モーハワイ☆コム

カテゴリー:オアフ島

JOHN DOMINIS :emojiknife:


Post-580ケワロ湾に建つシーフードレストラン。

エントランスにあるゴールドプレートがトレードマークのこのお店ですね。

今も変わっていないようです。

日中のダイヤモンドヘッドの眺めも良いけど,やっぱり夜景が最高。

かつてはちょっと敷居の高いお店だったんですよ。

このプレートのお魚,鯉に見えるんだけど?髭がない?

トップの写真は25年くらい前のネガから取り込んでみました。

Honolulu Zoo


Post-239ワイキキに滞在すると必ず一度はここを訪れます。
規模は小さいけど,半日はここで過ごします。
特に沢山の種類の綺麗な鳥を見ていると飽きません。

続きを読む »

ピンク・パレス


Post-198
ワイキキビーチから見るとこんな感じ。
青空とのコントラストが最高ですね~。
ちょっとどぎつく見えるくらいがピンクパレスには似合うと思います。

正式な名称はロイヤル ハワイアン ホテル。
創業1927年というから82年もの伝統を誇る、
ワイキキの象徴のひとつでもあります。
パレスの中に入るとさわやかな風が流れて
ノスタルジックな雰囲気が漂っていますね。

ピンク・パレスの由来を調べていたら、 :emojion: にその歴史が出ていました。
なかなか興味深いことが書いてありますよ。

こんな事を書くと常連のようですが、
食事はしたことはあるけど、宿泊したことはありません。
一度くらいは泊まってみたい気もするけど、
やっぱりワイキキは賑やかすぎるかな。

ワイアナエ山脈を歩いてみたい


Post-180ワイキキからノースへ向かう途中、
ドールを過ぎてハレイワが近ずいてくると
パイナップル畑の向こうにワイアナエ山脈が見えてきます。
ここはトレッキングコースが整備されているので
次のオアフでは是非歩いてみたいと思っています。
山頂からはすばらしい光景が広がっていることでしょう。
マカハやノースがどんなふうに見えるのか。
想像しただけでワクワクします。

ヒルトンホテルのペンギンたち


Post-176古い写真が出てきました。
ちょうどペンギンに餌をあげているところに通りかかりました。
今も、一日二回行われていますよね。
それにしてもギャラリーが少なくて寂しいですね。
最近ヒルトンに行ってないけど、今はどんな風に餌付けしているんでしょうか。



そしてこちらはレインボータワーのラナイからプールを見下ろしたところ。
柔らかい朝の日差しが当たっていますね。

リムジンを運転してみたい


Post-170リンカーンのリムジンです。ここはどこかというと、ノースのマツモトストアの駐車場。リムジンで来るところでもないけど、観光ツアーだと外せないところなんでしょうね。
リムジンには後部座席にも乗ったことないけど、一度運転してみたいんです。
4トンのトラックは乗れるんだけどダメかな。
日本の免許証でも乗れるよね。
それ以前に、貸してくれないか。
それなら、ヤッテルハヤッテルに応募してみると言う手があります。
タイトルは、「リムジンを運転してみたい」。
最近のワイキキはごちゃごちゃしてるからノース限定でもいいんだけどなあ。

このキャラクターは?


Post-96
ドライバー用のヘッドカバーだけど、
いつ購入したかわからないほど古いもの。
物置部屋を整理してたら出てきました。
ワイキキで買ったような気がするんだけど、
お店も思い出せない。

パーシモンの時代のものなので、
今時のデカヘッドは入りません。

デカヘッドを使っても曲がるときは曲がる。
今更ながらパーシモンを使ったらまっすぐ飛ぶだろうか。

5リッターのムスタングでノースを走る



この道はハレイワに向かう途中の99号線(だと思います)。
このムスタングをオアフ島で借りたのはかなり以前のことですけど、
なかなか楽しい車でした。
1980年代の車です。
ちょっとアクセルを踏むと簡単にホイールスピンするし、
かつてのアメ車の雰囲気が少しは残っていました。
少しは、というのは、ボクが本当にアメ車と思えるのは、
テールフィンの時代フルサイズだから。
細いステアリングにフニャフニャのサスペンション。
そしてベンチシート。
そんな車でノースを走ってみたい。

これは現在のノース。
最近、開発の噂があるようですが、
いつまでも静かなノースであってほしいものです。

ノースショアでの事件


昨日のププケアビーチの続きです。
フードランドに買い出しに行って、道路を渡って駐車場まで来たら、
パトカーが駐車場に入ってくるのが見えました。
ポリスマンは車から降りると、駐車場脇の芝生にあるテーブルにいた白人4人の所へ。
ポリスマンが何か話しかて、男二人はパトカーに連れて行かれました。
しかし、女二人は「自分たちは関係ない、知らない」というようなことをわめき始めました。
それでも、パトカーまで引っ張って行かれ、男二人はパトカーの屋根に両手をつくように言われて、所持品の検査が始まりました。
そのとき気が付いたんだけど、ポリスマンの手に拳銃が。
その後、彼らの乗ってきた車の中を調べたりしたあと、連行されていきました。
あっという間の出来事だったけど、まるで映画のシーンを見ているようでした。
写真を撮ろうと思ったんだけど、カメラを出す勇気はありませんでした。
さて、彼らはなんの罪を犯したんでしょうか。
そもそも、彼らは怪しい雰囲気ではありました。
朝、ビーチに下りるときに彼らの近くを通ったんだけど、
男二人は、70年初期のジョージ・ハリスンのようなカッコだったし(ジョージが云々ではなく、今時いないよね)
たばこの吸い方が、いかにも、と言う感じでした。
だから、ボクの推測によれば、マリファナか車の窃盗だと思うんだけど。
ボクにとっては衝撃的な出来事でした。
それよりもね、後で気が付いたんだけど、この日ボクは免許不携帯でした。
捕まらなくて良かった。
*トップの写真は事件現場ではありません。

ププケアビーチ



ワイキキからノースへ向かうとき、最近は朝の渋滞がすごいですね。
H1の入り口からホノルル空港手前までは当たり前という感じ。
でも、H2へと分かれれば気持ちよく走れます。
先程までの都会の景色から一転して周りには高い建物は見えないし、
もうここからは一本道。R99へ入ると周りは一面のパイナップル畑。
ドールプランテーションを過ぎて道が下り坂になると前方に海が見えてきます。
左手に海を見ながらしばらく北へ走ればププケアビーチパークに到着。
海洋保護区に指定されているだけあってスノーケルに最適のビーチです。
ボクはハナウマ湾よりも気に入ってます。
道を挟んだ向かい側にはフードランドや,
スノーケリングセットを借りることの出来るお店もあるので、
手ぶらで行ってもOK。
このビーチはスリーテーブルズ、タイドプール、シャークスコーブの、
三つのエリアに分かれています。
スリーテーブルズは、まさにテーブルのような岩が沖合に浮かんでいます。
タイドプールは、文字通り自然の防波堤に囲まれているので子供連れでも楽しめます。
ボクはシャークスコーブ寄りに車を置くのでここで潜ります。
いずれも夏場は波が静かで透明度も高いのでカラフルな魚を沢山見ることが出来ます。
この日もしばらく海に潜って楽しんだ後、
フードランドへ買い出しに行って、
その帰りに駐車場ですごい事件に遭遇しました。
ポリスマンが拳銃を抜いて……
まるで映画を見ているようでした(恐)。次回に続く。