよ。


今日のおまけ
2015-3-23b今年もHilo,s  Farmが始まります。
今は土づくり。
来月の種まきから始動します。
今年もオーガニックで頑張りますよ
収穫時期に遊びに来てね。

今年のハワイはフィルムで撮ってみましょう


2015-3-22bハワイに限らず,今年はデジカメをサブ機として,メインはフィルムにしてみようと思っています
吉祥寺のヨドバシカメラに行って5本パックのPROVIAを購入してきました。
しかし,数年前まで沢山の種類のフィルムが置かれていたコーナーは縮小されて,フィルムはお店の奥にひっそりと置かれていました。
まあ,プロもデジカメが主流の時代ですからね。
しかし,白簱史朗さんのように銀塩にこだわる方もいらっしゃいます。
ボクもその考え方に共感する一人です。
どうもね,デジタルで弄繰り回すのはいかがなものかと。
それ以上にポジの色がやっぱり好きです。
デジカメは色を作ることが出来るけど,色は作るものではなくフィルムの特性で決めたいし。
トップの写真のPROVIAはボクの好きな色を出してくれます。
スライドで撮ったボクが好きな写真ですココ

HPにアップするためにスキャナーを使って,結局はデジタル化はしていますけど。
2015-3-22a天文台もシャープにいい色が出ています。


この5本のフィルムは山で使ってしまうと思うので,6月のハワイは次の5本かな。